ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

何度もご回答いただき、本当にありがとうございます。

今回、意味がかなり同じだと思う言葉に悩んでいます。それは、種類と区分と種別と分類である四つの言葉です。

辞書も引いてみましたけれども、違う点がまだ把握していません。

ですから、この四つの言葉の違いを教えてくださいませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

種類、その個体自体の性質その他による分類、区分け、ただし、思考のレベルによっては、用途=個体の性質の場合もある。


種別、その個体の用途による分類、区分け。
分類、字の通り、その個体自体の性質その他により、類(似たもの?近いもの)同士に区分けする。
区分、利用する者の都合によって、区分けする、別の区分にまったく同じものがある可能性もあり。
加工品等、加工が進むと、原材料より用途が目立ち、固体自体の性質=用途もあり得ます。
    • good
    • 2

あくまで辞書内容を参考にしただけの個人的な感覚ですが回答してみます。


なかなか難しいです。

【分類】⇒同じ種類ごとにまとめるために全体を分けること。
「五十音順に分類する」

【区分】⇒違いによって分けること。
分けることによって同じ種類ごとにまとめようとする意図がない、または希薄である、という点が「分類」と若干異なる点。「分ける」という動作自体に重点が置かれている。
「土地を区分して分譲地を造る」とは言うが、「五十音順に区分する」は違和感を生じる場合が多いでしょう。

【種別】⇒種類・種目(という違い)によって分けること。
「種類・種目」という名称を適用できるジャンルに限定される点が「区分」との違い。
たとえば、「血統に基づいて犬を種別する」とは言っても、「五十音順に種別する」「土地を種別して分譲地を造る」とは基本的に言わない。
これは、土地や五十音順が一般的には「種類・種別」と認識されていないからだと思います。
「血統に基づいて犬を分類する」と言うことはできるでしょうから、この意味で「分類」と同義になる場合はありそうです。
ただ、この場合でも、分けることによって同じ種類ごとにまとめようとする意図がない、または希薄という点で「分類」とはニュアンスが異なるでしょう。

【種類】⇒共通の性質・形態などによって分けられたもの。
これは名詞のみですが、「分類」は動名詞で(「全体を分けること」という名詞の意味以外にも)「同じ種類ごとにまとめるために分けられたもの」という名詞の意味も持っており、この点では共通性がありそうです。
「区分」「種別」も動名詞ですが、これらの名詞は微妙に意味が異なる。
    • good
    • 2

あるもの、ある事項を区別して分け(区分)、その種類によって(種別)に分けることを、分類と言います。



これで、意味が通じますでしょうか。

参考までに。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Qジャンルとカテゴリーの違い

辞書を引いてみたのですが、もひとつわかりません。
ジャンルの下にカテゴリーがあると考えていいのでしょうか。正式な使い方及び一般的な使い方について教えてください

Aベストアンサー

カテゴリーは、事物を、何らかの共通の特性によって分類したものです。対象とする事物は何でもよいし、どんな特性によって分類してもかまいません。

(例)
人:学生、会社員、音楽家、35歳以上の人、岐阜県在住の人、朝食を食べる人…。
車:乗用車、バス、白い車、ガソリン車、自転車、ドイツ車、排気量2000cc以上の車…
本:文芸書、実用書、300ページ以下の本、自費出版の本、カラー印刷の本、A4判の本…。

ジャンルは、芸術作品や文学作品を、その形態や様式によって分類したものです。大きく分けるか細かく分けるかはいろいろな段階があります。特性による事物の分類ですから、ジャンルはカテゴリーの一種と考えられます。
(例)
芸術作品:陶芸、絵画、彫刻、音楽、漫画、映画、写真、ゲーム、テレビ番組…;絵画なら抽象画とか写実画とかいろいろ、音楽ならクラシック音楽とかジャズとか、ジャズならモダンとかスウィングとか…;文学作品なら詩歌とか小説とか随筆とか、小説なら推理小説とか恋愛小説とか…

ジャンルは、芸術や文学だけでなく、もっと広い範囲にも流用されます。たとえば学問の分野(経済学、医学、物理学、心理学、教育学…)、スポーツ、製品の分類など。そうすると、「ジャンル」より一般的な「カテゴリー」の意味に近づいていき、区別がつかなくなります。

しかし、それでも「ジャンル」は人が作ったものの種類に使うという限定があり、どうやら自然物(人そのものを含む)には「ジャンル」を使わないようです。

(例)植物の種類(花が咲く植物、単子葉植物、コケ植物、食用になる植物…)
天体の種類(恒星、惑星、彗星、衛星…)
地域による熱帯低気圧の分類(台風、ハリケーン、サイクロン)
火山の種類(コニーデ、アスピーテ、トロイデ…)
素粒子の種類(電子、陽子、中間子、核子、バリオン…)
こういうものはカテゴリーとはいえますが、ジャンルとは言わないようです。

人の分類で、年齢や性別や国籍や住所などで分けるのはジャンルとは言わないが、「職業」の分類でとくに「営業分野」とか「製造分野」とか「教育分野」といった分類、あるいは「趣味」での分類になると、ジャンルと呼ぶことがあるかもしれません。職業や趣味は人が作りだしたしくみだからでしょう。

しかし、職業の分類でも「会社員」とか「公務員」とか「団体職員」はジャンルとはいいにくいです。仕事の種類ではなく、単なる属性だからでしょう。ジャンルと呼ぶには、何か専門性の香りが必要なようです。

カテゴリーは、事物を、何らかの共通の特性によって分類したものです。対象とする事物は何でもよいし、どんな特性によって分類してもかまいません。

(例)
人:学生、会社員、音楽家、35歳以上の人、岐阜県在住の人、朝食を食べる人…。
車:乗用車、バス、白い車、ガソリン車、自転車、ドイツ車、排気量2000cc以上の車…
本:文芸書、実用書、300ページ以下の本、自費出版の本、カラー印刷の本、A4判の本…。

ジャンルは、芸術作品や文学作品を、その形態や様式によって分類したものです。大きく分...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q大分類、小分類を英語で

大分類、小分類のことを英語ではなんと言うでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語ですと、「大分類、小分類」で広い範囲で使えますが、英語の場合、どうも簡単に割り切れないところがあるようです。どのような分野を念頭に置いてのご質問かは分かりませんが、いくつか候補を挙げます。
Division---Subdivision
Class-----Suclass
primary classification---secondary classification
major classification---minor classification

参考までにリンネ分類を記載しておきます。
* Kingdom
* Phylum (or division)
o Subphylum
o Superclass
* Class
o Subclass
o Superorder
* Order
o Suborder
o Superfamily
* Family
o Subfamily
* Genus
o Subgenus
* Species
o Subspecies

参考URL:http://tinyurl.com/4l4e8

日本語ですと、「大分類、小分類」で広い範囲で使えますが、英語の場合、どうも簡単に割り切れないところがあるようです。どのような分野を念頭に置いてのご質問かは分かりませんが、いくつか候補を挙げます。
Division---Subdivision
Class-----Suclass
primary classification---secondary classification
major classification---minor classification

参考までにリンネ分類を記載しておきます。
* Kingdom
* Phylum (or division)
o Subphylum
o Superclass
* Class
o Subclas...続きを読む

Q未、済、完了の英訳は?

前回類似件名で質問したのですが、
質問の仕方があまり良くなかったと思い質問し直させて頂きます。

ある項目に対して「未」、「済」、「完了」のいずれかを選択させたい帳票があるのですが、
これを英語で実現するにはどのような単語が当てはまるのでしょうか?(1,2語程度で)
「済」、「完了」については「done」が好ましいのかなと思っていますが
いかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No. 2 です。

なるほど。。。
そういうことなのでしたら、“Done” と “Not Yet” が適切だと思います。

“Yet” は単独で用いられる場合、『まだ~ない』という意味に取られることはなく、接続詞の『でも』の意味で取られます。
なので、選択肢が “Done” と “Yet” であったとしても、理解してもらえない可能性が残ります。
それを排除するためには、“Not Yet” とするべきだと思います。

ご参考まで。^^

Q大分類、中分類、小分類

ずばりタイトルの通りです。
それぞれ英語で何て言うのでしょう。

Aベストアンサー

分類する対象によって異なってきます。
日本でも大項目、中項目、小項目と言ったり、
XX科▲▲目と言ったりするでしょ。
 
大分類はlarge classificationが一般的ですがをupperを使ったり、
あるいはcategoryを使った場合に、中分類にfamilyを置いたりと。

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報