人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

領収書発行についてです。
私は現在会社員ですが、先日知人から会社としてではなく、個人的に(注文書を頂いたわけではありませんので)ある工事を15万5千円で依頼されました。
工事自体は、いつも使っている業者に15万円でお願いして、私の収入は5千円です。
そして工事代金を頂き領収書を下さいと言われました。
①私の個人名と15万5千円で発行中ですが、
印紙の消印(三文判)とは別に、個人名の横にも押印した方がよいのでしょうか。
又、消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか?
②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いのでしょうか。
又、もらわなかった場合はどうなりますか?
③依頼主が(私の知人)領収書を使用して申告した時、私が確定申告をしなかったら監査が入るのでしょうか?
④私の利益は5千円ですが、確定申告した方が良いですか?

大変恐縮ですが、わかりやすいようにご教示願います。
長々とすみません。
宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 補足です。
    もし確定申告する場合、工事業者からもらった領収書と私が依頼主に渡した領収書の控えを持参して申告した方が良いですか?

    宜しくお願い致します

      補足日時:2016/05/18 23:07

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

①個人名の横にも押印した方がよいのでしょうか。


押印がなくても領収書としては有効ですが、押印してある方が良いです。
①ー2又消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか?
 大丈夫ですよ。
②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いのでしょうか。
 後々「払った」「もらってない」とならないように、貰う方が良いです。
②ー2 もらわなかった場合はどうなりますか?
 あなたがしはらった事を証明する手段が一つなくなるだけです。
 先方が「金払え」って言い出したときに、「もう払ってありますよ」と主張した際に「証拠を見せろ」といわれたら、困るだけです。

③依頼主が(私の知人)領収書を使用して申告した時、私が確定申告をしなかったら監査が入るのでしょうか?
 税務署がするのは監査ではなく調査です。
 依頼主に税務調査が入ったさいに「あなたから発行された領収書にて証明できる」とされる支出が経費になってるわけです。
 領収書が本物かどうかの確認のため、裏付け調査としてあなたに連絡がくる可能性はあります。
 あなた自身はサラリーマンですので、税務調査の対象になる可能性は非常に低いです。
④私の利益は5千円ですが、確定申告した方が良いですか? 
 あなたの雑所得は「年間5、000円」です。
 会社で年末調整をしてくれてますよね?
 だとしたら「確定申告書の提出義務はない」です。
 住民税の申告義務はあります。
「該当条文は所得税法第121条」

ただし以下のような「注意」が付きますので「なんだか、もうわからんから、確定申告しておく」という手もありますよ。5,000円に対しての所得税が発生し、住民税が増加します。
 「申告はしなくていいが、年末調整で受けなかった所得控除をうけるので確定申告書を出すならば、その5,000円を記載する」
「確定申告書の提出をしたら、住民税の申告書は別途作成して提出する必要はない」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございました。
会社で年末調整はしてくれていますので、その5千円を記載してみます。
ありがとうございました!

お礼日時:2016/05/19 00:50

>個人名の横にも押印した方がよいの…



領収証に判子が必要とは、どんな法律にも書いてあるわけではありませんが、商慣習としては押すべきです。

>消印と同じ印鑑でも大丈夫ですか…

別に問題ありません。

>②私も工事業者から15万円で領収書をもらった方が良いの…

はい。

>もらわなかった場合はどうなりますか…

・後になって、払ってもらっていないなどと言い出されたら困ります。
・5,000円しか利益がないことを、税務署に説明できない。

>③依頼主が(私の知人)領収書を使用して申告…

条件次第です。

>④私の利益は5千円ですが、確定申告した…

・本業で年末調整を受ける
・給与が2千万以下
・医療費控除その他特段の事由による確定申告の必要性も一切ない
の 3つすべてを満たすなら、20万以下の他の所得は確定申告しなくても合法です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
どれか 1つでも外れるなら、20万以下の所得もすべて申告しないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

この 20万以下申告無用の特例は国税のみの話で、住民税にこんな特例はありません。
したがって、要件に合って確定申告しないことを選択する場合は、別途、「市県民税の申告」の必要性が浮上してきます。

>確定申告する場合、工事業者からもらった領収書と私が依頼主に渡した領収書の控えを持参して申告した…

確定申告書は、自宅で書いて税務署へ郵送するだけで良いんです。
領収証など添付する必要性はありません。

とはいえ、後になって税務調査に来られることもないとは言い切れませんので、保管は必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2080.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

工事業者から領収書はもらっておきます。
夜遅くに回答して頂き、ありがとうございます。

お礼日時:2016/05/19 00:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人で領収書を発行したら税金はかかりますか?

会社員ですが、先日、個人として10万円の収入がありました。(副業をしている訳ではなく、単なる臨時収入です。)
その領収書を発行しないといけないのですが、収入印紙を貼る必要はありますか?
また、この収入について来年の確定申告の必要はありますか?
領収書を発行したために税金などを取られてしまうのでしょうか…?
どうしたらいいのか全くわからないので教えてください。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

売上代金に係る金銭の領収書には印紙が必要ですが、営業に関しない領収書には、印紙を貼る必要が有りません。
「営業」とは利益を目的とした行為を、繰返し継続して行うことを云うので、個人で物品を売買しても、繰返し継続しなければ営業にはなりませんから印紙を貼る必要は有りません。

又、領収書を発行したために税金を取られることはありません。
(印紙が必要な場合は印紙を貼りますから、印紙税がかかったことになります)

給与所得者の場合、給与以外の所得が年間20万円以下であれば、申告の必要が有りません。
ただし、医療費控除などを受けるために確定申告をする場合は、20万円以下の所得も含めて、全ての所得を申告をする必要が有ります。

又、この制度は所得税に限られますから、住民税については、20万円以下の所得も全て申告する必要が有りますから、市区町村の税務課に市町村民税として申告することになります。

Q副業の領収書発行について。

税金や、領収書、源泉徴収など勉強中ですが、
よくわからなくなってしまったので確認させて頂きつつ、
教えて頂きたく、質問させて頂きました。

会社員として働いていますが、趣味の延長線上で、
イラストやデザインの仕事を頼まれることがあります。

今回、行きつけのレストラン(店舗数3店)の社長さんから
お店のキャラクターやメニュー表などの作成を頼まれ、お金も頂きました。
案件数は5案件(時期はバラバラ)
各、2万円以下の報酬
合計:約9万円

そしてこのたび、各案件の領収書をもらえませんかと言われました。
100均で複写式の領収書を買ってきました。

個人と個人のやり取りでは、とくに源泉徴収は気にせずに大丈夫。
各案件3万円以下なので、収入印紙は必要なし。
副業としてのもので年収20万以下の場合、確定申告はせずにOK。
(趣味の延長線上でたまに依頼頂く程度で、年間これ以外に頼まれた仕事のお金をあわせても20万以下です)

ということは調べてわかったのですが(あっていますでしょうか…)、
領収書へは、レストランの名前でお願いしますと言われています。
この場合、個人と個人ではなくなってしまうのでしょうか?
そうしたら源泉徴収についても考慮する必要が出てくるということになりますよね…?
既にお金は頂いてしまっているのですが…。

また、上記のことがあっているのならば、私は領収書に、
レストラン名、頂いた金額、但書き、日付、自分の住所・名前、印鑑
だけを書けばいいでしょうか。

領収書を書く段階で、よくわからなくなってしまいました…

どうぞよろしくお願い致します><

税金や、領収書、源泉徴収など勉強中ですが、
よくわからなくなってしまったので確認させて頂きつつ、
教えて頂きたく、質問させて頂きました。

会社員として働いていますが、趣味の延長線上で、
イラストやデザインの仕事を頼まれることがあります。

今回、行きつけのレストラン(店舗数3店)の社長さんから
お店のキャラクターやメニュー表などの作成を頼まれ、お金も頂きました。
案件数は5案件(時期はバラバラ)
各、2万円以下の報酬
合計:約9万円

そしてこのたび、各案件の領収書をもらえませんかと言わ...続きを読む

Aベストアンサー

>イラストやデザインの仕事を頼まれることがあります…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm

>個人と個人のやり取りでは、とくに源泉徴収は気にせずに大丈夫…

支払い側は個人ではあっても「個人事業主」でしょう。
事業主である以上、源泉徴収が必要か否かを考えないといけません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2502.htm

>そうしたら源泉徴収についても考慮する必要が出てくるということに…

それは支払い側が考慮すべきであって、受取人があれこれ指図するものではありません。
たとえ対象になる職種であるにもかかわらず源泉徴収されなかったとしても、支払い側が税務署からお小言を頂戴することはあっても、受取側が罪を問われることは一切ありません。

>副業としてのもので年収20万以下の場合、確定申告はせずにOK…

それは、本業で年末調整を受け、かつ、医療費控除その他の要因による確定申告申告の必要性も一切ない場合限定の話ですよ。
だいじょうぶですか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

しかも、この特例は国税のみで住民税にはありません。
したがった要件に合って確定申告をしない場合は、別途、「市県民税の申告」が必要になってきます。

税金について詳しくは国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>イラストやデザインの仕事を頼まれることがあります…

具体的にどんなお仕事でしょうか。

個人だからといって、何でもかんでも源泉徴収されなければならないわけではありません。
源泉徴収されるのは、指定されたいくつかの職種の場合だけです。
下記にあなたの職種が載っているかどうかどうかお確かめください。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2011/pdf/07.pdf

個人に対する支払いはすべて源泉徴収しなければならないと誤解している人・企業が多々あります。ご注意ください...続きを読む


人気Q&Aランキング