人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

聖徳太子は、どのような国を目指したのだろうか❓

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

朝鮮みたいにイヤというほど額を地面にこすりつけてまで中国にこびを売らなくていい国。

    • good
    • 4

近年ではその存在自体が疑問視されている聖徳太子なんだから、そんな人が目指した国と言われても答えられないと思いますが。

    • good
    • 0

当時の東アジアは中国(隋)を中心とする世界でしたが、そこに聖徳太子はこの世界に伍さんと「日本ここにあり」とばかりに


遣隋使を送り日本を世界デビューさせました。
すなわち隋の煬帝宛の国書には、隋書倭国伝によれば「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。恙無しや、云々」と書き出されていました。
これを聞いた煬帝はたいそう立腹したそうです。立腹したのは隋が「日没する所」だからではなく日本が煬帝と同格の「天子」を名乗ったからです。
これが外交面です。

一方、内政面ではNo.3さんの回答にように、十七条憲法を発布し、仏教を基本とした秩序ある安定した国家建設を目指しました。

このころの日本はまだまだ貧しく、聖徳太子の200年近くのちに作られた奈良の大仏(東大寺盧舎那仏)の建立でも国家が傾くくらいの
規模でしたので、太子の時代は推測がつくでしょう。それでも太子は確固たる志を持ち、日本を太子の目指す理想の国家へと誘おうとしました。
この崇高な理念は、どこかの知事とは比べようもありません。
    • good
    • 1

十七条憲法を読めば分ります。



■十七条憲法
①和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に順(したがわ)ず、乍(また)隣里(りんり)に違う。然れども、上(かみ)和(やわら)ぎ下(しも)睦(むつ)びて、事を論(あげつら)うに諧(かな)うときは、すなわち事理おのずから通ず。何事か成らざらん。

②篤く三宝を敬へ。三宝とは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)なり。則ち四生の終帰、万国の禁宗なり。はなはだ悪しきもの少なし。よく教えうるをもって従う。それ三宝に帰りまつらずば、何をもってか柱かる直さん。

③詔を承りては必ず謹(つつし)め、君をば天(あめ)とす、臣をば地(つち)とす。天覆い、地載せて、四の時順り行き、万気通ずるを得るなり。地天を覆わんと欲せば、則ち壊るることを致さんのみ。こころもって君言えば臣承(うけたま)わり、上行けば下…(略)

④群臣百寮(まえつきみたちつかさつかさ)、礼を以て本とせよ。其れ民を治むるが本、必ず礼にあり。上礼なきときは、下斉(ととのは)ず。下礼無きときは、必ず罪有り。ここをもって群臣礼あれば位次乱れず、百姓礼あれば、国家自(おのず)から治まる。

⑤饗を絶ち欲することを棄て、明に訴訟を弁(さだ)めよ。(略)

⑥悪しきを懲らし善(ほまれ)を勧むるは、古の良き典(のり)なり。(略)

⑦人各(おのおの)任(よさ)有り。(略)

⑧群卿百寮、早朝晏(おそく)退でよ。(略)

⑨信は是義の本なり。(略)

⑩忿(こころのいかり)を絶ちて、瞋(おもてのいかり)を棄(す)て、人の違うことを怒らざれ。人皆心あり。心おのおのの執れることあり。かれ是とすれば、われ非とす。われ是とすれば、かれ非とす。われ必ずしも聖にあらず。(略)

⑪功と過(あやまち)を明らかに察(み)て、賞罰を必ず当てよ。(略)

⑫国司(くにのみこともち)・国造(くにのみやつこ)、百姓(おおみたから)に収斂することなかれ。国に二君非(な)く、民に両主無し、率土(くにのうち)の兆民(おおみたから)、王(きみ)を以て主と為す。(略)

⑬諸の官に任せる者は、同じく職掌を知れ。(略)

⑭群臣百寮、嫉み妬むこと有ること無かれ。(略)

⑮私を背きて公に向くは、是臣が道なり。(略)

⑯民を使うに時を以てするは、古の良き典なり。(略)

⑰夫れ事独り断むべからず。必ず衆(もろもろ)とともに宜しく論(あげつら)ふべし。(略)
    • good
    • 0

日本書紀で、あやふやにされた人物像から推測することは出来ませんね。

実在していたのかさえ確実には判らないのに。
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q南アメリカにおける人種の混合について

