社長が会社の経費で新車を購入予定です。 
 
現在社長は自分名義の車を業務で使用してますが、このマイカーを売却して
今後は会社の経費で購入する新車の方を、業務とプライベートの両方で使いたいようです。
 
購入にあたり、
「法人で購入・法人名義」であればあまり問題ないと思いますが、
 
 ●任意保険の等級を引き継ぎたい
 ●車は自宅に置いておきたい(社長宅で車庫証明がとりたい)
などの理由から、

「 法人で購入・社長(個人)名義」で購入したいようですが、

この場合、
車両購入費を経費(減価償却)にできるのでしょうか。

また、諸税金・自賠責保険料なども経費(一括)にできるのでしょうか。
それとも社長個人に払ってもらったほうがいいですか。


その他、問題点がありましたら教えていただけますか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

任意保険の等級は引き継げませんし、車庫証明が社長個人宅なら車の名義は会社になります

    • good
    • 0

他の回答にもあるように、名義は正しくしなければなりません。



ただ、すべての場合において、代表者名義というだけで否認されるとは限りません。
実際個人事業から法人化したような場合には、売買契約などを交わして法人のものとはしたが、車検証の名義変更まではしていないということもあります。
そのような会社での税務調査を受けたことがありますが、税務署が問題にすることはありませんでしたね。

私が経営している会社で以前行ったのが、代表者や役員の個人名義の車両を中古として会社が購入したものとして処理したことがあります。当然減価償却なども行います。しかし、車検証の名義変更まで行っていません。税務調査で指摘すらされませんでしたね。

自動車税や軽自動車税は地方税であり、税務署の管轄ではありません。税務署がよほどその車両の購入について問題視しなければ、事前に名義の確認をしたり、税務調査時に車検証などで確認することはあまりないことでしょう。
購入費の内訳の請求書などで個人名義となっていることで気にされる場合もありますが、社長が作成したのではなく販売会社が作成したものでしかありませんので、請求書などの宛名だけをもって問題にすることも少ないと思いますね。

任意保険の等級を引き継ぐ、法人の代表者名義から法人名義であれば、多くの保険会社で問題ないと思います。何でしたら、任意保険会社に相談のうえで、個人名義のまま法人負担とできるようにすればよいだけでしょう。

社長宅で管理するにしても、会社の所在地で車庫証明を取って登録し、社長宅で保管しても、青空駐車などで問題にならない限り、問題にもならないと思います。

減価償却ができるかどうかなんて、納税者である法人の経営者判断です。実態が法人の事業活動ということであれば、経営者の判断で行えばよいのです。それを税務署が否定したとしても、経営者の判断を主張すればよいのです。税理士がいれば、税理士の考えで主張してくれることでしょう。

私の知っている公認会計士・税理士の先生は、個人名義の不動産や自動車なども、売買契約書などに従って、減価償却などを行いますし、各種維持費用なども当然経費に算入しています。税務調査で指摘されたこともないとのことでしたね。

ただ私の経営する会社では、車検証の名義や自賠責の名義などは法人名義にするようにしています。任意保険などは個人名義のままで法人負担し、経費計上していますね。
    • good
    • 0

法人が金を負担して個人名義の車を買うのですから、法人が個人に対して「給与を払った」のと同じです。


まずは給与に対して源泉徴収義務が発生します。

個人の車なのですから、法人の減価償却資産に計上することなど「できません」。
車検証の名義が法人でなくても減価償却資産に計上できるならば、法人所在地の隣に住んでるおっさんの車を減価償却資産に上げてしまうことが可能です。でたらめです。

個人と法人を「いっしょくた」にしてはいけません。

任意保険の等級を引き継ぎたいという理由でしたら、
「法人所有の車を主に運転するが、任意保険の等級はどげんなるとですか?」と保険会社に聞くことです。

くどいようですが、法人が資金負担した車を、個人名義にするなど、税務署に「この行為を否認してくれ」と言ってるようなものです。

実例がありますよ。
代表取締役が個人名で高級外車を購入し、ローンを組んだ。
このローンを法人名義口座から支払っていた。
この車を法人の減価償却資産にして減価償却費を計上した。

月々のローン支払い額は「認定給与」となり経費否認(定期同額給与ではない)。
源泉徴収もれ。
減価償却費の否認。
諸税金・自賠責保険料なども経費算入は否認。これも認定給与扱い。
源泉徴収もれ。
仮装隠蔽行為に当たるとされ重加算税の賦課。



結論としては「法人が金を出すなら、法人名義にすべき」です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりそうなんですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/05/26 15:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車のイラストを商売目的に使いたいです。

ある国産車の写真を画像処理しましてイラストみたいにしました。車の背景も処理しまして全く別物です。そのイラストは商売目的に使おうと思います。
例えばステッカー・マグカップに転写するとかです。
キャラクターとかロゴでしたらライセンス契約が必要ですが イラストもライセンス契約が必要なものですか?見ればどこの車かすぐ分かりますが・・・・
詳し方回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いわゆるパロディデザインに該当し、著作権の侵害のおそれがあります。
どの程度のものかは知りませんが、自動車メーカと事前に話し合ってから堂々と使用されてはいかがですか?
自動車メーカの自社のデザインが広く知られるのは、意義を認めると思いますが、勝手に使用されることを問題視すると思いますので?

Q設立前の諸経費(印鑑購入費等)を会社の経費で落とすには・・・

会社設立にあたって、法人の印鑑(実印と銀行印)をつくる予定ですが、会社設立前に購入する印鑑を、設立後の会社の経費で落とすには、どのようにすればよいでしょうか。

創立費や開業費に含めることはできるのでしょうか。含めることが出来る場合、どのような会計処理をすればよいでしょうか。

なお、定款に設立費用の項目を設けてしまうと、裁判所が指定した検査役の検査が必要になってしまうので、この方法は考えていません。

通常の会社設立方法で経費で落とす方法(処理)を教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)OK
(2)OK
(3)NG 実印は個人のものです。

Q年賀状に使用出来る車のイラスト

厚かましい話ですが、年賀状に使用出来るような、車のイラスト(アウディ.BMW. ポルシェ.ベンツ等) の小さめのイラストをご存知無いでしょうか?アウディTTは見つけたのですが、印刷するとかなり大きくなってしまって、素人でどうしようもなく、簡単でハガキに使用出来るイラストを探しています。ご存知の方お願いします

Aベストアンサー

>位置が調整出来無いと思いますが、ひょっとすると他のイラストみたいな場所に移すと位置も自在なのでしょうか?

はい、Officeソフトなら、Excelやパワポでもいけます、位置の移動も文字の折り返しを変えることで自在になります。

やり方はOfficeのバージョンによって違うのですが・・・
XPですと2003として、(デフォルトで)図をクリックして選択すると「図」というツールバーが現れます。その中の犬のアイコン「文字の折り返し」を四角・上下・前面・等「行内」以外にすることで動くようになります。
(「図」のツールバーが現れないときは、図を選択した状態で上段のツールバーの右端を「右クリック」し「図」にチェックを入れます。)
2007ですと「書式」というタブが現れますので、その中の「文字の折り返し」で設定します。

よねさんを参考に
http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Word/w-zu.htm

Q会社の経費で社用車を購入

現在、会社経営をしているものです。
このたび、会社名義で中古車を購入しようと考えています。

1、その中古車は、所有者はリース会社、使用者は個人となっています。(つまりローン支払い中の友人から購入するということです)購入時の注意点はありますか?

2、購入後、会社の資産となりますが、中古車の減価償却等の方法はどのような利率になるのでしょうか?ちなみに税務署には書類を提出していないので定率法が採用されるかと存じます。会社的にも定率法でよいと考えています。

3、車庫証明をとらなくてはいけませんが、会社近辺(都内)の駐車場を借りるのもコストが発生しますので、自宅の駐車場(埼玉・無料)で取得しようかと考えていますが、会社の位置、登録の管轄上で問題は発生しますか?

以上宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3の 続きです

購入価格が20万円以上だと、残存価格が発生します(通常、定額法だと10%を残存価格として残りの90%を単純に36ヶ月で償却します。
定率法だと5%を残存価格として設定しますが、償却率は毎年の期首帳簿価格(簿価:残存価格、初年度は購入価格が期首価格そのもの)に、0.536を掛けた金額が12ヶ月間の償却金額になります)。

購入価格が10万円以上20万円未満の場合、3年間で全額償却することが可能です。単純に3で割って償却します(初年度が12ヶ月未満でも1年として計算してかまいません、・・うん・・確かそうだったような)

購入価格が10万円未満の場合、一括損金処理ですね。

・中古資産の減価償却年数は、新品時の償却年数、以前の持ち主の使用期間から計算式で計算する方法がありますが、中古車の場合は必要ありません。
#3で書いたとおり、決まっているからです。


>友人と会社(当社)の売買契約になるかと存じますが、 車体価格の決定は何を基準にすればよいでしょうか?
>友人は仮に300万円+ナビ等で30万で2000年12月に買ったとします。2年経ているとして、算定価格を出す基準を教えてください。

以上に書いたとおり、中古車の場合以前の持ち主の償却年数は関係ありません。
中古車の相場として適切な価格を設定してください。

中古車屋さんが、買い取る価格と、販売する価格の範囲内で設定すれば以下の心配もありません(が、チョッと蛇足を加えてみました)。

>多く払うと、友人自体に個人として所得税が発生するでしょうし、
(蛇足:個人の自動車リース料を必要経費として確定申告できないですよね。)

>少なく払うと、会社としては受贈益を計上することになりますよね?
(蛇足:安く買うと減価償却費が少なくなり、課税対象利益が多くなります。そう考えると、会社の得た利益には課税されていると考えられるのでは?)

*なお、所有者であるリース会社と、実質の所有者である友人と、購入者である御社の契約上の処理は別問題です。
他の回答にあるように、幾つかの問題点があります。

ここではあくまでも中古車購入の償却処理についてのみ書いてみました。

#3の 続きです

購入価格が20万円以上だと、残存価格が発生します(通常、定額法だと10%を残存価格として残りの90%を単純に36ヶ月で償却します。
定率法だと5%を残存価格として設定しますが、償却率は毎年の期首帳簿価格(簿価:残存価格、初年度は購入価格が期首価格そのもの)に、0.536を掛けた金額が12ヶ月間の償却金額になります)。

購入価格が10万円以上20万円未満の場合、3年間で全額償却することが可能です。単純に3で割って償却します(初年度が12ヶ月未満でも1年として...続きを読む

Q車のエンジンルームのイラストがあるところ

こちらのカテゴリでいいのか迷ったのですが。。。

車のエンジンルームのイラストが載っているところがあったら教えてください。
車はなんでもいいです。

Aベストアンサー

参考URLなんかはいかがでしょうか?

日常点検の説明のためのページだと思いますが簡単なイラストが載っています。

参考URL:http://www.tenken-seibi.com/sc/15_ai/engin.html

Q現在、自社ビルを持っていますが、これを社長の個人会社へ売却し、個人会社

現在、自社ビルを持っていますが、これを社長の個人会社へ売却し、個人会社にて管理するようにしたいのです。 まだまだたくさん銀行に借金があるのですが、どうすれば実現可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

会社の資産である自社ビルを社長個人の経営する会社に売却処分して、手に入れたお金で借金を少しでも返済したいという話でしょうか?


社長個人が100%支配する会社に売却するというのは、まあ社長個人に売却するのと同じようなものなので、その売却価額には細心の注意が必要です。

適正な時価で売却すれば、基本的には問題ありません。
そこで、その売却価額が適正時価であることが客観的に証明できる金額でしたらOKです。

かなり確実な方法としては、不動産鑑定士の鑑定評価額で不動産を売却すれば、まず問題ありません。
もしもそれをダメだと税務署がいうためには、それ以上に正確な資料を用意しなければなりませんから、そこまでやるのは、税務署といえどもなかなか難しいでしょう。

逆に言うと、簡単にひっくり返されるような根拠資料による金額では非常に危険だということです。


不動産鑑定士による鑑定評価額で売却し、その代金で自社ビルに抵当権を設定している銀行のその借入金を完済し、抵当権をはずして所有権移転するのでしたら、通常の商取引として何の問題もありません。


ただし、今後はそのビルの所有者に対し、適正な家賃を払わなくてはなりません。
そのあたりもよく考えて検討してみてください。


それから、平成22年10月1日以降にこの取引を行うと、「グループ法人税制」という新しい制度が適用になるかもしれません。
その場合にはまた全然別の違う話になりますので、法人税に詳しい税理士の先生にかならず相談してください。

会社の資産である自社ビルを社長個人の経営する会社に売却処分して、手に入れたお金で借金を少しでも返済したいという話でしょうか?


社長個人が100%支配する会社に売却するというのは、まあ社長個人に売却するのと同じようなものなので、その売却価額には細心の注意が必要です。

適正な時価で売却すれば、基本的には問題ありません。
そこで、その売却価額が適正時価であることが客観的に証明できる金額でしたらOKです。

かなり確実な方法としては、不動産鑑定士の鑑定評価額で不動産を売却すれば、まず問題...続きを読む

Qイラスト使用の車のCM

ここ1,2ヶ月にやっていたと思うのですが、車のCMで、男女のイラストを使用しているものがありました。
女性向けの車だったと思います。
どの車のCMだったか知りたいのですが、ヤフー等の検索でも見つからず、こちらで質問させていただきました。
安野モヨコさんのような絵だったのですが、ご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

桜沢エリカさんのイラストが使われていた、
三菱自動車「ディオン」のCMではないでしょうか。

参考URL:http://www.mrsdion.com/

Q現在、自社ビルを持っていますが、これを社長の個人会社へ売却し、個人会社

現在、自社ビルを持っていますが、これを社長の個人会社へ売却し、個人会社にて管理するようにしようと思います。 しかし、バブルの仕業ですので、まだまだ借り入れが多く残っていますが、可能でしょうか? また、もしできたとすれば資産価値の評価損を計上し、税金も安

Aベストアンサー

自社ビルを適正な価額で売却するのでしたらいいと思いますが、しかし銀行借入れの担保として抵当権が設定されてる場合、これをはずさないとマズイと思います。

御社が借入金の返済をできなくなった場合、その自社ビルは借金のカタに取られてしまうわけですから、そんな不動産は通常誰も買いません。

抵当権のついている、いつ他人に取られてしまうかもしれない資産は外部の第三者であれば絶対そのままでは買いませんから、そういう通常ありえない取引は税務署に否認されることと思います。

したがって、通常ありえない身内会社との取引による売却損はなかったものとされますので、税金を安くすることはできません。


売却代金で借金を完済するとか、代わりの資産を担保として銀行に提供するとか、何らかの方法で自社ビルの抵当権をはずせるのでしたら、あとは売買金額さえ注意すればOKだと思います。

Qかわいい感じの車のイラストのサイト教えてください!

お世話さまです。
精巧でなくていいのですが、簡単、シンプルな車のイラストなんかのサイトありましたら教えてください。

Aベストアンサー

【WMF形式またはEPS形式】なら
http://www.printout.jp/clipart/clipart_d/12_norimono/01_car_bicycle/clipart1.html

こちらはカンタンにWordやExcelに貼り付けられます。
http://office.microsoft.com/ja-jp/clipart/results.aspx?qu=%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A&sc=20&DownloadAssetId=MCj03985150000&DownloadExtension=wmf&AxInstalled=1

Q個人名義で購入する車の費用を会社経費に出来ますか?

有限会社を設立して間もないのですが、業務で使用する車を購入しようと考えています。
自動車保険料が割引になるので、出来れば個人名義で車を購入し、その代金(含む諸費用)を会社の経費で落としたいと考えていますが可能でしょうか?
また、可能な場合は減価償却対象の資産となるのでしょうか?
ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

できないそうです。

個人で購入し、会社と個人との間で車輌賃貸契約を結び、毎月会社から個人に賃貸料を支払うことにすればいいそうです。

個人の方は確定申告で賃貸料を申告し、会社の方は賃貸料を損金処理すれば、税率の差で多少マシになるようですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報