大腸癌

2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移があるのと、原発を取り切れて無い事も含め、今回の抗がん剤治療は在宅ケアにする予定になりました。
大体で構わないので、金額がお分かりになる方教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

金額とは、抗がん剤治療費用ですか?



CVポートを埋設するFOLFOXやFOLFIRI、さらにアバスチンなど
大腸ガンに使われる抗がん剤は多種ありますよ
しかし大半は限度額認定が受けられますので
所得や健康保険の種類によりますが1月4万円代8万円程度では?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
抗がん剤は、ベクティビックスとイリノテカンです。
他の抗がん剤で、転移したので…
完治は無理ならば、今回の治療は自宅で…と病院から進められたのですが、在宅ケアですと自宅に来て貰う形になると思いますが、金額が高いと聞いて、心配になって質問をしてしまいました。
抗がん剤は、8万円位は一緒だと思います。

お礼日時:2016/06/03 15:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗がん剤治療でガンは治らない 抗がん剤治療をすると100%死ぬ と書かれたブログを見つけました。

抗がん剤治療でガンは治らない
抗がん剤治療をすると100%死ぬ


と書かれたブログを見つけました。


抗がん剤治療をすると本当にガンは治らず100%死ぬんでしょうか?

Aベストアンサー

そんなことは無いですよ

それは最末期の人の場合の話です

抗がん剤治療で救われている人はかなり居ます

したがって

抗がん剤治療は癌治療に無くてはならない存在です

Q乳がんでリンパ節への転移がある場合、即抗がん剤治療になるの?

54歳の母が29日に乳がんの手術をしました。
リンパ節への転移は病理検査の結果を見ないとわからないということで、現在その結果待ちの状態です。
私の母のしこりは約3.8センチと1.5センチそれぞれ独立した別のもので術後の主治医の説明ではステージ2というお話でした。
触診ですこし硬いものが触れていたので、おそらくリンパへの転移もあるでしょうから、術後の治療はホルモン療法と抗がん剤になるでしょうという話でした。リンパの転移の数に関係なく、転移があれば即あの辛い副作用の抗がん剤を使用しなければならないのでしょうか?
一般的にリンパの転移はどれくらいなら多いと判断するのか判らないのですが、
経験のある医師なら、術中に「多いか少ないか」くらいの判断はある程度可能なものなのでしょうか?母の主治医は「おそらく転移はあると思うけど、はっきりしたことはわからない」と言うあいまいな言い方でした。

Aベストアンサー

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょうが、医師というのはデータがないうちは歯切れのいい言葉で安心させてあげることができないんです。主治医が曖昧な物言いをするのも当然とおもわれます。一言一言に責任があるので。

抗癌剤ですが、おそらくタキソテールかCEFが使われるのではないかと思います。まあ、ほかにもありますが。共通する副作用は、吐き気、脱毛などです。個人的にはタキソテールが副作用がマイルドなので好きです。(これは3年くらい前に認可された比較的新しい薬です)が、個人によって効くか効かないか変わるので、これも何とも言えません。

歯切れの悪い回答で申し訳ありませんでした。

私どものところでは、stage2では使う場合もあるし、使わない場合もあるので、そこは何とも言えないです。ちなみにstage3以上では全例に抗癌剤を使っています。抗癌剤は使用する可能性も十分あると思っておいた方がいいと思います。ただ、どんな薬を使って、どういう方法でというような全国的に決まった方法は確立されていないので、医師の判断によるところ多いです。

それから、術中に「多いか少ないか」わかるかといったら、わからない、というのが答えです。肉眼的には判断できないからです。不安でしょう...続きを読む

Q【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているので

【抗ガン剤】抗ガン剤の治療について質問です。

抗ガン剤治療を受けてそのまま生き続けた人っているのでしょうか?

抗ガン剤治療をしなかった人でいつの間にかガンが消えて今も生きている人はよく聞きます。

しかし、抗ガン剤治療をした人で頭がつるっ禿げになった人で今もピンピン生きているという人の話は聞いたことがないです。

抗ガン剤治療をすると延命するがすぐに死んでいってる気がします。

抗ガン剤治療に懐疑的なんですけどどう思いますか?

