『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

労災で後遺障害12級が認定された為、損害賠償を検討しています。
安全配慮義務違反が立証され、会社に対して
内容証明郵便で賠償額を送ろうと思っているのですが
書式、テンプレート等あれば教えていただきたいです。
やれる事は自分でやってみて、
ダメなら弁護士に依頼をしようと思っています。
本来、そこまでするつもりもなかったのですが昨日、6月末での解雇通知を受けました。
今回の怪我の通院の為欠勤や早退をしていましたが、その勤怠の悪さを理由にされ
納得できず行動に移そうと思います。

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

子供の頃、作文を書いた簡単で要件だけ伝えるレベルで十分です。

 
用紙それを使えばいいと思うよ 

ちなみに、
期間中解雇出来ないので出社すると解雇する会社は多いです。
解雇取り下げされて
しがみついて働くの辛くないですか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうした

会社で労災にあいました。慰謝料や損害賠償の請求をしたいのですがどうしたらいいかおしえてください。

Aベストアンサー

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求できるだけとなります。
。【あくまで慰謝料請求は会社にです。】

Q2.会社へ請求できる金額と労災保険とでは、金額や内容に違いがあるのですか。
 
A.労災保険では、慰謝料は認められません。また、休業損害補償も休業損害金の全部は認められていません。内容に違いがあります。

Q8.労災保険の給付の対象となる災害はどのようなものがありますか。
 
A.業務災害といわれるものと通勤災害といわれるものがあります。これら災害に対する保険給付の内容はほとんど同じですが、業務災害は事業主の支配管理下において発生する災害であり、事業主に予防義務があるのに対し、通勤災害は事業主の関知し得ないところで発生するもので、事業主に予防責任がないという性格の違いから、法律的には別々のものとして扱われます。

Q9.業務災害とはなんですか。
 
A.業務災害とは、労働者が労働契約に基づいて事業主の支配下にある状態(これを業務遂行性といいます。)に起因する災害です。(これを業務起因性といいます。)業務遂行性と業務起因性の2つの要件が必要です。災害とは、業務上の負傷・疾病・障害または死亡があるときです。

Q13.労災事故で休業すると、休業補償給付と休業特別支給金とでいくら支払ってもらえるのですか。
 
A.休業第4日目から、休業1日につき給付基礎日額の60%相当額の休業補償給付と同20%の休業特別支給金が支払われます。これにより給付基礎日額の80%の額が支給されますが、休業開始日からの3日間は給付がありません。この期間を「待機期間」といいますが、業務災害の場合は、この待機期間分につき事業主は労働基準法76条に基づき60%の休業補償をしなければなりません。
また、支給は、休業期間の続く限りなされますが、傷病補償年金が支給される場合は、休業補償給付はなされません。



参考に
http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/roudou/rousaihoken01.htm


会社に明らかな過失があり、過失による労働災害なら慰謝料請求は会社に対して行なわれます、ですが、会社に喧嘩を売る行為と同じで、その会社を退職する程の気持ちが無ければ、争ってはいけません。
会社に過失があり、退職・会社での出世も諦める覚悟があれば、弁護士に一度は相談した方が良いかと思います、会社はすんなり認める訳が無いので、結局は弁護士に委任しないと慰謝料は取れないでしょう。
それど頃から、仕事を回されない、人事移動等の仕打ちを受ける事も考えないといけないでしょう。

よくご検討下さい、質問者様の主張が全て会社に通るとは言う事はまずは無いでしょう、その見返りの仕打ちもされるかも知れないと言う事を忘れてはいけません。

労災と言っても色々あり、会社に責任がある労働災害や従業員に責任がある労働災害や第三者に責任が労働災害があります、同じ労災ですが、全て治療費はでるが慰謝料は出ると言う訳ではありません。
慰謝料は会社に請求します労災からは出ません。

Q1.会社の業務中に労災事故で怪我をしました。休業損害金や慰謝料を会社に請求することができますか。
 
A.会社に不法行為責任または安全配慮義務違反の債務不履行責任がある場合は、請求できますが、会社にこれらの責任がない場合は労働者災害補償保険が請求...続きを読む

Q労災認定されました。安全配慮義務違反で民事訴訟するには?

会社で試験室内で有機溶媒・ミスト状硫酸等を使用し始めた際、会社側にドラフト(局所排気装置)を設置してもらうようにお願いしておりました。会社側は、窓を開ければいいでしょうという対応しかせず、薬品の直接暴露を何度もしました。
 その当時妊娠3ヶ月で初回の実験時の翌日、切迫早産の疑いで即日入院。その初回は、その実験が直接影響あるとは、自分でもわかりませんでした。しかし何回かその実験を(月に1回程度)おこなっていて、妊娠6ヶ月目になったとき、その実験翌日に腹痛と出血を認め、即時入院切迫流産と診断され(子宮筋腫など物理的要素、感染などの影響も無かった)最終的に予定日より2週間早く出産となりその間欠勤を余儀なくされました。
 この事例に関しては、労災の認定が下り、ホッとしているところではありますが、その欠勤期間中は、欠勤とみなされており、有給もその間に消化させられていました。
 今回の相談は、その欠勤期間の有給を返すと言ったにもかかわらず、半年経っても実行されず、欠勤対象となった期間のボーナスが控除減額になっているのを、『考えます』と言ったきり、放置されている事を含めて、会社側に全く誠意を感じないため、安全配慮義務違反の民事訴訟を起こすことを考えています。
 1.それには、最初どこに行って、なんの手続きが必要なのか?
 2.会社は辞めなければいけないのか?
 3.請求できる金額はどのぐらいの金額ができるのか?
を知りたいです。よろしくお願いいたします。

会社で試験室内で有機溶媒・ミスト状硫酸等を使用し始めた際、会社側にドラフト(局所排気装置)を設置してもらうようにお願いしておりました。会社側は、窓を開ければいいでしょうという対応しかせず、薬品の直接暴露を何度もしました。
 その当時妊娠3ヶ月で初回の実験時の翌日、切迫早産の疑いで即日入院。その初回は、その実験が直接影響あるとは、自分でもわかりませんでした。しかし何回かその実験を(月に1回程度)おこなっていて、妊娠6ヶ月目になったとき、その実験翌日に腹痛と出血を認め、即時入...続きを読む

Aベストアンサー

>傷病手当をもらっていました。最初の3日間は、有給で処理されていました。
これについては多分今は健康保険で出費した分は労災側で負担処理されていると思われます。(健康保険の負担分を労災が負担する形になる。)
あとは初め3日間の分ですね。

>要するに、会社側の誠意が全く見られないという点です。
気持ち、誠意というのは金銭には換算できず訴訟になればそれを金額で表示することは出来ません。ただ経済的な損失がもっとあるという主張、つまりたとえば賃金にしても6割保証では会社側の過失に比べると損害賠償金額としては低すぎるという主張は当然あり得ます。
この場合においては、労災で補償された6割を超える分を請求することになるわけです。更に、今回の傷病において特に追加でかかる費用があるとなれば、それも損害賠償金額として請求することになるわけです。

それについては、労働災害に対する会社側の過失を問う裁判となる(会社側が認めない場合)わけですが、今後の進め方としては前回の回答と違いはありません。

簡易的なのは労働審判制度ですし、それで納得できなければ裁判ということになります。

ちなみに労働審判制度というのはまだ新しい制度で、実績はそんなにありませんが、裁判官が審判を下すことから、審判で決定し、異議がなければ法的な拘束力を持つ物ですから、利用できる物であれば利用した方がよいかと思います。
(そのため審判制度利用では初めから訴状と同じ形式での書き方が求められます。これは異議があれば訴訟に速やかに移行するという仕組みのためでもあります)

>傷病手当をもらっていました。最初の3日間は、有給で処理されていました。
これについては多分今は健康保険で出費した分は労災側で負担処理されていると思われます。(健康保険の負担分を労災が負担する形になる。)
あとは初め3日間の分ですね。

>要するに、会社側の誠意が全く見られないという点です。
気持ち、誠意というのは金銭には換算できず訴訟になればそれを金額で表示することは出来ません。ただ経済的な損失がもっとあるという主張、つまりたとえば賃金にしても6割保証では会社側の過失に比...続きを読む

Q労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように
記憶しています)

これはたとえば基本額が5000円の場合、14級の後遺障害認定が降りた場合、5000円*56日分と
なるのでしょうか?(+見舞金)

労基署で尋ねても担当はあまりわからないようで、詳しい説明はありませんでした。
5000円しかでないのか、それとも*等級に見合った日数なのか。

また違う担当者にフルタイムではない場合は違う算定方法もあるといわれました。
5000円でるかでないかでは手間を考えるとどうだろう?と思っています。

等級については小指についてなので認定がおりて14級と考えておりますので、14級で話しを
仮定いたしました。

交通事故の場合とは若干違うため、専門ではないためにご教示いただければと存じます。

労災(通勤災害)後遺障害で支払われる金額について(計算方法)

(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように
記憶しています)

これはたとえば基本額が5000円の場合、14級の後...続きを読む

Aベストアンサー

 「労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。」

 給付基礎日額(平均賃金)=算定事由発生の日以前3ヶ月間に支払われた賃金の総額÷算定事由発生の日以前3ヶ月間の総日数(暦日数)の事を言っています。(賃金の総額には臨時に支払われた賃金・ボーナスは含みません・業務上の傷病による療養・産前産後・使用者の責めに帰すべき・育児・介護の休業、試みの使用期間は含みません)


「(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも時給700円で4-5時間研修をうけた
程度で通勤途中に転び労災保険の適用で通院していましたが、先日症状固定となりました。

労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。

多くても月2-4日程度の勤務でしたが(ただしその日前日が実践日初めてだったように記憶しています)」


 これではどんな働き方をしていたのか理解出来ません。
 給付基礎日額を計算するには算定事由発生の日以前3ヶ月間に特例により上記の計算式で算出した給付基礎日額が適当でないと認められる時は、厚生労働省令で定めるところによって政府が算定する額を給付基礎日額とする事があります。


 給付基礎日額を計算できませんので給付基礎日額最低保障額で計算します。

 給付基礎日額最低保障額は4040円です。14等級なら56日分の障害一時金。
 4040円×56日×=226.240円。但しこれも相談者の平均賃金により違います。

 その他に障害特別支給金14級・8万円。
 賞与などの特別給与があれば障害特別一時金14級は算定基礎日額の56日分。算定基礎日額は賞与があれば計算しますが質問内容から無いようですので必要ないですね

 「労基署によると事故前3ヶ月の給与から後遺障害認定がおりた場合に基本額が算定されるという
ことでした。」

 給付基礎日額(平均賃金)=算定事由発生の日以前3ヶ月間に支払われた賃金の総額÷算定事由発生の日以前3ヶ月間の総日数(暦日数)の事を言っています。(賃金の総額には臨時に支払われた賃金・ボーナスは含みません・業務上の傷病による療養・産前産後・使用者の責めに帰すべき・育児・介護の休業、試みの使用期間は含みません)


「(働いてすぐに)日給6-7000円で1日働いたかどうか、それとも...続きを読む

Q労災で会社に安全配慮義務違反で損害賠償を請求できるのでしょうか?

仕事中に落下事故で半年入院していました。(両足骨折)
事故直後、社長が労災の申請書類を持ってきて「本当の事を書くと労災がおりないから・・」といって、事実と違う説明が書かれている書類に印をおしました。
今は退院してまだ仕事に出られない状況ですが、辞めさせられそうな雰囲気です。
嘘の理由を社長がでっち上げたという事は、危険だという事がわかっていて仕事をさせていた・・という事の証明ですよね。(社長が自分に落ち度がないと思っていたなら、嘘の申請をする必要がないから)
事故のせいで足が2.7センチ短くなって、まともに歩けませんし、元の仕事もできそうにありません。
この状況で「労災保険法及び厚生年金法に基づく過去分及び将来分の給付を除く損害賠償の請求」はできるんでしょうか?
裁判・・という事になるんでしょうか?費用がかかりすぎて、結局「やってもやらなくても同じだった」という事になるんでしょうか?
どなたかアドバイスをおねがいします。

Aベストアンサー

どうも使用者の指示命令があったようですから、かなり使用者には問題があるようです。安全配慮義務以前の問題と思われてもしかたがない?
賠償金算定は下記のサイトで計算が出来ます。大変良く出来ています。また、民法上の請求との関係も下記サイトで詳しく書いてあります。一般的に支給確定済みの労災給付額は控除の対象です。いづれにしても、まず自分の逸失利益を計算してみるべきです。労災給付額も年金給付(傷害等級による)で計算して対比してみればどうでしょうか?慰謝料計算や損害項目として算入する項目も他にも考えられるのであれば、考慮して最大値で計算後、過失相殺を加味するとこうなる。また、民事訴訟すると、遅滞金、弁護料の請求などの問題もある。と一考をお願いする形もあります。最終的には法的制裁になるでしょうが?

参考URL:http://m1.aol.com/keikokuw/roukihou28.htm http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2trafficj.html

Q労災保険の障害等級について

先日、仕事中の事故で、右手中指第一関節下を切断してしまい、現在、治療中です。傷もそれなりに癒え、リハビリも進んでいるのですが、欠損なので、治癒という形にいずれはなると思います。その際、自分の場合、障害等級は何級になるのでしょうか。
それと、すぐではないのですが、足指移植や皮膚移植による指の再建も考えています。そうなるとまた等級や状況が
変わってしまうのでしょうか。
給付の手続きなど、解からない点が多く、困っています。
どなたか、お詳しい方いらっしゃいましたら、教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 右手中指の末節骨(指先の骨)の1/2以上が残存していれば「骨指の一部を失ったもの」として、第14級の6となり、1/2より短い場合は、「用を廃したもの」として第12級の9(機能障害扱い)となります。目安として、中指の爪が全部なければ、ほぼ12-9です。しかも切断面の断端形成のため、指骨の一部を削って切断面の縫合をしているはずです。認定に際しては、レントゲン写真で健側(左中指)と患側(右中指=負傷部位)の末節骨の長さを計測して決定です。

 また負傷部位が中指ですから、足指移植はないと思われます。皮膚移植の部位が肘関節以下のため、露出面として醜状障害の対象と思われますが、手のひら程度の黒変、色素脱失による白斑化が認められないと認定の対象外。よって、等級に変更は生じないと思われます。

Q後遺障害について

会社の業務中に怪我をして労災にて治療を続けてきて、先日病院の先生に後遺症の診断書を書いて頂き、先週の月曜日に監督署に提出しています。
その際、会社より後日監督署より呼び出しがあって後遺症の認定の面談があるのでレントゲンが必要になるかも、と言われました。
 
そこでお聞きしたいのですが、後遺症の認定というのは医師の診断書だけでは決まらないのでしょうか?
何の為に面談をするのでしょうか?診断書は意味無い?
会社の担当者の方から聞いてこのサイトやネットで色々調べたのですがよく分かりません。
今は監督署からの連絡待ちなのですが、いちよネットで調べて自分は9級に当てはまるのではないかと思うのですが、色々言われて認定されないのでは無いか不安です。
面談というのは誰がするんでしょうか?
また、監督署からの連絡はどれくらいでくるのでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵は連絡を取った翌月程度になります。
混んでいれば当然ですが翌々月にずれる事もありえます。

よく考えてくださいね。
後遺障害を負ったとしても、9級で有れば35/100の労働能力損失となります。
全く働けないわけではなく、後遺障害認定を受ける時にはすでにこの投球であれば働いているケースの人もいるわけです。
そうすると、労働基準監督署が押し付けで日程を決める訳にも行かないんです。
ですから融通が効く様に1ヶ月程度猶予を持った日程で組むのが現実なんです。

元々後遺障害は、それ以上良くならない物なのですから、時間が多少遅れても診断内容は変わりません。
もし回復してしまう事を考えられて入るなら、それは良い事なのですから。

また、9級では、年金支給対象では有りませんので、年金受給額が減ると言う事にもなりません。
ですので、遅いからどうのと言う事はありません。

>等級というのは面談の日に決まらないんでしょうか?

決まりません。
決定権は面談した医師にはありませんし、労働基準監督署の彼方の担当官の様な下っ端が出来る物ではありません。
お役所なのですから、認定は労働基準監督署の所長が行ないます。
面接の場所にわざわざ出向いてその場で決定する事はありません。


>大体の資料(診断書含)は監督署も把握してあると思うのですが???

前に書いた内容をもう一度読まれてください。
どれに当てはまるのかを書かれて居るのであれば、どう見てもすぐに分かると言う物もありますがそうでない物もあります。
医師の診断書だって、偽造と言うのがありえる訳です。
そう言う事がないのでしょうから、何も恐れる必要もない訳ですよ。

また、診断書に何が書かれて居なければならないのかと言うことは、大学の医学部では教えて居ません。ですから、判らないのです。
指が動かないといっても、労災の認定基準の中には、
稼動域の制限無し、稼動域の制限あり、著しく稼動域に制限を受ける物、用廃した物。
この基準がその場で居える医師なんてまず居ません。
患者本人から「今までより稼動域が狭くなった。」と言われても、
基準の稼動域が確保できれば制限無しになります。
医師によっては稼動域制限があると書くかもしれません。
また悪い方では、ぴくりとでも動けば、用廃とはなりませんが、これじゃ動いてないのと一緒だねと。「動かない。」と書かれても、労災の基準は用廃に成らないのです。
だから面接でハッキリした基準に照らし合わせるのです。


>また、認定医というのは普通の病院の医師ですか?

医師免許を持っている医師です。
労働局と契約を結んでおり、認定をする為の基準なども理解して居る医師です。
勤務医の場合も有りますし、個人開業医の場合もあります。

認定医になるには、医師免許があれば良いのですから何処に勤務して居るなどは何も関係ありません。
もし勤務していたとして、診断書を書いたとすれば、面接は別の医師に替えられる物と思いますよ。


私の場合ですが、労働基準監督署に書類を提出してから、認定が降りるまでの期間は、約6ヶ月ほど掛かりました。
4~6ヶ月位は掛かると思われた方が良いと思いますよ。

1で書いた者です。

時間が掛かる理由は、簡単です。
たった一人のために全てをやれるほど気前が良くない為です。

労災の認定を行なっている医師は、専属でいつも居るわけでは有りません。
そんなに労災の後遺障害認定を受ける人が沢山居たら、そもそも問題なわけですからね。

ですから、地区によっても変わりますが、一ヶ月に1度程度。まとめて面接を行なうわけです。
地区で複数の労働基準監督署がまとまってやりますので、電話して日程確認をした後、予定表に加えて面接をやる事になるので、大抵...続きを読む

Q労災保険の怪我の症状固定後の補償

労災事故で怪我をして半年が過ぎそろそろ症状固定になりそうです。
しかし後遺障害が残るそうなので、何れ障害補償給付の申請をしなければ
ならないんですが、症状固定になると休業補償給付は打ち切りになるんで
すよね。しかし後遺障害のお陰で今の職場には復帰する事が出来ません。
障害補償給付の申請から認定を受けて補償金が振り込まれるまで数ヶ月
掛かると聞きます。その間収入がないので生活が出来そうもありません。
今からどうしたら良いか悩んでます。何か解決方法はありませんか。
教示願います。

Aベストアンサー

ちょっと待ってください。後遺障害のために仕事に復帰出来ないとはなぜでしょうか?
会社がそのように言いましたか?
まず労災の怪我のために会社に復帰できないと言うことはありませんよ。会社にはきちんと受け入れる義務があります。もちろんその人にあった仕事を与えなくてはなりません。
会社側はその障害によって「この会社でできる仕事はないから」ではすまされませんよ。
もし現場で働いていたならば事務職に回すなどきちんと対応しなければなりません。
我が家の場合症状固定をして等級が決まってから1ヶ月で数百万の給付金が下りてきました。


もし会社が怪我の後遺症、障害で貴方を受けて入れくれないために復帰出来ないのであればこれは完全なる違法です。弁護士を雇い会社を相手に損害賠償請求などしてください。

我が家は一応症状固定後も事務職でと言う話し合いをしました。そして給料も等級が決まったらきちんと提示しますと言うことで話が決まったのですが等級が決まってその書類を会社に提出しても給料の話し合いも一切してくれなかったために会社の安全確保義務責任を追求して会社に2千万の損害賠償請求をしました。
もちろん裁判所も当時の安全確保がなされていなかったことで会社に支払い命令を出してくれました。

ちょっと待ってください。後遺障害のために仕事に復帰出来ないとはなぜでしょうか?
会社がそのように言いましたか?
まず労災の怪我のために会社に復帰できないと言うことはありませんよ。会社にはきちんと受け入れる義務があります。もちろんその人にあった仕事を与えなくてはなりません。
会社側はその障害によって「この会社でできる仕事はないから」ではすまされませんよ。
もし現場で働いていたならば事務職に回すなどきちんと対応しなければなりません。
我が家の場合症状固定をして等級が決まってか...続きを読む

Q労災認定と損害賠償請求について

現在、精神障害等の労災の申し立てをしています。
病名は、鬱病です。現在は、就労不可能と言う精神科の主治医より入院療養しています。

仮に労災が認定された場合ですが、医療費の自己負担がない事と、療養費として基本給(諸手当は除く)の60%が労災保険から支給されると労基署から聞いています。
療養費用だけでは、今までの年収(諸手当やボーナスなど)よりはるかに収入が少なくなります。
疾病に掛からなければ、それなりに得られていた収入が得られない事になります。
そして、労災が認定されると言う事は、業務に起因していることは、労基署が証明されたと考えています。

そして業務に起因していることから、企業(雇用主)として、下記2点の不法行為が認められると考えても良いのでしょうか?、
(そして、その事で損害賠償請求(本来なら得られていた収入分)は可能なのでしょうか?)
 (1)労働安全衛生法
 (2)民法上の安全配慮義務

精神障害等の損害賠償請求をインターネットで見てみますと鬱病で自殺した場合は、損害賠償請求訴訟があり、且つ、認められていますが、生存している場合で就労不可能な状態で、本来疾病にならなければ、得られていた収入の不足分についての訴訟などは見つかりませんでした。

生存している場合は、例え労災認定されたとしても、労災保険の療養費用支給以外に企業(雇用主)に対して損害賠償請求はできないのもなのでしょうか?

現在、精神障害等の労災の申し立てをしています。
病名は、鬱病です。現在は、就労不可能と言う精神科の主治医より入院療養しています。

仮に労災が認定された場合ですが、医療費の自己負担がない事と、療養費として基本給(諸手当は除く)の60%が労災保険から支給されると労基署から聞いています。
療養費用だけでは、今までの年収(諸手当やボーナスなど)よりはるかに収入が少なくなります。
疾病に掛からなければ、それなりに得られていた収入が得られない事になります。
そして、労災が認定されると言...続きを読む

Aベストアンサー

先ずは労災認定が通る事で補償された物は賠償額から控除されます
民事は後遺傷害認定が無いと該当しない可能性が高い。
会社の不法行為が仮に立証されてもかしつそうさいや基礎疾患は減額され 更に労災への法廷外支給されると裁判の利益が見込めない上に復職がのぞめなくなる事がリスクとしてこりょされるべきです

Q仕事中の怪我。損害賠償裁判に詳しい方お願いします

昨年末に工事現場にて他会社の人間の不注意にて私の後頭部に鉄骨が当たり怪我。
労災認定され現在労災で治療通院中です。
相手会社に損害賠償を請求。約2ヶ月は給料の満額を支払って貰いました。
ですが、これ以上は払えない。払う必要が無いとの理由で相手が弁護士介入。
満額給付されない理由から労災に休業補償の申請はしてません。
今月で丸々2ヶ月無収入の状態です。相手とのやり取りで私は2ヶ月分を払って貰えたら
今後の請求はしない。万が一後遺症害が残るような事になっても請求しないので
早期解決を望む。と提案しました。相手弁護士は要求は要求で聞くけど払うつもりは無いと
言ってきて、現在治療と休業が必要か知りたいからまず新たに診断書を持ってこいと
言われました。当然の事なので診断書を医師に貰い
内容は。
仕事中の事故による影響で頸椎損傷など細かく書いてもらい約3ヶ月は作業困難。
この診断書を郵送しました。これで決着だろう!そう思いましたが
今度は病院のカルテ開示してコピーを取ってこいと言ってきました。
もともと払うつもりは無いのだから従うのが常識ですよ。こうも言ってきました。
渋々了承して電話を切りました。
診断書を郵送した翌日私は診断書のコピーなどを持って1度弁護士に相談をしています。
その話しの中で、この診断書で十分ですよ。勝てます。そう言い切ってもらいました。
正直裁判は頭にないので相談だけで帰りました。

カルテ開示が高いと聞いたのでこちらでも質問させて頂いたり色々調べてるうちに
だんだん腹が立ってきて(相手弁護士の態度に)こんな事なら裁判しよう!
そう思いました。完全に火がつきました。

そこで質問ですがこれから訴訟準備を始めます
上記の私の説明内容だけでは分からないかもですが参考までにお伺いしたいです

ずばり勝算はあると思いますか?

万が一後遺症害など残ったら困るので裁判やるからには何年かかろうが
徹底的にやる腹づもりです

相手会社に対して腹は立ててないですが相手弁護士に心底腹立ててます
裁判するならどうぞ?みたいな事も言われました。
法律に詳しくないなら説明しても無意味なのでしません。とも言われました。
電話だと疲れるから書面でやりとりします。とも言われました。
後悔させてやりたいです。

改めて質問
1。勝算はあると思いますか?
2。直接相手弁護士に訴訟を起こすつもりがある事を言って平気ですか?
3。相手に伝えるのも全部弁護士に任せるべきですか?
4。相手が裁判に対する態度が強気にも見えましたが気のせいでしょうか?
相談した弁護士いわく、そうゆう作戦かも。との事。
5。相手弁護士が後悔する事はありますか?
裁判を起こされたり敗訴したり色々あると思いますが。
どのへんが1番後悔するでしょうか?

長くなりましたがお願いします。同じような案件での判例などあれば教えてください
同じような体験談でも聞きたいです

ちなみに労災での休業補償は考えてません

昨年末に工事現場にて他会社の人間の不注意にて私の後頭部に鉄骨が当たり怪我。
労災認定され現在労災で治療通院中です。
相手会社に損害賠償を請求。約2ヶ月は給料の満額を支払って貰いました。
ですが、これ以上は払えない。払う必要が無いとの理由で相手が弁護士介入。
満額給付されない理由から労災に休業補償の申請はしてません。
今月で丸々2ヶ月無収入の状態です。相手とのやり取りで私は2ヶ月分を払って貰えたら
今後の請求はしない。万が一後遺症害が残るような事になっても請求しないので
早期解決を...続きを読む

Aベストアンサー

2、言っても問題はありませんよ。宣戦布告ですから…

3、どちらでも構いませんが、貴方の代理人である弁護士から伝えてもあれば相手方も本気だと受け取るでしょう。

4、強気に出て相手(貴方)を引かせるのが狙いだと思いますから、勝算が無くても強気に出るのは当然の事だと思います。

5、後悔はしないでしょうね。裁判になって勝ち目が無いと判断すれば相手方も示談を求めてくるでしょうし、勝算があると判断すれば引かないでしょう。


後悔をするとすれば、貴方が求める給与の2ヶ月分(計4か月分)の慰謝料の満額が認められたときでしょう。



後回しにした1の回答ですが…

そもそも何で労災申請をして休業補償を貰って無いのか疑問でなりません。
裁判になれば相手方もその部分に突っ込んでくるだろうと思います。

通常ならば休業補償を貰って、給与の2ヶ月分相当が慰謝料であると思います。

仮に貴方の給与が20万だったとすれば、休業補償16万の受給と不足の4万が慰謝料からの補てんとするのが普通であります。
そう考えれば、相手方は40万の慰謝料を支払っている訳ですから、これは10ヶ月分の補てんをしているという見方も出来ます。

おそらく、上記のような事が最終的な相手方の言い分ではないかと思います。


また、裁判になれば「そのそも」の部分から始まると思います。

朝礼や昼の工程会議などで業者間の作業の把握や、作業がラップしないような調整がなされているはずです。
それらの状況によって結果は大きく変わって来るでしょう。

通常ならば、元請の保険で賄うべきものでもありますから、貴方の請求する相手が間違っている(怪我をさせた業者では無く、元請企業に請求すべき)と棄却される可能性もあります。


相手の業者にどれだけの過失があったのか?わかりませんので判断は出来ませんが、慰謝料を給与の補てんと考えるならば、勝算は低いと思います。

2、言っても問題はありませんよ。宣戦布告ですから…

3、どちらでも構いませんが、貴方の代理人である弁護士から伝えてもあれば相手方も本気だと受け取るでしょう。

4、強気に出て相手(貴方)を引かせるのが狙いだと思いますから、勝算が無くても強気に出るのは当然の事だと思います。

5、後悔はしないでしょうね。裁判になって勝ち目が無いと判断すれば相手方も示談を求めてくるでしょうし、勝算があると判断すれば引かないでしょう。


後悔をするとすれば、貴方が求める給与の2ヶ月分(計4か月分)の慰...続きを読む

Q会社加入の労災保険 保険金は本人へ支給?

会社の総務を担当しています。
会社が必ず加入しなくてはいけない労働保険では無く、民間の保険会社の労災保険(労災上乗せ)から保険金が支払われた場合について質問です。
従業員が仕事中にケガをしましたが2、3回の通院ですので2万円までは治療代がかからないと思います。病院へ支払った金額より保険金が多いと思われますが、保険金は全額ケガをした従業員に支払わなくてはいけませんか?それとも病院に支払った金額を会社が負担すればそれで良いのでしょうか。
会社加入ですので保険料は会社が支払っています。保険会社からは会社、本人どちらへ振り込みますかとの確認がありましたので、会社が通院費を払っていると答えたところ、では会社にふりこみますとのことでした。

Aベストアンサー

いわゆる民間の「労災総合保険」の事だと思います。

保険会社により規定が異なるかもしれませんが、
通常は会社に払っても、その後本人に支払ったという
本人の領収証の提出が義務付けられています。

その前に会社に従業員の組合などと締結した
労働災害補償協約書のようなものがあることが前提に
なっています。

契約時点でその協約書がなければ、保険契約に
合わせてそれを作ったりします。

その協定書では、事故の際に会社は等級に応じて、
いくら従業員に労災の上乗せ金を払うかを決めて
います。

労災総合保険の仕組みから言っても、受取人は
被災者本人というのが一般的な規定です。
あとは本人に直接払うか、協約書に基づき会社が
先に本人に払い、それをその保険で後日会社が
受け取ると言うのがこの保険の仕組みです。

従って、最終的には本人が受給する仕組みなのです。
契約時に保険会社か代理店から説明を受けていま
せんか?
やや、複雑な保険ですので、知識のない代理店では
対応も説明もできないかも・・・

私(代理店)は数多くこの保険を扱っていますが
少なくとも、私の扱っている会社の労災総合保険
は上記の仕組みとなっています。

なお、この保険は「傷害保険」の一種として扱われ
ている事が多く、受領した本人には税金はかかりません。
また、賠償保険の一種として扱われている場合でも
賠償金は非課税という所得税法の規定があります。

いわゆる民間の「労災総合保険」の事だと思います。

保険会社により規定が異なるかもしれませんが、
通常は会社に払っても、その後本人に支払ったという
本人の領収証の提出が義務付けられています。

その前に会社に従業員の組合などと締結した
労働災害補償協約書のようなものがあることが前提に
なっています。

契約時点でその協約書がなければ、保険契約に
合わせてそれを作ったりします。

その協定書では、事故の際に会社は等級に応じて、
いくら従業員に労災の上乗せ金を払うかを決めて
います。

労災総...続きを読む


人気Q&Aランキング