ジンギスカン(チンギスハン、etc)というのを漢字で成吉思汗と書きますが、この漢字が使われる由来をどなたかご存知ですか。
例えば、本人が何かの意味をこめてこの漢字にしたとか、単に「ジンギスカン」という音に近いからとか...。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

このページの考察がすごい面白かったので参照して下さい。



ただジンギスカンの出生は今ではおばあさんの家系まで明らかになっているそうなので
義経説というのはもうすでにファンタジーです。(個人的意見)

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwht5110/HJ16.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>このページの考察がすごい面白かったので参照して下さい。

すごい面白かったです。いわゆるジンギスカン=義経説というのがあるというのはどこかで聞いたことがあるのですが、まさか名前の由来にまで言及されているとは知りませんでした。実を言うと私の姪(高校生)が「ジンギスカンて発音からは漢字が浮かんでこない。」というクレームを発するのを耳にしたために今回の質問をした訳ですが、とんでもなく面白いお話を紹介いただいて感謝いたしております。おそらく歴史の専門家の方々は無視なさっているのでしょうが、私のような素人が興味を示すのは勝手でしょうから、姪に話して2人で盛り上がることといたします。
とにかくありがとうございます。

お礼日時:2001/06/20 19:21

ジンギスカンは、漢民族ではありません。

モンゴル民族です。
ですから、モンゴル民族に文字があったのかどうか分かりませんが、漢民族の皇帝となり、漢字文化を取り入れたことで無理やり「音」に合わせた文字をつけたのだと思います。

清朝の皇帝の苗字「愛心覚羅(あいしんかくら)」というのも、満州族であることから、満州族の苗字を無理やり漢字に当てはめてあのようになったと聞いております。
    • good
    • 0

中国は漢字の国というか漢字しかない国なので、たとえば外国人の名前も何らかの漢字に置き換えないといけないと思います。


昔、モンゴルが攻めてきた時でも、敵の君主の名前を書く時に何らかの漢字に置き換えたと思われます。
そのとき音で合わせ込んで作った当て字ではないでしょうか。

もちろんそのときの翻訳(当て字を作った人)の感性にもよるので、チンギスハンの印象から漢字を選んでいるかもしれません。
(もちろん音を合わせた上で)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の由来「圷」(茨城県北部)

難読漢字なのですが、「圷」(あくつ)という漢字があります。
この漢字は、国字と呼ばれる日本で作られた感じです。言葉・音の由来は、「悪土(あくつち):稲作に適していない地域」が縮まって、「あくつち→あくつ」となったと通説では言われています。言葉・漢字の由来は、「山間地域の棚田の中でも、特に、山の下の方(谷側)が重要だったため、”土地が低い”ことをあらわすために、土(つち)と下(した)を組み合わせて、国字:圷を作った」というのが、通説になっています。

しかし、通説なので「真偽が定かでありません」。

約二十五年ほど前に、「漢字は、水戸黄門(徳川光圀)が作った」という話を聴いたのですが、そのような証拠は、何処にもありません。茨城県北部には、徳川光圀の隠居先である西山荘があったことは事実ですが、「圷」という漢字を作った根拠となる資料は、現在、どのような資料にも記載されていないようです。

長くなってしまいましたが、「水戸黄門が作った」という根拠のない話が広まる前に、真実・事実を知る方、もしくは、調査する方法をご存知の方がいれば、お伺いしたく、このQ&Aサイトに投稿させていただきます。

ちなみに、茨城県北部では「圷」は地名としても存在しますが、主に、苗字として、茨城県常陸大宮市地域に、お住まいの方の苗字となっております。

難読漢字なのですが、「圷」(あくつ)という漢字があります。
この漢字は、国字と呼ばれる日本で作られた感じです。言葉・音の由来は、「悪土(あくつち):稲作に適していない地域」が縮まって、「あくつち→あくつ」となったと通説では言われています。言葉・漢字の由来は、「山間地域の棚田の中でも、特に、山の下の方(谷側)が重要だったため、”土地が低い”ことをあらわすために、土(つち)と下(した)を組み合わせて、国字:圷を作った」というのが、通説になっています。

しかし、通説なので「真偽が定...続きを読む

Aベストアンサー

下記「名字由来net」で、「圷」をみると、桓武平氏の家系で大掾氏流のようですので、少なくとも平安時代初期には使われていた可能性があります。
従って、水戸黄門云々の話しはデタラメな説だと思われます。

    http://myoji-yurai.net/searchResult.htm?myojiKanji=%E5%9C%B7

Qモンゴル帝国を築いたチンギスハンがいたのに何でモンゴル後進国?

 チンギスハンからのハン一族がモンゴル帝国を築き、日本にも遠征をするほどの勢いがあったモンゴル帝国、

 しかし、今となっては遊牧民中心の後進国です。
 あれほどの勢いが何故近代にも継続されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴタイが継ぎます。
その後この4家はお互いに争ったり同盟したりしますが、フビライがその武力を背景にクリルタイを開いてハン(モンゴル族のリーダー)になり、彼の時代に中国の南宋を滅ぼし、中原の国すなわち中国になります。
中国の王朝は通例では1字ですから、国名も「蒙古」から「元」として、ご存知のように日本にも攻め寄せてきます。
ところがこの元も歴代王朝と同様徐々に中国化し、遊牧民の質実剛健な気風は影を潜め、一方でモンゴル族に従っていた他の遊牧民の心も離れ衰退していきます。
やがて1368年明により首都が落ち、元は滅亡します。
因みに日清戦争の清も同様に遊牧民の国でしたが、中国化して衰退しました。
尚ハンというのはモンゴル族の王の称号であり、一族の名前ではありません。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%B3

モンゴルですが、チンギスハンの時代に世界帝国になりますが、その死後、オゴタイハン国・中央アジアのチャガタイハン国・ロシアのキプチャクハン国そしてイラン方面のイルハン国の4国に事実上分裂し、彼の息子や孫たちも徐々に分かれていきます。
モンゴルのリーダーを決めるのをクリルタイと言い、伝統的には末の息子が継ぐことになっています。
ただチンギスの長男ジュチは妻が略奪された時に身ごもった子なので血筋に疑問があって、次男のチャガタイと不仲という理由もあり、両者を巧く調停できる3男のオゴ...続きを読む

Qチンギスハンの戦法って感付かれなかったんですか?

 モンゴル帝国の歴史を調べると、決まって何度も出てくる戦法が有ります。「退却と見せかけて敵をおびき出し、伏兵によって包囲殲滅する」というものですが、相手の将軍はなぜこんな単純な戦法に何度も引っかかってるのでしょうか?
 軍隊の指揮官なら当然、退却は罠かもしれない、伏兵がいないか索敵させながら進むはずですし、モンゴル軍がこんな戦法を使ったぞと先の戦いの情報が入るはずです。

Aベストアンサー

まあ、漫談ですが、いくらかは本当のことです。

偽装退却、は、けっこう難しい戦術でして、指揮官の企図するところがキチンと部下に伝わっていないと、本当の潰走、壊滅的退却になってしまうことがありがちです。企図を伝達する手段のとぼしかったモンゴル帝国の時代には、なおさら難しいことでした。

モンゴル兵の主力は族を単位にした騎兵なので、その辺の指揮官の企図が一族という単位につたわりやすかった、という点があります。もちろん騎兵ですから、機動力もあるので、いわば、

指揮官の企図 (この場合は偽装退却) をよく理解した一族単位の部隊が、騎馬の機動力をいかして退却する、

ということができたのです。

モンゴルに敗北した西欧諸国とオスマン・トルコの軍隊は、一度負けたら皆殺し、状態です。

つまり、モンゴルの戦術を次のだれかに伝えて対策を練ることができません。このため、モンゴル自身のイキオイが衰えるまで、くい止めることができなかったわけです。
この事実が 「モンゴルは恐ろしい」 という風聞となり、モンゴル側も意図的に尾ひれはひれをつけてひろめたので、士気の面でも戦う前から敵がなえてしまう状況を演出していました。

さらに、モンゴル軍は敵地の情報収集を重視しており、とくに騎兵が不得手な地形は回避するという健全な戦術をとっていました。
また、敵より多くの兵力を集中するということも、常道としています。兵力そのものは多くなくても、必要なところに騎兵ですばやく兵を集中すれば優勢となり、そこから敵がくずれます。
ルーシ制服もモンゴル兵そのものは多くありません。

また、中国・イスラムの先進的兵器、とくに城攻めに重宝するカタパルト(石を飛ばす投石機)も運用しており、騎兵集団が苦手な城攻めも得意、という点も、西欧軍には困ったものでした。

なので、西欧の抵抗で有名なリーグニッツの戦いでも、モンゴル軍は西欧軍より若干すくないですが、私がつらつら書いてきた戦術を最大限活用したので、後々この戦いは「ワールシュタットの戦」と言われるようになりました。ワールシュタットという単語は、「死体の山」という意味です。
それほどのことがおきたわけです。 

ただ、モンゴルは、武器をよく使いこなす遊牧民、でしかなかった部分もあるので、武器をよく使いこなし騎兵化されたプロの軍隊、エジプトのマムルク朝の軍隊にはコッパミジンに負けています。
海を無理やりわたったらどうなったかは、元寇でおわかりでしょう。

まあ、漫談ですが、いくらかは本当のことです。

偽装退却、は、けっこう難しい戦術でして、指揮官の企図するところがキチンと部下に伝わっていないと、本当の潰走、壊滅的退却になってしまうことがありがちです。企図を伝達する手段のとぼしかったモンゴル帝国の時代には、なおさら難しいことでした。

モンゴル兵の主力は族を単位にした騎兵なので、その辺の指揮官の企図が一族という単位につたわりやすかった、という点があります。もちろん騎兵ですから、機動力もあるので、いわば、

指揮官の企図 (この場...続きを読む

Qフン族の行動はチンギスハンに影響したか

チンギスハンの西征に先立ちフン族はゴート族を追いヨーロッパに侵入し各地を恐怖に陥れました。
しかし彼らは国家を建設する事なく、各地での転戦で次第に戦力の中核であるフン族の戦力を失いアッチラの急死後後退していきました。

この先例の伝承は同じ遊牧民のチンギスハンに何らかの影響を与えたでしょうか?

チンギスハンは「人の間に差別なく、土地に境なし」を信条に一大帝国を建設しましたがその過程はフン族のヨーロッパ侵攻と似ています。
しかし中部ヨーロッパに深く侵攻することなく中途で撤退しました。
これは何故でしょうか?

また彼は帝国を一括して子に残さず、幾つかに分割しました。
これはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

フン族の歴史は、諸説紛々です。
ある説によると「フン族とは中央アジア・キルギス高原にいたアジア系
遊牧騎馬民族で、4世紀後半にカスピ海北方経由でドン川を越え、
ゲルマン諸族の東ゴート族を征服(375年)し「ゲルマン民族の大移」
を引き起こした。」とのことです。この、征服により、フィンランドや
ハンガリーの国名が残って、両方とも「フン族の国」の意味とのことです。

1.フン族の侵攻と、チンギスハンの時代とは、あまりにも時代が離れて
おり、直接的な関係はないと思われますが、伝承としては残っていたの
かも知れません。

2.チンギスハンは、モンゴル族や子供たちに多くの土地や、収入源を
残し、権益を守るために侵攻したのではないかとも言われています。
ジャムチなどもありますが、本音では、遠くまで行過ぎたり、時間が
かかりすぎて指揮権や占領地管理が難しくなってきたのでは。

3.そこで、子孫に分割統治させたのでは。分割して国力も小さくなり
現在のロシアの地域などは「ルーシー人」の間接統治を認めたりしま
したが、徴税は、確保・継続していたとのことです。このルーシーが
ロシアの語源とのことです。

フン族もチンギスハンの作ったモンゴル族の元も、アジア・ヨーロッパ
に与えた影響は大きなものだったに違いありません。
以上

フン族の歴史は、諸説紛々です。
ある説によると「フン族とは中央アジア・キルギス高原にいたアジア系
遊牧騎馬民族で、4世紀後半にカスピ海北方経由でドン川を越え、
ゲルマン諸族の東ゴート族を征服(375年)し「ゲルマン民族の大移」
を引き起こした。」とのことです。この、征服により、フィンランドや
ハンガリーの国名が残って、両方とも「フン族の国」の意味とのことです。

1.フン族の侵攻と、チンギスハンの時代とは、あまりにも時代が離れて
おり、直接的な関係はないと思われますが、伝承とし...続きを読む

Q【日本史・家紋の謎の続き】「江戸時代は特定な家紋(例えば徳川の葵だとか)以外は何を使っても自由だった

【日本史・家紋の謎の続き】「江戸時代は特定な家紋(例えば徳川の葵だとか)以外は何を使っても自由だったそうです」

江戸時代に特定の家紋は無断使用出来なかったという家紋は何種類あったのでしょう?

徳川家の葵の他に何がありましたか?

Aベストアンサー

特定のというかすでに使われてる武家の家紋はダメだったという事でしょう。
どこかと被ったら家紋にする意味がなくなりますし。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報