菜種油を絞る方法を教えてください。

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=92968
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自家製菜種油の個人販売

毎年空いた農地に景観作りとして菜の花を播いています。
収穫した菜種を搾って菜種油を販売しようと思うのですが、
知り合いに保健所の成分検査が必要だと言われました。
個人農家が菜種油を搾って販売するのは難しいのでしょうか?
必要な資格や検査、設備の基準を教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

食品衛生法に基づく食用油脂製造業の許可が必要です。

施設の基準は都道府県条例によって定められるので異なります。保健所に確認してください。

脱色又は脱臭の過程を経て製造される場合には食品衛生管理者の資格が必要です。菜種を絞るだけならば該当しないと思うので詳述しませんが、保健所に相談する際は製造工程を説明してください。

保健所が行う検査は、収去検査といって販売用のものを保健所が突然ランダムに抜き取り成分規格に合致しているか確認する検査です。依頼して検査をしてもらえる自治体は少ないと思われます。
(自主検査を行うことが前提となっています。)

ただ、植物油脂固有の規格基準は無かったような・・。
職場でないと確認できないので保健所に相談して下さい。

Q遺伝子組み換えの菜種油?・・不分別?

好きなお菓子に菜種油が材料に使われています。
遺伝子組み換えの心配があったので知り合いに聞いたら不分別がどうとか言っていました。。
不分別とは一体どのような意味でしょうか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
体に対する影響は詳しくないので置いておいて、
ひとまず「不分別」とは。

日本ではまだ商用(消費者の口に入る)大豆やなたね
は遺伝子組み換えで無いものばかりですが
アメリカやカナダでは商用のものも遺伝子組み換えの
ものを栽培しています。

もちろんアメリカ国内で組み替えでないものも
作られてはいますが、
一括して収穫したりや問屋
(日本で言えば農協みたいなものに売ってる)、
輸出入の船積み等を経る間に、
組み換えのものと組み換えでないものが
混ざる可能性があるのです。

というより、混ざります。
No2さんの御回答の中にあるように、
いちいち組み換えと非組換えを「分別」していると
大変な手間がかかり、コストが上がります。
で、いちいち分けない、つまり「不分別」になるのです。

スナック菓子の揚げ油や植物油は多分、
大豆、なたね油あたりが多いと思いますが、
原料大豆、なたねは基本的に輸入にほぼ頼っています。
輸入物の大豆、菜種は「不分別」が多いです。

ただ、油にした場合これまたNo2さんのおっしゃるよう
油分だけを大豆、菜種から搾り出すので
遺伝子組み換えに関係する「たん白質」がほっとんど
残りません。
大豆油、なたね油を食べてたん白質を取ろう!
なんて聞いたことありませんよね。

ですので、原料が遺伝子組み換えだろうと、
組み換えで無かろうと、油にはほとんど関係ないので、
油には原料が「組み換え」か「非組換え」かを
わざわざ書かなくていいと国が決めています。

最近では、気にする方が多いので、
自主的に「不分別」と書いたり、
セールスポイントになりうるので「非組換え」
と書いたりするところが多いようですね。

以上、No2様とかなり重複してしまいますが
御参考まで。

こんにちわ。
体に対する影響は詳しくないので置いておいて、
ひとまず「不分別」とは。

日本ではまだ商用(消費者の口に入る)大豆やなたね
は遺伝子組み換えで無いものばかりですが
アメリカやカナダでは商用のものも遺伝子組み換えの
ものを栽培しています。

もちろんアメリカ国内で組み替えでないものも
作られてはいますが、
一括して収穫したりや問屋
(日本で言えば農協みたいなものに売ってる)、
輸出入の船積み等を経る間に、
組み換えのものと組み換えでないものが
混ざる可能性があ...続きを読む

Q大豆油と菜種油の使い分け

サラダ油の原料に、大豆油と菜種油とがありましたが、大豆と菜種では、そのような違いがあるのでしょうか?使う用途によって使い分けした方がよろしいのでしょうか?

Aベストアンサー

使い分けされようと思われた動機がわかりませんでしたので、思いつくままに我が家での規準をメールさせていただきます。
<大豆油と菜種油 風味について>
・製品の品質にもよりますが、圧搾などできちんととったものでしたらどちらもそんなに違いはないと考えます。どちらも風味に癖が無く 酸化にも わりと強いので、生食やフライにむくと思います。
<品質保持>
本来の油管理でしたら さほど差はないとおもいます。やや大豆油のほうが光に弱いといわれています。・・確かに3回目くらいになるとフライの仕上がりが やや重い感じになります。
<健康面>
情報のひとつですが・・
大豆油-主にリノール酸を55%含みます。人にとっては必要な物質ですが、接種しすぎると動脈硬化や糖尿病のひきがねになるとも言われています。近年リノール酸含有で市場に良く出た紅花油も最近オレイン酸含有の多い物へ品種改良されてきているとのことです。アメリカからの輸入が市場をしめている点が我が家ではきになるところです。

菜種油-最近はオレイン酸を60%含む物が多いようです。熱に強く酸化しにくい性質があるそうです。風味が弱いので、やはりサラダやフライ用によいかも。今は主にカナダだとおもいました。
<おまけ>
ごま油-ごま油にはセサモリンという酸化に強い(天然抗酸化剤)成分がありますので、フライ用に混ぜるのも手です。ごまを煎らずに圧搾でとったものは、透明でごま特有の風味はありません。1瓶¥500位しますが、オリーブオイルのようにパンといただくことが出来るくらいです。
キャノーラ油もよいのですが、そんなに作れないので、結構高価です。かなりお安いのは要注意!!

そんなわけで 我が家ではこれっと絞らす、まんべんなく活用しています。ただ あまり安価で目玉商品として扱われている物は、油注出した後、さらに薬剤処理で2番とりした製品の可能性がいなめないのでなんとかがんばって、高品質のものを手にいれるようにしています。下記も参考になるかもしれません。のぞいてみてください。

参考URL:http://abura.sakura.ne.jp/index.html

使い分けされようと思われた動機がわかりませんでしたので、思いつくままに我が家での規準をメールさせていただきます。
<大豆油と菜種油 風味について>
・製品の品質にもよりますが、圧搾などできちんととったものでしたらどちらもそんなに違いはないと考えます。どちらも風味に癖が無く 酸化にも わりと強いので、生食やフライにむくと思います。
<品質保持>
本来の油管理でしたら さほど差はないとおもいます。やや大豆油のほうが光に弱いといわれています。・・確かに3回目くらいになるとフライの...続きを読む

Qバージンオリーブ油とそうでないオリーブ油の違いを教えてください。

オリーブ油について、教えてください。
バージンオリーブ油で鶏肉を焼いたら、泡だってしまいました。(これは失敗??)
バージンオリーブ油は、ソテーに使ってよいのでしょうか?

バージンオリーブ油とオリーブ油の違いとか、よくわからないので、教えてください。

Aベストアンサー

バージンオリーブ油は、一番絞り?みたいなものをさすと思います。
オリーブ油の成分が豊富に含まれているのでしょう。

ソテーに使っても問題ないと思いますよ。

Q菜種油

江戸時代のお百姓さんが植えてた菜種の主な使い道は灯油用ですか、それとも田んぼ用ですか。灯油でしたら自家用でなく売り物にしたのですか?

Aベストアンサー

菜種油は江戸時代油として多くの用途がありました。
この為幕府も栽培を奨励した植物でした。

菜種は稲作の裏作植物として麦と並んで休耕田や空き田に秋に種まき春に収穫できました。
農家にとって換金作物として重要な役割をしていました。

さらに菜種油を絞った油粕は有機肥料や家畜の飼料になります。 
搾油は専門業者が行いますからこれから油粕を買い戻して肥料に使ったのでしょう。

Q絞ったら油が垂れるような食べ物

マヨネーズとか、チーズではなく、
普段からよく食べるものでギュッと絞ると
ジュクジュク油がでてくる食べ物とかありますか?
基本的には油で揚げているものだと思うけど
意外なものでも結構です。

Aベストアンサー

天ぷら鍋で作った(掃除が面倒なので少し油が残っていると.適当に材料を投げ入れて作る).お好み焼き.卵焼き.パンケーキ。油をきれいに小麦粉が吸い取ってくれるので(こげそうになると水を入れる).ゴミを払ってから天ぷらを揚げます。
天ぷらを揚げる時に最後に野菜を揚げます。最後の頃ですから.油は適当に少なくなっているので.炒め物のような雰囲気になってしまいます。これも絞ると油が出てきます。

シャケの粕煮.最近のシャケは油ののりが良いので.絞ると油が出てきます。塩辛いシャケを焼く気になれない時には酒粕で煮てしまいます。

Q菜種油の出来る量

素朴な疑問です

菜種油を100cc絞ろうと思うと

どれくらいのアブラナの種が必要なんでしょうか?

宜しく御願いします。

Aベストアンサー

圧搾方法だと機械絞りで乾燥した菜種が3割程度、油になります。
(やり方しだいですが、400g程度の乾燥菜種があれば取れる計算になりますが
実験レベルでは500g程度は準備したほうがよろしいかと・・・)
比重は0.96程度です

Q市販のお菓子などの原材料の所に植物油と書かれている場合は何の油でしょう

市販のお菓子などの原材料の所に植物油と書かれている場合は何の油でしょうか??

●植物油(パーム油・米油)と書いてあるものもありますが、ただ植物油と書いてある場合は何の油でしょうか??

Aベストアンサー

植物油には色々な種類があります。大量生産の普通の安いお菓子や、安くて大型の外食産業の場合は、コストが最重要視されますから、味覚や品質保持などの許容条件を満たす中で一番安い油ということになります。一般的には東南アジア産のパーム油は安く、広く使用されています。なたね油も多いかもしれません。

また、質問文にあるようにミックスされていることも多いと思いますし、コストや供給の関係で油の種類が変わることもあると思います。ですが、製造工程に影響してしまう動物性油脂を使うことはありませんから、パッケージには植物油と書いておけば直さなくていいですよね。ちなみにショートニングは、油の種類ではなくて、マーガリンと同じく油を加工して作った食品の名前です。

Q菜種キラリボシについて

秋田県、岩手県、青森県に適した菜種の品種を調べていたら、キラリボシに出会いました。が、ネット上には詳細データありませんでした。
次の点が知りたい項目です。
1ha当たりの収量(産地と実績例)
機械絞りでの搾油量(菜種重量の何%?)
エルシン酸の含有率

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「東北農業研究」と言う本の第56巻(2003年発行)97~98ページ(一般で入手するのは難しいと思います)に
‘キラリボシ’の収量などについて書かれていますが、
具体的なことを書くと著作権に抵触するおそれがありますので、簡単に。

鹿児島や九州(具体的な場所は不詳)でも栽培実験が行われていますが、適しているのは東北南部。
山形で作付けされているようです。

子実収量は、栽培された地域や年次変動があると思いますが、おおよそ20~40kg/a(haは、御換算願います)。
搾油量は不明ですが、乾物当たりの含油率はアサカノナタネより、若干多い程度。
エルシン酸は、ほとんど含まれていないようです(ほぼ0%)。

「品種登録ホームページ」(http://www.hinsyu.maff.go.jp/)の左側の
「登録品種」から、「なたね」(ひらがなで入力して下さい)を検索すれば、
‘キラリボシ‘の情報が得られます(ここでも、具体的なデータは紹介されていません)。

‘キラリボシ’は東北農業研究センターの作物機能開発部・資源作物育種研究室で育成されたので、
そちらに問い合わせてみてはいかがでしょう?
http://tohoku.naro.affrc.go.jp/kaihatu/shigen/

また、種子を入手することも、もしかしたら出来るかもしれません(参考URL)。


余計なお節介かもしれませんが、植物名を「ナタネ」のようにカタカナで検索されましたか?
Googleでキラリボシと組み合わせて検索すると、他にも色々な情報が得られます。

参考URL:http://tohoku.naro.affrc.go.jp/seika/j/hinsyu/seed.html

「東北農業研究」と言う本の第56巻(2003年発行)97~98ページ(一般で入手するのは難しいと思います)に
‘キラリボシ’の収量などについて書かれていますが、
具体的なことを書くと著作権に抵触するおそれがありますので、簡単に。

鹿児島や九州(具体的な場所は不詳)でも栽培実験が行われていますが、適しているのは東北南部。
山形で作付けされているようです。

子実収量は、栽培された地域や年次変動があると思いますが、おおよそ20~40kg/a(haは、御換算願います)。
搾油量は不明ですが、乾物当...続きを読む

Q困っています、教えてください。あるホームページに「サラダ油は体内の悪玉

困っています、教えてください。あるホームページに「サラダ油は体内の悪玉コレステロールを上げることで有名です」と書いてありましたが、「悪玉コレステロールを上げる」と言うのは体に良いことでしょうか?
「善玉コレステロールを上げる」と言う表現なら分かりますが、理解に苦しんでいます。詳しい方の助言を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

悪玉コレステロールを上げる「のは体に良くない」この部分を省略しているだけです、

善玉コレステロールを上げる「のは体に良い」です。

本来なら、悪玉コレステロールの数値が上がるので体に良くない、
善玉コレステロールの数値が上がるので体に良い。

または、悪玉コレステロールが増えるから体に良くない、
善玉コレステロールが増えるから体に良い。

「上げる」という言葉に良い悪いの意味はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報