熱を利用しているビームサーベルの原理からいって、
ビームサーベルをビームサーベルで切り払うというのは
不可能ではないでしょうか?
すり抜けてしまうような気が・・・。

理由が分かる方、回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ビームサーベルそのものは、ミノフスキー粒子で発生したビーム粒子そのものを、Iフィールドで包み込みサーベル状にしたものです。



そのため、ビームサーベル同士がつばぜり合いをした場合には、お互いのビームサーベルがIフィールドを弾きあっている状態になります
Iフィールドはすべてのビーム粒子を弾く性質を持っていますから、ビームサーベルでも、つばぜり合いや弾くことができるようです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ミノフスキー粒子って、浮く為のものだけじゃ無いんですねぇ。
Iフィールドの概念って、ビグ・ザムが始めてじゃないんでしたっけ?

う~ん、謎は深まるばかりなり~。

お礼日時:2001/06/22 22:07

小説の「クラッシャージョウ」では、高熱プラズマを磁界でくるんだ「電磁メス」が登場しました。


作中では斬り合いで磁場が破壊されプラズマも消えたというシーンがありましたので、
まぁ、斬り合いができるとは限らないと。

あとスターウォーズのライトセイバーは柄の中にあるパワー源と何やら宝石のようなもので刃を形成しているそうです。
最初(エピソード4?)、ルークが父の形見のセーバーで刃を出すシーンがあったように記憶していますので
フォースの修行をしていなくてもつかえるのではと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ビームサーベルにも、色々な種類があるんですねぇ・・・。
勉強になります。

お礼日時:2001/06/22 22:28

「Vガン」は見ていないので、問題の「ガンダム十字手裏剣」は分からないのですが、刀身は基本的にプラズマなので反発してしまいます。



まして、ウッソの投げた十字手裏剣がぐるぐる回転しながらザンスカールのモビルスーツを次々となぎ倒していき、戻ってきた手裏剣をつかんで「ニカッ!」と笑うシーンがあったとしたら(そこまでやってないって?)・・・
・・・う~ん、Mフィールドと異なり、Iフィールドは形態を自由にコントロールできるとか説明するしかないですかね。それでも十字になるのは説明できても「手元に戻ってくる」のを説明するのは苦しいですよ。(汗)

アニメの「科学考証」は画面で「やってしもうた!」ことに後付けで理由説明することが多いんですが、最後は「クラークの第3法則」の出番になってしまいますね。(笑)

「スターウオーズ」以降のスペオペに出てくる「ライトサーベル」は一種の様式のようなものですが、きちんと科学的に原理説明しているものもあります。

アニメ「スターザンS」に登場したダース・ベーロー達の使うライトサーベルですが、
1.柄のスイッチを押すとズリズリとプラスチックの筒が伸びる。
2.もう一回押すと中の蛍光灯が点灯する
というものです。

えっ、これは「科学」ではなくてギャグですかぁ?
・・・失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度目のカキコ、有難うございます。

MとI、何が違うんだろ?(笑)
「クラークの第3法則」って何だろ?(笑)
う~ん、難しい・・・。

>アニメ「スターザンS」に登場したダース・ベーロー達の使うライトサーベルですが、
>1.柄のスイッチを押すとズリズリとプラスチックの筒が伸びる。
>2.もう一回押すと中の蛍光灯が点灯する
>というものです。

・・・それって、夜店のおもちゃでは!?(笑)

お礼日時:2001/06/22 22:27

スターウォーズのライトセイバーって科学的ではなかったような気がします。



セイバーが出るのはフォースの力なので、あのビーム部分はフォースそのものではないでしょうか?