こんにちは、北米の大統領の血統について調べていた時に思ったのですが、
北米は「人種のサラダボウル」とよばれているのに関わらず、
結局異民族間?の混血はあまり進んでいないと思うのです。

それと比較すると、南米の人種の混合はかなり進んでいるという話を聞いたことがあります。

実際はどうなのでしょうか??
探してみたのですが、良い資料が見つからないので、何かおすすめの図書・資料等、
ございましたらどうか教えてください。

Aベストアンサー

中南米の人種の混合の状況は、国により、大きな差があります。

これは、スペイン・ポルトガルなどの進出時期、殖民形態、現地人の文明度などの差によります。

スペイン人が、初期に進出しました西インド諸島の場合、スペインが持ち込んだ病気の蔓延や、過酷な搾取が行われたため、現地の住民たちが、絶滅する事態となってしまいます。
そのため、アフリカからの奴隷を大量に導入した結果、黒人中心の社会となってしまいます。

一方同じく黒人が多い地域として、ブラジル北東部、中米のカリブ海側、パナマなどがありますが、こちらは、元々現地人が少なく、プランテーション農業の労働力不足から、アフリカ人を大量投入した名残です。

メキシコ・グアテマラ・ペルー・ボリビアなどでは、現地人が、比較的高度な文明(アスティカ・マヤ・インカなど)を持っていたため、ヨーロッパから持ち込まれた病気や過酷なしうたちにもある程度の適応ができたため、現在でも多数の原住民社会が残されています。
特に、マヤとインカの中心であった地域で顕著です。

メキシコ・コロンビア・ベネズエラなどでは、大量のスペイン人の殖民が行われましたが、その植民者のほとんどが男性であったため、異常なくらいの女性不足となりました。
そのため、植民者の婚姻相手は、現地の女性がほとんどで、その結果大量の混血者が生まれ、メスティソ社会が成立します。

コスタリカ・アルゼンチン・チリなどでは、現地人が比較的少なく、プランテーションにも向かなかったため、北米と同じく殖民は、スペイン南部の貧困者が、家族単位で殖民する場合が多く、白人中心の殖民が行われ、現地生まれの白人(クリオージョ)中心の社会となります。

ブラジルの場合、本国ポルトガルの人口が極めて少なかったため、殖民がポルトガル人だけでは不足し、ヨーロッパ各地からの植民者や、アフリカからの奴隷、アジア系などの植民者を積極的に受け入れた経緯で、人種の混合が進んでいます。

中南米の場合、混血度による人種差別があります。

最上位は、本国人(スペイン生まれの白人)です。
そのため、中南米生まれの資産家は、妻をスペインからもらう事がほとんどです。
特に、メキシコ・ペルー・コロンビア・グアテマラなどの階層社会が強いところほど、その傾向があります。

次は、現地生まれの白人(クリオージョ)です。
ブラジル南部、アルゼンチン・チリなどでは、完全なクリオージョ世界となっており、比較的人種差別や階層社会になっていませんが、それ以外は、現地人を差別する中心になっている人達です。
(本国人や富裕階層では、現地人と接触する機会が無いため、差別行為が少ない)

次がメスティソ。
白人の血が多いほど、上流階級になります。
白人と現地人の混血者のほうが、白人と黒人の混血者よりも比較的上位を占めます。

最下層が、現地人または黒人で、どちらが上かは、国によって異なります。

アジア系は、メスティソの中位くらいの扱いですが、経済的実力は、クリオージョくらいあるため、メスティソ上位やクリオージョの下位クラスの人の嫉妬を買う場合があります。

中南米の人種の混合の状況は、国により、大きな差があります。

これは、スペイン・ポルトガルなどの進出時期、殖民形態、現地人の文明度などの差によります。

スペイン人が、初期に進出しました西インド諸島の場合、スペインが持ち込んだ病気の蔓延や、過酷な搾取が行われたため、現地の住民たちが、絶滅する事態となってしまいます。
そのため、アフリカからの奴隷を大量に導入した結果、黒人中心の社会となってしまいます。

一方同じく黒人が多い地域として、ブラジル北東部、中米のカリブ海側、パナ...続きを読む


人気Q&Aランキング