専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

質問です。皆さんが知っている、死語を教えてください。死語とは、昔は使っていたのに、今では使われなくなった言葉のことです。たとえば、ヤングという言葉は、今では死語ですよね?よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

沢山ありそうですね。


「トルコン車」なんていうのは、知っている人がいるのでしょうか?まだAT車が珍しい時代、そういう車をトルコン車と言ってましたね。
トルコン=トルクコンバーターの略です。
「ディスコ」というのも、ジュリ扇やボディコンで踊ったバブルの時代の言葉で、今はクラブと言いますね。
「とっくり(セーター)」というのもすっかり影をひそめて、タートルネックですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。トルコン車は知りませんでした。面白いですね。ミッションとかも死語ですかね。

お礼日時:2016/05/22 10:00

すみません。


トルコン車、思わず吹いてしまいました。
私の一回り上の兄がいまだに「トルコン、トルコン」と言ってます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ボンネットバスも、死語ですかね。

お礼日時:2016/05/22 10:03

はいから


ドロン
ナウい
新人類
うれぴー
超・・・
普通に・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。流行語っぽい言葉もありますね。

お礼日時:2016/05/22 08:27

投稿!ナウな死語辞典


http://www.orange.ne.jp/~kibita/dwd/dwdmain.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ちゃんと、辞典があるのですね。参考になります。

お礼日時:2016/05/22 08:29

うっそー?ほーんとー?かーわいいー!


えんがちょ
オバタリアン
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。やはり70年代から80年代に聞いた覚えがある言葉は現在は死語ですよね。

お礼日時:2016/05/22 08:30

「話しがピーマン」


「ガチョーン!」
「マンモスうれピー」
「ガーン!」
「おととい来やがれ」
「なはなはなはなは」
「ワンレン・ボデコン」w
「なんでそぉ~なるの!」
「一般ピーポー」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。何だか80年代に聞いた言葉ですね。

お礼日時:2016/05/22 05:50

ナウい:now、今風の(反対の「ダサい」恰好悪い、野暮ったい、はまだ使われている) 1970年代


イマい:nowの日本語訳
チョベリバ:ベリーバッド(最悪) 1990年代
チョベリグ:Very Good 1990年代
ギャル:10代のgirl、未婚の若い女性 1970年代~バブル期
コギャル:高校生のギャル 1990年代
アウトオブ眼中:Out of 眼中→眼中にない 1990年代
マブダチ:真の友達→親友 1980年代から1990年代
マブい:美しい 1980年代
アベック:カップル 1960年代から1980年代
おはこんばんちは:おはよう+こんばんは+こんにちは 1980年代
おセンチ:感傷的、ナーバスになっている 1970年代から1980年代
バイビー!:バイバイ 1980年代から1990年代
バッチグー!:ばっちり+Good 1990年代
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。たくさんありますね。

お礼日時:2016/05/22 06:15

寿退社 ^ - ^

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。確かにこの言葉は聞かないですね。

お礼日時:2016/05/22 06:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qハンガー=えもんかけ、スプーン=さじ、ティッシュ=ちり紙…夫が使う古い(?)言葉

10歳年上の夫(30代半ば)が、日常の生活でよく使う古い(?)言葉です。
大半は意味が分かるので問題はないのですが、未だにそういう類の言葉を聞くと、悪気がなくてもどうしても笑ってしまう時があります(^^;

他にも「ベスト→チョッキ」「パジャマ→寝巻き」「スーツ→背広」「タートルネック→とっくり」「ドア→戸or扉」「ネックレス・イヤリング→首飾り・耳飾り」などなど。
「炊飯器(電子ジャー)→お釜」と言った時は、どう見ても外見は「お釜」の姿じゃないのにその言葉なのがすごく面白くて(^^;ゞ
それから「シャッポ」「ズック」「ヤッケ」等の言葉は私は最近まで知りませんでした。(夫は使わないけど知っていました)

