子供の時に読んだ本ですので、少々記憶に自信がありません。

背景:西洋ホテル(もしくは邸宅・豪華船の可能性もあり)
時期:多分クリスマス(誕生パーティだったのかも知れません)
内容:クリスマス(もしくは誕生日)間近、パーティを催している中、少女が失踪されます。
   その手がかりを辿っていくなか、登場人物の間柄などが明かされ、
   そのうち犯人の特定もされます。
   が、少女の行方だけは分からないまま…
ネタバレ:その少女はプレゼントの中の人形と化していた!

内容的には少女がないのに、パーティを楽しむなど
大人の無関心が凄まじいとの内容で
結末だけがくっきりと印象に残っていて…
さすがにこの手の小説は結末で検索してもなかなか検索できません。ToT

ちなみに、東野圭吾の小説ではありません。
「プロストのクリスマス」、「クリスマスに少女が還る」でもありません。
情報不足で申し訳ないですが、宜しくお願い致します。

外国人なので、少々荒い日本語がありましたら、ご了承願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

京極夏彦「魍魎の匣」ではないですよね。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q趣味難民です。 元々オタクでしたが最近面白いアニメもマンガもなくなってきて少々退屈しています。新しい

趣味難民です。
元々オタクでしたが最近面白いアニメもマンガもなくなってきて少々退屈しています。新しい趣味を探しているのですが何かおすすめありますか?
要望として個人で楽しむより他人とコミュニケーションとれててなおかつあまりお金がかからない(道具の費用、一式一万円までなら可)がいいです。

Aベストアンサー

ボードゲームはいかがでしょう。各地でゲーム会など行われていて、たいていは主催者及び常連さんが持ち寄ったゲームをプレイするので参加費だけで大丈夫なことが多いでしょう。

Q少女小説のタイトルが思い出せません。

昔読んだ本なのですが、

・とある女の子が、自分と顔がそっくりで病弱な王子様と入れ替わる。
・王子の代わりに誰が王になるか選定する期間をなんちゃら宮で過ごす。
・話の途中で王子様死ぬ。
(※あと、なんかよくわからないけど王子の部下の騎士だか教育係だかの男とくっつくと思っていたのにまったくくっつかなくてモヤモヤした記憶アリ)

みたいなお話の文庫本のタイトルが思い出せなくてすごくモヤモヤします。
多分少女小説的なお話だったと思うのですが…。

わかる方がいらっしゃいましたら教えていただけますと幸いです!
よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

多分これだと思います。

須賀しのぶ「流血女神伝」コバルト文庫
http://cobalt.shueisha.co.jp/osusume/megami/

Q少女漫画のような小説

題名の通りなのですが、少女漫画のような小説を探しています。

「少女漫画のような」というと曖昧なのですが…。
個人的イメージとしては、トーンが貼ってあるページに心情表現だけがあるような…心情表現が重視されているものです。
また、青春のきらきらした感じ、痛々しさなどがありつつも、最終的には清々しい気持ちになれるような小説です。

上記はあくまで「個人的イメージ」なので、みなさんの思う「少女漫画のような」というイメージで構いません。

ライトノベルはあまり読みません。(昔はコバルト文庫を読んでいたのですが、久々に読んでみた所文章についていけませんでした…)
ですが、この機会にライトノベルも読んでみようかな、と思いますのでジャンルは特定しません。

なお、出来れば恋愛要素は絡まないものがいいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

茅田砂胡さんの『デルフィニア戦記』などはいかがでしょう?
キラキラの少女漫画や恋愛物の少女漫画とは違いますが、登場人物などは少女漫画っぽいと思います。
個人的には田村由美さんとか樹なつみさんとか、そんなイメージ。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4122041473.html

Q少女趣味と哲学思考 お薦めの本

本をすすめてくださいm(__)m

人生のバイブルは「グレートギャツビー」小説、「トーマの心臓」漫画、「百万本のバラ」詩、です。

興味があるのは、哲学(認識系除く)、宗教(キリスト教教育を受けてきましたが最近仏教に興味大!)、社会学(主に国家論市民論家族論系)、音楽(西洋)、です。

最近素敵な本に巡り会えていません。お願いします。ジャンルは問いません。

Aベストアンサー

グレートギャツビーは少女趣味でしょうか??
哲学のほうでしょうか????

