アリスムカイデが“MV女優”になった原点MVをご紹介!

任意の組合(仮称地震被害者組合)から、金銭の給付(お金を払ってください)を求められています。
事情により、指定された銀行にお金を支払いました。このお金を返金していただく目的で簡裁に訴訟を起こそうとしています。任意の組合(仮称地震被害者組合)は法人資格ありません。代表者不明です。組合所在地も不明です。民事訴訟起こせませんね。しかし、この任意の組合は立派に20年以上にわたって、存在していて、組合員も多く、事業を行っていることは確認しています。組合長はいらっしゃいますが、その時々に、変わりますから、訴訟を起こすときには、組合長が替わって不明になります。何とも興味ある任意組合なので、訴訟に持ち込み、毎年の金銭要求の実態を知り、縁を切りたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「任意の組合」とありますが、一般に「組合」は法人格を有します。


ただし、「法人格は持っていない」とあなたは書いていますから、このケースでは、「仮称地震被害者組合と言う名称の任意団体」と表現することが正しいのではないかと思います。

任意団体は法人格を持ちませんので、「仮称地震被害者組合」という名称の口座を作ることが出来ません。
契約行為なども出来ません。
通常こうした任意団体の金銭管理は、団体設立時の代表者名義の口座を使っていることが多いように思います。
その任意団体とあなたの間で生じた金銭のやり取りは、その団体が本当に法人格を持たないのであれば、表面上はあなたと団体間の問題であるように見えても、個人間の問題と言うことになるでしょう。
あなたがどのような形で支払いをされていたのかはわかりませんが、こうした場合、訴訟の相手としてその任意団体を対象とすることは、「幽霊を訴えるようなもの」と言うことになってしまう気がします。
    • good
    • 0

>金銭の給付(お金を払ってください)を求められています。


 給付とは、お金を受け取ることですから、
 納付した、ということですよね。

>このお金を返金していただく目的で簡裁に訴訟を起こそうとしています。
 「理由のいかんにかかわらず、一切返金しない」と
 謳った契約を交わしていませんか。

>代表者不明です。組合所在地も不明です。
 仮称地震被害者組合というなら
「給付申請はこちらへ」みたいな案内があるのでは。

>毎年の金銭要求の実態を知り、縁を切りたいのです。
 自身が振込んだ分についてのみ返済請求が出来るので、
 第3者に関することの開示請求は一切、却下されるでしょう。
    • good
    • 0

指定された銀行口座に振込送金したのなら,その銀行口座の名義人を相手に訴訟提起すればよいでしょう。



口座の名義人の住所は弁護士に委任すれば(弁護士会照会制度を利用すれば)銀行が開示します。

被告側がお金を返したくないなら,組合が当事者として名乗り出てくるでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「公的資金投入」は「銀行にお金をあげる」と思われてないだろうか

りそな銀行の問題で、公的資金がまた投入されます。

公的資金は、あげるわけではなく、銀行に貸すわけです。
ですが、ワイドショーやニュースショーでは、「我々の税金を銀行に投入する」と表現しています。

銀行が利益を上げられなければ、貸し倒れになるし、
銀行にとっては押し貸しのようなもので、
国がそういうことをするべきかという問題はあります。
また、すでに回収不可能な金が十兆円近く計算されています。

しかし、原則的には「あげる」のではなくて「貸す」わけです。
マスコミは、銀行に税金をあげるがごとく報じています。
もしかすると、「公的資金投入」を、「銀行にお金をあげる」と思ってる人もいるかもしれません。
それなのにワイドショーは「あげる」のように報じて、
誤解を煽っているように感じます。

それで、あなたの周囲に、もしくはあなた自身、
「公的資金投入は銀行にお金をあげることだ」
と勘違いしていた人はいないでしょうか?
いたら教えてください。

これは、公的資金投入に賛成か反対かの問題ではありません。
あくまで、勘違いされているかいないかの問題です。

りそな銀行の問題で、公的資金がまた投入されます。

公的資金は、あげるわけではなく、銀行に貸すわけです。
ですが、ワイドショーやニュースショーでは、「我々の税金を銀行に投入する」と表現しています。

銀行が利益を上げられなければ、貸し倒れになるし、
銀行にとっては押し貸しのようなもので、
国がそういうことをするべきかという問題はあります。
また、すでに回収不可能な金が十兆円近く計算されています。