これらは30代半ば位の方ならよく使われる言葉なのでしょうか?(でもうちの親は使わなかった…)
夫が幼い頃はひいおばあさんが面倒をみていたそうで、その影響もあるのかな?と思いますが、いつの時代の人だ!と時々ツッコミたくなります(笑)

しかしそんな私も、「ファスナーorジッパー→チャック」「ジーンズ(パンツ)→ジーパン」と言ってしまいます…(>▽<;
「下駄箱&筆箱」ももう中身が違うのにいまだに使っています。今は「靴箱&ペン入れ(ケース)」でしょうか。
「ちんちくりん」と言ったら珍しく私の方が夫に笑われてしまいました(^^;

皆さんも、こんな経験ないですか?
過去にも同じような質問はあるのですが、今回改めてお伺いしたいと思いました。
両方の立場から(古い言葉にびっくり、逆に言葉が通じなくてびっくり!)の、ご意見、エピソードをぜひお聞かせ下さい(*^^*)

10歳年上の夫(30代半ば)が、日常の生活でよく使う古い(?)言葉です。
大半は意味が分かるので問題はないのですが、未だにそういう類の言葉を聞くと、悪気がなくてもどうしても笑ってしまう時があります(^^;

他にも「ベスト→チョッキ」「パジャマ→寝巻き」「スーツ→背広」「タートルネック→とっくり」「ドア→戸or扉」「ネックレス・イヤリング→首飾り・耳飾り」などなど。
「炊飯器(電子ジャー)→お釜」と言った時は、どう見ても外見は「お釜」の姿じゃないのにその言葉なのがすごく面白くて(^^;ゞ
それから...続きを読む

Aベストアンサー

知らないうちに自分がお父さんになっていました(^^;

「お母さんは美容院にいったよ。」
「え?どこか身体の具合わるいの?」
「そうじゃなくて髪結いさん」
「ああ、病院でなくてヘアサロンね」

「駅前でちり紙配っていたからもらってきたよ」
「そりゃティッシュでしょ」

「オレのカーデガン知らない?」
「カーディガンならここに掛かってますよ」

「トレーナの下が無いんだけど」
「何もなくていいんじゃない?寒かったらTシャツでも着たら?」
「そうじゃないんだ、ズボンのこと」
「ああ、スエットパンツね」

「すみません、あの別珍の黒い上着、試着してもいいですか?」
「あ、こちらのベロアのジャケットでございますね」
「エンブレムのついたタイプもございます。」
「ワッペンはいらないなぁ。ゴルフ場に着ていくわけじゃないし」
「いかがでしょう」
「襟の形がヘンだな。おねえさん。変え上着みたいな感じのがいいんだが」
「テーラードタイプなら、コーデュロイの素材のもございます。」
「コール天かい。もっと畝の細いのがいいなぁ、ついでに変えズボンも
 買いたいんだが何色が合うかねぇ」


「ハッシュパピーのバックスキンの靴を探しているんだが」
「スエードのものでしたらございます」
「こういうおかめの形の紐靴じゃなくて・・」
「ウィングチップはお嫌いですか、それじゃこちらはいかがでしょう」
「なんかズック靴みたいだね」
「スニーカータイプですが、スリッポンもございます」

「おとうさん、スタバの前で6時ね。」
「スタバってスターバックスという解釈でいいんだな。」
「そうヨシギュウのとなりね」
「ヨシギュウ?」
「うーんそれじゃマツキヨわかる?ドンキの先の
ナナメッテる道のまっすぐいって・・」
「・・・わからん。」

知らないうちに自分がお父さんになっていました(^^;

「お母さんは美容院にいったよ。」
「え?どこか身体の具合わるいの?」
「そうじゃなくて髪結いさん」
「ああ、病院でなくてヘアサロンね」

「駅前でちり紙配っていたからもらってきたよ」
「そりゃティッシュでしょ」

「オレのカーデガン知らない?」
「カーディガンならここに掛かってますよ」

「トレーナの下が無いんだけど」
「何もなくていいんじゃない?寒かったらTシャツでも着たら?」
「そうじゃないんだ、ズボンのこと」
...続きを読む


人気Q&Aランキング