会社を辞めたので、先週、市民税・県民税納税通知書が
 来ました。しかし、私は、7月ごろ、結婚の為に県外に
 住む事になりまして、市民税を払わなくちゃいけない  の?
 あとは、私は、障害者です。身体障害者手帳(2級)を
 持っています。市民税を軽減してくれると聞いたです  が、どれくらいに軽減してくれるんでしょうか?
 本当に困っています…
 教えて下さい…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

市民税(住民税)は、前年の所得に対して課税されますから、今回、通知が来たものは昨年の分ですから、住所が変わっても納める必要があります。


届いた、納付書でお近くの銀行や郵便局で支払ってください。

障害者の税金の減免については、2級の場合所得税で40万円、市民税で30万円の所得控除がされます。
あなたが、会社に届けていれば年末調整で処理されていると思います。
所得税と市民税合わせて、税額で6万円ぐらいの減額になるはずです。

会社から貰った「源泉徴収票」や、市からの「市民税」の通知書に「障害者」として表示されていれば 、処理されています。
もし、その表示が無かったら、税務署に「確定申告を」をすれば、税金が戻ってきます。
市には税務署から通知が行き、市民税も安くなります。
判らない場合は、市の税務課に問い合わせてみてください。
  
障害者控除を、今までも受けていない場合は、5年間遡って確定申告で訂正できます。

確定申告については、今までの「源泉徴収票」と障害者手帳が必要です、
詳細は、お近くの税務署に聞いてください。

税務署の所在地は、市役所で聞けば判ります。
    • good
    • 0

こんにちは。


住民税は前年の所得にかかるものですから
今年の1月1日現在に居住している場所に収めなくてはなりません。
軽減は多分会社のほうから手続きがすでにされている上での
金額になっているかと思いますが、会社の総務課か
市役所の税務担当者に確認してみてはいかがですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整をして確定申告?

年末調整をして確定申告?

年末調整の書類を書くように会社から言われています。
今年、いくらか寄付をおこなったため、寄付控除(?)を受けるために確定申告を考えています。
年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

年末調整しないように会社には言おうと思いますが、いまいち担当者が頼りなく、うっかり普通に年末調整されてしまったらと心配しています。
12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

>年末調整を受けずに確定申告後に還付という形だと認識していますが、

誤りです。年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をしなければならないのです。
【根拠法令等】所得税法第百九十条

>年末調整を受けても確定申告してさらに還付ということも可能なんでしょうか?

可能です。

>年末調整しないように会社には言おうと思いますが、

言うことはできません。前述のように、年末調整は会社の法的義務ですから、会社は社員の意向に関係なく年末調整をします。

>12月に還付を一部受けるか、来年の2,3月に全額還付受けるかの違いでしかないのでしょうか?

12月に一部の税額の還付を受け、さらに来年の2,3月に残りの税額の還付を受けることになりますね。

Q市民税・県民税の計算方法について

はじめまして。
昨日、納税通知書が届いたのですが、昨年より納税額があまりにも上がりすぎてる為質問させていただきます。
6月より納税額があがるとは耳にしていましたが、同じ職場で同じように働いていたのに納税額が倍以上になっています。
合ってるのか確認したいのですが、計算方法がいまいち分かりません・・・。
どなたか分かる方、教えて下さい。
ちなみに私の総所得は1,122,000で、所得控除は586,124となっています。
徴税額は55,000です。

Aベストアンサー

住民税は一律で10%になったので、地域によって多少の誤差は出るかと思いますが、

総所得(\1,122,000)-所得控除(\585,124)=課税所得金額(\535,876)
この課税所得の10%が住民税になりますので、請求が来た金額になるかと思います。

Q年末調整?確定申告について

今まで会社で年末調整をお願いしてたので、お恥ずかしいのですが、さっぱりわかりません。教えていただければ助かります。
今年5月に結婚し130万以内の派遣で扶養内で働いているのですが、今までは、会社で年末調整をお願いしてたのですが、今年からは、「扶養になったためご自身でお願いします」と言われました。
年末調整をすると源泉徴収表がもらえるのでしょうか?年末調整=確定申告ではないのでしょうか?
年末調整はしてもらって、源泉徴収票をもらい確定申告しにいくのでしょうか?
年末調整をしなくても源泉徴収表はもらえるのでしょうか??
へんてこな質問ですみません。

Aベストアンサー

再び#1です。

まず、扶養と一言にいっても、3つあることを抑えてください。
1.扶養手当、家族手当を支給する対象
2.健康保険上の扶養
3.所得税法上の扶養
全て別物ですので、個別に考えてください。

>>毎月多額の税金が控除されているはずですよ
とは所得税のところでしょうか??
→そうです、所得税のことです。

2箇所以上で働いている場合等を除き、普通は扶養控除等申告書を提出します。
扶養してる、されてるは一切関係ありません。
年末調整は、それぞれの収入から年税額を確定する処理ですので、家族まとめてということもありえません。
給料をもらってる限り、毎年するものです。

ちなみに横レスで申し訳ないのですが、120万円の収入とご主人様のほうで申告した場合、控除対象配偶者には該当しませんが、配偶者特別控除に該当します。

Q市県民税ですが、世帯主に家族(子)の市県民税請求される事はありますか?

市県民税ですが、世帯主に家族(子)の市県民税請求される事はありますか?

また、住宅ローンで世帯主は税金を支払ってて家族(子)が支払ってない事で審査に落ちる事はございますか?

申し訳ありませんが教えて頂けたら幸いです!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
基本的にはお子さんの市県民税の納税義務者はお子さん本人であり、親さんに請求されることはありません。
ただし未納があり、督促に応じなかったり本人に連絡がつかないと「お子さんの市県民税が未納ですのでお伝えください」とか「かわりに納めてもらえませんか」などと言われることはあると思います。

また、納税義務者はお子さん本人ですが、納付方法を口座振替にして、本人以外の口座に設定することは可能です。
(親の口座に設定すれば、本人でなく実際には親が納めていることになりますね)

ただしこの場合でも、納税通知書や残高不足などで口座振替ができなかった場合の再振通知、督促状、催告書などはお子さん宛に送付されます。

住宅ローンについては、どこでローンを組むのかその金融機関によっても基準が違うでしょうから絶対とは言えませんが、通常はローンを組む本人に多額の負債や税金の未納がなければ良いかと思います。

Q年末調整と確定申告についてご教授下さい。

年末調整と確定申告についてご教授下さい。

サラリーマンで会社で年末調整をしました。
しかし、FXで100万円ほど儲けたのですが、それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした。

確定申告はどうすればいいのでしょうか?
基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>それを会社に知られたくないので年末調整には書きませんでした…

知られて良いとしても、年末調整の対象ではありません。

>確定申告はどうすればいいのでしょうか…

普通の FX なら雑所得として「総合課税」。
クリック35とか言われるものなら「申告分離課税」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1521.htm

>基本的には初めから全て申告し直し、ただし、年末調整などでの源泉徴収分・還付分を調整すればいいのでしょうか…

おおむねその解釈でけっこうです。
確定申告とは、年末調整をいったんご破算にし、合計所得から税金を計算し直し、前払いした税金を引き算した残りを新たに納めることです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q相続税軽減のための名前変更と軽減方法について

はじめまして、こんにちは。

相続税について悩んでおりますので、お聞き下さい。

私は25歳男であり、家族構成は、母、父、姉となっています。

今回、ご相談したいのが、私の母の両親(祖父(祖母は去年亡くなりました。))の相続であり、
祖父が亡くなると、膨大な相続税が取られると母から聞きました。

そこで、母が税理士と相談した結果、すこしでも相続税を減らすためには、
私が祖父の養子となり、名前を変えれば良いと言われました。

正直、名前を変えるのは嫌ですが、その額が何千万円の世界です。
一生働いても、稼げない金額です。

名前を変更すべきなのか、止めるべきか、どうなんでしょうか?
名前なんて、1年もすれば気にならなくなるのでしょうか?
一生気にして生きることは避けたいなと思います。

また、この他に相続税自体を抑える方法などがありましたら、ご伝授いただきたいと思います。
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 私が祖父の養子となり、名前を変えれば良いと言われました。
「法定相続人を増やすことで、相続財産の人的控除額を増やす。結果、相続財産の課税対象額が減るから、相続税が安く済む」と言う常套手段ですね。

> 名前を変更すべきなのか、止めるべきか、どうなんでしょうか?
> 名前なんて、1年もすれば気にならなくなるのでしょうか?
> 一生気にして生きることは避けたいなと思います。
気になるかどうかは、人それぞれなので判りませんが、性別に関係なく、結婚すれば50%程度の確立で苗字は変わります。
面倒なのは、自動車運転免許証などの名義変更手続きが必要だと言う点ではないでしょうか?

> また、この他に相続税自体を抑える方法などがありましたら、ご伝授いただきたいと思います。
すでに税理士の先生が考えて候補から除いたのだと思いますが、次のような方法も節税策としてあります。
1 わずかに贈与税が発生する金額を何年間も掛けて受け取る。
  但し、毎年定額とか、何年も連続する継続的なものは、「定期贈与(連年贈与)」と言う相続税回避策であると見做されてしまうのでご注意を。
  http://www.e-souzok.com/wp/colum/?p=99
2 敢えて「有期定期金よる贈与」を行う
  http://www.tabisland.ne.jp/explain/souzoku4/szk4_2_5f.htm
3 相続(予想)資産の内訳を不動産にシフトしていく。
  現金1億円は、そのまま1億円で相続財産額として計算されるが、1億円で購入した不動産は「路線価」と言う物などを使って評価するので、必ずしも1億円で計算される訳ではありません。
  この方法を採ると大抵は安くなるが、相続時の路線価がどうなっているのかは誰にも判らないので、博打が高い。
4 あなたたちご家族を株主とする辻褄の合った株式会社を設立し、相続(予想)資産の一部又は大半を寄贈してもらう。
  デメリットは、例えばお母様が何10年後かにお亡くなりになった際に、所有する株式の評価額によっては相続税が高くなる。

> 私が祖父の養子となり、名前を変えれば良いと言われました。
「法定相続人を増やすことで、相続財産の人的控除額を増やす。結果、相続財産の課税対象額が減るから、相続税が安く済む」と言う常套手段ですね。

> 名前を変更すべきなのか、止めるべきか、どうなんでしょうか?
> 名前なんて、1年もすれば気にならなくなるのでしょうか?
> 一生気にして生きることは避けたいなと思います。
気になるかどうかは、人それぞれなので判りませんが、性別に関係なく、結婚すれば50%程度の確立で苗字は変わります...続きを読む

Q1月の年末調整は認められますか?

前任者から経理を引き継ぎました。
初めての年末調整なのですが、
弊社の支給日は末締めの翌5日払いであり、
調べてみると12/5で年末調整するよう
説明されています。

これまでは、12/5では何も年末調整せずに、
翌年1/5において年末調整(再調整?)し、
2月納付時の納付書に年末調整分を記載し
処理してきたみたいなのです。
前任者いわく、再調整は翌年1月末日まで
認められているから問題ないとのことでした。

このようなやり方は認められるものなのでしょうか。
それともやはり12/5で年末調整すべきなのでしょうか。

長年の慣習もありますので、
12月上旬に年末調整するのは
できれば避けたいと考え
こちらに質問させて頂きました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、年末調整は、年内最後の給与支給時に行うべきものですので、本来は12/5でやるべきものとなります。
(ただ、実際の計算は、12/5でなくても、翌年1/10の源泉所得税納付時までに間に合えば良いとは思います。)

年末調整を行う時期というより、締め切りの時期が違っているような気がしますが、どうなのでしょうか。

まずは、所得税基本通達を掲げてみます。

(給与所得の収入金額の収入すべき時期)
36-9 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭63直法6-1、直所3-1改正)
(1) 契約又は慣習により支給日が定められている給与等についてはその支給日、その日が定められていないものについてはその支給を受けた日
(以下省略)

定められた支給日に収入すべきものですので、翌年1/5に支給される給与は12月分であったとしても翌年分の所得となりますので、今年の年末調整の締めは、あくまでも12/5支給分までとなります。

ただ、先のものまで含めて先に所得としてしまったいるようなものですので、税務署から指摘される可能性は少ないとは思いますが。

基本的に、年末調整は、年内最後の給与支給時に行うべきものですので、本来は12/5でやるべきものとなります。
(ただ、実際の計算は、12/5でなくても、翌年1/10の源泉所得税納付時までに間に合えば良いとは思います。)

年末調整を行う時期というより、締め切りの時期が違っているような気がしますが、どうなのでしょうか。

まずは、所得税基本通達を掲げてみます。

(給与所得の収入金額の収入すべき時期)
36-9 給与所得の収入金額の収入すべき時期は、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭...続きを読む

Q相続税・贈与税の負担を軽減する方法について

相続税・贈与税の負担を軽減する方法について

相続税や贈与税でかなり税金をとられるとのことですが、何かうまい軽減の仕方はありますか?
というか世間のみなさんはどのように対策をしていますか。


会社をつくったりしたほうが結果的に安くなるのでしょうか。

無知のまま税金の負担が重くなるよりはと思い、質問させていただきました。

Aベストアンサー

とりあえず相続税については5千万円以下は非課税になりますが
それ以上の財産があるのでしょうか?

それ以上の場合は財産の品目によって節税の方法は変わります。

Q会社内で年末調整がある人とない人

21年9月から、保険の営業の仕事をしています。
営業職は、個人事業主になるので確定申告をしなければならない、というような説明は受けました。
この仕事に就くまでは会社で年末調整をして2月くらい?に払いすぎた税金が数万円返ってきました。
でも私の解釈では「年末調整を会社でしてもらえない人=確定申告をする」みたいな感じで思ってたので
当然今の会社で年末調整はないと思っていたし、実際ありませんでした。

が、年があけると上司が「みなさんの年末調整を見せてもらいましたが去年より増えている人もいて…」という話しをしてたんです。
年末調整をしてる人としてない人がいる・・・?のでしょうか。
ちなみに21年4月入社の人に聞いたら、年末調整してると言っていました。

たった5ヶ月の違いでなぜ私は年末調整がないのでしょうか?

Aベストアンサー

>保険の営業の仕事…

一般に保険外交員は、「給与所得」と「報酬 = 事業所得」との 2本立てになることが多いようです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2804.htm

年末調整は、給与所得のみが対象であって、給与以外の所得がある人は、原則として確定申告の義務が生じます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>21年4月入社の人に聞いたら、年末調整してると言っていました…

その人も外交員ですか。
給与と報酬の両方をもらっているなら、年末調整してもらったのは給与部分だけですので、さらに確定申告をしなければなりません。

>21年9月から…

8月以前もそこの会社で外交以外の仕事をしていたのですか。
それとも他から転職したのですか。
転職なら前職分の源泉徴収票を提出しないと、年末調整はしてもらえません。
ともかく、年末調整があったところで確定申告は必要なのですから、年末調整がないことを気にする必要はないでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>保険の営業の仕事…

一般に保険外交員は、「給与所得」と「報酬 = 事業所得」との 2本立てになることが多いようです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2804.htm

年末調整は、給与所得のみが対象であって、給与以外の所得がある人は、原則として確定申告の義務が生じます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

>21年4月入社の人に聞いたら、年末調整してると言っていました…

その人も外交員ですか。
給与と報酬の両方をもらっているなら、年末調整してもらったのは給与部分...続きを読む

Q市民税、町民税について

田舎の義父が今年の1月3日に他界しました。役場の話では1月1日在籍の状態なので、昨年の収入に基づいて(年金が約300万くらい)今年一年間の町民税が請求されますとの事です。遺族は義母と家内(長女)がいますが財産は何も無く相続したものはありません。それでも今年度分の税金を義母か家内が支払う義務は発生するのでしょうか??

Aベストアンサー

はい。税金の支払義務も相続します。
相続する物はなにも財産だけではありません。債務も同じです。

相続したくない場合には、家庭裁判所にて相続放棄という手続きが必要です。
相続を知ったときから3ヶ月以内です。


人気Q&Aランキング