大学の授業は1回休んだら金はいくら飛びますか?

A 回答 (3件)

お金では無くあなたの「機会」という時間が消えます。

お金はあとで稼げますが、時間は取り戻せません。誰かのノートをコピーすれば済む人と、教授に喰い着いて研究室にも押しかける人では比較さえ出来ません。
    • good
    • 0

3500円ぐらいだと言われてます。



授業料が100万で、
半期の講義が約25単位12科目、年間50単位25科目、
1科目で4-7月で12回(祝日などを除く)、
12×25で年間講義数が300回。
100万を300で割ると3500円ぐらいですね。
かなりざっくりですけど。

ちなみに私学含めて50%以上は税金ですので、実際は7000円以上かかってます。
その税金はあなたが毎日払う消費税や、お父さんが払ってる所得税で賄われてます。
    • good
    • 1

授業料120万円/年で、年間30回なら、1回あたり4万円ですね。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学受験の偏差値を高校受験の偏差値に変換するとどのようになりますか?

大学は、高等学校に比べ比較的頭の良い人たちが受験するため、偏差値は全体的に底上げされています。
日本の大学で最も偏差値の高い大学(学科別)は「東京大学・理科III類」で、偏差値は81だそうです。
僕の志望する高校の偏差値は66と低いので驚いてしまいました。

大学の偏差値を高等学校の偏差値に変換するとどれぐらいの数値になるのでしょうか。
参考までに、大学の偏差値でいう50、60、70、80は高校の偏差値でいういくらぐらいなのでしょうか。

Aベストアンサー

この手の話題では詳しい方がたくさんいらっしゃいますので
私のは、あくまで一般論として参考にして頂けたら光栄です。

その高校で、のらりくらりしていると
高校偏差値-(5~10)の大学が志望校になりやすいと言われています。

66ということで、学校の試験前適度に勉強していれば
関東圏ならばMARCHレベル、赤点組みは日東駒専レベルでしょう。

その高校のトップの生徒は
東大などの難関国公立を狙えるレベルだと推測されます。
現役MARCH蹴り、浪人して早慶という人が多そうなイメージです。


偏差値は目安なのでそこまで気にする必要はありません。
大学入試は偏差値ではなく、点数で合否が決まりますので。

進学校なのでこれから模試を何度も、受けられると思います。
その結果で高校偏差値を下回ってしまったら、勉強が足りないと
自覚し勉強に励むと良い刺激になると思われます。

Qインフルエンザやとびひ、おたふく風邪とかで大学の授業を休んだら、欠席扱

インフルエンザやとびひ、おたふく風邪とかで大学の授業を休んだら、欠席扱いになりますか?先生に事情を話せば欠席扱いにはならないんですか?

Aベストアンサー

大学の教員です。

私の大学では、「公欠」「理由ある欠席 (事務への欠席届が必要)」「(通常の) 欠席」というように扱いが分かれており、質問文にある病気が理由の場合は「理由ある欠席」となります。

細かい扱いは大学によって違うと思いますので、学則を読むか、教務課へ質問して下さい。

Q大学の偏差値って・・・

付属高校の進学コースに入る者です。
それで将来は上の大学に進みたいと思うのですが、色々そのことで調べてみて偏差値についての疑問があるので質問させていただきました。
僕が入るこの高校は偏差値55より上です。
このコースは同じ学校の大学の合格を目指して勉強していくコースです。
で、その大学について調べたら、偏差値が、大体45ぐらいなんです。一番偏差値が高い学部でも約50ぐらいです。
高校に入るには偏差値55以上の学力が必要なのに、大学に入るには一番偏差値が高い学部でも50ぐらいの学力があれば入れるということですか?
それとも、高校の偏差値の50と大学の偏差値の50は同じ50でもぜんぜん違うということですか?
そうだとしたら、大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?
高校と大学の偏差値の基準(違い)を教えてください。
上の文章でよくわからなかったら指摘していただけたらと思います。
回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値というのは、大学受験しようとする層だけを集めた偏差値であるからです。

仮に、高校入試で55の実力だとして、「これから3年間、すべての生徒が同じように勉強を頑張る」という仮定をすると、
3年後の大学受験時の偏差値は45ぐらいです。
ですから、ほかの人を追い越すためには、ほかの人の勉強量や質を上回る猛勉強が必要になります。

もっとも、
現時点で重要なデータは、高校の偏差値(55)ではなく、質問者さん自身の偏差値です。
その偏差値から10を引けば、(これから3年間の勉強量と質が、ほかの人と同じであるとして)大学受験時の偏差値になります。


ちなみに、
知人で、偏差値50ぐらいの高校から早稲田大学に合格した人がいます。
私の知っている範囲では、ほかに同様のケースを知らないので、まれなケースですけど、
頑張り次第で難関に合格するのは、必ずしも不可能ではないということでしょうね。

こんばんは。

ざっくり言って、大学入試の偏差値は、高校入試の偏差値から10を引き算したぐらいの数になります。
つまり、高校入試の偏差値55は、大学入試の偏差値で言えば45ぐらいに換算できる、というようなイメージです。


>>>大学でいう45から50ぐらいの偏差値って高校で言うどのぐらいの偏差値にあたるんですか?

55~60ということです。


理由は、
高校入試の偏差値というのは、義務教育を受けている中学3年全員について統計した結果にほぼ等しく、
大学入試の偏差値という...続きを読む

Q事情により大学の第二外国語の一回目の授業を休まなければなりません。この

事情により大学の第二外国語の一回目の授業を休まなければなりません。この欠席は今後どのように影響するのでしょうか?

Aベストアンサー

特に響かないでしょう。まあ教授にもよりますが。
私の場合、ドイツ語の一回目の講義を欠席しました。
その講義はきっちりと出席をとり、学生の顔も覚えられるものでしたが
次回から出席すればなんてことはありません。

心配なら別の日に教授を訪ねて、講義範囲や注意事項を聞けばいいです。
ていうか私はそうしました。なんも問題も無いです。
むしろ「熱心だな!」と褒められたくらいですよ。

Q大学の偏差値の算出方法について

タイトル通りですが、大学の偏差値はどのようにして計算されているのでしょうか?

恐らく、大手予備校の模試の結果から算出していると思うのですが、その模試の結果から"各大学の偏差値"をどうやって求めているのかがわかりません。

模試の結果の、平均点と個々人の得点および対象者の総数などから、"個々人の学力偏差値"が計算できることはわかります。

そこからどのようにして、"各大学の偏差値"を出しているのでしょうか?

もしかして、個々人の学力偏差値とその人の第一志望校から、大学の偏差値を計算しているのでしょうか?要するに、例えば、「模試の時にA大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が70であった場合、A大学の偏差値は70になり、B大学を第一志望に書いたヒトの学力偏差値が40であった場合、B大学の偏差値は40になる」ということでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値には予想偏差値と結果偏差値があります。
結果偏差値は、模試を受けた生徒に大学受験結果をアンケートして
「どの模試でどのくらいの偏差値であった生徒がどのくらいの大学に合格している」かを統計的
に処理し、(一定の職人的調整も入るようですが)、80%合格値(その偏差値だった生徒の8割
が合格した)、60%合格値などを求めるものです。
意図的に誤った結果をアンケート結果として報告する生徒なども一部いるようですが、
大多数の生徒が正確な結果を回答していると見られ信頼できるものとなっています。


予想偏差値は、その模試を受けた生徒たちの希望(第1、第2、etc)をもとに、
その大学の定員やその試験の受験者のゾーン、その他もろもろの情報
(試験日はじめ、校舎移転計画、OB動向、教授陣の異動etc)を総合的に
判断し数値化するものです。
例えば、ある中堅大学を、成績上位の生徒が皆で第1希望としたら
その試験結果から算出されるその大学の予想偏差値は上昇します。
逆に模試を受けただれもが希望していない大学の偏差値は下降します。
その予想偏差値の作成には、各予備校の英知が結集しており単純に、
これとこれを掛けてこれを足したら出来上がりっ、なんてものではありません。
まさに職人芸的な算出をしています。

このように、数学の統計分野で語られる狭い意味の「偏差値」とは別に、
社会的に意味を与えられ有効に活用されている「偏差値」が存在します。

ご存知のとおり、ひとつの試験をうけた集団における各得点を平均と分散(標準偏差)
で正規化したものが偏差値であり、数学的には「試験が違えば」「母集団が違えば」
云々といった意見も考えられますが、現実の受験業界を考えたとき、生徒の学力を
ほぼ忠実に数値化する試験問題を作成することができる現実、一定の予備校の一定の試験
を受ける集団には成績面でのかなり強い継続性が見られる現実などから、
偏差値は「社会学的に」有効な判断指標として考えられています。

さて、受験業界で語られている偏差値に...続きを読む

Q大学入学して1週間程経ちました。1時間目の情報、しかも1回目の授業を私の勘違いで無断欠席してしまいま

大学入学して1週間程経ちました。1時間目の情報、しかも1回目の授業を私の勘違いで無断欠席してしまいました。もう焦ってしまって、どうするのが適切だと思いますか。教えてくださいお願いします。そして、成績は悪くなってしまいますかね..?

Aベストアンサー

欠席を出席にはできないのでそれはあきらめること.単位取得には致命的では無い.
「情報の授業」の中身が心配なので,クラスの人に内容をたずねること.

「情報」科目の単なる授業ならクラスの人にノート借りるくらいで追いつくことが可能.
演習を含む「情報」科目だと,PCの環境設定とか重要ツールの使い方とかやったかもしれない.
そうなると一回目を飛ばしたままなのは単位取得に致命的で,かつ次週の授業で教員の進行の邪魔になって印象が悪くなる.教員居室を訪ねて低姿勢で補習をお願いしてみるべき.うまくいけば教員または研究室の大学院生なんかに最低限のところは個人指導して貰える.

Q大学の偏差値ってよくわかりません。 高校1年です。 大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。

大学の偏差値ってよくわかりません。
高校1年です。


大学の偏差値を分かりやすくおしえてください。
偏差値50が普通なんでしょうか…?

Aベストアンサー

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人たちは大学受験をしない人も多くなります。つまり大学受験はざっくり言って高校入学時の偏差値50から70以上の人が対象になるわけです。

ということは、偏差値50が中間地点ですから、高校入試時の偏差値60ぐらいが真ん中になるといっていいでしょう。質問者様の地域が分かりませんが、偏差値60ぐらいで入れる高校の生徒は大学入試偏差値50ぐらいがちょうどよく入れる大学が固まっているはずです。

たとえば、日大の付属高校はだいたいどこでも高校偏差値55から65ぐらいだと思いますので、日大が大学偏差値50ぐらいから(学部による)になっているはずです。

ということで偏差値は50が平均値です。平均値よりも低いと50より下、高いと50よりうえの偏差値になります。
大学の偏差値は高校入試と違って偏差値の低い人が少ないので、元々高校入試時に偏差値60ぐらいだった学力の人たちが50になる、ということです。

ハイ偏差値は50が平均値つまり普通です。
でも偏差値50の高校に入っても、偏差値50の大学にはなかなか受からないですよね。理由は簡単です。

高校入学の偏差値で諮った人数よりも、大学入試の人数のほうが少なく、下位の人が受験しないからです。

高校は基本的に中学を卒業した人みんなが受験しますので、その年の受験者全員の平均値が50になります。うえは70以上、下は40ぐらい、ときどき偏差値20ぐらいの人も居ます。

しかし高校に入って大学受験をする頃になると、偏差値50より下の高校の人...続きを読む

Q必修科目って5回休んだらもう単位もらえないですよね? 出席率は30%評価です(;_;)

必修科目って5回休んだらもう単位もらえないですよね?

出席率は30%評価です(;_;)

Aベストアンサー

文科省は2/3以上の出席がないと単位を認定してはいけないという指導をしています。

これは素直に読むと、15回に対して10回出席しないと単位を出してはいけないことになります。つまり5回が欠席許容の最大値ということになります。

これに対し、以下のような噂があります。2/3ちょうどというのは2/3以上に入らないと勘違いして解釈している教員がいて(笑)、5回欠席は、ちょうど2/3の出席だから、2/3以上になっていないと解釈するいうのです。これは、本来は勘違いですが、より厳しくする方の勘違いなので、教員の方の判断ということで黙認されています。

ちなみに出席率を評価に入れることも文科省はダメだというふうに指導しています。
シラバス等で出席率を評価に入れると文科省から指導が来ます。

教員の判断でこれらのことに対し緩くすることは個々にはありえますが、工学部を中心に行われているJABEE認定校などでは、出席簿のチェックも行われますので、そのようなことはしにくくなっています。

Q同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部 立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部 関西学

同志社高校(偏差値71)→同志社大学法学部

立命館高校(偏差値70)→立命館大学国際関係学部

関西学院高等部(偏差値69)→関西学院大学国際学部

関西大学高等部(偏差値68)→関西大学法学部


上記の高校から大学へ内部進学するのと


山城高校(偏差値62)→同志社大学法学部、立命館大学法学部

大阪国際大和田高校(偏差値59)→関西大学法学部、関西学院大学国際学部

上記の高校から一般入試で大学に進学するのでは、入学者の学力はどちらが上になるのでしょうか?


よく内部進学者は外部受験者より劣るなどと言われますが、有名大学附属高校はどこもかなりの高偏差値です。上記の例で見ても高校受験時の偏差値では10以上の差があります。

大学受験の勉強を一切していないと偏差値10は埋まると思いますか?附属高校は受験勉強をしないだけで英語や一般教養レベルの勉強はその分やっています。

高偏差値の附属高校からの内部進学者と偏差値が中レベルの高校からの一般入学者、学力が高いのはどちらでしょうか?

Aベストアンサー

大学入学時の学力で言えば、(一般入試の)外部入学者の方が圧倒的に上です。
内部進学は高校時代、受験勉強せずに、受験勉強以外に重点を置いて、学校教育がなされているからです。

例えば、山城から関関同立に現役合格するとすれば、それはかなり受験勉強しているという証です。

この問題、中学や小学校ではいかがでしょうか?
関学の小学校はかなりの高偏差値超難関校です。
しかし、12年間にわたって、一切受験勉強をしません。同志社もそうです。
但し、立命館小学校は、小学校入学者のみで12年間、ひたすら受験勉強を行い、決して立命館大学ごときへの進学が許されません。

Q大学途中からの奨学金、大学院入学料・授業料の奨学金

最近、親の仕事があまりかんばしくないようです。まだ分かりませんが、大学院に行きたい私としては、声を大にして「大学院に行きたい」とは親に言えなくなって来ました。しかも母は「大学院というのは、親ではなく自分自身がバイトして学費を払うべきもの」だと言っています。

しかし、大学院に行って将来然るべき道に進む人は、バイトを過ぎて(授業料+普段のバイト代を稼ぐ=普通の学生の2倍バイトに時間がかかる)、勉学をおろそかにしてしまったら本末転倒です。
大学院入学についても、社会人になってから将来償還していけるような「奨学金制度」ってあるのでしょうか?また、もしあるとしたら、どれくらいの確率で認可されるのでしょうか?

また、大学3年生とか4年生から大学を卒業するまで、途中から奨学金をもらうことはできるのでしょうか?今のところは、幸いにも奨学金に頼ることなく平気ではいます。

Aベストアンサー

学生支援機構(旧育英会)だけでなく、財団法人の奨学金も多数あります。大学によって扱っている民間奨学金は異なっているので、在学する大学の学生センターで問い合わせるとよいです。
学生支援機構は最近返還制度が変わりました。
きぼう21プランは絶対返還せねばなりませんが、第一種奨学金は成績が上位であれば返還免除となるようです。
上位の基準は大学によってことなり、私の大学では上位3%でした。


奨学金が認可される確率ですが、修士までは成績と親の収入によって判断されます。
私は親の収入が結構あったので、第一種はもらえませんでしたが、きぼう21の奨学金を月8万円もらい、ここから学費を出していました。


途中から奨学金をもらう方法ですが、民間奨学金であれば4月に、学生支援機構であれば、春と秋の2回募集をやっていますので、もらえないことはないです。
ただし枠が小さいので、本当にお金のないところからあてがわれていきますので、確実にもらえるかはわかりません。


親の年収が900万円いかであれば、国民生活金融公庫というところから最大200万円まで借りることができます。
利子はつきますが、親の収入が高くても借りることができます。


他の方もおっしゃっていますが、授業料免除や入学料免除は大学にあてがわれた予算が多いほど免除数も多くなります。
都市圏の国公立大学の方が数は多いようです。

参考URL:http://www.kokukin.go.jp/

学生支援機構(旧育英会)だけでなく、財団法人の奨学金も多数あります。大学によって扱っている民間奨学金は異なっているので、在学する大学の学生センターで問い合わせるとよいです。
学生支援機構は最近返還制度が変わりました。
きぼう21プランは絶対返還せねばなりませんが、第一種奨学金は成績が上位であれば返還免除となるようです。
上位の基準は大学によってことなり、私の大学では上位3%でした。


奨学金が認可される確率ですが、修士までは成績と親の収入によって判断されます。
私は親の...続きを読む


人気Q&Aランキング