しかし、原則的には「あげる」のではなくて「貸す」わけです。
マスコミは、銀...続きを読む

Aベストアンサー

完璧に勘違いして怒っている人が50%くらい。

「あげる」わけではないことを理解していて、仕方がないと思っている人が30%くらい。

「あげるわけじゃない?そんなことよく言えるな!!返すって言うのなら、いつどうやって返すのか、はっきり返答してみろ!!いつ返せるかもわからんやつに金を貸すっていうのは、世間では「あげる」って言うんじゃい!!」と思っている人が20%くらい。

私は最後の20%のくちです。

Q不倫訴訟について(弁護士費用について) 相手の旦那から不倫訴訟を提起されそうです。 不貞の事実はあ

不倫訴訟について(弁護士費用について)
相手の旦那から不倫訴訟を提起されそうです。

不貞の事実はありません。
相手も探偵を使ったそうですが不貞の証拠を持っていません。
(メール、食事写真などの証拠はあるらしい)

こちらは全面否認、支払い拒否をするつもりです。

そこで、もし勝訴をして全面棄却になった場合の弁護士費用はどうなるのでしょうか?
着手金を支払う事は分かってますが、成功報酬もこちらが持つのでしょうか?
法テラスを利用しようと思っていますが、その場合およそどの位の金額なのでしょうか?

もう1つ、ただの食事をする仲という感覚で不倫すらしていない考えです。
相手が私に全て否があると押し付けるので精神的苦痛を被っています。
精神的苦痛をアピールして勝訴をした場合、逆に相手から慰謝料を取れますか?これはまた別問題なんでしょうか?
どうしても費用を払いたくありませんし、弁護士費用も出来るだけ浮かせたいと思っています。(慰謝料を獲得出来るなら、そこから弁護士費用を払いたいです)

右も左も分からない素人ですが、どなたか詳しい方ご教授お願いします

Aベストアンサー

日本では弁護士費用を相手に負担させることは原則できません。
もちろん原則なので、例外はありますが。

この場合だと、不当な訴訟を起こされて損害を被ったとして、逆訴訟するのが良いでしょう。
その際の損害額に弁護士費用も入れ込むってとこでしょうね。

>精神的苦痛をアピールして勝訴をした場合、逆に相手から慰謝料を取れますか?これはまた別問題なんでしょうか?
これが戦術した逆訴訟で、不倫裁判とは別問題です。

>どうしても費用を払いたくありませんし、
費用って慰謝料のこと?

>弁護士費用も出来るだけ浮かせたいと思っています。
おっしゃるように法テラスで相談されるのがよろしでしょう。
立替制度が使えるかどうかは資力によって変わってきます。
費用は案件によって異なります。

Q民事訴訟における『既判力』の意味

はじめまして。
法律の勉強をしているのですが、どうしても分からないことがあったのでお聞きします。

民事訴訟を勉強していたときに出てきた『既判力』という法律単語の意味がよく分かりません。

法律辞典で調べますと『民事訴訟における既判力の意味とは、確定判決の判断内容の後訴での通用力・拘束力』とあります。

しかし具体的にどのような力があるのかよく分かりません。

どなたか『民事訴訟における既判力の意味』をわかりやすく解説していただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>つまり前訴の判決で確定した事実に明らかに矛盾がある訴えが後訴で提起された場合にその『攻撃・防御』を遮断する力が既判力と解釈してよいでしょうか。

 既判力の作用については学説上の争いがありますが、一般的には、消極的作用と積極的作用の両面があるという説明がされています。
 消極的作用とは、前訴の既判力のある判断内容に反する当事者の申立や主張について、後訴の裁判所はそれを排斥しなければならないというものです。(上記のご質問は消極的作用についての説明です。)
 もう一つの積極的作用とは、後訴裁判所は、前訴の既判力のある判断内容について拘束される、すなわち、後訴の審判は、それを前提に行わなければならないとするものです。
 たとえば、BがAに対して後訴において、抵当権不存在確認の訴えを起こしたとします。そうしますと後訴の裁判所は、前訴の既判力の基準時点においては、前訴の裁判所が認定した債権(甲債権とします。)は存在していることを前提に判断しなければなりません。
 もっとも、その抵当権の被担保債権が、そもそも甲債権であるかどうかは、前訴の確定判決の既判力が及ぶものではありませんから、その抵当権の被担保債権は、甲債権ではなく、乙債権であり、乙債権は既に消滅しているから、附従性によりその抵当権も消滅していると後訴の裁判所が判断することは当然許されます。

>つまり前訴の判決で確定した事実に明らかに矛盾がある訴えが後訴で提起された場合にその『攻撃・防御』を遮断する力が既判力と解釈してよいでしょうか。

 既判力の作用については学説上の争いがありますが、一般的には、消極的作用と積極的作用の両面があるという説明がされています。
 消極的作用とは、前訴の既判力のある判断内容に反する当事者の申立や主張について、後訴の裁判所はそれを排斥しなければならないというものです。(上記のご質問は消極的作用についての説明です。)
 もう一つの積極的作...続きを読む

Q夫婦で訴訟を提起するときの訴状での書き方

夫婦で訴訟を提起するときの訴状での書き方について質問します。

一人だけなら訴状では「原告」でよいと思います。
しかし、夫婦二人なら、どう書きますでしょうか。
「原告(夫)」と「原告(妻)」と書いてよいでしょうか?
「原告・太郎」と「原告・花子」という言い方が必要でしょうか?
小さいことですけど、詳しい方、お教えください。

Aベストアンサー

>ただ、「太郎は・・・」という書き方だと、何か軽い感じがするのですが、問題ないでしょうか?

 問題ないです。

>請求原因では、(1)「太郎は・・・」と、(2)「原告太郎は・・・」と、(3)「鈴木太郎は・・・」とは、どれが一番よいでしょうか?

 どれでもよいです。訴状作成の労力の軽減と文章の読みやすさとのバランスです。登場人物が原告二人と被告一人程度だけなら、他人が読んでも、太郎が誰のことが分かりますから、(1)で十分ですし、労力が一番省けますよね。でも、登場人物が多くて、「太郎は、原告だっけ、被告だっけ、それとも訴外の人だっけ」となるのであれば、(2)で書いた方が良いでしょうし、鈴木太郎と田中太郎がいるのであれば、(3)で書かないと分からなくなります。
 今時、手書きじゃないのだから、労力の削減と言ったって大したことがないと思うのであれば、原告鈴木太郎でも何の問題もありません。(くどい感じはしますが)

Q祖母の遺産を、父により多く相続させてあげるために。

父方の祖父が亡くなり、祖母と叔母が相続放棄し、父が遺産を相続しました。
(相続人は、祖母・父・叔母の3人でした。実家は自営業で、祖母・父・母が同居しています。)

しかし、ふたを開けてみると、祖父の預金通帳には残高が数万円ほどしかなく、結局相続したのは築15年の自宅とその土地だけでした。
ここ数年のうちに、祖父の口座→祖母の口座に2,000万円ほどの現金が移っていました。

孫の私が言うのもなんですが、祖母(86歳)は本当に性格が意地悪で、長年に渡り母をいびり続け、実の息子である私の父が色々注意しても逆切れし、親戚近所にはあることないこと吹聴したりと、本当に苦しめられてきました。
それに比べ、市内に嫁いだ実の娘(父の妹)のことは無条件でベタ褒めで、父や母に対する態度とは真逆になります。

最近叔母が訪ねてきたときに「お兄ちゃんたちはこの家をもらったんだから、十分じゃない。」と、意味深なことを言われたそうです。
私の考えすぎかもしれませんが、叔母は「おばあちゃんが亡くなった時には、2,000万全てを私がもらってもイイでしょ?」と言っているように聞こえます。

もし祖母が遺言などを遺して亡くなった場合、長年祖母に苦労してきた父母が遺留分(500万?)しかもらえず、叔母がゴソっと遺産をもっていくパターンを想像すると、腑に落ちない気持ちになります。(遺書を書いているかどうか分かりませんが。)

しかも、祖母の口座に移された2,000万の中には、お店の口座→祖父の口座に移された500万も含まれているそうです。

少しでも多く父が相続できるよう、祖母が生きているうちにしておける対策などあれば教えてください。m(_ _)m

父方の祖父が亡くなり、祖母と叔母が相続放棄し、父が遺産を相続しました。
(相続人は、祖母・父・叔母の3人でした。実家は自営業で、祖母・父・母が同居しています。)

しかし、ふたを開けてみると、祖父の預金通帳には残高が数万円ほどしかなく、結局相続したのは築15年の自宅とその土地だけでした。
ここ数年のうちに、祖父の口座→祖母の口座に2,000万円ほどの現金が移っていました。

孫の私が言うのもなんですが、祖母(86歳)は本当に性格が意地悪で、長年に渡り母をいびり続け、実の息子である私の...続きを読む

Aベストアンサー

>祖父の口座→祖母の口座に2,000万円ほどの現金が移っていました…

それは贈与税の対象になる
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm
と考えられますが、贈与税の申告と納付
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4429.htm
はしたのか、祖母に聞いてみましょう。
適切な処理がなされていないのなら、たとえ祖母の口座に移っていたとしても祖父の財産のままであると主張できるでしょう。

まあ、移したのが今年になってからなら、申告は来年で良いので、まだだと言われるでしょうけど。

>お店の口座→祖父の口座に移された500万も…

自営業は個人事業で、祖父が事業主だったのですね。
法人でなければ、店名義でもあくまでも事業主個人のものですから、事業主が自分の口座 A からやはり自分の口座 B へ移しただけで、別に問題視されることはありません。

Q行政法の義務付け訴訟について、なぜ申請型義務付けには併合提起が必要なのかわかりません!! 詳しい方教

行政法の義務付け訴訟について、なぜ申請型義務付けには併合提起が必要なのかわかりません!!
詳しい方教えてください(*`エ´*)

Aベストアンサー

門外漢ですみませんが、

義務付け訴訟の勝訴のための前提を
裁判所に判定してもらうためではないでしょうか。

申請に対する不作為が違法であることの確認、
申請却下・棄却処分または裁決の取消しまたは無効等確認、
これらは、義務付け訴訟の訴訟物でない
(義務付け訴訟の請求の趣旨にできない)。
が、この判定を裁判所がすることが義務付け訴訟の勝訴の前提。

ならば、義務付け訴訟として訴え提起できないものは、
別に訴え提起しておく必要がある。
そして義務付け訴訟の審理内容と、無効等確認・取消しの訴え
の審理内容に齟齬が生じないように、併合しておく。

Q訴訟提起するを英語で

~~するように○○に対して訴訟提起する(訴える)、は

take action against ○○ if ○○ ~~~
でしょうか???
take an action against ○○ if ○○ ~~~
でしょうか???

take action against ○○ to ~~~~
になるのでしょうか???

他に決まった言い方があるのでしょうか。
例えば「住民を強制退去させるために訴訟提起する」という言い方です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Gです。 

>私は「用意がある」をwe are ready to~かなと最初思っていたのですが、これは「訴訟を起こそうとしている」という意味になってしまうのでしょうか。

これは「用意ができている」と言う意味ですね. つまり、払うなら何もしないけど、払わないのであれば用意はできているので、起訴「できるよ」、と言うことになります. (「できるよ」だからこそ、can/mayを使った違った文章ができるわけです)

ご質問のはじめで状況がはっきりしていなかったので、このような表現も出来るかなと思ったわけです.

日本語のフィーリングで、「起こそうとしている」と言う時にもこの表現が使えます. しかし、これは、あくまでもフィーリングであって、文章の直訳的な意味ではありませんね.

I'm ready to go now. 行く準備・用意が出来ました、といっているわけですね. つまり、できたわけだから、行こうとしている、と言うフィーリングは含んでいるわけです.

I'm ready to go if you are.と言って、you are readyなら私も、と言う言い方ですね. それを日本語では、「用意できた?じゃ、行こう」「そっちの準備が出来たらこっちはいいわよ」と言うのと同じなわけです.

さっきの会話の部分ですが、 The owner can evict you/move you out(outが抜けていました) using using (the power of) the law if you don't. OK? のところで、the ownerと言う部分をtheyにすると住民サイド、weにするとオーナーサイド、になりますので、これで大きな「立場」の違いを出す事ができ、住民に対しては見方だよ、管理者なんだからな、と言うふたつのフィーリングをはっきりだす事ができるわけです.

また、They can/may evict you legally.と言う文章と、You can/mey be legally evicted.と言う言い方とでは、あなたを追い出す事ができるのよ、と言うのと追い出されてしまう(かも)よ、で、これもまた、オーナー側からの通達的な表現になるのか、住民側にたってのアドバイスなのか、そのフィーリングをはっきり出す事ができるわけですね.

アメリカでの窓口として雇われた人たちは、上司・会社の命令で、できるだけ相手側の見方だと思われるような話し方をしなさい、と言う会社がたくさんあります. つまり、会社の意向に反してのアドバイスではなく、会社側として相手をいかに会社の要求を圧力ではなく「太陽(太陽と風の)」となってごたごたを防ぐやり方をするわけですね. 汚いやり方といえばそうかもしれませんが、「大人の世界」「仕事・営業の世界」ってそういうところがたくさんありますからね.

では、また。

Gです。 

>私は「用意がある」をwe are ready to~かなと最初思っていたのですが、これは「訴訟を起こそうとしている」という意味になってしまうのでしょうか。

これは「用意ができている」と言う意味ですね. つまり、払うなら何もしないけど、払わないのであれば用意はできているので、起訴「できるよ」、と言うことになります. (「できるよ」だからこそ、can/mayを使った違った文章ができるわけです)

ご質問のはじめで状況がはっきりしていなかったので、このような表現も出来るかなと思ったわけ...続きを読む

Qオークション落札者から訴訟を提起されたが、答弁書

ネットオークションの落札者から少額訴訟を提起されました。

商品は落札金額6,000円程度の中古書籍です。

不法行為による慰謝料が290,000円(桁間違いではありません)だそうです。

事の善悪は別として、答弁書の最後を、

『オークション参加者にとっては非常に重要な事項なので、

本訴終了後、判決のいかんに関わらず、

オークションの評価コメント内に

「落札者は訴訟を起こしました。

オークション参加者様におかれましては十分にご注意下さい」

と記載する用意があるが、

代替案を文書にて提示するのでご検討下さい』

と結ぶつもりですが、

何か問題ありますか。

よろしくご教示下さい。

Aベストアンサー

請求額が結構多いですね。
私も起こされたことありますけど、棄却でした。
裁判所の方曰く、書けばいいってものじゃありませんからね。
こちらの弁護士も、負ける確率がかなり低いから。
なんて調子です。

私も答弁書提出で済ませましたけど、
おそらくは棄却でしょう。

常識的に考えて、本来の賠償金額はあなたに過失がある場合に、
返品にかかる往復送料と振込手数料までですね。
数千円です。

訴訟費用に1万円前後必要でしょうから、その分は覚悟が必要かもしれません。
でも、それ以上に先方は手間がかかっていますから、
お気の毒ですよ。

Q民事訴訟の民訴18条の裁判所移送、今後の流れは?

当方、東京簡易裁判所にて90万円の訴訟を提起いたしましたが、

相手方の代理人弁護士が東京地裁への裁判所移送申し立てを主張して
それがとおり3月8日に裁判所移送の決定がされました。

原告の当方は簡易裁判所で
訴訟費用1万円、予納郵券6000円を払っていますが、

今後どうすればよろしいのでしょうか?

(1)
近日中に裁判所から地裁での裁判の日取りの連絡がくるのでしょうか?

(2)
それとも、元に振り出しで、再度、当方が地裁に訴訟費用などを使って訴訟を提起しなければならないのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

(1)近々、裁判所から移管された「簡易裁判所」から開廷期日通知がきます。

(2)先の費用は有効ですから、更に支払は必要ありません。

Q裁判所に訴訟を提起した場合、期日などはどれくらいで決まるのですか?

裁判所に訴訟を提起した場合、期日などはどれくらいで決まるのですか?
2~3週間くらいですか?
それとも、1ヶ月位かかるのですか?
また、実際に裁判がスタートするのは、どれくらい先になるのですか?

Aベストアンサー

これは、その訴状の内容でかわります。
訴状記載要件が整っておれば、訴状受理から1週間ほどで口頭弁論期日が決まりますが、不備があったり裁判所が疑問に思えば補正命令等があり、そうすれば1ヶ月以上かかります。
なお、口頭弁論期日が決まれば、その通知後1ヶ月程度先の日が実際の法廷日です。


人気Q&Aランキング