痔になりやすい生活習慣とは?

なぜ古代の都が大和(飛鳥京・藤原京・平城京など)に作られたのですか。
なぜ、古代の英雄は、大和を目指したのですか。
九州や出雲、河内ではなく、生駒山を越えた大和だったのですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

勝った者が自分に都合の良い歴史を作っただけです。


知られている 歴史がすべてでは有りません 
権力者によって消されてしまった歴史も沢山有るはずです
例えば弥生遺跡の佐賀県吉野ケ里遺跡、縄文遺跡の青森三内丸山遺跡などはいい例です。
さきたま古墳群などは あれだけの巨大な古墳群の歴史がよく解っていませんし 未だに全容の解明はされていません。
    • good
    • 0

1. 《知性》のあり方について歴史的な順序を含めて 次のように分類しま


す。 

  -1:原始心性=《ヨリ(憑り)》:世界への寄り・憑り。
                 アニミスム&シャーマニスム
                 世界との未分化なる一体性。

  0 :歴史知性=《イリ(入り)》:世界の内への入り。
                 時間的存在の自覚。《世界‐内‐存在》。

  +1:超歴史知性=《ヨセ(寄せ)》:二階(お上)から世界を寄せる。
                 ムラムラのマツリの上に立ち
                 《ヨリ》心性を束ね 《イリ》知性をも 
                 社会力学上(政治的につまりマツリゴト
                 において) 寄せる。

☆ 歴史知性の《イリ》は 崇神ミマキ《イリ》ヒコイニヱのミコトのそれか
ら採ったものです。


2. 別様に――推理を交えつつですが――説明します。簡潔を優先させて表
現します。

  ヨリなる原始心性:縄文人
 
  イリなる歴史知性:稲と鉄の到来を受けた弥生人から始まって ようやく
          その時代の終わり・つまりはそして古墳時代の始まりに
          あたる300年前後の頃からを当てる。
          これは やまとの三輪市政・イリ政権であると見る。
          崇神ミマキ《イリ》ヒコイニヱとオホタタネコとの共同
          に始まる。

  ヨセなるスーパー歴史知性:400年ごろより。
          河内にやって来た応神ホムダワケとその母・神功オキナ
          ガタラシヒメの登場による。タラシヒメは 《神を帰
          (よ)せた》と言われる。

3. なぜヤマトの纏向ないし三輪山の地だったか?
 
ミマキイリ《ひこ(日子)》とオホタタ《ねこ(根子)》との縁起共生――社
会的なる生活共同――がうまく行ったからでしょうか。

三輪山が うつくしかった(そう受け取る感受性が人びとにあった)からでし
ょうか。
    • good
    • 0

マキムク遺跡を見るに、かなり早くから商業の中継地・中心地として栄えていたように思います。

日本神話にも、神武東征で最初に大阪方面から行ったときにはコテンパンにやられているように、権力・経済力のある地域として発展している様子が伺えます。

そのようなところから出た勢力が日本を最初にまとめたので、まぁ自分たちが生まれ育った発展している場所を都にするのは当然でしょう。ちなみに大阪は、縄文海進の影響が残っていて、結構後まで水(なんたら湖って名前が付いていたはずだけど思い出せない)の下だったので、発展できるどころでは無かったです。

もし九州の勢力が日本を支配していたら、久留米あたりがその中心地となっていたでしょうね。出雲なら出雲なのでしょうが、どうも出雲は話を作られた大国であるように思えます(そこそこの勢力があったのは確かですが)。

あと神武東征(と言われるもの)は、九州の地を追い出されたから東に行ったのであって、追い出されなければ自分たちの土地を放棄するようなことはしなかったはずです。
    • good
    • 0

日本史における「謎の4世紀」と云う言葉があるくらいで


いまだに答えが出ていません。
歴史を遡ると
紀元前3~4世紀前 縄文時代
古代縄文人が列島全域に住み竪穴式住居で狩猟を行いながら小さな部落で生活
紀元前3世紀
中国初の始皇帝 秦の始皇帝に不老不死の薬を探してくると云って徐福が3000名で渡来する。
当時、東方に国がある事はわかっていても、詳しい状態ではなかった。
2~3世紀
魏志倭人伝に日本の事が書いてあり、邪馬台国が周囲の国々をまとめて、卑弥呼が女王になる。
中国から、そなたが王であると認める金印が2度送られている。
卑弥呼も中国へ奴隷など貢物を送って金印を送られたとされる。
中国から渡来した人物が作った国なので、中国との争いは避けたと思われる。
魏志倭人伝に、邪馬台国までの航路が詳しく書いてあるが、邪馬台国が九州なのか近畿なのか定説が出ていない。
以後、歴史書から日本の記事がない。遺跡による研究が主流となる。
中国から伝わった文明 農耕、鏡、剣、馬牛など
古来に日本にあったもの 勾玉、神道(神社)
当時、日本で生まれたもの古墳(前方後円墳、埴輪、銅鐸など)
5世紀
日本にも歴史が残ってくる。
聖徳太子(仏教伝来、法隆寺)、文字など
6世紀
長岡京遺跡、神社、お寺など遺跡も多数ある。
古事記、日本書紀が作られるが国、天皇の起源についてはおとぎ話に近い。

以上の事を頭に入れて、5世紀を想像します。
すでに、渡来人は日本列島全域に住んで、原住民を支配する社会を築いていた。
北九州、出雲、近畿、伊勢などにも大きな勢力を持つ部族が多数いた。
邪馬台国は北九州にあって、この邪馬台国をまねした国造りを行おうと考えたのが
飛鳥時代の王(神武天皇)が神武東征を行って周囲の国々を配下に収めると作り話をした。
卑弥呼をまねして明日香の山奥で奈良盆地の人民を支配する形を作ったのが初代大和朝廷
しかし、権力争いの後に都は奈良盆地へ移動して平城京
更に、権力争いの上、平地で淀川が流れる長岡京へ
長岡京で病気が流行り、最後は平安京と云う事になります。
これらを日本の国の始まりとして天皇主体の歴史書が古事記、日本書紀です。
つまり、九州や伊勢など全国に力のある部族は多々あったが
我こそは、日本(倭国)本来の流れを持つ長(天皇)であると最初に主張したのが
神武天皇(本当にいたのか、本名なのかも不明ですが)
後は、歴代の近畿の王族が奪い合い、古事記を記載することで、その地位を決めた。
後の日本もこれを日本のなりそめとするとした。
つまりは、早い者勝ちで、後々の権力の奪い合いの場所になった。
以上は、私の勝手な想像です。
    • good
    • 0

当時の人口が多く、火山が少なく、そして何より防衛がしやすかったからではないでしょうか。


奈良は(京都も)周囲から見ると山に囲まれて、まるで要塞のようです。
天然の要害ですから攻められにくいし、安心して攻め手に回ることができる。
そういう要素が多いのではないでしょうか。

また火山が少なければたまの大噴火で人口が激減するということも、ないです。
九州は先史時代の文明が噴火で滅んだことがあります。縄文時代の話ですが。

中国秦王朝も辺境の盆地に建国されました。辺境であれば強敵に挟み撃ちにされるリスクも減りますし。
オセロと同じ原理です。角は攻められにくい。
    • good
    • 0

朝鮮半島から攻められた場合、守りが堅固だったからと言われています。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q どうして、大和なの?

 神武天皇は、「東方に美し地がある」と聞いて、東征(東遷)を開始します。でも、どうして、東征(東遷)の地が大和(現在の奈良県)なのでしょうか。奈良ってそんなに魅力的な土地だったのでしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

 学生を卒業してかなりになりますので、細かな点はご容赦ください。
 「美し」という表現がポイントになります。記紀その他の記録によると、「ウマシ」は「可美」と書かれ、代表的な名に「可美真手(ウマシマテ・ウマシマチ)」がいます。ウマシマチは、神武東征(一応、このように表現しておきます)前にヤマトに君臨したニギハヤヒ王の子とされます。
 「可美」は、素直に読めば「カミ」すなわち、朝鮮語で「剣」・「神」。
 「真手」は、「マチ」すなわち、朝鮮語で「槌」・「椎」。
 つまりは、鍛冶神を意味する言葉です。ニギハヤヒ自体が朝鮮語では鍛冶神を意味する言葉になるそうです。
 と、すれば「東方に鍛冶神を祭祀する国がある。豊富な資源と技術の国がある。ぜひとも手に入れたい。」ということでしょうか。
 実際に、九州から四国、紀伊半島へと鉱脈が走っているのです。神武の不可思議な熊野迂回もこの鉱脈と深い関係があったようです。

Q京都・奈良はなぜ文化の中心になったのか?

京都は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたのか?
奈良は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたのか?

Aベストアンサー

う~ん この質問に答えるには、とても短時間にかいつまんで、説明する自信は正直いってありません。日本史の中でも、奈良・平安が一番未知が多く、謎めいているからです。専門の大学教授ですら、いまだわからないことが、いくらでもあると思います。まず、このあたりから説明する必要がありそうです。なぜ、未知が多く、謎めいているのか。現在この時代を知る、一番の手がかりは、日本書紀にほかありません。日本書紀は、大化の改新に、かかわった 中臣鎌足のちの藤原鎌足ですが その鎌足の子、藤原不比等によって、作られました。しかし、この肝心の日本書紀が近年、かなり製作者の都合のいいように、改竄(かいざん)されているということが わっかってきたからです。
なぜ、かいざんしたのか、一言で言えば、その当時の大国、いまの中国を意識し、また 恐れていたからです。
ちょっと 話がよこ道にそれそうなので、質問の本題に戻りたいと思います。
奈良の前日本を統治していたのは、大和朝廷です。この大和朝廷もいまだ、九州説と、畿内(今の近畿地方)説の二通りありますが、いまだわっかっていません。
ここで難しい話をしても無駄だとおもいますので、・・・奈良は、なぜ古くから文化の中心となり、栄えたか。
それはずばり、蘇我氏の存在が一番です。蘇我氏の先祖は今の奈良県飛鳥地方だとされています。大阪市太子町あたりと言う説もあります。いずれにせよ、今の奈良地方を中心とするということには、まちがいありません。
その昔、日本は蘇我氏と物部氏の2大勢力があり、物部氏は、神を信仰し、蘇我氏は、その当時日本にはない、まったく新しい中国はたまたインドの輸入ものの仏教を信仰し、(蘇我氏が輸入した)天皇をまきぞいに、勢力争いをしており、最終てきに蘇我氏が物部氏を滅びしたことで、天皇の一番の側近が蘇我氏がにぎったことが大きい理由だと思います。(日本はその当時天皇を中心とする国家でありました。)
こうして勢力をもった、蘇我氏が天皇により近ずくため自分の娘または、それにちかい肉親を天皇家に嫁がせ勢力を維持・拡大したことにより、また蘇我氏が信仰した仏教を、天皇家が受け入れたことにより、奈良がその当時の文化の中心となり、栄えた一番の理由だとおもいます。
次に、京都なんですが、これも話が長くなりますので、簡単に説明します。
こうして繁栄した、奈良時代も後半になり、あちこちで、飢饉、干ばつ、疫病などの病気が流行り、国自体がおとろえはじめました。
昔のことです、こうしたことは、国家の場所が悪いとか、誰かの たたりだとか、
思うほかありません。そこで、その当時の天皇が国を、別の場所に移せば、この飢饉からのがれられ、国家を滅ぼさせずにすむといろいろあれこれ、考えたと思われます。新たな場所に、都を移すにあたり、一番参考にしたのが、中国の陰陽五行説。あるいは、風水を参考にしたと思われます。
陰陽五行説といえば、最近ブ-ムで映画化もされた、陰陽師(おんみょうじ)安倍晴明もこの陰陽五行説をとりいれています。
この陰陽五行説に基ずき、一番理にかなった、場所がたまたま、今の京都であったと思われます。こうして、都を京都に移し、藤原鎌足、不比等の子孫 藤原一族と
天皇家の密接な関係が永遠700年あまりもつづいたことが、京都が文化の中心となり栄えた理由だと考えます。
もっとも、奈良から京都に都を移す前に、今の滋賀県長岡・近江に移したことがありますが(長岡京・近江京)ながつづきしませんでした。なぜか、方位が陰陽五行説の理にかなっていなかったいう説がありますが、さだかではありません。
それと、最後につけくわえるならば、その当時の日本は今の中部地方から東はまだ未開拓地でほとんど、人が住んでいません。
それは、日本人の祖先はもともと、中国、朝鮮(韓国)から、九州をへて渡ってきたということらしいからです。(さだかではありませんが)。
日本の東が栄はじめたのは、江戸時代以降のことです。
osakoさんの質問の回答になったかどうかは、わかりませんが
参考にしてください。

う~ん この質問に答えるには、とても短時間にかいつまんで、説明する自信は正直いってありません。日本史の中でも、奈良・平安が一番未知が多く、謎めいているからです。専門の大学教授ですら、いまだわからないことが、いくらでもあると思います。まず、このあたりから説明する必要がありそうです。なぜ、未知が多く、謎めいているのか。現在この時代を知る、一番の手がかりは、日本書紀にほかありません。日本書紀は、大化の改新に、かかわった 中臣鎌足のちの藤原鎌足ですが その鎌足の子、藤原不比等によ...続きを読む

Q神武天皇の東征の理由は?