つまり、あるはずが無い刃の部分をフォースによって具現化していると考えてはどうでしょうか?
同時にビームとしての性能も持たせてるので焼き切るように切れると。

ライトセイバーの鍔の部分はフォースがセイバー化しやすくする加速器のような物と自分は考えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スターウォーズは・・・良く分からないです。
っつうかまともに見た記憶が無い(笑)。

お礼日時:2001/06/22 22:22

#6、ははは、そんなことがありましたね。


これはおそれいりました。

とすると、フィールド?らしいものが結合して、そこをX字に流れるんでしょうか?
ところで、スターウォーズのライトサーベルやダーティペアーのものは
どんな具合なんdねしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>フィールド?らしいものが結合

下手をすると相手の物と結合してしまいかねませんね。
・・・結構間抜けです(笑)。

お礼日時:2001/06/22 22:20

お答えになっていませんが事例として(^^;


「Vガンダム」の主人公ウッソは『こういう使い方も
あるんだ!」と二本のサーベルをクロスさせ、ドッキン
グ(!?)させてからブーメランのように投げていまし
た。長いガンダムの歴史(笑)から考えると全てが「反
発する」というのは当てはまらないかも知れませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなのがあったんですか~、そんなの普通予想できません(笑)。

まぁ「Vガンダム」は結構奇天烈な話だと聞きましたから、
そんなのがあっても納得できてしまいますねぇ。
歴史の壁を打ち破る出来事で、ある意味感動です(笑)。

お礼日時:2001/06/22 22:17

私の回答は、まあ蛇足みたいなもんですが・・・



ガンダムに再三登場する「ミノフスキー粒子」ですが、当初は電波妨害をしてロボットが有視界戦闘をする口実程度のものでした。

しかし、地上に降りたホワイトベースがあの翼で空中を微速度前進する絵を出してしまったのをみた脚本の松崎健一氏が思いっきりずっこけた後、苦し紛れに「ミノフスキー粒子が力場を形成する(=空中のM粒子の電気的な斥力で浮く)」という設定を考え出しました。
これが小型核融合炉やビームサーベルの設定の「Mフィールド」として流用されています。

ちなみに「空想科学読本」では「レーザーは剣にはならない」と書いていますが、ガンダム に登場する「メガ粒子砲」等のビームはレーザーではなく、「粒子ビーム」といって荷電粒子を加速したものです。(だから質量があります。)
ビームサーベルは粒子加速器で加速したメガ粒子(ミノフスキー粒子の比重を大きくしたもの)をフィールドの中に封じ込めたもので、「長い風船の中に高圧のガスを送り込んだような」様態といえます。

もっとも「風船」でつばぜり合いをするのは難しいでしょうが(^^)
もっと頑丈な材料に高圧なガスを送り込んだかなり「硬いもの」と考えてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・ふむぅ、難しい(汗)。
やはり、「空想科学読本」を探すのが先決ですなぁ。

お礼日時:2001/06/22 22:12

あくまで、下の返答は、


ガンダム
のアニメの中での設定を元にしています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、ガンダム世界での疑問なので、むしろ大歓迎です(笑)。

お礼日時:2001/06/22 22:09

きっと、熱でなくて、高出力の光・粒子・プラズマではないかと思います。



そこまで、実体化したものであると、粒子同士が反発するのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや、「第08MS小隊」の中で、
雪山にサーベルを当てて温泉を作るシーンがありましたからねぇ。
熱じゃないのかなぁ?

お礼日時:2001/06/22 22:01

アニメだから。



ごめんなさい。お詫びに柳田理科雄さんの「空想科学読本」
を紹介させていただきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

第一カキコ、ありがとうございます。

う~ん、「空想科学読本」。探しても見つかりません。
休日の間に見つけられたら良いのだけど・・・。

お礼日時:2001/06/22 21:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガンダム系のビームサーベル

例えばガンダムアニメ等で
ビームサーベル(ライトサーベル?)同士で戦うシーンがたまにありますが
あれってサーベル同士がぶつかったらすり抜けるんじゃないですか?
例えで言えば
懐中電灯の光ともう1個の懐中電灯の光を交差させてもすり抜けるみたいに。
ビームサーベルで物体を切るのはなんとなく分かるんですが…

Aベストアンサー

以前、同様の質問があり私も回答したことがありますので、そちらも参考にしてみてください。

「ガンダム」の世界に出てくるビーム(メガ粒子砲)はレーザーのような「光」ではなく、粒子ビームといって、プラズマを加速したものです。
したがって、質量があります。

1.まず、#2さんが書かれたように、「Iフィールド」という、電気的な場(バリア)を形成します。

2.その中にメガ粒子(プラズマ)を粒子加速器で発射します。
3.ビームはIフィールドの中で充填され、サーベル状になります。

サーベルには質量があり、かつプラスに荷電しているのではじき合います。(「ガシン!」というのはモビルスーツの関節の音ではないでしょうか?)
もっとも素直に「鉄の棒」で殴ったほうが強そうですが。

この手の質問でよく引き合いに出される「空想科学読本」ですが、あれは科学じゃなくて↑のような「本編の設定」を悪意に曲解(勝手に「レーザー」と決め付けて話をすすめたり)するか、不誠実な検証のプロセスにより「とんでもない結論」を出すのを目的にした一種の娯楽本ですので本気にしないほうがいいですよ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=92913

以前、同様の質問があり私も回答したことがありますので、そちらも参考にしてみてください。

「ガンダム」の世界に出てくるビーム(メガ粒子砲)はレーザーのような「光」ではなく、粒子ビームといって、プラズマを加速したものです。
したがって、質量があります。

1.まず、#2さんが書かれたように、「Iフィールド」という、電気的な場(バリア)を形成します。

2.その中にメガ粒子(プラズマ)を粒子加速器で発射します。
3.ビームはIフィールドの中で充填され、サーベル状になります。

サーベ...続きを読む

Qグフがビームサーベルを使って何が悪い?

 アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツ「MS-07(YMS-07B)グフ」は、放映時の設定ではビームサーベルを装備しているという設定であったにも拘らず、放送終了後に出版された解説本等で、

『「MS-15(YMS-15)ギャン」がジオン初のビームサーベル装備機である』

という解説が現れたため、後から「グフのサーベルはビームサーベルではない」という設定に変更されたそうですが、
「機動戦士ガンダム」と共通の作品世界を持つ作品(その作品中の出来事が、「宇宙世紀シリーズ」に連なる正史で起きた事と見做される作品)である事が正式に認められていて、且つ実際に公表されている作品の中で、

「YMS-07Bグフのサーベルはビームサーベルである」

とした場合に、辻褄が合わなくなるシーンというものは存在するのでしょうか?
 もし、その様なシーンが存在するのであれば、どの作品におけるどんなシーンなのか、そしてどんな矛盾が生じるのかを、御教え頂けないでしょうか?(第何話かも判れば幸いです)

Aベストアンサー

検索したら、Yahoo知恵袋で同様の質問がありました。

質問者のおっしゃるようにランバ・ラルがビームサーベルを使っても矛盾はありません。
ツィマッド製の試作機ギャンがツィマッド初のビームサーベルを所持したと解釈すれば、
むしろゲルググ使用の量産品のナギナタ状の刃の形成はランバ・ラルが使用したジオニックの試作品があったればこそ、という風に、逆に設定がすっきりします。
(量産型グフが使用しなかったこと、グフカスタムの装備がヒートソードであることなども、ラルが使った試作品は量産に向かなかったということで片付きます。)

でもね、今のところ、公式にはヒートサーベルなんですよ。
だから実体のない部分に刃を形成するのは、あくまでヒートホークから派生した技術であり、ビームサーベルに極めて近い性質を持つ、という内容から外れるとオレ設定(IF設定)になっちゃいます。
そのうち、カイシデンのレポートで種明かしをやるかも?(笑)
(ツィマッドへの技術流出を防ぐために、カモフラージュのために敢えてビームサーベルという呼称を付けなかったとか)
それまで気長に待ちましょう。

(微妙なところで、MS-07Bがビームサーベルを使用したとなると、MS-06R-3がジオン軍MSで初の携行型ビーム兵器のドライブが可能になったという設定に影響します。)

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313263338

検索したら、Yahoo知恵袋で同様の質問がありました。

質問者のおっしゃるようにランバ・ラルがビームサーベルを使っても矛盾はありません。
ツィマッド製の試作機ギャンがツィマッド初のビームサーベルを所持したと解釈すれば、
むしろゲルググ使用の量産品のナギナタ状の刃の形成はランバ・ラルが使用したジオニックの試作品があったればこそ、という風に、逆に設定がすっきりします。
(量産型グフが使用しなかったこと、グフカスタムの装備がヒートソードであることなども、ラルが使った試作品は量産に向かな...続きを読む

