ガスコンロ用のエスプレッソマシン(カリタビアレッティ)をIHで使いたいと考えています。
知人宅でIHの上に銀色のプレートのようなものを敷いて、
同商品を使用していたのを見かけたことがあるのですが、どなたかその商品をご存知ないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.amazon.co.jp/dp/B00OFOAVEM/ref=pd_lpo …

使ったことはないので万全にお勧めできるわけではありませんが、このようなものでしょうか?
    • good
    • 0

鉄・ステンレスの板なら何でも大丈夫ですよ。


No1さんのものでも構いません。プレートを温めて、その上のアルミポットを温めるという感じです。
うちでは土鍋の下にプレート置いて使ってます。
専用の加熱プレートでなくても適当な鉄板をホームセンターで買ってきてもOKです。
金属製のコースターでも構いません。

今どきはアルミや銅でも使えるIHヒーターもありますが。
    • good
    • 1

アレッシィはIHで使えるかもという記載があります。


試してみてはどうでしょう。


IH調理器での使用については、アルミ製、ステンレス製を問わず、基本的にはどの機種も使用することができません。これは、日本のIH調理器が、直径12cm未満の器具を加熱しないよう設計されているからです。
 ただ、「アレッシィ」や「ベルマンCX-25」については、直径12cmに満たないものの比較的底が大きいため、多くのIH調理器で利用できているという情報もあります。
 なお、IH調理器に「ラジエントヒーター」(赤く光って発熱する調理器)が併設されている場合は、材質を問わずどの機種も、そちらでの利用が可能です。

http://caffettiera-espresso.com/b_hint.htm
    • good
    • 0

すみません、これは鍋の中に敷くもののようでした。


コンロに直接おいて使うことはできないと思われます。
申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QガスコンロかIHか

台所をリフォームすることにしました。

そこで、ガスコンロをIHに変えるかを迷っています。

ガスコンロの場合、消し忘れの対策に心配があり、
IHは心臓にぺースメーカーをつけることになると問題になると聞いています。

これらの各問題点を改良したものがあれば、教えて下さい。

他に良い点ではなく問題点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> 良い点ではなく問題点があれば
なるほど、面白い比較法ですね。

では・・まずは
> ガスコンロの場合、消し忘れの対策に心配が
昨今のガスコンロ・ガステーブルに関しては、
鍋の温度を検知して自動消火する機能がついていますから、
その点はそんなに心配しなくても良いと思いますよ。
逆にIHクッキングヒーターの同等の機能は
鍋の種類によって検知範囲が変わることがありますから、過信は禁物です。
つまり、どちらもあまり変わらない、と言って良いと思います。

で、
> 心臓にぺースメーカーをつけることになると
失礼ながら、ご予定がおありでしょうか?
おありなら、迷わずIHは避けましょう。
仮に「今後そうなることを想定する」程度の話でも、
少々でもそれが気になるなら、ガスにしておきましょう。
一度IHにして、またガスに戻すのなら、それは費用の無駄です。

個人的には「迷ったら(費用に余裕が有れば)両方使ってみちゃえ」と思うので
http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro/gc_dropin/gc_mychoice_point
こんなのをオススメしたくなるんですが・・選定の一要素としてどうぞ。




さて、既に色々出ているようですが、ガスから。
こういう比較をなさりたい方にとっての問題点の第一声としてよく聞くのは
「火が見えるから不安である」と言うことですね。
消し忘れ対策に通じる話ではありますが、
この場合は、目の前で燃えているのが一番の問題点と言えるでしょう。
※逆に「火が見えるから、消し忘れに気付きやすい」とも言えますが。

で、ここでお聞きしたいのが・・
実際の問題として、「そのほか、何か問題点ってありますか?」だったりします。
リフォームなさる前(つまり現在)まではガスはお使いでは無かったですか?
何か問題点は発生していましたか?
心当たりがあるとしたら、「その心当たり」があなたにとっての「ガスの問題点」です。


IHの問題点。
火が見えないからこそ、危険である。
と言うことにも目を向けてくださいませ。
調理後のIHの天板はそれなりに高温です。
調理中も鍋の周囲は結構高温です。
が、火が見えないから大丈夫だろう、で触ってしまって火傷・・
という事故は後を絶えません。
ガスなら火が見えるので、調理中に触ることはほとんどないでしょう。
調理後すぐも熱気が残りますから、触るときはある程度慎重にいくでしょう。
IHは火が見えませんから、高温かどうか見た目や雰囲気では判断しづらいのです。
「高温注意」のランプはついていますが、常にソレに注意できるか?が問題です。

