人気雑誌が読み放題♪

初めて競馬場に行ったのが1992年の東京競馬場です。

ミホノブルボン、ウイニングチケット、メジロマックイン、ビワハヤヒデ、トウカイテイオー、
こんな馬がいた時代です。

今の競馬がおもしろくないと感じてしまうのは、私だけでしょうか?
今の競馬がなぜ面白くないのか、というと、

・競馬のレース展開が似たり寄ったり。(むかしは大逃げや、追い込みがけっこうあった)
・テレビのレース実況アナの無個性化(全員似ていて区別が付かない。むかしは、くせのある人が多かった)
・知ってる馬が、すぐに海外レースに出たり、すぐに引退したりするので、ライバル関係でドラマがあまり生まれない(オグリキャップみたいな)

こう感じるのは、私だけでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

そんなこと無いと思うな。


確かに過去に思い入れのあった馬、忘れられないレース、ありますけど、
だから今が面白くないと言う事にはならないです。
いつの時代にも強い馬、個性のある馬、えーっと思うレースありますから。
もちろんGⅠ勝ち馬がコロコロ変わって馬に思い入れが湧かない世代もあります。

大逃げも後方ポツンも好きでやってる訳じゃないと思うけど馬の性格、騎手の性格、
そう言う個性を出しにくくなっている傾向はあるかもしれませんね。
実況は個性より正確さが大事だと思いますよ、馬の位置取りをちゃんと把握して、
ちゃんとゼッケンを言って伝えてほしい。そのレース、馬が在っての実況ですから、
杉本さんは別格として盛山さん(シービー、ルドルフ)大川さん(オグリ)、
このクラスの馬がいてこそ映える訳でなんでも誇張、装飾されても困ります。

最近知らないうちに遠征していることが多いです。(私が知らなかっただけですけど)
3歳秋4歳春に遠征してます、世界が近いです、昔は日本で勝ちまくってから遠征したけど、
その内行ったり来たりするかもしれません、良いことだと思います、三冠より海外を選ぶ、
その分国内は手薄になるけど、帰って来てからどっちが強いか決めればいい。

JRA、馬主、調教師、騎手、これらの世界。役所感覚、パトロン、徒弟制度、その他、
すごくイヤーな世界なのかもしれません、これに反発するかのような関係者もいます。
多少なり世界を見据えている人たちなのかもしれません。

今の方が面白いと思いますよ。
私が最近嫌なのはTVなどが騎手をタレントみたいに扱うことです。
いい事なのか悪い事なのか解りませんが嫌は嫌です。
    • good
    • 3

どうしても、好きな馬、時代みたいなものはあり、それと比べて……ってことは起きると思います。


これは何でもそうで、ある程度、長く続けているとのめりこめる時期、そうでない時期の揺れが出るのだと思います。

ただ、個人的に1つだけ残念なのは、現在の中央競馬は、殆ど、社台グループ生産で、ディープインパクトの仔を中心としたサンデーの子孫ばかり、そして、一部の有力騎手、調教師の独占状態になっているところです。
勿論、社台グループが努力をした結果、大きな勢力を持つに至ったことは間違いありません。ただ、ここ十数年のJRAの改革、例えば、成績の良い厩舎に多くの馬房を与え、悪い厩舎からは馬房を没収するという厩舎メリット制などは、有力厩舎、有力騎手の寡占化というのをもたらしました(成績が悪いと馬房を取り上げられてしまうわけですから、未熟な新人騎手を我慢して乗せ、育てよう、という意欲は減るでしょう) レースの質とか、そういうものはともかくとして、制度改革などにより、同じ面子ばかりが常に上位を争う形が進んでしまった点は残念です。
    • good
    • 1

最近競馬を始めたので昔の良さが分からない(良くないと言ってるわけではなく)のですが、今も面白いですよ?大逃げや後方一気が無くなった訳でもありません。

(数が減ったのかどうかはわかりませんが)

同じような質問と回答を別のカテゴリでもしたのですが、質問者様が一番のめり込んでいた時期が一番面白く感じているのではないでしょうか。長く競馬を見続けているとどうしてもマンネリに感じてしまっている部分があるのではと思います。自分的には2年ぐらい前から今ぐらいが一番面白いです(始めて数年なので当然なのですが)
    • good
    • 0

こう感じるのは、私だけでしょうか?


>競馬にはいろんな側面があります。
私ははっきり言って馬券の発売があるから競馬をしています。
大学生の頃からあくまでも馬券は飯の種として取り組んできました。
競馬の予想は難しいですが、難しいからこそ必至に研究し
その成果としての的中の快感は高く、そのうえお金も儲かります。
馬券がなかったなら見もしなかったでしょう!
このごく狭い「たったひとつの馬券という観点」だけから競馬を言うなら
現代の競馬は非常に面白いです。
ミホノブルボン、ウイニングチケット、メジロマックイン、ビワハヤヒデ・・・
この頃は枠連しかなくせっかくの穴馬を見つけても馬券的には
枠連人気馬同居でウマミなくつまりませんでした。
単枠指定なんてJRAの予想行為のような愚かな時期もありましたよね・・・
 1991年に馬連が導入されてからは面白いように穴馬券が取れました。
それからワイドが出来、2002年に馬単と3連複が発売され
ますます馬券が面白くなり2004年の3連単でさらに楽しみが増えました。
3連単馬券は難しいですが、3連複なら配当もそこそこあり
リターンも大きいのでもっぱら3連複狙いです。

競馬のレース展開が似たり寄ったり。
>それは出走するメンツ次第、そんなことは今も昔も変わらない。
ちなみに馬券は「展開を読めれば必ず当たり」ます!
個性的な脚質の馬は確かに多かったですが、それは馬主の経済的な環境が違うので・・・

・テレビのレース実況アナの無個性化(全員似ていて区別が付かない。むかしは、くせのある人が多かった)
>そんなものに価値など見いだせませんが・・・リアルタイムで映像が見れることがありがたいです。私は田舎に住んでいたので競馬実況はもっぱら短波放送だけがでしたが現代はグリーンチャンネルで全て見れます。

・知ってる馬が、すぐに海外レースに出たり、すぐに引退したりするので、ライバル関係でドラマがあまり生まれない(オグリキャップみたいな)
>そう感じますかね?でも私は小さなドラマなんて期待しない!
日本で敵がいないのにお金を得ることが目的のような単調なレースを見るぐらいなら
たとえ勝てないかもしれないけど世界で堂々と勝負する姿を見たいと思いませんかね?
賞金の安い「凱旋門賞」を日本の1流馬の陣営が
「いつかは勝つぞ!!」と狙っている姿勢を高く評価し応援します。
この勝利の名誉こそ日本のホースマン達の悲願なのでしょう!!
正に壮大なドラマではありませんか!

余談ですが、JAPAN-CUPは賞金も高くまして招待競争にもかかわらず海外の1流馬が
最近は殆ど来日しないのはなぜでしょう?
    • good
    • 2

我が意を得たりです。


更に申せばG1レースの過剰創設も原因の一つでしょう。
是によって春天など、最早スピード不足古馬のための単なる特別競争と化してしまいました。更に秋天などはジャパンカップ、有馬のトライアルレースといった有様です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q最近競馬がつまらない。

競馬歴10年目の者です。見始めた頃、97、98、99年はそれこそ毎週スーパー競馬観戦しG1なんかん時はビデオで録画する位ハマってました。ところが、2000年を境に徐々に競馬がつまらないなぁと思い始めてるんです。ビデオも撮らないしスパ競も毎週見なくなってる。(G1はまだかかさずチェックしてますが)自分なりに原因考えると、
1.スパ競が神様死んでからつまらない。
2.2000年の番組大改編が個人的にウザイ。特にクラシック。
3.海外遠征が主流になり始め国内のレースが空き巣になりつまらない(産経大阪杯とか京都大章典って昔はもっと厚みがあった気が。。)
4.全体的に古馬路線が劣化してる気がする。特に短距離路線。
5.単純に見慣れてしまったから。
この辺が思いつきます。1~4のような具体的な原因なのか、5のような単純な人の習性なのか。
それで競馬歴長い方に是非聞きたいのですが、昔と比べて最近の競馬どうですか?自分が見始めた頃と比べてどうですか?感想聞かせて下さい。オグリ世代あたりの方に特に聞きたいです。お願いします。

Aベストアンサー

 はじめまして。競馬をはじめて12年ほどたった者です。

 私も最近、競馬に対する真剣度がまったくなくなってきたようになり、ろくにレースを見なくなってしまいました。 
 僕が始めたころはサンデーの初年度産駒がデビューして、勝ちまくっていた時代でした。ナリタブライアンの復活やら、高松宮杯出走、ヒシアマゾンの降着などいろいろありました。

