何度もご回答いただき、本当にありがとうございます。

今回、意味がかなり同じだと思う言葉に悩んでいます。それは、種類と区分と種別と分類である四つの言葉です。

辞書も引いてみましたけれども、違う点がまだ把握していません。

ですから、この四つの言葉の違いを教えてくださいませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

種類、その個体自体の性質その他による分類、区分け、ただし、思考のレベルによっては、用途=個体の性質の場合もある。


種別、その個体の用途による分類、区分け。
分類、字の通り、その個体自体の性質その他により、類(似たもの?近いもの)同士に区分けする。
区分、利用する者の都合によって、区分けする、別の区分にまったく同じものがある可能性もあり。
加工品等、加工が進むと、原材料より用途が目立ち、固体自体の性質=用途もあり得ます。
    • good
    • 2

あくまで辞書内容を参考にしただけの個人的な感覚ですが回答してみます。


なかなか難しいです。

【分類】⇒同じ種類ごとにまとめるために全体を分けること。
「五十音順に分類する」

【区分】⇒違いによって分けること。
分けることによって同じ種類ごとにまとめようとする意図がない、または希薄である、という点が「分類」と若干異なる点。「分ける」という動作自体に重点が置かれている。
「土地を区分して分譲地を造る」とは言うが、「五十音順に区分する」は違和感を生じる場合が多いでしょう。

【種別】⇒種類・種目(という違い)によって分けること。
「種類・種目」という名称を適用できるジャンルに限定される点が「区分」との違い。
たとえば、「血統に基づいて犬を種別する」とは言っても、「五十音順に種別する」「土地を種別して分譲地を造る」とは基本的に言わない。
これは、土地や五十音順が一般的には「種類・種別」と認識されていないからだと思います。
「血統に基づいて犬を分類する」と言うことはできるでしょうから、この意味で「分類」と同義になる場合はありそうです。
ただ、この場合でも、分けることによって同じ種類ごとにまとめようとする意図がない、または希薄という点で「分類」とはニュアンスが異なるでしょう。

【種類】⇒共通の性質・形態などによって分けられたもの。
これは名詞のみですが、「分類」は動名詞で(「全体を分けること」という名詞の意味以外にも)「同じ種類ごとにまとめるために分けられたもの」という名詞の意味も持っており、この点では共通性がありそうです。
「区分」「種別」も動名詞ですが、これらの名詞は微妙に意味が異なる。
    • good
    • 1

あるもの、ある事項を区別して分け(区分)、その種類によって(種別)に分けることを、分類と言います。



これで、意味が通じますでしょうか。

参考までに。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qありがとう・・・ございます?ございました?

このカテにははじめて質問させて頂きます。
このOKwebを使っているとよく感謝の言葉を使いますよね。
で、僕はお礼をするときに時々迷います。
「ありがとうございます」「ありがとうございました」
どちらでお礼をしたらよいのでしょうか?
僕が思うに「ございます」の場合は、こちらが先に物を頼みこれから相手からしてもらう時に使い、
「ございました」の場合は、相手から「感謝すること」をされた後にこちらがお礼する時に使うんじゃないかと思っています。
ですからOKwebでは「ございました」を使うようにしています。
皆さんはどのように使い分けていますか?
または正しい使い分けなんてのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて感動詞(挨拶もこれに含まれる)は時制を持たない、というのが文法の基本ですので、「ありがとうございます」を過去時制「ありがとうございました」に活用させるのは文法的におかしい、ということもいえるかもしれまえん。「いただきます」の未来時制「いただきましょう」が挨拶(感動詞)ではなく、「食べましょう」という意思をあらわす表現になってしまうのと同様、という考えかたです。
 すでに日常生活のなかで「ありがとうございました」も定着している表現ですのでそこまできびしく考える必要もないとは思いますが、「ありがとうございます」から「ございました」のかたちが発生したであろうことはおそらく疑うことのない事実でしょうから、このような意見にも一理あるとはいえます。

 故古今亭志ん朝師匠でしたか、「"ありがとうございました"は正しくない使い方だ。あれは"ありがとうございます"でなきゃならない」といって、「ありがとうございます」しか使わなかったという噺家がいらしたということを聞いたことがあります。
 タは完了や過去をあらわす助動詞ですが、もともとは確認、つまりここにこれがあるということをはっきりとさししめすニュアンスを持っているので、それがかすかにおしつけがましい感じを与えると思われる方がいても、それは決して不思議ではありません。
 加えて...続きを読む

Q★外人に日本語の説明。(有難うございますVS有難うございました)

友達の中、日本語を勉強中のアメリカ人がいますけど、英語でThank youの言葉が、日本語では「ありがとうございます。」、たまには「ありがとうございました(文法的には過去形)」になるのが理解できないそうです。
(何故「ございました」になるのか、いつ「ありがとうございました」を使うのか・・など)。

やっぱこれは文化的な問題じゃないかと思うんですけど、できれば日本人として説明したいんです。どうやって説明すれば良いでしょうかね・・・

日本語でもOKです。ご意見お待ちします。

Aベストアンサー

普通に考えれば、相手にしてもらった行為の直後に言うお礼は「ありがとうございます」。過去にしてもらった行為に対するお礼が「ありがとうございました」だと思います。

ただこの「過去」と説明すると、外人には基準が曖昧と受け取られるかもしれません。5分前なら? 一時間前なら? と悩まれても困ります。英語の「過去形」とも違う感覚ですね。

日本人の感覚には合致しているとは言えませんが、
「お礼を言う対象の(相手の)行為があってから、現時点の間に、別の行動(会話、食事etc)をはさんだら『さっきはありがとうございました』になる」というのが、外人向けには理解しやすいのではないでしょうか。

Q「OO様でございますね?」と「OO様でいらっしゃいますね?」どちらが正しい?

