ふと疑問に思ったのですが、乾電池の+と-を人差指と親指ではさんでも、感電しませんが、なぜでしょうか?
単に乾電池の電圧が指の絶縁耐力に及ばないからでしょうか?

A 回答 (5件)

keronyanさんの御示唆で概ね正しいと思いますので、補足します。


手がカラカラに乾いて、指先がプラスチックみたいになっているときは、通電していません(皮膚が絶縁し、神経に感じる層までとどいている電流が極めて微細です。)
手がぬれていることを想定した場合、通電していますが、乾電池の1.5v程度では認識できません。
ただし、
・ある部分の神経で感じるか感じないかは、「電流密度」によります。電流値は、流れる部分の抵抗値に依存しますので、同じ1.5vでも、親指とひとさし指との間でつまんだ(距離数cm、皮膚から通電)のでは感じませんが、短い距離で針を突き立てる(距離数ミリ、筋肉通電)と感じるようになります。また、全体としては大きな電流でも、大きな電極で体に均等に流すと、感じないでいることもあるでしょう。
・また、体の部分により、感じ方も違います。同じようにぬれていても、指では感じませんが、マイナスを指で触り、プラスを舌でなめると、ちょっと苦く感じます。嗅覚細胞(鼻)では、相当感じるらしいです。(ちなみに9v電池(006p型)も、指では感じませんでしたが、なめてみたら、しばらくの間まともにご飯が食べられませんでした・・・・)

どのような電圧であれ、結果として概ね1mA/平方cm程度の電流が皮下層に流れると相当感じるらしく、心臓では、心臓部分の通過のべ電流が10mA程度で停止の危険があるといわれています。(湿らせた電極で、電流が心臓を通過するように通電すると、相当低い電圧でもこのレベルに達するようで、hero1000さんの言われる数Vまでは聞いたことはありませんが、20V程度での死亡記録はあるようです。(ギネスだったかな))

なお、「絶縁耐力」は、電圧を高くすると、ある段階で「抵抗値」そのものが急激に低くなり、電流が通るようになる(絶縁破壊)概念でしょう。
今回の問題では、抵抗値そのものが変わるような議論ではく、関係はなさそうですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

数々のご回答ありがとうございました。
とても参考になりました。
肌で感じた体験を踏まえた発言が多くて
説得力があると同時に笑わせていただきました。

お礼日時:2001/06/20 15:35

むかし工業高校に通っていた頃、スライダック(電圧可変トランス)に手を当てて、何V迄耐えられるか?


と言う根性試しをしてたことを思い出しました。

直流-交流の違いは有りますが、私の場合60V位からビリビリ感じ始め、90V越えるといきなり衝撃が来ます。

[危険です!絶対マネしないで下さい]


   
    • good
    • 0

感電しています。

と言うか通電はしています。
人間の体は結構導体なので電流は流れます。と言っても抵抗値は高いのでわずかな電流しか流れませんが。
(ずっと持っていても放電するまでには時間がかかる。)
ただ、電力が弱いので発熱とか、それによる影響が少ないので感じないのでしょう。

たとえば、乾電池の-極を指で触って、+極をなめてみてください。
通電していることを体感できます。(1.5Vではかなり弱いですけど充分判ると思います。)
    • good
    • 0

皮膚は乾燥している状態では抵抗が無限大と言われ、ほとんど電気を通さない


そうですから、実際は通電してないか、皮膚の表面の汗などを伝っているだけ
なので感じないのでしょう。要するにsanshoku_bakaさんのおっしゃっている
通りなのではないかと思います。

ちなみに風呂上がりのような、皮膚が水分を含んでいる状態で心臓を挟むように
電極をつけると数Vでも感電死するとか聞いたことがあります。
    • good
    • 0

電流は、基本的に一番抵抗の少ない部分・いちばん近い経路を通ります。


単に「電圧が低い」ということも有るかと思いますが、人間化感電死してしまうのは、「4.2V」・「1A」だと聞いたことがあります。
きっと乾電池の電圧でも、直接神経に電流を通してしまう方法では、「感電」するのでしょうね?

余談ですが、最近はやりの体脂肪計(ヘルスメーター型)は、やはり電気抵抗を利用して体脂肪を測っているようですが、電気の流れる経路の関係で、腰から下の部分の体脂肪を測っているようです。同じように、手に持って測るタイプのものは、胸・両腕の部分の体脂肪を測っています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ、電池は触っただけではビリッとこない?

電池はプラスとマイナスがむき出しなのに、なぜさわっても感電しないのでしょうか?

