社長が会社の経費で新車を購入予定です。 
 
現在社長は自分名義の車を業務で使用してますが、このマイカーを売却して
今後は会社の経費で購入する新車の方を、業務とプライベートの両方で使いたいようです。
 
購入にあたり、
「法人で購入・法人名義」であればあまり問題ないと思いますが、
 
 ●任意保険の等級を引き継ぎたい
 ●車は自宅に置いておきたい(社長宅で車庫証明がとりたい)
などの理由から、

「 法人で購入・社長(個人)名義」で購入したいようですが、

この場合、
車両購入費を経費(減価償却)にできるのでしょうか。

また、諸税金・自賠責保険料なども経費(一括)にできるのでしょうか。
それとも社長個人に払ってもらったほうがいいですか。


その他、問題点がありましたら教えていただけますか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

任意保険の等級は引き継げませんし、車庫証明が社長個人宅なら車の名義は会社になります

    • good
    • 0

他の回答にもあるように、名義は正しくしなければなりません。



ただ、すべての場合において、代表者名義というだけで否認されるとは限りません。
実際個人事業から法人化したような場合には、売買契約などを交わして法人のものとはしたが、車検証の名義変更まではしていないということもあります。
そのような会社での税務調査を受けたことがありますが、税務署が問題にすることはありませんでしたね。

私が経営している会社で以前行ったのが、代表者や役員の個人名義の車両を中古として会社が購入したものとして処理したことがあります。当然減価償却なども行います。しかし、車検証の名義変更まで行っていません。税務調査で指摘すらされませんでしたね。

自動車税や軽自動車税は地方税であり、税務署の管轄ではありません。税務署がよほどその車両の購入について問題視しなければ、事前に名義の確認をしたり、税務調査時に車検証などで確認することはあまりないことでしょう。
購入費の内訳の請求書などで個人名義となっていることで気にされる場合もありますが、社長が作成したのではなく販売会社が作成したものでしかありませんので、請求書などの宛名だけをもって問題にすることも少ないと思いますね。

任意保険の等級を引き継ぐ、法人の代表者名義から法人名義であれば、多くの保険会社で問題ないと思います。何でしたら、任意保険会社に相談のうえで、個人名義のまま法人負担とできるようにすればよいだけでしょう。

社長宅で管理するにしても、会社の所在地で車庫証明を取って登録し、社長宅で保管しても、青空駐車などで問題にならない限り、問題にもならないと思います。

減価償却ができるかどうかなんて、納税者である法人の経営者判断です。実態が法人の事業活動ということであれば、経営者の判断で行えばよいのです。それを税務署が否定したとしても、経営者の判断を主張すればよいのです。税理士がいれば、税理士の考えで主張してくれることでしょう。

私の知っている公認会計士・税理士の先生は、個人名義の不動産や自動車なども、売買契約書などに従って、減価償却などを行いますし、各種維持費用なども当然経費に算入しています。税務調査で指摘されたこともないとのことでしたね。

ただ私の経営する会社では、車検証の名義や自賠責の名義などは法人名義にするようにしています。任意保険などは個人名義のままで法人負担し、経費計上していますね。
    • good
    • 0

法人が金を負担して個人名義の車を買うのですから、法人が個人に対して「給与を払った」のと同じです。


まずは給与に対して源泉徴収義務が発生します。

個人の車なのですから、法人の減価償却資産に計上することなど「できません」。
車検証の名義が法人でなくても減価償却資産に計上できるならば、法人所在地の隣に住んでるおっさんの車を減価償却資産に上げてしまうことが可能です。でたらめです。

個人と法人を「いっしょくた」にしてはいけません。

任意保険の等級を引き継ぎたいという理由でしたら、
「法人所有の車を主に運転するが、任意保険の等級はどげんなるとですか?」と保険会社に聞くことです。

くどいようですが、法人が資金負担した車を、個人名義にするなど、税務署に「この行為を否認してくれ」と言ってるようなものです。

実例がありますよ。
代表取締役が個人名で高級外車を購入し、ローンを組んだ。
このローンを法人名義口座から支払っていた。
この車を法人の減価償却資産にして減価償却費を計上した。

月々のローン支払い額は「認定給与」となり経費否認(定期同額給与ではない)。
源泉徴収もれ。
減価償却費の否認。
諸税金・自賠責保険料なども経費算入は否認。これも認定給与扱い。
源泉徴収もれ。
仮装隠蔽行為に当たるとされ重加算税の賦課。



結論としては「法人が金を出すなら、法人名義にすべき」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうなんですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/05/26 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社用車=社長の自家用車はOK?

