新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

ミュゼは上場会社に買収子会社化となり今や上場企業がバックについている日本最大の脱毛サロンです。
かたや銀座カラーはミュゼに比べ店舗数など規模はそこまで大きくないが何かと有名な脱毛サロン。
資金力でいったらミュゼは上場企業がついているため問題ないけど銀座カラーはどうなのでしょう?!

今後のサロン選びは潰れる可能性のある脱毛サロンには通わないのがベストだと思っています!

ミュゼと銀座カラーどちらが安心して通えるサロンなのか是非知りたいです。

教えて!goo グレード

A 回答 (1件)

うーん、。

難しい質問ですね、。

ミュゼは元はジンコーポレーションが運営していましたが、現在RVHという2部上場の企業の子会社である「株式会社ミュゼプラチナム」が運営となっています。上場企業が運営する脱毛サロンというのは現在ミュゼだけです。上場会社ですから余程の事が無い限り非上場会社と比べ潰れづらいと考えられます。なので普通に考えると非上場会社の運営より上場会社の運営の方が財務面や会社の信頼度を考えると上と思われます。

ただし、587億円という負債がジンコーポレーションにあることで、万一ジンコーポレーションがお金を銀行に返せないとなり倒産をしてしまったとしたら、ジンコーポレーション時代に契約をした会員さんたちは全て脱毛を受ける権利を失うことになります。

と考えると、買収後の新会社(株)ミュゼプラチナムで契約をしている会員さんに関して安全度は高いですが、今までの会員さんが受けれなくなったことで何かしらの影響が出る事が考えられます。(RVHに批判が相次ぐ、会社の信用がなくなる等の可能性、。)

銀座カラーに関しては、非上場会社で企業信頼度でいくと上場会社に劣ると思います。が、大幅な負債であるとか信頼が無くなるようなニュースは現時点で何も出ておりません。が、急に財政面が悪化して倒産!となる可能性があります。

簡単にまとめると

■ミュゼ:上場会社が運営のため細かい会社の財務内容が開示されていて安心(会社の調子が悪化していることを知ることができる)。だが元の運営会社が大きな負債を処理出来ていないため新会社に悪影響がでてしまう可能性がある。

■銀座カラー:非上場会社が運営のため細かい会社の財務内容は開示されていない(会社の調子が悪化していることを知ることができない)。だが現時点で悪い噂や負債などのニュースは皆無。

私個人的な意見ですと、
ジンコーポレーションの代表取締役が今年に入ってひっそりと変更されています。
にも関わらずホームページ上では前代表取締役の名前のままです。
負債が何百億円ある会社でしっかりがんばらなければいけないのにそのような大切な内容を更新していないのは腑に落ちません。

私なら現時点でミュゼと銀座カラーどっちがリスクが高いか?の答えは前者ミュゼだと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます!!
電車の中の広告などいろいろ見かけるのですが同じ規模でないのに露出が同じ位あるので気になっていました。
ミュゼはお金があるけど予約が取りづらいイメージだったため銀座カラーで脱毛しようと考えていましたが、迷ってました。
ミュゼは辞めておこうと思います。

お礼日時:2016/05/24 21:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング