以下の単語の意味を教えてください。

>最大事後確率系列判定
>最大系列判定
>最小自乗誤差系列

あと、これらのつながりについて教えて頂けたら、
とても嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

解答がつかないようですね。


webで調べられないものはこの傾向があるようです。

最大事後確率系列判定(MAP復号) というのは、
いくつかの候補となる受信符号候補列の中から、誤りを含んだ受信符号列を
もとにして、もっとも送信符号列に近いものを探し出す判定方法です。
誤りの生じる原因を推定して、それぞれに確率を与えるところに
意味があります。

最大系列判定 というのはわかりません。
MP復号の事でしょうか?
これは、前者(MAP復号)において、すべての確率が
同等となるような送信をした場合に
受信語を得る確率を最大にするような符号語が送られたと
推察するものです。

最小自乗誤差系列というのは、
この送信語を推定する過程において
通常は、一番符号誤差が少ない送信語を探すのに対して、
一番、似た符号列を探す操作です。
単に1、0を探すのではなく、
もくてきの符号列全体の符号距離の差を見ます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcelの関数について教えてください。 誤差範囲内外の判定をしたいです。 例) ±5.25 と言う

Excelの関数について教えてください。
誤差範囲内外の判定をしたいです。
例) ±5.25 と言う決まった誤差範囲内の数字があり、計算結果が+0.4820225 (あるいは-0.4820225) なった場合誤差範囲内であるため何も表示しない。仮に計算結果が+5.4820225(あるいは-5.4820225)となった場合は誤差範囲外になるため判定結果❌になる。
と言った内容にしたいのです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

計算結果が入っているセルをA1とすれば,下記の式で判定できると思います.

=IF(ABS(A1)<5.25,"","□")

IF関数は条件式,真の値,偽の値からなる関数で,条件式にABS(A1),真の値に””,偽の値に”□”を入れています.
真の値は条件式を満たした場合に表示される値で,偽の値は条件式を満たさない場合の値です.

ABSは絶対値にする関数で,A1の値を正の値にしています.
この時A1の値が5.25未満の時には"",5.25以上では"□"としています.
(もし5.25以下としないなら,条件式を ABS(A1)<=5.25 にします)

excelにおいて関数式内は全て数式・数値にする必要があるため,文字を入れたい場合には""を使います.
""だと, "と"の間に文字が無いので空白を意味し,”□”だと結果として□のみが表示されます.

QX^2+Y^2=9 の時のXY^2の最大最小ってどうやって出しますか?

X^2+Y^2=9
の時のXY^2の最大最小ってどうやって出しますか?

Aベストアンサー

X・Y²と言う事なので・・・・。
X²+Y²=3²(=9)dだから半径3の円周。また、X・Y²=x(9-x²){-3≦x≦3}
f(x)=x(9-x²)=-x³+9x の-3≦x≦3での最大値を求める問題になる。

①3次関数の最大値は両端(-3,3)、極大値、極小値を比較すれば良い。
f'(x)=-3x²+9=-3(x²-3)=-3(x+√3)(x-√3)
f'(0)=0 となるxが極値点だからx=-√3、√3で極値となる。

①を調べてみる
x   -3  -√3 0  √3  3
f'(x)  -   0  + 0  -
f(x)  0  -6√3  6√3  0

これより最大値は6√3

f(x)のグラフを添付した。

Q問題 有理数における約分、通分を「最大公約数」「最小公倍数」という言葉を使って説明してください。 お

問題
有理数における約分、通分を「最大公約数」「最小公倍数」という言葉を使って説明してください。

お願いします。

Aベストアンサー

1つの「分数」として表わされた有理数に対して、分子と分母の各々を、分子と分母の「最大公約数」で割ることによって、分子と分母をより小さい整数の分数として表わすことを「約分」という。

複数の「分数」として表わされた有理数に対して、各分数の分母が、すべての分数の分母の「最大公約数」と等しくなるように、各々の分子と分母を整数倍して表すようにすることを「通分」という。

こんなものでどうでしょうか。

Q(2)についてです。赤で書いてあるところで、分母が変数、分子が定数の時に分母が最小になるとdが最大に

(2)についてです。赤で書いてあるところで、分母が変数、分子が定数の時に分母が最小になるとdが最大になる、という理由がわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

例えば分子を5とします。
分母が
1のとき→5/1=5
2のとき→5/2=2.5
3のとき→5/3=1.66666....
4のとき→5/4=1.25
5のとき→5/5=1
...
と、分母が小さくなればなるほど解は大きくなってますよね。この法則はどんな数字でも当てはまります。

以上の理由により、分母が変数、分子が定数の場合、分母が最小になると解=dは最小になると言えます。

Q模型化誤差と測定誤差

模型化誤差と測定誤差について分りやすく詳しい説明をお願いします。

Aベストアンサー

模型化誤差は、モデル化誤差と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

ある現象を物理とかで数式であらわしたとき、どうしても現実と理論式(モデル)でズレが残ります(現実を表しきれません)。これが模型化誤差です。

測定誤差は、どうしても測定作業や操作、目視観測などで、同じものを同じように測っているつもりでもズレが起こる、というものです。

たぶん、ある抵抗に電圧をかけたとき、電流は電圧に比例していくはずですが、現実世界で測定してみると、この比例関係のモデルからは少しずれた測定結果がでると思います。

これは、電圧が低すぎたり高すぎるところでは比例関係が崩れていたり、そもそも電流計の接続(接触)や読みとる精度の問題があったりするからです。それぞれが、モデル化誤差であったり、測定誤差であるのですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報