ガンに負けた体がガンに勝つ抗ガン剤という毒を体内に入れて生き残れるという発想がおかしいと思ったりします。

抗ガン剤に勝てるならガンに負けなかったと思いますけど。

Aベストアンサー

私の以前の勤務先には抗がん剤治療を受けて髪がなくなっていましたが、5年経過したので治癒したと宣言された人がいます。

その後、別の部位にガンが見つかりましたが、新たなガンだとみなされました。

「すぐ」「生き続けた」が何年をさしているのかにもよります。

Q転移性肝がんの抗癌剤治療について

母が5年前、大腸の上皮内癌で内視鏡による癌切除をしました。

しかし、5年後の今年11月末に肝臓に3個の腺癌が見つかり手術で肝切除をしました。

母の場合5年前の大腸の上皮内癌の細胞と今回切除した肝臓の癌細胞は

遺伝子レベルでは全くの別物で、AがBに変わる事は有りえないので

単発の肝癌か原発不明癌であろうといわれてました。

しかし手術後単発の肝癌でも無く、他に原発も見つからないので

顔つきが似てる(先生の言葉)ので大腸由来の転移性肝癌と診断されました。

顕微鏡レベルで癌が残っているので大腸癌の追加治療として抗癌剤治療をすることになりました。

しかし、私としては手術前には遺伝子レベルでは全くの別物で、AがBに変わる事は有りえないと

言われているので、顔つきが似ているだけで大腸からの転移性肝癌だとは納得がいきません。

原発不明癌であるとしたら、辛い抗癌剤治療が無駄なってしまいます。

私は抗癌剤治療をするべきか悩んでいます。

医学に詳しい方、また同じような診断をされた方が見えましたらどうぞご回答下さい。

Aベストアンサー

質問者様の疑問は、至極当然の疑問です。

もしも、原発の肝癌だった場合、大腸癌用の抗がん剤は効かない
のですから。
逆に、大腸癌の転移だった場合には、肝癌用の抗がん剤は
効かないのですから、見極めは、極めて重要です。

なので、セカンドオピニオンをお勧めします。
一般の方はご存知ないのですが、抗がん剤の専門家は、
日本では極めて少ないのです。
なので、まずは、抗がん剤の専門医に意見を聞いては
いかがでしょう。
http://www.jsmo.or.jp/system/pdf/senmon.pdf

ついでに……
セカンドオピニオンとは、勝手に、別の医師の意見を聞きに
行くことではなく、主治医にデータを借りて、
それをセカンドオピニオンの医師に見せて、
データ上の診断を仰ぐことです。
主治医とセカンドオピニオンの医師の意見が異なる場合、
セカンドオピニオンの医師から主治医に対して、
意見が伝えられます。
患者は、主治医に戻って、セカンドオピニオンの医師の意見を
踏まえて、どうするかをもう一度、主治医と話し合うのです。

なので、まずは、主治医にセカンドオピニオンを受けたい旨を
伝えることから始まります。
今は、それを拒否する医師はいないでしょう。
いれば、その医師はヤブです。

質問者様の疑問は、至極当然の疑問です。

もしも、原発の肝癌だった場合、大腸癌用の抗がん剤は効かない
のですから。
逆に、大腸癌の転移だった場合には、肝癌用の抗がん剤は
効かないのですから、見極めは、極めて重要です。

なので、セカンドオピニオンをお勧めします。
一般の方はご存知ないのですが、抗がん剤の専門家は、
日本では極めて少ないのです。
なので、まずは、抗がん剤の専門医に意見を聞いては
いかがでしょう。
http://www.jsmo.or.jp/system/pdf/senmon.pdf

ついでに……
セカンドオピニオン...続きを読む

Q高齢者の癌、膵臓、抗がん剤治療、ターミナル、転移性、腰推腫瘍について

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで。
これから分かることですから、憶測ではありますが膵臓からの転移かなと家族と話しておりました。

現在入院しておりますが、食欲がなく食べてもすぐ吐いてしまっている状況で元々痩せていた(38㌔ほど)祖母が今、そこから5㌔も体重が減っているのが現状です。

手術はヒビが入っていた時点で厳しいとのことだったので、腫瘍を取り除く手術などはできないのかなと個人的には思っています。

その場合、放射線治療であったり抗がん剤治療などがあることもネットで調べてわかりました。
高齢である以上この治療も本人はきついのだろうか、などとも考えました。

今、私は祖母の近くにおらず、電話で様子を聞いてる状況です。私を一番に可愛がってくれた祖母のために何かをしてあげたい、していないと落ち着かないのです。

祖母の歳ははっきりにはわかりません。
いつでも女性でいて歳の話は祖母の前ではタブーでしたので、、きっと84歳くらいだとは思います。

長くなりましたが、
ここまで読んでいただいてありがとうございます。

まとめますと
上のことを読んで、

(1)親族などで似たような経験がある方、差し支えなければお話を聞きたいです。

(2)もし、この病気に詳しい方いらっしゃれば些細なことでも結構です、教えてください。

(3)高齢者での癌治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療、他)のリスクなど経験からのお話を聞きたいです。

(4)高齢で手術を行って術後回復したなのど希望的なお話もあれば教えてください。

厳しい話や、現実的なお話でも構いません。
質問した以上聞く覚悟は出来ています。
宜しくお願い致します。

親は、これ以上きつい思いはさせたくないと、先生に後は任せると言っていました。
先生にもさまざまいるでしょうし、先生も十人十色、任せる、それでいいのか?と疑問も現在浮かんでいるところです…

詳しい方や身内に同じような病気になった方、どんなお話でも構いません。

質問させてください
皆さんの経験やいろんなお話を聞かせてください。


本題に入ります。

重いものもって腰にヒビが入ったんだろうと診断され腰痛を訴えていた祖母の話です。
高齢で手術ができないとのことだったので、大事をとって入院ということになり。

色々な検査をしたところ「転移性腰推腫瘍」だろうと診断されました。

まだ転移元?は判明してないようで、ただ膵臓の数値が高いことは前から気にしてはいたようで...続きを読む

Aベストアンサー

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放射線治療や抗がん剤がよく効くもの、まったく効かないもの、手術しか治癒が望めないもの
など様々で、手術、放射線治療、化学療法のどれを選択するか(複合させる場合がほとんど)。
現在の状況から手術や放射線治療、化学療法が可能であるか判断。となります。
ここからは質問文からの想像になりますが、80歳前後で転移による骨の骨折があり、
食欲がなく、体重減少傾向。原発巣の状況にもよりますが、治癒は難しいのではないかという印象です。
ご両親のきつい思いをさせたくないというお気持ちも想像がつきます。
これまで元気にされていたのかもしれませんが、80歳くらいの方が骨折や病気で動けなくなると
一気に体力が衰えてしまいます。

病気の状態については完全に私の想像ですが、何かしたい、もっといい治療があるのではないか
という気持ちもよくわかります。
テレビで紹介されるような凄腕医師や治療施設はごくわずかです。
それ以外のほとんどの医師の治療が間違っているわけでもありません。

回復されればいいのですが、回復が見込めない場合は、検査がひと段落したら面会されることを
おすすめします。(離れて暮らしていることからも)
状態が悪くなり、鎮静剤を使い始めるとぼやっとした状態(朦朧)になり、会話も困難になることが多くなります。
放射線治療や、化学療法後もしんどいことが多いので、放射線治療や化学療法のお休みの期間など、
患者さんにできるだけ負担の少ない時期を選べればいいんですが。

医療側の一般的な考え方をお伝えします。(感情はヌキで、シーケンシャルですが)
転移性腫瘍が発見された場合、通常は原発巣(元のがん。複数ある場合もあり)とその他の
転移(脳、肺、リンパ節など)を確認します。
原発巣の種類(肺癌、すい臓がんなど)や患者さんの全身状態(転移の有無、年齢、持病、社会的立場)から
治療方法を決めます。(治療しないばあいもあり。)
根治(治癒を目指す)、あるいは姑息(一時しのぎの意味、卑怯やズルイではない)のどちらの方法をとるか選択。
がんの種類によって放...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報