Q「機動戦士ガンダム」に出てくるジムのビームサーベル

ジムのビームサーベルは、なぜ左肩に付いているのですか。左手にはシールドを持っているのだから、右肩に付いていたほうが都合がいいと思うのですが。

Aベストアンサー

どうも少し興味深いモノを見つけたので参考までに書き込んでおきます。

【RGM-79N ジム・カスタム】

一年戦争後の機体ですがこいつは右肩に“ビームサーベル”を装備しています。
この機体は“エースパイロット”向けに少数しか生産、配備されていない特別な機体です。
通常の量産機が“左肩装備”である点となんらかの関係が有る様に思えるのですが
(ビームライフルとの使用における技術的な問題が有るとか等で)
如何思われますか

Qビームサーベル、ライトセーバーの類

スターウォーズのライトセーバー
ガンダムのビームサーベル

・・・のように実剣でない光(の類)の剣が出てくる作品とその剣の名前を教えてください。

アニメカテゴリですが、登場する作品の種は問いません。
アニメ、コミック、洋画、邦画,,etc
メジャーなものからマイナーなものまでOKです。

*くだらない質問で恐縮です。個人的な資料集めですがご協力下さい。

Aベストアンサー

毎度。2回目です。
ところで「ミラーマン」の「ミラーナイフ」は範疇外ですか?

手刃が光るのは「メタルダー」の超振動「レーザーアーム」。でもこれは手が光っているのではなく、超微細振動で光っているように見えるというものでしたがどうでしょう?

マイナーなところで、
「恐竜戦隊コセイドン」の「コセイダー」がもっていたのはたしか「レーザーサーベル」でしたね。
番組後半になって「光」だしましたが。

戦隊のロボットの持っている剣も、決め技のときはいきなり「光」だしますね。

それと、小説で笹本祐一さんの「ARIEL」で「スターブラスト・セイバー」が、降下兵あいてに振り回していたのも、ビームサーベルだったような?なぜあれで降下兵をまっぷたつにできるのか不明です?
(ありとジャイアント馬場ぐらいの対格差はあるのですが)
(すみません、本の山の底のほうなので確認はできていません)

それと、本編では出ませんでしたがOPではライトサーベルらしいのを振り回していたのが「ブライガー」
。そういえばあのころのアニメでは意味なく「光」っていたような。「ダイラガーソード」等々もそうだったような。

映画で昔「TRON」というのがありまして、たしか相手を攻撃するのに「フリスビー」状の光る円盤を投げて攻撃していたような気がしますが?

すみませんね。記憶ばかりで

毎度。2回目です。
ところで「ミラーマン」の「ミラーナイフ」は範疇外ですか?

手刃が光るのは「メタルダー」の超振動「レーザーアーム」。でもこれは手が光っているのではなく、超微細振動で光っているように見えるというものでしたがどうでしょう?

マイナーなところで、
「恐竜戦隊コセイドン」の「コセイダー」がもっていたのはたしか「レーザーサーベル」でしたね。
番組後半になって「光」だしましたが。

戦隊のロボットの持っている剣も、決め技のときはいきなり「光」だしますね。

それと...続きを読む

Qテレビではアニメ、映画では実写の理由

 最近、テレビではアニメ、映画では実写にするパターンの作品が多いが、何か理由でもあるのでしょうか。
 特に実写映画でヒットした作品(NANA、デスノート等)をドラマではなくアニメにする理由がわかりません。
 ドラマだったらアニメより3~4倍の視聴率は稼げるはずなのに・・・

Aベストアンサー

既に回答は出揃ってますが、映画がアニメでなく実写である理由をちょっとだけ。
アニメというのは基本「子供の見るもの」というイメージが今でもあります。
中学・高校生にもなってアニメを見ていると「ヲタク」と後ろ指をさされたりする事もある位です。
どんなに内容がいいアニメでも、アニメというだけで観ない人は多いです。
映画の興行収入は観客がどの程度入ったかで決まります。
間口が狭まるアニメを作るより、実写にした方が、普段原作の漫画やアニメに全く興味のない層も見てくれます。
(原作のファンは逆に見てくれないかもしれませんが)
そこで、原作が漫画と知り、普段読まない漫画を買ってくれる可能性もあります。
アニメより実写の方が、外国で配給もしやすいですしね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報