Aベストアンサー

人体にほとんど電流が流れないから。

通常ヒトの皮膚は、乾燥している状態では接触抵抗が大きく
1.5V電池程度の電圧では電流がほとんど流れません。
まぁ24Vくらいまでは大丈夫かと。

こちらの実験が参考になりそうです。
http://abcdefg.jpn.org/kousaku/kandenn/cc.html

Q感電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。

電を体感する装置を考えています。当然人体に影響がないレベルで、電気を感じてもらう装置です。
それにあたりどういう機器等が必要か知りたいです。

電圧はAC?DC?何Vくらい?入力はAC100Vを使用したいので、、トランス、パワーサプライのようなもので電圧をさげる?
電流は何μAくらい?
電圧、電流は調整できる方がよいのか?もし調整するならどういった機器か?
棒のようなものを2本用意して、人がにぎるようにしたいので、棒の素材はどういうものがよいのか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知かもしれませんが、体内に電流が流れると意外と小さな電流で死んでしまいます。
http://www.ee.kansai-u.ac.jp/jikkenjo/topmenu/kanden.htm
人体の抵抗は、汗ばんでいる人や乾燥している人で個人差がありますが、数十kΩから数百kΩぐらい。ここに100V加えると1mA程度ですから、もうちょっとで危険ですね。

低周波発振器があれば、数ボルトでも周波数を上げていくと感電します。具体的な数字は忘れてしまいましたが、数十kHz程度だったと思います。ゆっくり周波数をあげていかないと途中で火傷するかもしれませんので慎重に。

やっぱり安全なのは、静電気かな。

Q「電圧が高くても電流が低ければ大丈夫」の意味がわかりません

よく人に電気ショックをあたえるスタンガンや罰ゲーム用のおもちゃを
「電圧は高いけど電流は大したことないのでまずこれで死ぬことはない」
と解説する人がいます。
しかしオームの法則では電圧と抵抗が決まれば電流は決まるので、
極端な話鉄塔の6万ボルトとスタンガンの6万ボルトのどちらであっても同じ抵抗を持つ人が感電すれば同じだけの電流が流れるのではないのですか?
そして実際に感電した場合、前者は黒こげ、後者は動けなくなるだけで済みますが、このような差はなぜ起こるのですか?

Aベストアンサー

電源に充分な電力量が無ければ大きな電流は流れません。
スタンガンでは乾電池を昇圧しているだけで、人が黒こげになるような大エネルギーを持っていないからです。
無理に電圧を上げているのでそのぶん電流は下がります。
オームの法則で電流が決まるのは電力源に充分な余裕がある場合で、
それが少なければ蛇口をひねっても少量の水しか出ないのと同じで低い電流しか得られません。

Q12V 7Ahのバッテリーで感電する?

こういうバッテリーの金具部分に両手で触るとたぶん感電すると思うのですが、濡れた手で触るとどの程度びりびりするものでしょうか??危ないでしょうか?
四角い乾電池は9Vですが、ぴりぴりって感じですよね。

Aベストアンサー

はじめまして♪

びりびりと感じるから感電、とい感覚ですと、接触抵抗が低い状態、ぬれた手などの状況でなければ感じにくいかもしれません。

ただ、バッテリーは内部抵抗が低く、道通抵抗が小さい場合には非常に多くの電流を流すことが出来ます、両手でそれぞれの端子に触れることはやめてください。

理由は、両手の間を電流が流れる、つまり心臓に多くの電流が流れる可能性が高い、という状況なので人名にもかかわる可能性があります。

自動車整備の人は、右手を突っ込んで左手を背中に回しておくと、運悪く多量の電流が流れても右手から車体に触れた部位、あるいは足に電流が抜けていくので心臓を通らない可能性が高いために安全上からは左手は背中側に隠しておくのがよいと言う話を聞いた事がありますよ。

まだ直流12Vでのビリビリ感電は体験したことは無いのですが、40V台の直流には触れたことが在ります。はっきり言ってコンセントの交流100Vのときより痛かった、、、
ただせいぜい数百mAという回路なので生命的な危険性は無いのですが、痛いものは、間違いなく痛い!!!

どの程度の電圧からそのような感覚になるかは個人差もあるでしょうし、触れた部分の汗の具合などでケース倍ケースと言う面もあるため、かなりあいまいな部分ではありますね。

しかさい、命を落とす可能性があるだけのエネルギーをはるかに超えて蓄えているバッテリーですので、危険なことは間違いないでしょう。

はじめまして♪

びりびりと感じるから感電、とい感覚ですと、接触抵抗が低い状態、ぬれた手などの状況でなければ感じにくいかもしれません。

ただ、バッテリーは内部抵抗が低く、道通抵抗が小さい場合には非常に多くの電流を流すことが出来ます、両手でそれぞれの端子に触れることはやめてください。

理由は、両手の間を電流が流れる、つまり心臓に多くの電流が流れる可能性が高い、という状況なので人名にもかかわる可能性があります。

自動車整備の人は、右手を突っ込んで左手を背中に回しておくと、運悪く多...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報