フランソワ・オゾン監督の『スイミングプール』がよくわかりません!!とくに最後の数分。

ジョンとジュリーの関係。ジュリーの腹にある切り傷。頬にある殴られたアザ。ジュリーの母の謎。

どなたか説明して頂けないでしょうか?
あれは現実だったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2の追記です。



念の為

スイミング・プール
フランソワ オゾン (著), Francois Ozon (原著), 佐野 晶 (翻訳)
価格: ¥1,470 (税込)
単行本: 205 p ; サイズ(cm): 13
出版社: アーティストハウスパブリッシャーズ ; ISBN: 4048981714 ; (2004/05)
    • good
    • 0

シナリオ本を立ち読みしたのですが、


実際のジュリー(現実、最後にでてきた方)と 小説のなかのジュリー(主人公、きれいな方)ということだと理解しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
シナリオ本があるんですね?
読んでみたいです!早速本屋へ行ってきます!

お礼日時:2004/07/17 13:02

私も、謎です。



サラの妄想というか空想だったのか。
ジュリーは二人いたのか。一人は正式に結婚していない女性との間の子、もう一人(最後に出てきた子)は結婚している女性との間の子か。

もう1回見て、セリフを注意していたら自分なりの結論がでるのかな、と思っているのですけれど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ほんとうに謎ですよね~。
DVDが出たらもう一度みます!

お礼日時:2004/07/17 13:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルモドバル・フランソワオゾン何かが好きなんですが、オススメ教えて下さい。

主にミニシアター系が好きなのですが、借りに行っても見つからなかったり裏のコメントを読んで借りてもアタリハズレが激しいので、皆さんのオススメがあったら教えて下さい!!

Aベストアンサー

こんにちわ。私もオゾン監督ファンです。

「クリミナル・ラヴァーズ」はご覧になりましたか?
ゲイ、カニバリズムなど悪趣味ですが、
主人公達のすれ違う気持ちが切々と描かれたラブ・ストーリーだと思います。まさに全国上映されない(できない)映画のTOP10に入ると思います。

ミニシアター系、しかもヨーロッパのものが好きならば、パトリス・ルコント監督作品はいかがですか?
愛情とエロスと切なさが混在する「髪結いの亭主」などオススメです。

Qフランソワ・オゾン

この映画監督の映画でお気に入りの
作品は何ですか?
なかなかレンタルできないのばかりですが
機会を見つけて観てみたいです。
まず最初に観たらよいと思う作品と
あらすじを教えてください。

Aベストアンサー

 オゾンは注目している監督の一人です。「スイミング・プール」という作品から注目して見ています。
 ある中年の女性作家が知人の別荘に滞在していると、その知人の若い娘がボーイフレンドと共にやってきて、自由奔放に振舞います。はじめはうっとうしがっていたのですが、二人は次第に打ち解けていきます。そんなとき、ある事件が起こります。
 若い娘を演じたリュディヴィーヌ・サニエの美しい肢体が特に印象的です。

 あと、「エンジェル」もお勧めです。幼い頃から本ばかり読んでいて自分の妄想に浸っていた少女が、16才で書いた本がベストセラーとなり富と名声を手に入れます。イケメンの夫や豪邸も手に入れ順風満帆のようでしたが、生活は次第に荒れていき、また自分の人生の裏に隠されていた真実を知り、愕然とすることになります。
 前半の夢物語のような展開と、後半の皮肉いっぱいの展開が好対照で面白いです。

 渋すぎる気もしますが、離婚した夫婦の離婚から出会いまでをさかのぼって描いた「ふたりの5つの分かれ路」もなかなかです。お好みでどうぞ。

Qスイミング・プールのラスト

映画「スイミング・プール」のラストの意味がよくわかりません。あれはすべて想像の世界なのでしょうか?

Aベストアンサー

私もよくわからなくて困っています。
すべて幻想という解釈もあるんですか。
そのほうが納得できるくらいですけど。
結局、編集者の娘だと思っていた偽者のジュリーは何者だったんですかね。
最後はサラが心を許して死体遺棄まで手伝って、死んだお母さんの書いたっていう本まで出版したのに。
殺人を犯した後や小説を盗み見たとき、お母さんって泣いてるジュリーの表情とか偽って演技しているようには見えませんでした。全部騙されたんですかね。
そもそもちゃんと謎が解けるストーリーはあるんでしょうか。
もしかしたら、観客が勝手に解釈してね系な気がしてなりません。
だらだら感想を書いてしまってすみません。
真相を見つけたら報告しますね。

Q洋画の監督で、「走る」ことに拘っている映画監督がいたと思うのですが、名

洋画の監督で、「走る」ことに拘っている映画監督がいたと思うのですが、名前を教えて下さい。
OPとかが走っている疾走感で始まることが多いと聞いた気がするのですが・・・・。

Aベストアンサー

ダニー・ボイルの映画はそう言うシーンが多い気がします。
「トレイン・スポッティング」や「スラムドッグ・ミリオネア」など・・・
「28日後」ではゾンビも全力疾走してました。

Q「ジュリー&ジュリア」のジュリアの反応

少々ネタばれがあります。

「ジュリー&ジュリア」をご覧になった方、原作を読んだ方、
ご回答を頂きたいのですが。

ラスト近くにジュリア(長生き!)が、ジュリーのブログについて、
不快に思っていると聞いて、
ジュリアが嫌われたと泣くシーンがありました。
ご主人が慰めていましたね。

ジュリーが不快に感じてるジュリアに対して、何かするのかなと
思っていたら、何もなかったですね。
そこに違和感をおぼえたのですが・・・
またジュリアに対しても、大らかで可愛い人と感じていたのに、
なんで?みたいな違和感も。

実話の脚色ということで、
ジュリアの反応も、エピソードとして
入れただけなのでしょうか?

良い映画だっのですが、そこが引っ掛かりました。
どうご覧になりましたか?

ご回答お願いします!

Aベストアンサー

私はジュリアとジュリーが実際に会って仲良くなる・・っていうラストを期待したんですが。
どうしてジュリアがジュリーのブログを不快に感じたのか
その理由もよくわからなかったし・・その点はあまり突っ込んでいませんでしたね。
ジュリーがジュリアにどれほど親近感を抱いていたとしても
生きた時代が違う、価値観も違うっていうことなのかなと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報