 そのころは大学が京都だったこともあり、ほぼ毎週4年間淀に通い続けていました。今はその労力はないですね。特に2001年くらいにPATに加入してからは競馬場に足を運ばなくなり、最近は口座に入金すらしていません(笑)馬券の種類も増え、今はマークシートの塗り方も分からなくなってるかもしれません。

 私の場合はPATと引越し(京都⇒鳥取)ということで、競馬場にいかなくなったのがひとつの原因かと思います。

 ただ、90年代後半から00年代に比べて、レースの条件が変わり、重賞などは全く分からなくなってしまい、混乱を起こしてると思います。マル父の3冠レースって、今は中日新聞杯以外ないんですね。レース体系も複雑化しすぎて、あまりにも専門化しすぎてる気がします。ダイタクヘリオスのスプリンターから有馬への連闘などは、今から見れば考えられないですね。
 このころは、スペシャルウィーク、グラスワンダー、エルコンドルパサー、サイレンススズカといった馬たちが争っていて、見ていても楽しかったです。他にもアグネスデジタルのような馬もいて・・・

 ここ2年ほどはディープインパクトのみで、他にいないですね。ディープが強いとは思いますが、ライバルのいない中ですので、私的には、史上最強などと言われるには違和感があります。もっと強い馬もいたよ・・・って感じで。まあ、違う世代の馬を比較するのは無理なんですが、最近は過去の名馬を置き去りにした感がすごくあります。

 とは言え、騎手の交流や移籍も増え、うまい人がどんどん乗ってくれるようになるのはいい事ですね。競馬を教えてくれた河内や幹夫のような騎手が引退したのは寂しいですが。

 あとは、サンデー亡き後の種牡馬争いにも注目したいです。輸入種牡馬も混じり、今までとはちがうリーディング争いが見られるかもしれないですしね。

 ということで、自分への戒めとして、私ももう少し真剣に競馬を見ようと思います。

 はじめまして。競馬をはじめて12年ほどたった者です。

 私も最近、競馬に対する真剣度がまったくなくなってきたようになり、ろくにレースを見なくなってしまいました。 
 僕が始めたころはサンデーの初年度産駒がデビューして、勝ちまくっていた時代でした。ナリタブライアンの復活やら、高松宮杯出走、ヒシアマゾンの降着などいろいろありました。

 そのころは大学が京都だったこともあり、ほぼ毎週4年間淀に通い続けていました。今はその労力はないですね。特に2001年くらいにPATに加入...続きを読む

Q本当に当たらないんです。どうかアドバイスを!

タイトルにも書きましたが、競馬予想が本当に当たりません。
基本的に博才がないからという一言で、済んでしまうかもしれませんが、こんなにも当たらないという事は、馬券の購入をする際の考え方が大きく外れているのでは?と個人的に分析しました。
(そんなに、簡単に馬券が当たるなら、仕事をしなくても皆遊んで暮らせる!といわれるかもしれませんが)
そこで、自分は馬券では、年間チャラ以上の成績を収めているという自信のある方(ギャンブルなので100%勝つという事はありえないと思いますので、長いスパンでプラス収支の方)、どの様な考え方で馬券を購入しているか?教えて頂きたいのですが?
どんな事でも構いません。
パチンコ、パチスロでは、勝ち負けがあるので、それ程考え方?というのは、それ程間違っているとは思えませんが、競馬に関しては、予想うんぬんでなく、考え方から改める必要あるのでは?と非常に落ち込んでいます。きっと今日の秋華賞も外れると思います。)

Aベストアンサー

さてこれから秋華賞ですね!!
とにかく当てたい、皆思いは同じです
今日の秋華賞のような軸の硬いレースのみ買いましょう!!
配当を参考にしては買えないですが
当たってマイナスにはならない買い方をすればいいんです。
たとえば一番人気でも三連複で300円つくのであれば
三点買い
何でもそうですが欲があると買いすぎますのでご注意です。
ギャンブル好きじゃ無理かなぁ・・・
来週の菊花賞も軸は硬いです、頑張りましょう!!

Q複勝の配当の決まり方

競馬を始めたばかりなのですが、複勝について教えて下さい。

複勝のオッズは「1.2~1.9」のような範囲で表示されていますよね。これって着順でオッズが変わる事を意味しているのでしょうか?この場合だと、1着・2着・3着で配当がどのくらい違うのでしょうか?ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、レースの結果(着順)が異なっていたら、複勝の払戻しがどうなっていたかを計算してみました。

●例 1 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         180円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      240円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     2,790円

●例 2 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

アストンマーチャン(複勝 3番人気)      280円
タマモホットプレイ(複勝16番人気)     3,430円
エムオーウイナー(複勝15番人気)      1,670円

●例 3 複勝対象の馬が、以下の 3頭だったら

サンアディユ(複勝 1番人気)         160円
アストンマーチャン(複勝 3番人気)      210円
スズカフェニックス(複勝 2番人気)      190円


締切直前のアストンマーチャンの複勝オッズは、 2.1 ~ 2.8 となっていたはずです。(例3のときが、2.1倍。例2のときが、2.8倍)
 

複勝払戻金は、複勝対象の馬(3着までに入った馬)の組み合わせによって払戻金が変わります。なぜそうなるかといえば、払戻金の計算式がそうなっているからです。(計算式は、JRAのホームページにあります)

具体例を最近のレース(スプリンターズ・ステークス)で見てみます。

◎まず、実際の払戻金ですが以下の通りでした。

アイルラヴァゲイン(3着、複勝 5番人気)  300円
サンアディユ(2着、複勝 1番人気)      170円
アストンマーチャン(1着、複勝 3番人気)  230円


もし、...続きを読む

Q競馬用語で「掛かる」って?

競馬でよく、「敗因は道中掛かって~」とか聞くのですが、「掛かる」って何ですか?お教えくださいお願いします。

Aベストアンサー

手綱を引いて抑えていても馬が勝手に前前に行ってしまう事。
つまり、馬の前へ行く気を騎手が思うように押さえ切れない状態。
この状態になると最後に馬がバテテしまい追い込みがきかないことが多い。
掛かり気味、引っ掛かると等とも言います。

Qサイレンススズカをどう考えるか?

こんばんは。

サイレンススズカをどう考えるか?(唐突ですが)

私はこの馬のことは良く知りません。
でも人気があるのは知っていて、で毎日王冠とラストランはTVで見てました。
昨年12chの番組で往年の名馬の3番目ぐらいだったと思います。
このランキングは確か専門家に寄るものだったかと、だから悲劇人気だけでは無いのかなと。

類稀なスピードで宝塚、毎日王冠まで?連勝、全部逃げ切り?
ともかく勝つ時はスタートからゴールまで一切他馬にハナを譲らない?
でも私はココまでは相手が弱かったと考えています、相手も良く知りませんが。
(毎日王冠はグラス、エルコンドルいましたが3歳)

もっと強い相手に対し同じ競馬が出来たのか?
そのスピードはどんな強い相手でもハナに立ってしまえば影も踏まさぬ圧倒的なものだったのか?
突かれたら、並ばれたら、どうだったのか?
それとも、突かれない、並ばせない、ほどのスピードの違いがあったのか?
解らない。

ここで言う強い相手とは世代を超えています、だから比較は想像するしかありません。
私はGグラスの引退有馬から名馬を見てきましたがスズカはベストテンにも入りません。
でも毎日王冠は強かったし天皇賞も無事走れば同様の結果だったと考えています。

じゃあ逃がさなければいいんだろ、と言っても競り勝てない?
勝負処で行っても突き放される、ルドルフ、ディープが後方で喘いでいる?

サイレンススズカはどんな相手でもあの競馬が出来たのか?


宜しくお願い致します。

こんばんは。

サイレンススズカをどう考えるか?(唐突ですが)

私はこの馬のことは良く知りません。
でも人気があるのは知っていて、で毎日王冠とラストランはTVで見てました。
昨年12chの番組で往年の名馬の3番目ぐらいだったと思います。
このランキングは確か専門家に寄るものだったかと、だから悲劇人気だけでは無いのかなと。

類稀なスピードで宝塚、毎日王冠まで?連勝、全部逃げ切り?
ともかく勝つ時はスタートからゴールまで一切他馬にハナを譲らない?
でも私はココまでは相手が弱かったと考えてい...続きを読む

Aベストアンサー

個人的な意見としては、弱点は色々とある馬だと思います。
また、距離の壁などもある馬だったと思います。

例えば、1997年のマイルCSでは、ハナを切ることができず、キョウエイマーチと競り合う形の逃げとなって、結果、完走17頭中15着と惨敗を喫しました。このときの2着が、競り合ったキョウエイマーチであったことを考えても、マイルでは逃げることすら出来ないのを考えれば、中距離以上でこその逃げ馬でしょうし、それよりも距離が伸びてよい、ということもないと思います。


