最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

現実的ではないですが、、、
米国との安保条約を破棄し、独自で軍隊増強、徴兵制を敷いた場合
国の防衛費はどれくらいになりますかね?

今は5兆円くらいで推移らしいのですが米軍に7000億円毎年献上してますね。
日本国として自分の国は自分達で守るのがスジじゃないでしょうか。

米国依存が沖縄問題(地位協定)になっていますし。。。。。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    それで防衛出来れば理想なのですが、はたして現状で抑止力になるのでしょうか?
    軍備増強は不可避だと思うのです。。。

    No.8の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/05/28 18:20
  • どう思う?

    外食(飲酒)禁止令?みたいなのが駐留米軍に発令されたらしいですが、これでは飲食店もダメージですね。
    もう米軍などアテにせず独自で観光産業施設でもやるほうが儲かるかもしれません。

    No.6の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/05/28 19:06
  • そうですね。
    今の領海侵犯に対する防衛は甘すぎですね。

    また安保関連法案反対連中は平和ボケ以外の何物でもないですね。

    「国の防衛費について」の補足画像3
    No.10の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/05/29 21:41
  • 『準軍事同盟国である豪国及び印国を正式に軍事同盟として格上げし防衛条約締結する』
    この意見には賛同します。
    でも、
    NATO加盟国になるには地理的ハンディが多いのでは?

    No.12の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/06/04 16:13
gooドクター

A 回答 (12件中1~10件)

日本の防衛において、自衛隊が主役で米軍が脇役であることが大原則です。


自衛隊を越して米軍が主導権をとるようなことはありません。
しかし、未確認情報ですが、噂では米軍はあくまでも自衛隊の支援とするも、自衛隊に防衛出動発令後、戦局によっては、ある時期になると米軍主流の国連軍が自衛隊に代わって前線へ、前線の自衛隊は後方支援に下がると聞いたことがあります。
何れにせよ。
日本を守るのは所詮、自衛隊オンリーであることが現実のようです。
上記の事項を踏まえながら、もし、日米安保条約条約を解消し米国の援軍なしの自衛隊一本どっこいで防衛可能にする為に予算は幾らになるか?
在日米軍費用の約7000億円を自衛隊費用に転回出来れば、現状の防衛費で充分でだろうと思います。
場合によっては、現状より削減も可能です。

防衛は自国の一国だけで防衛は難しいと思います。
安倍総理の見識は現実論としては正しい。
米軍無しなら政府も考えるでしょう。
幸い安倍総理はその想定も視野において、先手を売ってます。先手と言うてもキッカケです。
安倍総理とは大した人物ですよ!

アメリカ以外の国々と日本が軍事協定を結べば現在の防衛費に抑えられる思います。
現在の準軍事同盟国である豪国及び印国を正式に軍事同盟として格上げし防衛条約締結する。
更にNATOの加盟国になることで、防衛費は大幅に削減できます。
現在、日本とNATOは全く無関係ではありません。NATOの組織図に日本はしっかりと存在してます。
しかし、加盟国ではなく協力国ですので集団安全保障枠外です。
世界の中の日本という観点から、日本は世界各国との繋がりが多種多様にあります。

日本有事に日本はアメリカ無しでも日本の為に有志連合軍を結成し、自衛隊と共闘してくれるのではないか?と私は考えてます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

日本は日米安全保障条約で米国にその安全を依存しているとはいっても、2011年統計で4兆6300億円の軍事支出をしています。

これは南北対立で休戦状態にある韓国の2兆2624億円より多く、世界でもアメリカ、中国、ロシア、フランス、イギリスについで6番目なのです。どれくらい必要かということより、あの世界一のアメリカでさえ55兆円なのです。これはアメリカのGDPの4.7%に上ります。現在日本はGDPの1%の枠を守っていますが、財政赤字を抱えているわが国がいくらまで出せるかということでしょうね。アメリカ並みのGDP比までにするとするなら20兆円以上になります。とてもまかないきれないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにまかなえないですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/01 19:07

いがいと、現在の自衛隊でもできるんじゃないかとおもいます。


しかし、米軍がいることにより、躊躇している隣国がどの程度頻繁にちょっかいを出してくるかによります。
それよりも、最も大事なことは、日本の政府や自衛隊がしっかりと対応する覚悟を持つ必要があると言うことです。
民間人を装った場合も含めて、領海侵犯に対して、躊躇なく排除し、場合によっては攻撃することを現場の判断でできるように、法改正等をしておく必要があります。また、そのような場合に自衛隊幹部や政府首脳はしっかりと彼らをサポートする覚悟と毅然とした態度が必要になってきます。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

米軍の抑止力は偉大ですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/01 19:08

>それで防衛出来れば理想なのですが、はたして現状で抑止力になるのでしょうか?


>軍備増強は不可避だと思うのです。。。

それはやってみないと分からないが、私は十分だと思う、ということ。
そもそも、現在でも自衛隊は本来の目的で使われていない。
中国とか、韓国と戦争になる可能性は、経済面から考えるとほぼゼロ。北朝鮮は圧倒できる。大国間の戦争は現代ではありえないのに、無駄が多すぎるという考え。
    • good
    • 0

>日本国として自分の国は自分達で守るのがスジじゃないでしょうか。



私もそう思います。私は軍備はそのままで、増やさなくて良いという考え方です。専守防衛なのだから、他の国のように軍備を増強する必要はありません。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

そもそも国民の生命財産を守るのが、防衛、進化する攻撃に耐えられるのか人口地震などカモフラージュして攻撃もあります。

最終的な防衛は、情報戦重視ですかね。目的は、城の奪い合いコロニーの奪い合いですね。昔から変わりません、つまり、コロニーを守る事です大きな隕石をコントロール出来るようになるとカモフラージュして来るかもしれません。早い察知ともしもの場合の対策ですね。人類の戦いは、生産物の奪い合いです。昔は、可愛いお姉ちゃんでした。クレオパトラや大喬小喬、そして、お金と恨みになりました。綺麗なお姉ちゃんがお金を求めた為ですね。今では整形で綺麗なお姉ちゃんも自由に作れます。最後は、お金になり優秀な奴隷を求めている時代です。優秀だから価値を作り出す。結局価値を求めているのです。なら自分達が優秀な価値を作り出すなら、奪う戦争も必要が無くなります。これは、怠惰な人間にはでき無い事です。欲しいものがてに入りません。努力する環境作りが重要ですね。怠惰を作る通貨に頼っていると生存が危なくなる理由ですね。防衛は、この基本からやりコロニーを守って行く事ですね。人の成長は、違いますから努力にも環境差が出ます。環境維持力が防衛ですかね。
    • good
    • 0

No.2です。



>沖縄県民には泣いてもらうしかないですかね、、

基地を糧にして収入を得て家族を養ってる方も、沖縄には

多いですからね、、。

アメリカが出て行ったら、失業者が溢れて、路頭に迷う沖縄県民が

増えて、泣くことになってしまうでしょうね。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

Q1. 米国との安保条約を破棄した場合、国の防衛費はどれくらいになりますかね?


              ↓

A.日本が米国の核の傘の恩恵から外れて自主防衛となった場合のコストと…。
  日本が核弾頭を製造するコストとを合わせて試算して考えてみましょう。
              ↓
◎自主防衛試算
自主防衛の数字で検証した試みがある。防衛大学校の武田康裕、武藤功両教授らは
平成24年の著書『コストを試算!日米同盟解体』で自主防衛をとる場合のコスト
を試算し「22兆2661億~23兆7661億円」という結果をはじき出した。
内訳は米軍撤退で駐留経費負担4374億円が不要となるが、新たに空母や戦闘機、
情報収集衛星など、米軍に依存してきた装備を4兆2069億円で取得する必要が
ある。維持コストなどを除外した試算だが、消費税でいえば2%の負担増になる。
コストはハード面にとどまらない。「日米同盟が解体されるということは、日米の
政治・経済の協力も損なわれることを意味する」(武田氏)からだ。
経済面では、貿易途絶▽株価下落▽国債の金利上昇▽エネルギーの調達コスト上昇
などの影響で、最大21兆3250億円のコスト増。
一方、米軍基地撤退で取り戻せる経済効果などの「逸失利益」は1兆3284億円
にとどまる。武田氏はこう強調する。
「問題は金額の多寡ではない。いくらコストを費やして自主防衛に踏み切っても、
結局は日米同盟と同じ水準の安全を享受することはできないということだ」
ソース
http://www.sankei.com/politics/news/160524/plt16 …

◎核兵器開発試算
憲法上、核保有の可能性は排除されていない。憲法9条は自衛のための必要最小限
度を超えない実力の保持を認めており、この必要最小限度の範囲にとどまる限り、
核兵器の保有を禁じていないというのがこれまでの政府解釈だ。
実は技術的な可能性の試算は存在する。政府は平成18年9月。
非公式に「核兵器の国産可能性について」との内部文書をまとめ「小型弾頭の試作
までに最低3~5年、2千億~3千億円の予算と技術者数百人の動員が必要」との
結論を出した。
ソース
http://www.sankei.com/politics/news/160524/plt16 …
 
・また、質問者さんの仰る徴兵制を敷くコストは不明なのですが…記事の言う自主
 防衛試算額の範囲内に必要な兵員を確保・保有するコストは当然ながら含まれて
 いると思われます。ので、別段に参入致しません。ご了承ください。

              ↑
◎上記の通りで、日本が核兵器自作なら3~5年の期間で2千億~3千億円も…。
 米軍撤退後に自主防衛の場合、初期導入費が27兆円前後。維持費不明で…。
 いくらコストを費やしても日米同盟水準の安全を享受はできない。が結論です。
              ↓
 
◎従いまして、自主防衛なら初期導入費が27兆円。更に経済面で最大20兆円前
 後の負担増も発生します。毎年の防衛費も中国並みと考えると今の5倍(25兆円)
 は必要となるでしょう。それでも日米同盟水準の安全をは享受はできません。

              ↑
     米国との安保条約を破棄し自主防衛となった場合は

(((初期導入費を10年償却としても、毎年30兆円前後の防衛費と積算されます)))
              ↓

          尚、以下余談ながら。

 米の核の傘の恩恵を借りるなら毎年25兆円以内の年間献上金ならば…。

 費用対効果は同等以上と試算されるわけで、米軍基地撤退で取り戻せる経済効果
 などの逸失利益1兆3千億円やトランプの要求している米軍駐留費5千8百億円
 全額を払うとしても、かなりお得な良心的価格なのがお分かり頂けると思います。

 さすがのトランプも「毎年25兆円」を超える要求は出来ないと思われます。

 ちなみに米国の防衛費は毎年約60兆円前後です。中国が20兆円前後です。
 ソース
 http://www.garbagenews.net/archives/2258794.html

              ↓

◎結論として。

 日本が核兵器自作して、自主防衛しても毎年30兆円前後の防衛費が掛かります。

              ↓更にお得!
 それならば、毎年25兆円以内の献上金で、米の核の傘の恩恵を借りた方が安全。

              ↓断然、超絶お得!
 仮に米軍駐留費「5千8百億円」を払えと云われたら喜んで熨斗つけて払うべきです。


      ---以上、質問者さんのお役に立てれば幸いです---


.
「国の防衛費について」の回答画像5
    • good
    • 8

必要なもの、核ミサイル+SLBM原潜・・・・北朝鮮の目指しているのと似ている。

アメリカ中国ロシアの敵になるのは必然。

戦前並みの経済に後退(北朝鮮が参考になる。)国土と資源(北朝鮮の1万分の1もない)がないので慢性飢饉。国民は半減。平均寿命は40歳。防衛は刀と竹やりで。国防費は1000億円出せるか。

滅亡は火を見るよりも明らか。中国の領土となるかアメリカの領土となるかは選択次第。

>今はお友達というより主従関係です。
日本はアメリカが構築した世界秩序の中で生活している。つまりアメリカ屋さんの軒先借りて商売している行商人。
    • good
    • 0

>米国との安保条約を破棄し、独自で軍隊増強、徴兵制を敷いた場合


その場合、アメリカとの敵対関係に立つと言うことになる
そうなると、第七艦隊とか多数の原潜への対処も必要だなぁ

米国との安保条約を破棄して
それでもなお、アメリカとお友達でと言うのはあり得ないのだよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今はお友達というより主従関係です。
米国でも安保破棄を提唱してる人もいるようですがどうなんですかね。

仮想敵国はロシア中国という共通認識があれば友好関係維持できるでしょ。
素人考えですけど。

お礼日時:2016/05/28 16:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング