心が騒めき、眠れなくった夜に安らぎや安心感を抱かせる、そんな小説を教えてください
小説以外にも自分の要望に合う作品がありましたら
紹介してください

心のこもった回答をベストアンサーにします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

小説ではありませんが、哲学者ショーペンハウアー(ショーペンハウエル)の


「幸福について-人生論-」。
厭世的な哲学をもつ著者が、自分の哲学に反して人生を幸福と感じるためにはどのように考えれば良いのかを優しく解いた名著と言われる人生論。
多くの人が座右の銘としているようです。
新潮文庫他から出ています。
    • good
    • 1

美しいことば…難しいですね


言葉遣い、表現が美しいのか、描きだされるものが美しいのか、心が美しいのか…。
でも、そこもお任せいただいたと考えて紹介します

「アンの友達」
赤毛のアンシリーズのスピンオフ短編集です。アンはほとんど絡みませんので
普通に短編集として読めると思います。
ちょっとした行き違いで関係がこじれた、日々の生活苦、普通に生きている人のちょっとした
トラブルや仲たがい、離別からの再開や愛情が描かれた作品集です
欠点もあるところが欠点を優しく包んでいるようで
人の愛上や心に動かされての行動が人を助けたり、つながっていく
等身大の感動ものという感じで好きです。
中でもロイド老淑女の話が好きです

「おんなのことば」茨木のりこ
詩集です。別に女性向けというわけではありません。
中でも「自分の感受性ぐらい」という詩は傑作だと思います
この詩集は、優しく叱咤されるような詩で
落ち着かないときに読むと心が落ち着きます。

「石垣りん 詩集」
これもやはり、厳しさと優しさと生きることを包括した詩集ですね
茨木さんと同じく。きれいごとを並べる寄り
真実を包みながらも責めるような厳しく温かい言葉が
時に美しく光ります。
    • good
    • 2

川上弘美さん著のセンセイの鞄ですね。


数え切れない程の小説を読んで来ましたが小説を読んで泣いたのは、この一冊だけです。
    • good
    • 0

小説ではないのですが、「星三百六十五夜」シリーズはいかがでしょうか?星にまつわるエッセイです。


https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784122042 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング