先日母親(76歳)が脳梗塞で倒れました。元々が高血圧でその少し前に脈が速くなって診てもらったところ「心房細動」の診断を下され条件は揃っていました。
ところが今回入院した先で「粘液種」と診断されました。(大きさは心房の半分位とのこと)医師からは年齢的に心臓の手術には絶えられない、しかし確実に再発(脳梗塞)はする、といわれています。また、ネット等で情報を見ると具体的な治療方法は無い、などとも書かれています。同じような年齢で改善の例(改善で無くても・・)があれば教えてください。その他に今後気をつけることなどあればよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

今回起こした脳梗塞についてですが、


1)心房細動によって心房内の血液がよどみ、心房内に血栓が出来やすくなります。これが頭の血管に飛んでいって脳梗塞をおこした、とするならば再発を防ぐため抗凝固療法(ワーファリンの内服)が必要かと思われます。お年よりの方は心房細動になる頻度が多く、心房細動自体を完治させることは不整脈薬を使っても難しいことが多いです。ただし心房に負担をかけるような状態(心不全や弁膜症)を治療することによって心房細動が治ることもあります。カテーテールアブレーションといって心臓の神経を「焼く」(治療成績はそれほどよくありませんが)治療法もあります。
2)今回「粘液腫」と診断されたそうですが、粘液腫はとてもやわらかい腫瘍であるため、ちぎれてその破片が頭の血管に詰まってしまうことがあります。もしこのような状態となった場合、飲み薬や注射で完治させることは不可能ですので外科的に手術して摘出するのが最善の治療と思われます。というより、これを見つけた時点で手術の絶対適応と考えます。
高齢者で著しく心機能や他の臓器の機能が悪ければ別ですが、年齢だけで手術の対象外となることはありません。ただ一般的に高齢者ほど手術の危険は高くなりますが…。
主治医の先生が「年齢的に」とおっしゃているのは心機能等が悪いからなのでしょうか。その辺を確認されたほうがよろしいかと思います。
放置した場合、脳梗塞の再発はもちろんのことですが比較的大きな粘液腫のようですので、これが僧房弁内にはまり込んで突然死することもありますので出来るなら外科的に手術されることをお勧めします。

この回答への補足

satorareさんへのお礼がはいらなかったので、ここへ入れます。
適切な回答ありがとうございました。実は今回わかったのですが、主治医と思っていた人は実は外科担当医でした。主治医は多忙な様子で、看護婦に手術の出来ない理由を確認して欲しいと言っても、「まだ、確認できていません」という返事を繰り返すばかりです。ましてや患者が直接合って話し等出来る環境ではなく、少し落ち着いたら転院を考えます。ありがとうございました。

補足日時:2001/06/24 23:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

.

お礼日時:2001/06/24 23:50

一外科医です。


76歳という年齢的な因子で、手術に耐えられないと判断されているのでしょうか?
必要があれば、80歳代でも手術をします。
まして、脳梗塞の再発必発ということであれば、手術を考慮すべきと思いますが・・・。

1)全身状態を評価して耐術可能かどうかを外科的に判断すること、また手術時のリスクを的確にはじき出すこと。(たぶんこれは外科医のほうが正確にできると思います)

2)脳梗塞予防のための抗凝固療法(ワーファリン)を開始すること

以上2点をアドバイスします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。抗凝固療法は実施しているようです。ただ、手術の出来ない理由については、補足にも書きましたが、まだ確認できていません。いろいろな情報によると、どうもとんでもない病院へ入院してしまったようで、少し落ち着いたら、いい病院で変わろうと思っています。また、質問を入れるかも知れませんので、今後もよろしくお願いします。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心房細動をわずらっていますが日常生活で運動負荷をどの程度にすればよいか

66歳の定年後生活をおくっていますが2年前から循環器科で心房細動とのことでワーハリン4錠/日とβ遮蔽薬1錠/日を毎日飲んでいます。毎日朝犬との散歩1Hとスポーツジムで1Hの水中歩行やヨガをやっていましたが苦しいとかどきどきする自覚症状がないので初歩のエアロビクスやボクサエクササイズをやって少し汗をかく運動をやりたいのですがどうでしょうか。経験者の方や専門医の方のアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

心房細動にも種類があって、非弁膜症性の心房細動で心機能が良好であれば特に運動は禁忌になりません。しかし、弁膜症、特に大動脈弁や僧坊弁に狭窄があると運動はある程度控えていただきます。
非弁膜症性であれば担当医にトレッドミルとかしてもらうのも手ですし、一週間毎に運動量を少しづつ増加させて疲れや浮腫の有無、体重変化などをチェックして問題なければ、また増加させるという手段もあります。
ただ、β遮断薬を飲んでいらっしゃるというので頻脈気味なのかと想像します。その場合は、160-年齢=約100はあまり超えたくないので、最近は心拍数モニターがついている運動補助器具があるのでそういうので心拍数をチェックされてもいいかと思います。
なお、くれぐれも脱水にならないように注意されてください。

Q脳梗塞と高血圧の関連について

今、脳梗塞のことについて勉強しています

高血圧や喫煙が脳梗塞につながるとは、
良く書かれているのですが
どうしてそうなるのかが分かりません。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

>私も、専門家でないので詳しいことは、わかりませんが、
>喫煙の場合・・・タバコを吸うと血管が萎縮し、気持ちがよくなる。それにより血圧が高くなる。喫煙を続けると、動脈硬化により、血管が細くなる。
>高血圧の場合・・・血管が硬くなったり、生活習慣等により、血管が細くなったり、血液の変化や血管に負担を掛けることで起こります。
また、過労やストレス。寒冷などによる急激な血圧の上昇に、よっても起こります。
>血圧が高くなると、脳の血管の内部に傷がつきます。・・・破れると、脳内出血。脳内の血管が細くなり、流れが悪くなって、詰まると脳血栓です。血液のかたまりが、脳内で詰まるのを脳塞栓と、いいます。
その症状を脳梗塞というのではないでしょうか。

Q脳梗塞になった原因と再発について

私は先日、軽い脳梗塞と診断されました。症状は、歩行中左に寄ってしまう点、しゃべる際ろれつが回らない点、左手のワープロ文字入力がしにくくなった点くらいで、これも現在の急性期治療により回復傾向あにあります。
ところで、私は50歳になったばかりで脳梗塞になるような年齢ではなく、血圧も低い方で糖尿病もないばかりか酒もやらず、血中の脂肪も低く、肥満でもない。タバコも1日10本くらい。脳梗塞ななるような原因は見当たりません。
しかし、思いあたる点は、たばこの本数を減らす為にニコチン添加ガムを服用していた(噛んでいた)のです。輸入通販でニコチンガムを安く仕入れ、長期に渡って結構な量を毎日服用していました。これによるニコチンの過剰摂取が脳梗塞の原因ではと思うのですが、どうでしょうか。
また、タバコを含めたニコチン摂取をやめれば、再発率は有意に低くなるでしょうか。詳しい方、いらっしゃいましたら、ご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

確かにニコチンは血管を収縮させる作用ありますので可能性はあるでしょうね
あと血中脂肪が低いとの事ですが低くすぎても高すがても動脈硬化を起こします

Q脳梗塞後の食事療法について…(長文です)

母が脳梗塞と脳内出血で昨年秋に入院後、今年になって退院致しました。
そして退院後初めて脳の検査を行った所、バイパス手術をしても、細くなってる血管が多過ぎて、リスクが高いと言わました。
このまま様子を見て生活し、食事や運動など、薬で様子を見て行く様に言われたのですが、母を長生きさせる為にも、娘として何か手出すけ出来ないかな?ってサイトを検索して見ました。
でも思った情報を得る事が出来ず、正直探せずにいます。
本屋さんやまた図書館でも行って調べるといいかとも思いましたが、只今妊娠中と小さな子供を抱えて正直ユックリ調べる事が出来ずにいます。
家でパソコンで検索または調べるくらいは可能です。
そこで質問ですが、食事療法、また母はろれつが回らない症状が少し後遺症として残りました。自分で出来るリハビリまたは、高血圧でもある母にこんな食事を…と勧める為にサイトまたは本などを探しております。
長文になりましたが、分かる方、又は経験者の方からのお返事ありましたら参考にして母に勧めたいと思います!どうぞよろしくお願い致しますm(--)m

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、私も同じ病気の母と暮らしているので、経験の中からお話しします。
現在私の母は右半身の片麻痺で、歩けはしますがとてもゆっくりです。
呂律も倒れる前まで程は回復しませんが、はっきり喋れます。唇は右端が痙攣する感覚があるようです。
普段はヘルパーに家に入ってもらい、かつデイサービスも受けています。
以下のお話は、今までの経験や、病院、訪問看護師、デイサービス、リハビリセンターとのやり取りの中で教わったことです。
劇的な効果のある対応ではありませんが、参考ください。
無駄に長文です。。。。

「食事」
病院の指示により、塩分が若干控えめの食事を取らせています。
しかしながら、退院当初ほど気をつけるということもなく、今では食べ物のおいしさの伝わる塩加減にしつつも、併せて塩分を体外に排出する野菜を食べさせています。
塩分の排出に特化した野菜も有るようですが、ごく一般的な、キャベツ、レタス、大根、その他の普通の野菜を食べさせています。これで十分効果があるそうです。

また、しょっぱさが無くなるとうまさも感じにくくなるので、塩分に変わり酢を使ったり、素材の旨味を強調した料理を作っています。
退院当初、味付けや食生活全般の変化、右利きなのでお箸が今まで通り使えない事により食べることがつまらなくなってしまい、固形物は面倒と言うことで、ごはんと海苔の佃煮とかしか食べなくなり、食が細くなって体重も減ってしまったのですが、今では回復しています。
母な東北の人なので、塩味・濃い味=うまさ、ととらえるので、苦労しました。

具体的な料理としては、タマネギと大根を千切り?にし、ワカメを加え、酢と醤油と和えて味を整え一晩おいたものに鰹節をかけて食べています。
我が家で古くから食べさせられている料理なのですが、効果があるようです。

水分に関しては、最低でも1日に1.5リットルの水を飲むように指示されました。
今では1日に2リットルくらい飲んでいます。トイレが近いとぼやいています。

「リハビリ」
先生の話によると、顔面のしびれや呂律を回復するのはとても難しいそうですが、とにかく「人と話すこと」「笑ったりして口を動かすこと」を勧められました。
一人の時は話すわけにはいきませんので、テレビやラジオを付けたままにしています。母はテレビに話しかけるタイプなので、若干は効果があったのかなと思います。
また、指先を使うことによる刺激も十分な効果があるようで、編みものをしています。

デイサービスでは同じようなお年寄りが沢山いるらしく、指の運動を沢山教わったようです。両手を大きなボールを持つような形で指先だけ付けて合わせ、指先を触れさせずに指を重ねるようにして回す運動です。
あとは、リハビリセンターと自宅で足腰や肩・腕の基礎的な筋力の維持に励んでいます。屈伸とか、腕を上に上げる、とかです。
全身的な運動は、近所を散歩する位で十分だそうです。

とにもかくにも、自然と言葉が出る環境を作ってしまう事で効果があると思います。
犬や猫を飼ったり、自宅を近所の井戸端会議場にしてしまうのも良いかもしれません。

「効果」
呂律や唇の震えは、見違えるほど良くなりました。退院当初は「あうあう」言って言葉も出ず、「らりるれろ」も「ぅあ、ぅい、ぅう、ぅえ、ぅお」に聞こえる状態でした。
足腰も今ではしっかりしています。退院当初は歩けるにも関わらず杖に頼りきりでしたが、足腰がしっかりすることで、積極的に外へ出たり、人と会話するようになったように見えます。

退院当初、私は母に対して構えてしまいましたし、腫れ物に触るような対応でした。また、私も母も「人生の先が見えた」ということにとらわれすぎていたように思います。
今では、母が自分で出来ることは進んでやってもらい、私も母も病気を受け入れ、前向きに暮らす事で順調に回復しているような気がします。
もちろん、病気の特質として、回復の度合いは様々だというのも理解しています。

病気の度合いにも依りますが、脳梗塞と戦っている人のウェブサイトを見ると、とにかく前向きで元気な人たちばかりのような気がします。
とにかく前向きに、いろいろなことを取り入れ、長い時間を掛けてがんばっていくのが良いのかなと思います。

専門家ではありませんが、私も同じ病気の母と暮らしているので、経験の中からお話しします。
現在私の母は右半身の片麻痺で、歩けはしますがとてもゆっくりです。
呂律も倒れる前まで程は回復しませんが、はっきり喋れます。唇は右端が痙攣する感覚があるようです。
普段はヘルパーに家に入ってもらい、かつデイサービスも受けています。
以下のお話は、今までの経験や、病院、訪問看護師、デイサービス、リハビリセンターとのやり取りの中で教わったことです。
劇的な効果のある対応ではありませんが、参考...続きを読む

Q脳梗塞後の糖尿病・脂質異常症・高血圧の治療について

70才 女性の治療をどうすべきかアドバイスをお願いいたします。

(経緯)
高血糖については、20年以上指摘されてきましたが、服薬に抵抗があり、治療を受けていませんでした。3年前に脳梗塞になったのを機に、脳神経外科で脳梗塞と糖尿病の処方を受けてきました。ここ1年位、胸の痛みがあり、最近、循環器科で検査を受け、心臓は問題ないが動脈硬化があり、血糖と脂質異常症をもっとしっかりコントロールすべきとのことでした。

(質問1 診療科について)
正直、脳神経外科での糖尿病治療は物足りないのですが、脳神経外科での糖尿病治療は一般的なのでしょうか?
循環器科で糖尿病の治療を受けた方がいいでしょうか?それとも、もっとふさわしい診療科がありますか?

(質問2 脳梗塞の治療について)
もし糖尿病の治療を循環器科に移行したとしたら、脳神経外科への通院はどの程度になるでしょうか?脳梗塞後の一般的な管理について教えてください。
脳梗塞後の管理を循環器科に移行しても、大丈夫なのでしょうか?

(質問3 糖尿病の治療について)
糖尿病ではどんな治療をしていくのでしょうか?例えば、血液検査の頻度はどの程度が一般的でしょうか?服薬以外に、栄養指導、入院治療等などは効果的でしょうか?

以下、参考になるかと思われるデータを記載します。
70才 女性 150cm 60kg
・血糖値200 ・ヘモグロビンa1c 18 ・LDLコレステロール180 ・TG 270
現在の処方薬 プラビックス75mg、セイブル50mg、ゼチーア10mg 各1日3錠
ストレスによる過食があり、食事をコントロールできない。
トイレはとても近い。
目がかすみ、見えにくい。

どうぞよろしくお願いいたします。

70才 女性の治療をどうすべきかアドバイスをお願いいたします。

(経緯)
高血糖については、20年以上指摘されてきましたが、服薬に抵抗があり、治療を受けていませんでした。3年前に脳梗塞になったのを機に、脳神経外科で脳梗塞と糖尿病の処方を受けてきました。ここ1年位、胸の痛みがあり、最近、循環器科で検査を受け、心臓は問題ないが動脈硬化があり、血糖と脂質異常症をもっとしっかりコントロールすべきとのことでした。

(質問1 診療科について)
正直、脳神経外科での糖尿病治療は物足りないのです...続きを読む

Aベストアンサー

>目については、年に1度、眼科にかかり、特に何も言われていないのですが、網膜症
の心配はあるのでしょうか?

→霞の招待が、単純性の白内障なら年齢相応ですが、網膜の状態については聞いてみたことはありますか?視力検査ではなく、眼底の状態を断層写真を使うなどして仔細に観察する必要があります。眼科医にも、検査結果や治療内容をきちんと伝えてください。特に、Hba1cは必ず伝えることです。

>腎臓については、血液検査で分かりますか?これについても、特に指摘されません
でした

→腎臓は、尿検査で分かるクレアチニンが主要な指標です。体重にもよりますが、年齢を考えると概ね1.0という数値を超えていると相当悪化していると言えるでしょう。ただ、この数値は悪化し始めるとどんどん上がっていくため、目に見えて数値が上がらないようにすることが大事です。クレアチニンの上昇がある場合は、血圧の上昇と尿蛋白陽性が同時に見られると思います。

腎臓の機能を簡便に図る方法として、eGFRという手法があります。クレアチニンと性別という2つの数値だけで腎臓の残機能が何%くらいあるかをおおよそ図るものです。
http://www.kyowa-kirin.co.jp/ckd/check/check.html

ちなみに、腎臓は50%くらいになっても全く生活に支障はありません。残り20%くらいになってくるとだんだん怪しくなってきます(尿の回数が減ったり浮腫が出ます)。10%~5%位になると目に見えて体調が悪化します。5%を切ると、ほとんどの人は生きていくことはできません。

> 「これらが十分に連携し、慎重に治療計画を立てることが必要です。医師同士で会
話してもらうしかないでしょう。」とのことですが、循環器科の先生のお話を聞いた
限りでは、連携を密にしていただくのは難しそうに感じられたんです

→そうなんですね。実は私も状況は同じで、私も同じ大学病院の複数科にかかっていますが、診察の主要な目的は、私が、他の診療科で受けた検査結果や言われたことを伝えることです。自分自身が連絡係になってお互いの先生に情報を伝えているのです。

同じ病院内で電子カルテ化されているのにこの有り様ですから、他病院では先生同士が会話してくれる、というのは期待できないかもしれないですね。私の回答に無理がありました。申し訳ありません。

現代の医療は複雑化しすぎて専門性が高いためと、互いの領域には踏み込まないという、患者にとってはよく意味の分からないマナーが存在するように思います。糖尿の先生に腎臓のことを聞いたら、「それは腎臓の先生に聞いて!」となんだか怒られたことがありました(^_^;) 

>それから、糖代謝内科というのが近所にありません。交通の不便な所に住んでおり、
脳神経外科と循環器科の二つに通うのは無理なので、循環器科に通って、脳神経外科
を3ヶ月に1度位がいいのかなと思ったりもしています。

→名称は糖尿科だったりしますが、交通の不便さもあるのでしたら、まずは最も重大な循環器、心臓を守ることを第一に考えるのが良いかもしれないですね。質問者様の考えで良いと思います。糖尿病は慢性疾患ですから時間の猶予が有るとはいえ、自己管理をしっかり行う、ということは忘れないようにしてください。それと、上述の、お互いの先生に状況を説明することを忘れないで下さいね。

服薬に関しては、できれば経口薬ではなく、インスリン注射が良いように思いますが、食事の内容も気をつけてください。最も危険なものは「ご飯」です。これは炭水化物、つまり砂糖を山盛りにして食べているのと同じです。そばやうどんも、油っこくなくてカロリーは低いように思いますが、これも炭水化物の塊なのでものすごい勢いで血糖値が上昇します。逆に、脂身たっぷりのステーキはカロリーは高いですが血糖値はそれほど上がりません。このあたりも、ご本人と質問者様で同時に栄養指導を受けてみると気づきが得られると思います。

>目については、年に1度、眼科にかかり、特に何も言われていないのですが、網膜症
の心配はあるのでしょうか?

→霞の招待が、単純性の白内障なら年齢相応ですが、網膜の状態については聞いてみたことはありますか?視力検査ではなく、眼底の状態を断層写真を使うなどして仔細に観察する必要があります。眼科医にも、検査結果や治療内容をきちんと伝えてください。特に、Hba1cは必ず伝えることです。

>腎臓については、血液検査で分かりますか?これについても、特に指摘されません
でした

→腎臓は、尿検査で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報