で、IHは鍋を選びます。
前述しましたが、鍋によっては安全装置が機能しないことも度々あります。
「IH対応」の鍋は増えましたが、「IHの安全機能対応」と謳う鍋は多くありません。
鍋の中の水分が蒸発しきっても加熱を続ける・・という事故も絶えません。
上述にも繋がりますが、「安全機能が働いてるから大丈夫」で触るケースもあります。
これもまた「火が見えない危険」と言えます。

まぁ、昨今の器具はその辺りも踏まえて改良されていますから、
大袈裟な問題にはならないのかもしれません。
どんな器具でもそうですが、最終的な安全装置は「人間の判断」ですから。



とりあえず、個人的な意見ですが参考までにどうぞ。

> 良い点ではなく問題点があれば
なるほど、面白い比較法ですね。

では・・まずは
> ガスコンロの場合、消し忘れの対策に心配が
昨今のガスコンロ・ガステーブルに関しては、
鍋の温度を検知して自動消火する機能がついていますから、
その点はそんなに心配しなくても良いと思いますよ。
逆にIHクッキングヒーターの同等の機能は
鍋の種類によって検知範囲が変わることがありますから、過信は禁物です。
つまり、どちらもあまり変わらない、と言って良いと思います。

で、
> 心臓にぺースメーカーをつけること...続きを読む

QIH用のやかんをガスコンロで使う事

初めまして。

我が家はガスコンロなのですが、IH用のやかんの購入を考えています。
(容量が最適でデザインの気に入ったものがIH用なんです)
質問はIH用の調理器具をガスコンロで使うことについてなのですが、
・熱伝導の違い(?)などにより沸き時間の効率が悪かったりしますか?
・焦げ付きやすいなど、欠点はあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IH用の調理器具は、通常の調理器具よりも若干底が厚めにできています。ですから、ガスコンロで利用すると、沸き時間の効率は悪いです。ただ、そんなに気にするほどの差ではないと思います。

焦げ付きやすいという話は特に聞いたことはありません。表面がテフロン加工なのか等、通常の調理器具と同様に考えれば良いのかな?と思います。(我が家でもIH用の器具をガスコンロで利用していますが、特に焦げ付きやすいとは感じません。)

QIHクッキングヒーターとガスコンロの安全性

IHクッキングヒーターとガスコンロでは、どちらがより安全でしょうか。
ちなみに使う人は今年70才になる父親です。
定年退職後、料理が趣味でいろんなものを作るのが
楽しみなようです。ただ、やはり年をとってきたので
消し忘れなとが前よりも増えた気がします。
この先もっとぼけてしまうこともありうるので
より安全なものに交換を検討中です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

年配の方が台所に立って主に心配なのは、
1.火の始末(火災と立ち消え)
2.焦げ付き、吹きこぼれ
3.火傷
ではないでしょうか。

IHは鍋を掛けないと加熱しないし、
タイマーが付いているので
うまく活用すれば
1と2の心配はほとんどありません。
汚れても掃除は楽ですし。
私は老親のために作るお粥を
つい目を離して焦げ付かせることが多かったのですが、
IHにしてからは解消されました。
3に関しては鍋とヒーター部に触らなければ
ガスコンロより安全と言えるでしょう。
気をつけなければならないのは空焚きです。
事故ではなく故障の原因になります。

他人に迷惑を掛けないためにも
年配の方には安全性に優れたIHをお奨めしたいです。

Qガスコンロの都市ガス用とLPガス用の違い

現在、LPガスのコンロを使っていますが、引越し先は都市ガスの区域です。
コンロは普通、都市ガス用とLPガス用に区別されていますが、構造上の違いはどの程度あるのでしょうか?またLPガス用のコンロでも、例えばバーナーの形状を都市ガス用に交換する等の処置を行えば使えるようになるのでしょうか?それとも全く別物なので諦めて新品の購入を検討したほうが良いのでしょうか?
どなたか詳しい方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

簡単に言えば,空気とガスの混合割合が違うんです。
LPと都市ガスでは同じ体積のガスを燃やす場合でも
それに必要な酸素の量が違うわけです。
空気の量が適切でないと不完全燃焼を起こします。
よって空気とガスの混合部分を取り替えてやれば原理
的には使えるということになります。
部品代と改造のための技術料がかかります。

Qガスの種類が変わるとき、ガスコンロは?

引っ越しをして都市ガスからLPガスに変わるのですが、リンナイのコンロの説明書を見ていたら、「ガスの種類が異なる地域へ転居される場合には、部品の交換や調整が必要となります…」とあります。ということは、調整をすればLP用のコンロを新たに買う必要はないということでしょうか。その場合、費用はどのぐらいかかるがご存知の方はいらっしゃいますか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

LPガス用の器具と都市ガス用の器具ではだいぶ相違しているので、買い換えをして下さい。

都市ガスの場合は、その種類が複数ありそれで調整や器具の交換が必要になりますが、
LPガスの場合は、都市ガスとは違いますので、買い換えが必要になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報