ただ、底を見せないままに死んでしまった、ということも含めて、色々と想像する余地のあった馬だったのも確かだと思います。


まず、4歳になってから破った相手ですが、これは、物凄く強い相手を破った、とは言いがたいものの、しかし、弱い相手ばかり、ともいえないと思います。

サイレンススズカの連勝は、4歳のバレンタインS、中山記念、小倉大賞典(中京競馬場で行われた)、金鯱賞、宝塚記念、毎日王冠の6連勝です。
このうち、最初のバレンタインS、中山記念、小倉大賞典はそれほど強いメンバーとはいえませんでした。中山記念は、皐月賞馬・イシノサンデー、当時、重賞3賞のローゼンカバリーなどがいましたが、どちらも近走の成績はイマイチでライバルとはいえなかったと思います。

ただ、その後の、金鯱賞、宝塚記念、毎日王冠は、その当時の評価としては決して弱いメンバーではありませんでした。
金鯱賞には、菊花賞馬・マチカネフクキタル、前年、底を見せないままでアルゼンチン共和国杯を勝ったタイキエルドラド、年明けから重賞連勝で、その年の年末には香港Cを勝つミッドナイドベットなどがいる中で、大差のレコード勝ち。
宝塚記念は、天皇賞馬・メジロブライトがアクシデントでレースにならなかったとは言え、エアグルーヴ、ステイゴールド、メジロドーベル、シルクジャスティスなどがおり、当時のトップクラスの馬はほぼ出走していました。
毎日王冠でエルコンドルパサー、グラスワンダーを破ったことも、相手が3歳だった、というの考えても、マイナス評価にはならないでしょう。

少なくとも、当時のトップクラスの馬たち相手に中距離で完勝できるだけの力があったと言うことは出来ると思います。


その上で、想像の余地を大きくするのは、そのタイムだと思います。

大差で勝った金鯱賞。この勝ち時計は、1分57秒8というものでした。
現在では、1分57秒台というのは、それほど珍しくありませんが、このレコードが記録された1998年の段階で、1分57秒台の時計が出たのは、1988年の函館記念と1997年のオーストラリアTの2回だけで、きわめて優秀なタイムという評価をすることが出来ました。

毎日王冠の1000M通過タイムは、57秒7。
1990年以降で、1000M通過タイムでこれを上回っているのは、サクラバクシンオーが飛ばしてレコード決着となった1994年とストーミーカフェが飛ばしてレコード決着となった2007年の2度しかありません。そして、どちらも逃げ馬は着外に惨敗しています。
天皇賞・秋の1000M通過タイムは57秒4。
こちらも、90年以降で、これを上回るのは、ローエングリンとゴーステディが競り合った03年、シルポートが飛ばした昨年だけです。しかも、どちらも、東京競馬場改修によりコーナーが緩やかになった新コースである上に、こちらも逃げた馬は惨敗しています。92年にメジロパーマーとダイタクヘリオスが競り合って、とんでもないハイペースと言われたときが57秒5ですから、単騎でそれを上回る時計を出していた、ということもいえます(このときも、メジロ、ダイタクは惨敗)
そういう超ハイペースの逃げを打ちながら、勝ってしまう、というところに、この馬の魅力があるのだと思います。

シンボリルドルフやディープインパクトと対戦をしたとき、どちらが勝つのかはわかりません。
ただ、サイレンススズカがこのような走りをする以上、普通の馬が競りかけていけば、サイレンスズスカが沈むかも知れませんが、同時に競りかけた馬も沈むはずです。そのくらいのタイムで走っているわけですから。
ですので、競りかける馬が出る、ということ自体が難しいと思います。

そういう部分が、悲運の名馬、というところ以上に評価された結果じゃないかと思います。


正直、私も、過大評価じゃないか、という思いは消えないのですけどね。

個人的な意見としては、弱点は色々とある馬だと思います。
また、距離の壁などもある馬だったと思います。

例えば、1997年のマイルCSでは、ハナを切ることができず、キョウエイマーチと競り合う形の逃げとなって、結果、完走17頭中15着と惨敗を喫しました。このときの2着が、競り合ったキョウエイマーチであったことを考えても、マイルでは逃げることすら出来ないのを考えれば、中距離以上でこその逃げ馬でしょうし、それよりも距離が伸びてよい、ということもないと思います。


ただ、底を見せない...続きを読む

Q社台系と非社台系ってなんですか?