神武天皇が実在し、東征を行ったかどうかは不確定です。
ここでは何者かによって九州から大和への東征が行われたと仮定します。
東征の理由は何だったと想像できますか?
九州から大和へは長い遠征です。
何故一気に遠い大和の地をめざしたのでしょうか?
記紀にはさしたる理由も書いていなかったと記憶しています。
戦国時代の大名は天下統一をめざしていました。
それと同じような野心が動機でしょうか?

また東征が行われたとしたら、いつの時代でしょうか?
弥生時代でしょうか?古墳時代でしょうか?
想像をめぐらしていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

大和政権を打ち立てた人々が、地方の豪族を納得させるために自分たちのルーツに権威を持たせるため、又征伐した地方豪族を服従させるために国家統一のシンボルとして建国神話を必要としたのでしょう。大和政権のルーツは渡来人の可能性が強いので、非征服民(原住民)や敵対する(した)同族への優位性を示すために神話を作ったのではないでしょうか。日本に限らず古代の征服王朝は非征服民の神話を採用して懐柔策を講じています。それを繰り返した結果、神話に矛盾が生じたり、ひとつの神が多くの神性を持つことがあります。

神武天皇東征がいつ行われたか、その神話の場所がどこだったかは謎で、残された文献を信じるしかないと思います。しかし、恐らく大和政権が経験したことではなく、九州あたりの豪族が周辺諸国を征服する過程で生まれた既存の神話を自らの神話に採用し地名、時代、等の辻褄を合わせたとも考えられます。もしそうであれば
元の神話の成立は縄文時代から弥生時代の移行期あたりかも知れません。つまり、大和政権が神話として採用した元の神話は相当古い時代の話だったということになります。

日本が大陸の影響を受ける前は、シュメール王国の影響を受けたという説を唱える人々もいます。古語にシュメール語の痕跡が認められ、航海術に長けたシュメール人はインド、中国南部を経て日本列島に到着し、その末裔が大和政権にも参画しているという説です。仮にそのような人物が大和朝廷に影響力を持っていたとすれば、日向から関西への航海などは日常茶飯事のこととなります。

日本は戦後神話を否定し、考古学一辺倒の物証主義の国となったので、神話は神話としてロマンを語り、想像を広げる、シュリマンのような自由な発想は殺され、発掘で遺物が発見されるまでは、すべては存在しなかったことになっています。

大和政権を打ち立てた人々が、地方の豪族を納得させるために自分たちのルーツに権威を持たせるため、又征伐した地方豪族を服従させるために国家統一のシンボルとして建国神話を必要としたのでしょう。大和政権のルーツは渡来人の可能性が強いので、非征服民(原住民)や敵対する(した)同族への優位性を示すために神話を作ったのではないでしょうか。日本に限らず古代の征服王朝は非征服民の神話を採用して懐柔策を講じています。それを繰り返した結果、神話に矛盾が生じたり、ひとつの神が多くの神性を持つこと...続きを読む

Q大和政権の成立に、水辺に縁遠い奈良”盆地”が関与し

日本が本格的な統一国家になって、大和政権が、平地でない奈良“盆地”に成立しました。
その後、都は、同じような地形の京都盆地に移りました。
そして、都は、海岸近くの鎌倉・大坂・東京に移りました。
規模がまるで違いますが、4大文明は、黄河やナイル河などの大河沿いに発生しました。
質問は、大和政権の成立に、水辺に縁遠い奈良“盆地”という地形が、関与していますか?

Aベストアンサー

水の無い所に人は住めません。
奈良盆地は太古湖でした。湖の水が退いたのは,二上山火山活動の影響で,大和川の流れが出来,排水が始まった為と,何かで読みました。
集落跡などが次第に低地へと移った痕跡も発掘されています。
全ての遺跡が,水と深く関わっています。
直ぐお隣の近江盆地も,滋賀県のほぼ全域の水を琵琶湖が集め,排水口は宇治川だけです。
人の暮らしの痕跡で言えば,大和も近江も大差ありません。
水辺の暮らしは,陸行よりも水行の方が余程便利でした。
盆地地形は,外部からの攻撃に対する防御にも優れています。
京都盆地は北山に守られて豊かな湧水に恵まれ,かつ,鴨川と桂川に囲まれた優れた防御地形で,「君主は南面す」の陰陽法に適い,実り豊かな平野を持っていました。東山も西山も天然の防御壁。
桂川,鴨川,宇治川の合流地には広大な巨椋池が有りましたが,干拓で消滅しました。「巨椋」は古代の歌集にも頻繁に登場します。
建都当時には,現在の今宮通りは,都から見て北山の北側に当たります。


人気Q&Aランキング