澁澤龍彦さんはどうでしょう。私も1,2冊しか読んだことがないのですが。
キリスト教文化に詳しそうです。
『少女コレクション序説』読んだ気がするのですが覚えていません(^^;
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%BA%8F%E8%AA%AC-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4122012007
『世界悪女物語』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%82%AA%E5%A5%B3%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4167140055/ref=sr_1_16?ie=UTF8&s=books&qid=1202890701&sr=1-16
『滞欧日記』
http://www.amazon.co.jp/%E6%BB%9E%E6%AC%A7%E6%97%A5%E8%A8%98-%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4309406017/ref=sr_1_19?ie=UTF8&s=books&qid=1202890701&sr=1-19
一番面白かったなあと覚えているのは滞欧日記です。
ファンの人なら違うことを言うのかもしれませんが。

ナボコフの『ロリータ』はお読みになりましたか。
個人的には別に好きではないのですが、文学作品として評価されていますね。
最近新訳が出たので久々に読んでみました。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%AB-%E3%83%8A%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%95/dp/4102105026/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1202890850&sr=1-1

グレートギャツビーは少女趣味でしょうか??
哲学のほうでしょうか????

澁澤龍彦さんはどうでしょう。私も1,2冊しか読んだことがないのですが。
キリスト教文化に詳しそうです。
『少女コレクション序説』読んだ気がするのですが覚えていません(^^;
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E5%BA%8F%E8%AA%AC-%E6%BE%81%E6%BE%A4-%E9%BE%8D%E5%BD%A6/dp/4122012007
『世界悪女物語』
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6...続きを読む

Q少女・女性向け ライトノベルを教えてください

10数年ぶりに小説にハマり、いろいろと探しているのですが、
たくさんありすぎてどれを選んだらいいか困っています。
お薦めがありましたら教えてください。

□希望
コバルトやビーンズ文庫、B's-LOGなどのライトノベルやネット小説
ファンタジーや異世界
女の子主人公
恋愛要素あり(だけど恋愛だけじゃなく物語があるものが嬉しいです)

ここ数ヶ月はなろうサイトで読んでいました。
購入した文庫で気に入ったのは「神の眠る国の物語シリーズ」です。
好きなキーワード 姫、王子、騎士、男装、ドラゴン、猫など、RPGや王道のものも好きです。
絶対ではないですが、長くても10冊ほどが理想です。 

□ダメなもの
BL、GL、ハッピーEDではないもの。
読んだことはまだありませんが、学園物はなしでお願いします。

Aベストアンサー

角川ビーンズなら
1 彩雲国物語シリーズ:雪乃紗衣
2 身代わり伯爵シリーズ:清家未森
は外せません。

他に
マギの魔法使いシリーズ:瑞山いつき
アラバーナの海賊たちシリーズ:伊藤たつき
星宿姫伝シリーズ:菅沼理恵
瑠璃の風に花は流れるシリーズ:槇ありさ
などなど。

ビーンズ文庫は毎年夏~秋にかけて受賞作が刊行されるので、それを目当てに購入してみてはいかがでしょう。

2010年の受賞作品ですけど…
http://www.kadokawa.co.jp/beans/freshb/

それからビーンズ文庫は雑誌「The Beans」も刊行しています。受賞作の短編も掲載されていると思うので、気になる作品を探すにはこちらもチェックしてみてください。ビーンズ文庫サイト(http://www.kadokawa.co.jp/beans/index.php)の「オススメ作品」も一読してみる価値アリです。


コバルト文庫…は、最近BL化が加速している気もしますけど。
1 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険シリーズ:橘香いくの
2 サンク・ヴェリテの恋人たちシリーズ:橘香いくの
3 ちょーシリーズ:野梨原花南
4 流血女神伝シリーズ:須賀しのぶ
5 風の王国シリーズ:毛利志生子
6 龍と魔法使いシリーズ(他龍シリーズ):榎木洋子
などなど。ちょっと昔のすぎるかな…?

少女向けではないけれど…
茅田砂胡さん作品
スカーレット・ウィザード
暁の天使たち
クラッシュ・ブレイズ
規格外のデカい夫婦が暴れ回るお話です。なかなか…面白いです。



はじめて購入する本って、書き手の魅力がわからないので、あらすじと「表紙」が判断材料。気分は運試し。
そのなかで「彩雲国物語」と「身代わり伯爵」は当たりでした。

角川ビーンズなら
1 彩雲国物語シリーズ:雪乃紗衣
2 身代わり伯爵シリーズ:清家未森
は外せません。

他に
マギの魔法使いシリーズ:瑞山いつき
アラバーナの海賊たちシリーズ:伊藤たつき
星宿姫伝シリーズ:菅沼理恵
瑠璃の風に花は流れるシリーズ:槇ありさ
などなど。

ビーンズ文庫は毎年夏~秋にかけて受賞作が刊行されるので、それを目当てに購入してみてはいかがでしょう。

2010年の受賞作品ですけど…
http://www.kadokawa.co.jp/beans/freshb/

それからビーンズ文庫は雑誌「The Beans」も刊行し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報