タイトル通りなんですが、漂白していない砂糖「三温糖」。
その名前の意味がわからないんです。
どなたかおしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

名前の由来を書き忘れました。



三温糖の名前の由来は、
昔の砂糖製造法は、原料であります、さとうきび(甘煮)やビート(てん茶)を搾汁し、アクと呼ばれる不純物を取り除くために洗糖を行います。

その後、釜で煮沸します。濃縮されて最初に結晶したものが、まっ白なグラニュー糖です。次に上白糖を取った後に再度煮沸し、中白糖(現在は名称のみで商品は存在しない)ができます。 更に加熱し三回以上
温度を加え、釜のコゲが混じったものが三温糖です。

参考URL:http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありませんでした。丁寧に教えて頂きありがとうございました。おかげですっきりしました。

お礼日時:2001/07/01 22:43

基本的には、上白糖やグラニュ-糖を取り出した後に残った糖液から作った砂糖を三温糖といいす。


コクと強い甘みがあり、煮物や佃煮に向いています。

もしくは、さとうきびの原液から苦味を取り除き板状にしたものを細かく破砕したもの。味の複雑さがあり苦味は少ない。

と言うものと言います。

よく似た名前に「和三盆」でいう三盆糖と言うのがありますが
三盆糖の出荷港が、香川の三本松であったから、と言う説や、扱う中国の役人が三品の位であったから、とかの説もあります。
しかし、中でも一番もっともらしいのが、「盆の上で三回研ぐ」と言う理由によるものでしょう。精製の技法が広まり、三盆糖としての製造が始まったおり、最初は専用の研ぎ台は無く、手元にあった盆の上で研いだと言います。また、白い砂糖の無かった当時、三回ほど研いだら、概ね精製された砂糖として目され出荷した様です。

白い砂糖として名声を博した三盆糖なので、輸入精製された真っ白な砂糖を売る場合、白いと言う意味で「三盆白」と言う名前が付けられることが多くありました。それで国内糖で有ることを明確にするために、「和」を付け、「和三盆糖」としました

参考URL:http://www.wasanbon.co.jp/wasanbon/html/wasan.html
    • good
    • 0

もともとは「砂糖の汁を三度煮詰めて作る砂糖」ということで三温糖と言われました。



参考URL:http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そのままのネーミングなんですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/01 22:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂糖は体に悪い

砂糖は体に悪いと人から聞きました。どうしてなのでしょうか?ちなみに私は健康です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全くの嘘ではないようですが、体に悪いとは言い過ぎではないのかと思います。取りすぎなければいいということだと思っています。
砂糖の害についてのサイトを見つけましたので、参考にしてください。

参考URL:http://www.kenyu-kan.com/satou.html

Q上白糖と三温糖

三温糖の方が色のせいか
上白糖より身体に良いような気がして
ずっと使っています。
実際はどうなんでしょうか?

精製してない三温糖というのも
あるらしいですが
よくわかりません。
どなたかわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

三温糖はグラニュー糖や上白糖を作った残りの蜜で作られます。値段が高いのは上白糖にくらべて需要が少ないからで、高級だからと言う事ではないようです。色がついているのは、煮詰めているためカラメルの色がでているのです。

普通の砂糖よりミネラル分は多いですが、そもそも含まれている量が少ないので、ミネラル補給を求めるのはムリでしょう。

しかし三温糖はこくのある甘さと独特の風味があるため、それを調理に使うということは非常に結構なことだと思います。

上記のようなわけで、精製したものが「三温糖」となるわけですね。精製していない三温糖のほうについてはちょっとわかりませんでした。

参考URL:http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm

Q三温糖と上白糖とグラニュー糖の使い分け

表題の通りなのですが、料理で三温糖と上白糖とグラニュー糖3つの使い分けって必要でしょうか?(甘さが違う、料理には向いてないなど)
小学生の時三温糖が体には良いと習った記憶があるのですが・・・。
使い分けの仕方や、またそのような必要はない等、ありましたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○三温糖と上白糖とグラニュー糖の使い分け
(1)純度の高いグラニュー糖や白ざら糖は、砂糖そのものに風味があるわけではありませんので、甘さとしては非常に淡白です。このことを料理に当てはめれば、「純粋に甘味だけをつける」ということになります。つまり、素材の香りや色、風味を生かしたい時に向くわけです。この一番の典型がコーヒー・紅茶に使うスティックシュガーのグラニュー糖です。また、フルーツを使ったケーキなども、色の問題に加えて、フルーツの風味を損ねないためにもグラニュー糖が向くというわけです。

(2)三温糖や黒砂糖は、砂糖そのものに風味とコクがありますので、これを生かせる料理、具体的に は佃煮等の甘辛く煮る煮物などへの使用に向いているといえます。また、黒砂糖は、そのままお茶受けとして食べても、香ばしくておいしくいただけます。

(3)白糖の平均的な成分は、ショ糖分97.80%、転化糖1.30%と、三温糖とともに転化糖の割合が他の砂糖 より多くなっています。これは、先ほど少し触れましたが、転化糖の濃厚液(ビスコ)によるものです。上白糖もグラニュー糖も白砂糖という点では同じですが、ビスコが添加されたことで成分表上は転化糖の 割合が多くなるわけです(三温糖についても全く同じことです)。甘さの点で言えば、転化糖を加えたことで、舌に感じる甘さは、グラニュー糖より上白糖の方が若干強 く感じますが、かといって三温糖のような風味があるわけでもありません。つまり、両者の中間に位置付 けられるといってよいでしょう。つまり、どのような用途でもOKの「万能型」として、一般家庭用に最も 適しているのです。

http://sugar.lin.go.jp/tisiki/ti_0001.htm
他に
http://sugar.lin.go.jp/qa/variety.htm
http://www2.odn.ne.jp/shokuzai/Satou.htm
ご参考になれば幸いです。

○三温糖と上白糖とグラニュー糖の使い分け
(1)純度の高いグラニュー糖や白ざら糖は、砂糖そのものに風味があるわけではありませんので、甘さとしては非常に淡白です。このことを料理に当てはめれば、「純粋に甘味だけをつける」ということになります。つまり、素材の香りや色、風味を生かしたい時に向くわけです。この一番の典型がコーヒー・紅茶に使うスティックシュガーのグラニュー糖です。また、フルーツを使ったケーキなども、色の問題に加えて、フルーツの風味を損ねないためにもグラニュー糖が向くという...続きを読む

Q上白糖と三温糖

私は料理を作る時三温糖を使っています。「三温糖の方が美味しくできるよ!!」と言われたので。
最近ネットでレシピを見て料理&お菓子を作るのですが、「砂糖」と書いてある場合はどちらの砂糖を使っても良いのですか?教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

三温糖は三度煮詰めて作る事から三温糖と言われているそうです。
上白糖は精製されていますので三温糖より純度が高く、不純物がなく、白く出来上がります。
美味しさは三度煮詰めた三温糖の方がミネラル分が多いので味に深みが出ているのだと思います。
http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm
http://www.maruha.co.jp/products/pro10800.html#a003
http://www.pref.kyoto.jp/shohise/soudan/anzen/hot_02.html

参考URL:http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm,http://www.maruha.co.jp/products/pro10800.html#a003

QXXXの由来

手紙の終わりにXXXと書いて「キス」って意味なんですよね?
(参照:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241555)
楠本まきの漫画で知ったんですけど。
どうしてキスがXXXになるんでしょうか?
なにかエピソードがあるんですか?
この由来が気になるので教えてください。

Aベストアンサー

ちょっとわかりにくかったとおもいますので追加です。

>と<がくっついた形が×ですよね?
>が男性の横顔、<が女性の横顔で(逆でもいいですが)
それが合わさってキスです。

三つ並べるのは愛の証ですね。
特に数は決まっていません。

Q三温糖で料理する場合

三温糖を使う場合、例えばレシピに「砂糖大さじ1」とあったらそのまま大さじ1で良いのでしょうか?(上白糖より甘くない気がするのです)