たまに聞きます。
競馬新聞には載ってません。
どこでわかるんですか?


 競馬歴15年・万年赤字(><)
      の者です。

Aベストアンサー

文脈によって意味が違ってくると思いますよ。

他の方が書かれている通り、社台グループはとても大きな、競走馬の生産、育成の組織です。

血統に関していうと、歴代の強い子を産むオスを多く押さえています。
種付け用のオスの馬しかいない牧場 社台スタリオン も有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E5%8F%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

なので、「社台系の種牡馬」なんて表現もあったりします。
http://blog.racing-book.net/archives/2010/10/post_3253.html

血統に関していうと、社台系というのは、狭い意味では、社台スタリオンにいる種牡馬の子 を指していることが多いんじゃないかな。

で、キズナって、父ディープインパクト、祖父母サンデーサイレンス の血統は、バリバリの社台系です。
生産・育成に社台グループが関わっていないというだけの話じゃないかな。

個人的には、生産と育成をしたところは、競馬の勝率を上げるためには、知っておいた方が良いと思います。

文脈によって意味が違ってくると思いますよ。

他の方が書かれている通り、社台グループはとても大きな、競走馬の生産、育成の組織です。

血統に関していうと、歴代の強い子を産むオスを多く押さえています。
種付け用のオスの馬しかいない牧場 社台スタリオン も有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A4%BE%E5%8F%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

なので、「社台系の種牡馬」なんて表現もあったりします。
http://blog.raci...続きを読む

Q競馬で24万以上負けました。死にたい

競馬にハマって、先月から24万負けました。痛すぎます、自殺を考えてしまいます。ギャンブル最悪
昔、麻雀依存で沢山負けました。今は仕事もしていますが、ショックで立ち直れない。会社休みたいが、仕事あるし、有給まだないし。かかりつけの医者に寄って、話をしてから出勤した方がいいですよね。今は貯金400万くらいはあり、来週は給料日で21万入って来るし、来月は別に20万入って来ますが、痛いです、、ギャンブルは2度とやらない。継続して勝てないわ。自殺とかしたらシャレなりません。どうしたらいいかな。

Aベストアンサー

ギャンブルは病気だから やめられないですよ!競馬は複勝を購入し、コツコツ勝って行くしか無いかも?あまり倍率が高い馬を狙い過ぎでしょう!

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む

Q競馬のボックスって?

先日初めて競馬を見に行ったら馬券で「ボックス」っていう買い方がありましたが、意味が判らないので買えませんでした。どんな馬を当てるのでしょうか?詳しい方教えて下さい。 また、馬連や枠連に対してどのようなメリット、デメリットがあるのですか?

Aベストアンサー

馬連で説明します。
買いたい馬が3,4,8,9番だとします。
でどれも甲乙つけがたいの全ての組み合わせを買いたい。
そんなとき「ボックス」の登場です。
3,4,8,9の4つをマークするだけで
3-4,3-8,3-9,4-8,4-9,8-9
と計6通り一気に買えます。
メリットはマークする手間が省けること。
デメリットは金額が均一でしか買えないこと。
あと頭数が増えると点数も増えるので(5頭ボックスだと10点)窓口で
あわてないようあらかじめ購入金額を確かめた方がいいでしょう。
ちなみに今週はじまる3連複、連単でもボックスはあります。

Q降級馬について

質問です 
1 そもそも降級馬とはなんですか システムを教えてください
2 なぜ降級馬がひつようなんですか
3 降級馬って上のクラスから下がるわけだから 勝つ可能性は高いんですか
すいませんおねがいします

Aベストアンサー

先に降級馬は、一度そのクラス(以上)を勝ったことがあるため
(もしくは重賞競走で2着になったため)
年齢的な衰えや故障がないとして、次も勝つ可能性は高いです
(競馬のクラスは勝ったら次にあがります)

降級が必要な理由は
1 ギャンブルとして成立するためには同じような実力の馬で
  レースを  組む必要があるため、たまに上位のクラスで
  負けている馬と下位のクラスで勝ちきれない馬に混ぜたほうが
  競馬番組の魅力が上がるため
2 馬主・調教師の立場として、上位クラスにあがって入賞できなく
  賞金が入ってこないと経営上成り立たないので、
  救済措置としてあります。


人気Q&Aランキング