電話で、対話者のお客様に、「契約者名は?」と質問し、お客様が「○○です」と返答。その場合の確認の為のこちらからの復唱の仕方ですが。「○○様でございますね」では間違いでしょうか?人を指す場合は「いらっしゃる」を使うことはわかりますが、質問事項が、名前=物 扱いで、「ごさいます」が使えないでしょうか?対話者が契約者本人であれば(暗黙にご本人様ですねの意味を含め)「○○○○様でいらっしゃいますね?」と言えると思いますが、もし契約者名が対話者の父親だった場合、「お父様の△△様でございますね」と言うのは間違いでしょうか?「お父様の△△様でいらっしゃいますね」が正しいですか?

Aベストアンサー

#1です。
お父様のケースで、状況を読み違えていたので訂正します。
(本質は変わりませんが)

対話者は契約者ではなく、契約者は対話者の父親、というケースですね。

「契約者はお父様の△△様でございますね」は、
契約者の名前確認という意味でしたらOKです。
(つまり「契約者はお父様で太郎さんという名前ですよね?」みたいな感じ)

「契約者はお父様の△△様でいらっしゃいますね」は、
契約してくださった方の人物確認をするという意味になります。
(つまり「あなたではなくてお父様が契約者ですよね?」みたいな感じ)

Q「贈り物でございます。おおさめくださいませ」納か収か?

「贈り物でございます。おおさめくださいませ」
漫画からです。漫画には「納める」の字を使っていますが、「収める」がここでは正しいのではないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

大きい辞書を引きますと、「納める」と「収める」の使い分けは明確ではありません。

新明解国語辞典によりますと、
「手に入れる」「自分のものにする」の意味では「収める」、
「しまう」の意味では、「納める」となっています。

そして、
「ご査収ください」という言葉もあり、「懐に納める」という言葉もあります。


以上のことから、
「お納めください」も「「お収めください」も、
「あなた様のところに置いてください」という意味で、ほぼ同じです。

どちらかが正しくて、どちらかが間違っている、ということではないようです。


以上、ご参考になりましたら幸いです。

Q「なぜなら~からです」と「なぜなら~ですから」

いつもお世話になっており、ありがとうございます。

「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。困っております。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

awayuki_chさん、こんにちは。

>「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。

どちらの言い方が正しいか?ということですね。

「なぜなら~からです」のほうが自然ですね。
「なぜなら~ですから」のほうは、ちょっとキツイ言い方かな?と感じます。

例文です。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣だからです」

といわれると、ああそうか、日本人はたたみで生活しているので
家の中では靴をはかないのだな、と思いますよね。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣ですから」

と言ってしまうと、「そういう習慣って言ってるでしょう!(納得しなさい)」
と、ちょっと誇張するとそういうきつい意味にも取れます。

なので、
「なぜなら~~からです」
と、普通に説明してあげる言い方のほうが、感じがいいです。

>普通、「あれは赤くて甘い果物です。なぜなら、いちごですから。」 と「ここはシーンとしてるね。なぜなら、静かですから。」は言わないでしょうか

言わないですね。
「なぜならいちごですから」とは言わないですね。

「あれは赤くて甘い果物です。いちごです」
というのが普通です。
「なぜならいちごですから」
のように、わざわざ説明するような言い方はしないです。

ただし、
「この赤くて甘い果物、いちごは、日本では非常に高価です。
何故なら、いちごはあまり沢山収穫されないからです」

という言い方だとOKです。
いちごが高価である理由を、「あまり沢山収穫されないから」と説明しているからです。

「ここはシーンとしているね。なぜなら静かですから」
という言い方もおかしいです。

シーンとしている = 静か
ということですから、同じことを繰り返して言うのも変です。

しかし、
「ここはシーンとしているね。
 何故なら、人がいないからです」

という言い方ならOKです。
シーンとしている=静か の状態の原因「人がいないこと」をあげて説明しているからです。

>「なぜなら、私たちは神の子なのですから。」(名詞)

「なぜなら~~ですから」は、強調したいときに使います。
この文章も、「私たちは神の子である」ということを強調したいんですね。
だから、「神の子なのですから」と使っている。

また、この文章には後に続くニュアンスがあります。

「なぜなら私たちは神の子なのですから(何があっても大丈夫です)」
のような後に続く意味を持たせています。

>「あれは赤くて甘い果物です。なぜなら、いちごなのですから。」
「ここはシーンとしてるね。なぜなら、静かなのですから。」

形容詞だ、名詞だということの前に、
「なぜなら」で始まる部分が、その前の文章の説明になっているかどうか?
が大事だと思います。

「あれは赤くて甘い果物です」という文章に対して
「なぜならいちごですから」の「いちごです」という部分は説明になっていますか?
なっていないですね。
ところが、

「日本人は家では靴をはきません」という文章に対して
「何故ならたたみで生活しているので、そういう習慣だからです」
の「習慣だからです」というのは、説明していますよね?

今回は大変難しいと思いますが、何かを説明したいときには、
「なぜなら~だからです」
という言い方を使われるといいと思います。

awayuki_chさん、こんにちは。

>「なぜなら~からです。」それとも「なぜなら~ですから。」という形でしょうか。

どちらの言い方が正しいか?ということですね。

「なぜなら~からです」のほうが自然ですね。
「なぜなら~ですから」のほうは、ちょっとキツイ言い方かな?と感じます。

例文です。

「日本人は、家では靴をはきません。
なぜなら、たたみで生活しているので、そういう習慣だからです」

といわれると、ああそうか、日本人はたたみで生活しているので
家の中では靴をはかない...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報