Aベストアンサー

こんにちは

中は差がないようですので
そのままでいいと思います
http://jp.blurtit.com/q501119.html

あとは味を見て加減していただくとか
http://sooda.jp/qa/72272

Qじゃがいもの由来

じゃがいもはどこから来たのですか?
また言葉の由来は?よくじゃがたらいもとかいいますよね?
教えてください。

Aベストアンサー

じゃがいもの原産地は南米のペルー~ボリビアあたりです。
それが南北に伝播し、16世紀にはメキシコからヨーロッパへもたらされました。

日本には1601年に、当時オランダの植民地だったジャカトラ港(現在のジャカルタ)から長崎に持ち込まれたのが最初です。
ジャカトラ港からやってきた芋なのでじゃがたらいも、約してじゃがいもと呼ばれるようになりました。

Q三温糖

って、普通の砂糖とどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

成分や製法、味が違います。
http://homepage2.nifty.com/a-fujita/s01163.html
http://www.nitten.co.jp/question/question4.htm

Q苗字の由来

こんにちは。私はいつも相手の苗字の由来について考察する癖があります。
服部さんなら、「あ、機織(はたおり)さんが由来かな」って感じです。

ただ、「今給黎(いまぎいれ)」さんと「小比類巻(こびるいまき)」さんは、全く見当がつきません。由緒は古そうですが、この苗字の由来は何でしょう?地名でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今給黎は鹿児島の枕崎周辺に多いそうですが、この一帯はかつて給黎郡という郡だったそうなので、これに由来するのでしょう。二年前に鹿児島市に編入された喜入町の喜入は「給黎」の表記が変ったものです。
「日本の苗字7000傑」によれば約800人、由来は薩摩の豪族と成ってますが、このくらいの人数だと「単系統」(全員、姓の由来も血統の起源も同じ)の可能性もあると思います。
「今」については給黎・喜入姓が存在するので、何らかの意味を持った接頭辞だと思いますが、詳しくは判りません。全くの私見ですが、分家や移住を機に本家・本村との区別のために付けたのかも知れません。

小比類巻については三沢市に多いそうですが、7000傑では由来不明になってますね。アイヌ語起源説とか聞いたこともありますが、真偽のほどは不明です。
個人的には、小+比類巻とみて、ひるま(比留間、昼間、蛭間などの表記あり)や、蛭巻(この姓は見当たりませんが、武具の名前なので、存在した可能性はあるかも)等の「ひる」の付く名字に由来したのかなと思います。(根拠ありません)

Q三温糖

三温糖はきちんと精製されてないから、料理に使う分には問題ないが、「そのまま口にするのは体に負担がある」と聞いた事があります。

実際の所どうなんでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

残念ですが、三温糖に含まれるミネラルの量はごく微量です。白砂糖と変わりません。
砂糖会社の説明 http://www.nitten.co.jp/column/brown.html

相変わらず、砂糖は有害みたいな迷信を言っている人がいますが、砂糖は炭水化物(糖質)で、その主成分はショ糖です。

ショ糖はブドウ糖と果糖が結合しています。消化されるとブドウ糖と果糖に分かれます。

ショ糖、ブドウ糖、果糖は果物にも含まれており、ご飯やパンに多く含まれるデンプンはブドウ糖がたくさん結合しています。だから、デンプンは最終的にブドウ糖になります。

砂糖が有毒なら、果物からご飯まで、およそ炭水化物(糖質)を含む食べ物は何も食べられなくなります。

確かに砂糖のような結合の小さい糖は血糖値を上げやすいといえますが、普段の食事で砂糖を何十gとか何百gも一気食いするわけではないのだから、神経質になっても仕方がないと思います。


人気Q&Aランキング