最新閲覧日:

 現在 家を新築中ですが設計士のミスで予定してた
キッチンが入らなかったりお風呂場のバスがはいらなくなったり
などが続き さすがに怒りが募っております。あれからまた
クローゼットも変更しないといけないと言ってきたので設計士
不信になり連絡すらしたくない気分です なにか法的手段でも
よいので トラブルをおこさせなく最初の設計どうりに戻させる
か 賠償させることはできませんでしょうか?
 あと 国民生活センターで相談したときに聞いたのですが
(社)建築士事務所協会(沖縄県)に相談しても設計士同士なので
泣きを見る可能性があると言われました 他にこうゆう話を聞ける
機関を教えてください
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

家造りは大事業ですから意気込みも人一倍でしょう


それを裏切られたと感じられたから
お怒りなのでしょう。
いきさつは分かりませんが、
わたしも設計から施工まで家造りをしていますが
現場でのミスはあります。
ただそれを解決するのが
施工の場にいる現場監督です
ただ、設計士があなたに直接解決の相談をしているのは問題でしょう。
できれば施主に解決の相談はしないのがプロでしょう
どうしても解決しない問題は私も相談しますけど
ただ施主として
あるていど寛容になられても良いのではないかな。
建築で絶対できないことはまずないです。
ただそれなりの費用がかかることですね。

結論として、これは現場監督の責任ですね
キッチンが入らないなんて、監督のいろはが分かってない。
設計士は本来施主の味方ですよ。
設計士と共に施工会社に責任をとらせるのが筋ではないでしょうか。
冷静に冷静に
では、よく検討してください。
    • good
    • 0

設計士のミスで障害が出ているようですが、工事の施工管理者はだれがやっているのでしょうか。


設計士が施工管理者になっていれば、現場に出入りしている筈ですから現場監督や設備担当の人と連絡が取れるはずです。(設備が納入される以前に)
施工管理者はその都度工事に不具合があれば対処していくのですが、施工管理者側にも問題があるように思います。
    • good
    • 0

せっかくの新築が思うように出来ないのでは我慢できないでしょうね。


ただ、設計士のミスという事ですが、出来上がった図面の確認はされなかったのでしょうか。
確かに細かい図面はわかりづらいところがありますが、中に入る設備についてはそのままお金に関わりますから、何が入っているかの最終打ち合わせはされたように思うのですが。
その時に据え付け可能かどうかのチェックは設計側も当然すると思いますけどねえ。
設計者が経験の浅い方だったのかも知れませんね。
何れにしても、施工のミスではなく当初からの設計書のミスと言うことになると設計者に責任を問わなければ仕方ないでしょうね。
ただ最初の設計通りにと言うところが気になったのですが、打ち合わせ簿のようなものを残しておいでなのでしょうか。
それでしたら、恐らくミスは追求できますね。
ただ気持ちは判りますが、連絡だけは密にとっておいた方が良いと思いますよ。
最終的にそこに住むのはあなた自身なのですから。
当面はそれ以上悪くならないように打ち合わせを十分にすることではないでしょうか。
    • good
    • 0

ひどい目に遭いましたね。


損害賠償の請求が出来ないものか、弁護士に相談されたらいかがですか。

弁護士会では、法律相談を30分5000円で行っています。

申込先は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々相談してみます ありがとうございます

お礼日時:2001/06/22 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報