気になるので‥知りたいです。
知ってどうにもなりませんが。万が一、夫が出世しても‥勧められません。

中小企業です。資本金5000万円 従業員数 60名 。親子2代目。3代目も息子でしょう。
社長が、ある程度、高級な車に乗るのは、いいと思うのですが。

夫の会社の社長は、
高級外車(1500万くらい)に乗っています。社用車扱いです。通勤自家用でも乗っています。
専務も高級国産車です。社用車扱いです。
とうとう、工場長も欲しいといって、高級国産車です。社用車扱いです。

1.これは、違法ではないのでしょうか?
 会社には聞けません。

給料は、上がる制度があるのですが、上がりません。思い出して社員が数年おきに申し出ると、800円上がりました(^_^;)
残業代が付かないのを、思い余った親族が匿名で労働基準局に通報し、改善されました。
ボーナスも社長の気分で決まります。今年の売り上げは、去年の倍ですが、期待はしていません。
退職金制度も、金額が決まっていません。

社長は、人は悪くないですが‥
夫の転職先も無いですが‥

社員で「社長は、高級外車という現物支給のボーナスでいいなぁ。」と言ってます。みんな仲良く働いています。

2.中小企業は、他所でもこんなもんでしょうか?上場企業は違うのでしょうか?
 やむをえませんが、将来が不安になりました。

私のパート先は、小さい小さい会社(5人)で社長は、社用車:軽だけでした。自家用車で普通車を乗ってました。
その前の中小企業(100人程度)では、社長&部長は、自家用車が社用車でした。

気になるので‥知りたいです。
知ってどうにもなりませんが。万が一、夫が出世しても‥勧められません。

中小企業です。資本金5000万円 従業員数 60名 。親子2代目。3代目も息子でしょう。
社長が、ある程度、高級な車に乗るのは、いいと思うのですが。

夫の会社の社長は、
高級外車(1500万くらい)に乗っています。社用車扱いです。通勤自家用でも乗っています。
専務も高級国産車です。社用車扱いです。
とうとう、工場長も欲しいといって、高級国産車です。社用車扱いです。

1.これは、...続きを読む

Aベストアンサー

規模の小さい会社の社長や役員が高級車に乗っても、分相応でないといってクレームをつけられるのは、会社法に基づく株主だけであって、その他の人は、つけられません。

ところが中小企業の会社の場合、自分の会社の株を持っている人は社長やその親族自身であることか殆どであり、結果的にやり放題なのです。
その結果が、高級社用車と相成ったという次第です。

しかし、もう一つ奥をつっこんで言いますと、中小企業の規模の小さい会社の経営者が会社名義の高級乗用車に乗り私物化しますと、税務上その高級乗用車は会社のものでなく個人への給与と見なされることがあり個人への課税されることがあります。
その会社が、あるいはその社長等が税務当局にどういう言い逃れをしているのかしれませんが、その辺は闇の世界です。

私の知っている例は、税務当局が定年退職した職員を一人その会社へ顧問税理士として押しつけるのです(要するに天下りさせるのです)。もちろん会社は、月額いくばくかの顧問料を払います。
税務調査の際は、税務当局と顧問弁護士と会社はなれ合いですから、少々の脱税すれすれの行為ぐらいは、うやむやとなるという次第です。

規模の小さい会社の社長や役員が高級車に乗っても、分相応でないといってクレームをつけられるのは、会社法に基づく株主だけであって、その他の人は、つけられません。

ところが中小企業の会社の場合、自分の会社の株を持っている人は社長やその親族自身であることか殆どであり、結果的にやり放題なのです。
その結果が、高級社用車と相成ったという次第です。

しかし、もう一つ奥をつっこんで言いますと、中小企業の規模の小さい会社の経営者が会社名義の高級乗用車に乗り私物化しますと、税務上その高級...続きを読む

Q個人名義で購入する車の費用を会社経費に出来ますか?

有限会社を設立して間もないのですが、業務で使用する車を購入しようと考えています。
自動車保険料が割引になるので、出来れば個人名義で車を購入し、その代金(含む諸費用)を会社の経費で落としたいと考えていますが可能でしょうか?
また、可能な場合は減価償却対象の資産となるのでしょうか?
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

できないそうです。

個人で購入し、会社と個人との間で車輌賃貸契約を結び、毎月会社から個人に賃貸料を支払うことにすればいいそうです。

個人の方は確定申告で賃貸料を申告し、会社の方は賃貸料を損金処理すれば、税率の差で多少マシになるようですね。

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Q法人名義の車なのですが、自動車保険は個人名義でも大丈夫なのでしょうか?

最近、自分でやっている小さなお店を法人化しました。
そして法人名義で車を購入しようとしているのですが、
自動車保険を法人名義で加入すると、新規扱いとなる為、
等級が低く、かなり保険料がかさんでしまいます。

現在までは、個人名義のオンボロ車に個人で保険に加入しており、そちらは11等級です。

設立したばかりの為、様々な出費がかさみ、出来るだけ保険料はおさえたいのですが、このまま個人の等級を活かす方法はないでしょうか??所有者が会社名義だとやはり会社名義の保険でないとマズイのでしょうか??

保険についてまったくの無知なため、どなたか御教え下さい。

Aベストアンサー

個人名義で契約をしていても法人で経費処理するのは可能だと聞いています。実態的に会社で使用所有管理をしていれば大丈夫だと聞いています。(断言で無くごめんなさい)

「所有者 ローン会社 使用者 法人名」となる自動車は、保険上では法人の所有となります。自動車保険の契約時には契約者が誰であろうと車両所有者を書き入れることになります。この車両所有者が最初の回答に書いた扱いになります。同じく被保険者も一定の範囲で無いと、等級の継承ができません。
この先もその法人を経営し、自動車購入も法人でとお考えでしたら、この際新規契約で正しくやっておくのが最善ですね。
またその際個人の保険の等級はそのまま保留状態で保存しておくことができます。10年間保存しておくことができ、新たに個人で契約するときに今の等級で契約できます。

Q個人の車を社用車として使用した場合の経費について

初めて質問させていただきます。
2年前に設立した小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです。この度社用車が必要になったのですが、設立したばかりの会社なのでリース契約ができない等様々な事情で、私個人で車を購入し、社用車として使用することになりました。
月々のローン返済分、保険料(私の名義になっています)、税金、車検等を会社の経費に出来るのでしょうか?その際の仕訳や、必要な手続き等がございましたら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際の仕訳や…

社長名義の車であるとして、有限会社とはいえ実態は個人企業と代わらないようですから、
買ったとき・・・【現金or普通預金等/借入金】
買ったとき・・・【車両運搬具/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・元本部分は【借入金/現金or普通預金等】
月々のローン返済分・・・利息部分は【利子割引料/現金or普通預金等】
保険料・・・【損害保険料/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
税金・・・【租税公課/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
車検等・・・【修繕費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
ガソリン代・・・【消耗品費/現金or普通預金等】または【車両関係費/現金or普通預金等】
減価償却費・・・【減価償却費/車両運搬具】
でよいでしょう。

>必要な手続き等がございましたら…

決算書および確定申告書に記載します。

>小さな有限会社で経理を担当しております。社員は私だけです…

社長のほかに社員が 1人ということですか。それとも、社長兼従業員ですか。

ご質問でいう「私」が社長で、その車が 100パーセント業務用にしか乗らないのなら、そのまま経費にして問題ないでしょう。
私用にも使用するなら、走行距離などで按分しなければなりません。

ご質問でいう「私」は従業員に過ぎないのなら、その車は会社にリースすることとし、リース料金は会社の経費になるとともに、あなたの「所得」にもなります。

>その際...続きを読む

Q会社と個人との間で車輌賃貸契約

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7年目以降は賃貸料をゼロにする)

 この賃貸料は社長にとっては収入かもしれませんが、車の購入資金を手持ち資金から支払っており、賃貸料に「儲け」が含まれていないと感じます。

 このように事実上の儲けがない場合でも、所得として申告・納税する必要が生じてしまうのでしょうか。
 また、車検や自動車税など所有者に発生する費用については、どのように処理すべきでしょうか。


※平日(7分の5)は、車を業務外で使用することはありません。社長の奥さんなど家族が使うこともありません。

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7...続きを読む

Aベストアンサー

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか
  →自宅の車庫に置いたままでは苦しい

などが通常ポイントになるでしょう。
5/7という考え方は誠実で良いのですが、過去の経験には「じゃあ、これも按分しないといけない!」などと指摘を受けて、やぶへびだったことも(苦笑)
理論値的な結果として、説得力はありますが、表面に出すことは避けたいところです。150万円の譲渡金額でも良いのですが、私なら次のように説明します。
「保険料を安くするため(またはローンが会社では通らないため)、個人で買って会社に転売した。分割で払うので弁済期間中は名義をそのままにしている。金利を取らないのは、たまに私的にも利用するから。しかし諸経費等も会社に負担させているので、分割返済が月3万円のところ、使用料として5千円を差し引いた額を返してもらっている。」
で、譲渡証書は210万円。5千円に関しての賃貸契約書などは作りません。
最初の3つのポイントをクリアしていれば、「ダメという法的根拠を言ってくれ!」とすごむでしょう。(笑)

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか...続きを読む

Q法人名義車の車庫証明について

車庫証明取得に関して、通称「車庫法」の
「自動車を使用する本拠」についての質問です。

法人名義で社用車を購入して、
通勤を兼ねて使用する場合に、
会社から2km以上離れた「自宅の車庫」を
「自動車を使用する本拠」と解釈して、
車庫証明はとれるのでしょうか。

Aベストアンサー

法人名義にて購入と言うことですが、ご自分の会社ということで理解してよいのですか?

個人の購入でも法人でも基本的に違いはありませんが、ご自身の会社で法務局に登記してある会社の本拠地(だったかな?)が自宅になっている場合は、自宅が使用本拠の位置になる為「自宅の車庫」でも全く問題ありませんが、もしそれが会社の事務所などになっている場合は、車庫証明の取得は無理だと思われます。
登記してある場所の駐車場にて登録することしかできないので、もし駐車場がないのであれば、ご自身の名義にて購入するしかありません。

法人の場合は、会社の営業所等の数カ所で登録することができます。
たとえば登録上の本社が自宅、実際の事務所が他府県となっていても(貸事務所・貸工場であっても公的な領収書があればそこに会社があると判断できる)登録することが可能です。

逆に言いますと、通勤に使用する場合は会社の経営者でも「会社から車両を借りている」ということになります。燃料代等は経理上の問題になりますので計理士?(会計士)などにご相談下さい。

因みに、名義といっていますが車検証の使用者の欄に当たる名前と住所のことで所有者のことではありません。
(一括購入の場合は所有者=使用者とすることができます・・・というかそれが一般的ですが)

法人名義にて購入と言うことですが、ご自分の会社ということで理解してよいのですか?

個人の購入でも法人でも基本的に違いはありませんが、ご自身の会社で法務局に登記してある会社の本拠地(だったかな?)が自宅になっている場合は、自宅が使用本拠の位置になる為「自宅の車庫」でも全く問題ありませんが、もしそれが会社の事務所などになっている場合は、車庫証明の取得は無理だと思われます。
登記してある場所の駐車場にて登録することしかできないので、もし駐車場がないのであれば、ご自身の名義にて...続きを読む

Q会社名義で使用者登録が社員の場合、その社員の自宅で車庫証明取得可能ですか?

私の会社名義で中古車を購入する予定です。

中古車屋さんで、購入の際に車庫証明をが必要ですので、
用意してくださいといわれました。

購入する車を専属で使用する社員の自宅土地共に(社員の夫名義)
敷地内に止めようと思います。
理由(1)会社の敷地内にはこれ以上車を止めるスペースがないこと
理由(2)仕事柄、直行直帰が多いこと。
理由(3)会社周辺では駐車料金がとても高いこと。
というように自分の都合も含まれていますが…。

会社から社員宅まで20キロくらい離れています。

会社名義で購入し、使用者が社員の場合には
使用者の自宅(土地共に社員の夫名義)で車庫証明が取れますか?

そのような条件で車庫証明を取られた方はいらっしゃいますか?

また取れない場合はどのような解決策がありますか?

駐車場申請に関して詳しい方、どうかお教えください。

Aベストアンサー

経理上の問題は分かりませんが、
所有者が会社名義で使用者が社員名義で登録する事は可能と思います。

車庫証明書の申請も使用者になる社員名義で申請出来ると思います。

普通に申請者名・使用の本拠・車両の保管場所を
社員の方のお名前とご住所で記入して、
社員宅周辺・車庫の地図と社員名での自認書(社員名義の土地が車庫ですので)を
添付して申請すれば良いと思います。

あとは、登録に必要な印鑑証明や委任状を
会社と社員の方でそろえれば良いと思います。
車を購入されるお店にお聞きになれば教えてくれると思います。

Q小企業の社長がベンツに乗れるわけは?

社員数が10人ぐらいの小さな会社があります。
建築の工事会社です。

そこの社長さんはベンツのSクラスとか高級な車を2年ごとに乗り換えています。

他にも金遣いが荒いです。

そんなに売上を上げていないはずなのになんでこんなに高級なものが買えるのでしょうか?
経費で買っているのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

高級車か大衆車かの判断は質問者様にお任せしますが・・・
新車で1000万円する車ですからね・・・
質問者様が疑問に思うのも当然でしょう(笑)

まず経費の可能性が高いです。

建築業も奥が深く、仕事を右から左へ動かすだけで収入になる事もよくある話ですし、仕事内容によっては莫大な売り上げになる事もあります。社員10人の会社を甘く見ては駄目ですね~。

私の友人が勤務する建設会社も社員8人で年商20億円ですから・・・
もちろん社長はベントレーコンチネンタルGTやレクサスをコロコロ変えます。

しかし、全てが経費に計上出来る訳ではありません。
例えば、、、上記のベントレーは2ドアですよね?「仕事の為」では無く「個人の趣味」と税務署は見ます。
結果、その社長も半分は経費として認められてました。
これも、職種や規模、色々な条件でこんな計算になるんでしょうね~。

参考までに。。。

Q自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が

自営業の人に車を1、2年で次々に乗り換えていく人が多いですが、ふと思ったんですが、自営業者は車を会社の経費で落として(ここまでは普通)、利益を減らして税金の支払いを減らし、最大限な裕福を求め(ここも普通)、中古車を売った所得を隠し持つためにやってる(←疑問はここ)と思いました。

自営業の人は中古車を売って得たお金をちゃんと所得として申告しているのでしょうか?これは申告しないと国税局にバレるものなのでしょうか?

家の近くに1、2年でレクサスを乗り換えている自営業者がいます。これは違法所得をしてるのでは?と思ったので質問しました。

Aベストアンサー

その自動車が、事業用であるばあいは、固定資産売却益あるいは固定資産売却損として収入または支出に計上されます。
収入になるのか支出になるのかは、減価償却後の資産額との差額により計算されます。
つまり手放した額は収入には繋がらず、単なる資産の売却になるわけです。
もしも減価償却後の試算額<販売価格 であるなら収入計上です。

3,00,000で5年焼却で10%残存価格設定なら、2年で192万円の資産が残ります。
200万円で売れたら、8万円の売却益です。190万円で売れたら2万円の売却損です。

車両運搬具購入の金は、支出扱いで経費と認められます。質問にあるとおり、新車購入時は経費として収入と差し引いての確定申告になるわけです。(事業用以外の個人使用がある分は経費からは差し引かなければなりません。)
そのうえで、減価償却費も認められます。

ということで、経費計上できる面が大きいでしょう。
税率10%なら、300万円で仕事で50%私用するなら、15万円新車購入に税金が。。。
ただ、300万円以上儲けないと無理ですけど。。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング