女子の「頭皮」のお悩み解決の選択肢とは?

SPECT検査、注射で放射能を体内に入れる
CTよりも恐ろしい被曝検査。
残留放射能やTc99m Tc99 の生涯被ばくの真実と実態を
教えてください。

回答は専門家、RI研究者や技師、
RI知識のある医学生や薬剤師や医者のみお願いします。

RI検査、脳血流検査、スペクトで血管を通して注射される放射能物質が、
どんな作用がして、それに伴う弊害や副作用について教えてください。

安易に検査は受けない方がいいとか、体内に残ったものはどうなるのか、
副作用や体の生体バランスの崩れとか、他の病になる可能性とか、
5、10、15、20年の生存確率とか色々専門的に詳しく教えてください。

放射能を体に入れるって恐ろしい事をよくも平気でやれるなと思います。
人工的に脳ミソから手足の隅々まで細胞一つ一つ全身被曝するので、
癌にはならなくても色々病気をして、サイレントキラーだと思います。

医者は安全だと他人事だから言ってますが、
医者は絶対に受けないと言いますし、病巣の確認だから天秤にかけると
現代化学で副作用リスクが分からない、とココだけの話で言ってました。

医療核研究者や詳しい専門家は体内残留放射能の弊害と副作用、
Tc99mやTc99、テクネチウム、注射で血管に入る全ての物質などの
作用や弊害、残留や病気に寿命、その他

専門的知識のあるお方のみ、思ったとこいろいろ詳しく教えてください。

質問者からの補足コメント

  • kattun175さん、回答ありがとうございます。
    ググって検索できる事は調べましたが、やはり専門家、専門知識をお持ちの方でないと、
    核医療のウソ・ホント・実は・・・ってのが分からないです。
    医者でもkattun175さんがおっしゃる通りのことしか知りませんでした。
    SPECT検査のデメリットを、包み隠さず知りたいのが今回の主旨です。

    100%放射性物質は排泄されないということは、
    一生体内で被曝するということですね?
    肉や魚や食べ物で被曝するのは直接血液に入れないから別物だと思います。
    注射は血管に直接入れるので、脳や心臓など隅々まで行き渡るのは怖いです。

    健康被害は実証されていません。といいうのは表向きで、
    検査に支障があるので実証すらしていません。
    追跡調査も5年と短いものです。

    回答は「核医療の専門知識」をお持ちの方のみ
    公表されていない真実を教えてください。
    お願いします。

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/06/03 18:43
  • うーん・・・

    回答ありがとうございます。

    kattun175さんは、SPECT検査を
    専門的に熟知されている研究者や医療関係でしょうか?

    安全神話、検査のメリット、デメリット、インフォームド・コンセント、一般的な事は知り尽くしています。

    主旨は、
    ・どんな物質(名称)が注入されるのか?
    ・その物質は何なのか?
    ・物質はどんな作用がするのか?
    ・体内にどれくらい残るのか?
    ・どれくらい排泄されるのか?
    ・副作用が起こるとしたらどんな症状か?
    真剣に知りたいです。

    よろしくお願いします。

    No.4の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/06/04 17:05

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

No13のお礼に対する捕捉です。



造影CT・造影MRIは、決してSPECTと比べて安全な検査というわけではありません。
造影CTでは、嘔気・発疹などの軽い副作用が1~1.5%、後遺症が残ったり命にかかわったりする重い副作用は0.01~0.02%と言われています。
また、造影MRIでは軽い副作用が1~2%、重い副作用は0.05%と言われています。
0.05%というと、滅多に起きないと思っちゃいそうです。
しかし、これは無視して良い数字ではありません。
1日40件、年間250日検査をやると、1年で10000件の検査をやることになります。
ここで、重い副作用は0.05%となると、後遺症が残ったり命にかかわったりする重い副作用がでる方が1年に5人出る計算になります。
これでは、決して想定外の珍しい事柄となりません。

一般的に医療現場では、統計的に0.001%(10万回に1回)発生する程度の出来事までは想定して対応することが求められています。
ごく簡単な手術の前に、10万回に1回発生するトラブルまで説明を受けて不安になる方は珍しくありません。
以上のことを考えれば、CT・MRIの造影検査で同意書が必要なのは当然と思われます。

それに対し、SPECT検査を含む、放射性医薬品有害事象・副作用報告では、137万件の投与に対し、29件(0.002%)の軽い副作用報告があがっていますが、重い副作用の報告はあがっていません。
100万回に1回以下ということになります。

現在までに報告されているデータから判断すれば、SPECTと比べると造影CT・造影MRIははるかに危険な検査です。
実際、SPECT検査で亡くなったという報告はありませんが、造影CT・造影MRIで亡くなったという例は学会報告にもならないくらいありふれています。(といっても、普通は滅多にありませんが・・・)

同意書を必要とする最大の理由は訴訟対策です。
ごくまれな(0.1%以下)トラブルが生じ、医療行為としては完璧に適切なことをやっていたとしても、患者に説明していなかった、あるいは説明していたとしても患者がおぼえていない場合には、説明義務違反として病院は負けます。
これを防ぐために、適切な説明を行った証拠として同意書が必要になります。

それに対し、SPECT検査では、訴訟になるような重い副作用の報告はあがっていないために、同意書を取らない病院は珍しくありません。
ただ、注射で神経が傷ついた、血液さらさらの薬をのんでいて血が止まらず大変なことになった、等訴訟の可能性のあるトラブルを経験した病院は同意書を取るでしょう。

『SPECT検査を受けたら、「癌」検診を受けた方がいいですよね』という質問に対しては、SPECT検査で癌が増えるというデータがない以上、『「癌」検診を受けた方がいい』という根拠はありません。
「癌」検診で、X線やCTを行なった場合には、その被曝の方がむしろ気になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

kattun175さん、
ありがとうございます。

数値で細かく丁寧に説明していただいて、なるほどです。
そんなにCT・MRの造影はSPECT検査より危険だったなんて、
確かに、注射の液が血管を貫通して、体内に漏れると神経麻痺がおこると言ってました。
数値で証明していただいたので、分かりやすく、ほんとにー!びっくりしました。

若いので副作用による「原因不明の病気」や「癌」を心配しました。
将来的な「癌」や「病気」を、気にしなくて良いことが、
kattun175さんの説明によりクリアできました。
-----------------------------------------------------------------------------------

「脳血流検査IMPシンチグラフィ」の説明文では、
・同意書の署名
・検査中に動脈採決あり(動脈中の薬剤の量を調べる為と)
・CT検査と同程度の被曝します。と書いてありました。

この条件の「脳血流」の被曝量は何ミリシーベルトでしょうか?

また、他の条件で脳血流検査の被曝量はいくらでしょうか?


・「投与前と投与後に甲状腺の摂取防止に投与前から無機ヨウ素20mgを投与する。
  甲状腺ヨウ素摂取能を抑制しておく。」と書いてありましが、
  書いてあるだけでしないようです。何故と聞いても一応書いてあるみたいです。

投与前と投与後に甲状腺の摂取防止をしないと危険では?
しないのは何故でしょうか?

教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

お礼日時:2016/06/11 22:25

No9のお礼への捕捉です。



>SPECTは小児と妊婦には投与ダメで、

というのは、15ページ記載の、

 10.妊婦,産婦,授乳婦等への投与
妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人には,原則として投与しないことが望ましいが,診断上の有益性が被曝による不利益を上回ると判断される場合にのみ投与すること(授乳中の婦人は投与後少なくとも3日間は授乳しない方が良いとの報告がある 10))。
 11. 小児等への投与
小児等に対する安全性は確立していない(現在までのところ,十分な臨床成績が得られていない)。

というところでしょうか。
医療上投与される薬品は全て治験という試験を行ないます。
ここが上のような記載になっている理由は、単に安全性を確認する治験をやっていません、というだけの意味です。
「DNAになんらかの影響がある」ということでも、「病気になる可能性がある」ということでもありません。
安全を確認する試験をやっていません、ということです。

「小児と妊婦がダメで、それ以外はいいと言うのは」小児と妊婦の治験をやっていないということです。
当然「被曝の影響が将来的にあるということ」を意味していません。

>SPECT脳血流シンチの注射物質はこれでしょうか。
>・ヨウ素123?
>・塩素N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン
はい、その通りです。
「塩素N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン」の「ヨード」がヨウ素なわけですが、その「ヨード」を放射性ヨウ素(I123)に置き換えたものです。
I123の半減期は13時間程度ですが、原爆やチェルノブイリ原子炉事故などで発生したI129は半減期約1570万年と大変長く、甲状腺に取り込まれた場合数十年後でも甲状腺がんになる確率が上がることが知られています。

「投与前と投与後に甲状腺の摂取防止に投与前から無機ヨウ素20mgを投与する。甲状腺ヨウ素摂取能を抑制しておく。」のは、放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれることを防ぐためです。
放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれたら、甲状腺がんが増えるのでは無いかという説があります。
脳SPECTで実際に甲状腺がんが増えると言うことを実証した研究はありませんが、原爆やチェルノブイリ原子炉事故などによる放射線被曝後の甲状腺がんは数十年後まで発症していましたので、現在までの研究では安全性が確立されたわけでは無い、ということで放射性ヨウ素が甲状腺に取り込まれることを防いでいます。
ただ、上に書いたようにI129と比べると、I123の半減期は13時間程度と短く心配する必要は無いという意見もあります。
ということで、「しなかったらどうなるのでしょう?」という質問に対しては、しなくて良くないことが起こったと言う報告は現在までありません、となります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとう

親切な回答を、毎回ありがとうございます。
安全性が立証したくても出来ないですね。
よくわかりました。なるほどです。

放射線検査には承諾書が付き物ですが、
大病院で「SPECT検査の脳血流」は危険性が少ないから
レントゲンと同じく承諾書は「無い」と聞きました。
比較的安全なMRI血管造影は注射があるので「有り」でしたが、
SPECT検査は放射性物質の注射があるのに「無し」とは不思議です。

ネットではSPECT検査のとき承諾書は「必ず有る」と見ました。
・承諾書は何らかの条件で「有る」「無い」と曖昧なのでしょうか?
・被曝が「5mシーベルト」と「12シーベルト」など
 被曝レベルによに承諾書の有・無があるのでしょうか?
・SPECT検査を受けたら、「癌」検診を受けた方がいいですよね?
 受けるとしたら年に1回でしょうか?
・癌検診の部位は「甲状腺」と「全身」でしょうか?

お返事よろしくお願い致します。

お礼日時:2016/06/11 09:33

>体内に注射される物質の作用を知りたいのです。



比較的短時間の半減期だから、長期間体内に残ることはないと何度も。
Tc99mに限らず、わずかばかりの被曝をすることを除けば、全く影響なし。

全く理解しようとしない(理解できない)人に、専門的な解説をしても無駄だと
思いますがね。

それとも微量でも癌になる、と答えて欲しいんですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遺伝子レベルではどうなんでしょうか?

SPECTは小児と妊婦には投与ダメで、
ということは、DNAになんらかの影響があるということで、
癌にならなくても病気になる可能性があると言うことですね。

小児と妊婦がダメで、それ以外はいいと言うのは怪しいですね。

お礼日時:2016/06/07 17:25

私は原子力工学科の大学院で遮蔽計算を専門とし電力会社に勤務後、医師になったものです。

しかし、私のような両方の分野の専門家が必要な場面ではなく、質問者が小学生が理科で習う常識的な事すら理解できていないのがおかしいと言っているのです。

質問者が自分がこの領域の基本的な事を理解していると思っているなら、実効半減期を生物学的半減期と物理学的半減期から導く式の証明をここで示してみてください(これは高校生レベル)。ちゃんと証明できたら、ちゃんとした質問なら答えます。もっとも実効半減期の式を証明できるくらいの知識があれば、これまでの質問はないでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん・・・

回答ありがとうございます。

私は専門家ではありませんので、
どの範囲の基本的な事かわかりませんが、知りません。
そちらの世界の知識がないから、
ちゃんとした証明ができたら質問しないですよね(笑)
分かりやすく教えて欲しいです。

SPECT注射の物質はこれでしょうか?
・ヨウ素123?
・塩素N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン?

「投与前と投与後に
甲状腺の摂取防止に投与前から無機ヨウ素20mgを投与する。
甲状腺ヨウ素摂取能を抑制しておく。」
しなかったらどうなるのでしょう?

お礼日時:2016/06/07 17:18

>100%放射性物質は排泄されない


どこにそんな記載がありますか? 尿からもでるとこれまでの回答にもあるのに

>肉や魚や食べ物で被曝するのは直接血液に入れないから別物だと思います。
食物は消化吸収されるから食物なのであり、吸収されるということは分解されて血中の入るということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

脳血流「SPECT検査」の「放射線被曝」専門的知識をお持ちの方のみ
意見を求めてますので、
ググった程度、又はセミプロでの素人的な意見は
申し訳ないですが求めていません。

「比較対象」の話も
「検査によって得られるメリットの方がデメリットと比較にて明らかにメリットが大きいから、いいじゃないの」と言う話も、申し訳ないですが求めていません。

今回の主旨は、専門的知識の専門家による、
体内に注射される物質の作用を知りたいのです。

よろしくお願いします。

お礼日時:2016/06/06 20:30

ついでに、テクネシンチ注のインタビューフォームへのリンクも貼らせていただきますので、ご参照いただければ幸いです。



http://www.nmp.co.jp/member/inter/pdf/IF_Tc.pdf
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どう思う?

拝見しました。

遺伝子レベルではどうなんでしょうか?

SPECTは小児と妊婦には投与ダメで、
ということは、DNAになんらかの影響があるということで、
癌にならなくても病気になる可能性があると言うことですね。

小児と妊婦がダメで、それ以外はいいと言うのはスッキリしません。
小児がダメで大人はOK、細胞分裂は一生続くわけで、
やっぱり被曝の影響が将来的にあるということでしょうか?

-----------------------------------------------------------------
SPECT脳血流シンチの注射物質はこれでしょうか。
・ヨウ素123?
・塩素N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン?

「投与前と投与後に
甲状腺の摂取防止に投与前から無機ヨウ素20mgを投与する。
甲状腺ヨウ素摂取能を抑制しておく。」
しなかったらどうなるのでしょう?

お礼日時:2016/06/07 17:29

Tc99mが気になるとのことでしたので、Tc99mを用いたSPECTに関しても、資料を提供させていただきます。



一般的な事は知り尽くしていて、専門的なことが知りたいとのことですので、インタビューフォームをとりあえず読まれたら良いかと思います。
さらに、そこに記されている基礎資料を読まれたらいいかと思います。

スズコロイド Tc-99m 注調製用キットの、インタビューフォームへのリンクを貼らせていただきますので、ご参照ください。

http://www.nmp.co.jp/member/inter/pdf/IF_Sn_Sn-k …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どう思う?

No14の補足をかねてお礼です。

薬剤は
パーヒュ-ザミン注
「本剤は水性の注射剤でヨウ素123を
塩素N-イソプロピル - 4 - ヨードアンフェタミンの形で含む」

1mL中
・塩素N-イソプロピル - 4- ヨードアンフェタミン 111MBq
・塩素N-イソプロピル - 4 - ヨードアンフェタミン 0.45mg
・添加物:アスコルビン酸-リン酸緩衡液0.034mL
---------------------------------------------------------------
こちらの放射線被曝量はいくらでしょうか?


質問が間違ってたらごめんなさい
放射性ヨウ素(I123)は破壊されて体に残る物に変化しますよね?
それか別の物が「体に永久的に残り」ますよね?(何億分の1でしたか)
体に害がない事は分かりましたが、
不必要な物が体に残るのは「気持ち悪い」です。
体に残る物はどんなもので、どんな作用がするのでしょうか?
完全に排除できないものでしょうか?

とても感謝です。感謝しながら読ませて頂いております。
お返事、よろしくお願いします。

お礼日時:2016/06/11 22:41

No4です。


SPECT検査といっても多くの種類があり、その全てに関し、ここに示すのは困難です。
一例として、脳梗塞・認知症・てんかんなどの診断に使われる、脳IMP-SPECTに関しお示します。

・どんな物質(名称)が注入されるのか?
和名
 塩酸 N-イソプロピル-4-ヨードアンフェタミン(123I)注射液
洋名
 N-Isopropyl-4-Iodoamphetamine(123I)Hydrochloride Injection
Iofetamine(123I)(INN)
化学名(命名法)
 Benzeneethanamine,4-(iodo-123I)-.alpha.-methyl-N-(1-methylethyl)-,hydrochloride,(.+-.)-(9CI)(CA INDEX NAME)
慣用名,別名,略号
 IMP, 123I-IMP

・その物質は何なのか? 物質はどんな作用がするのか?
 123I-IMPは静注後,高率に脳に取り込まれ,局所脳血流に比例して脳内に分布し,その初期分布は一定時間保持されるため鮮明な脳血流シンチグラムが得られる。本剤を用いたシンチグラフィにより,脳血流障害の部位,範囲の把握が可能で,X 線 CT では検出困難な急性期の脳梗塞をはじめ,様々な病態における rCBF の状態を知ることができ,脳血流障害の診断,治療効果判定に極めて有用です。本剤の脳への集積機序は,脳内での血管内/脳実質組織の pH 勾配,脂質/水分配係数並びに脳及び脳内毛細血管内膜に局在する相対的非特異的な高容量アミン結合部位への親和性などの作用が複合しているのであろうといわれています。123I-IMPのヨウ素-123 は 159keV のγ線を放出するためシンチグラムを描くのに適しており,また,半減期(13.27 時間)が短くβ線を放出しないため被検者の被曝も少ないという利点を有しています。 その他の作用は報告されていません。

・体内にどれくらい残るのか? どれくらい排泄されるのか?
肺へは,投与後 40 秒で投与量の 48%が集積し,以後,急速に減少して,30 分で 20.3%となっています。肝臓へは,投与後 30 分で投与量の 9.5%が集積し,1.5 時間でプラトー(14.7%)に達した後,生物学的半減期 35 時間で減少しました。脳へは,投与後 1.5 時間で投与量の 8.5%が集積し,その有効半減期は 7.8 時間及び 16.4 時間の2相性でした。

・副作用が起こるとしたらどんな症状か?
使用成績調査(全 11094 例)において,副作用が認められた例はありませんでした(再審査終了時)。

また、上にあげたデータの基礎資料は、以下にあげた論文に記載されています。
1)HS Winchell, et al:J Nucl Med 21:940-946, 1980
2)HS Winchell, et al:J Nucl Med 21:947-952, 1980
3)David E Kuhl, et al:J Nucl Med 23:196-203, 1982
4)Thomas C Hill, et al:J Nucl Med 23:191-195, 1982
5)田崎義昭,他:脳卒中6:269-275,1984
6)塩崎 宏,他:核医学 22:449-458,1985
7)松田博史,他:核医学 21:1587-1596,1984
8)松田博史,他:核医学 22:9-18,1985
9)塩崎 宏,他:核医学 22:229-232,1985
10) 比嘉敏明,他:核医学 22:415-421,1985
11) 坂井文彦,他:脳卒中7:402-410,1985
12) 松田博史,他:核医学 21:445-448,1984
13) 棚田修二,他:脳卒中7:275-282,1985
14) 百瀬敏光,他:放射線科5:122-128,1985
15) 曽根照喜,他:核医学 22:1447-1459,1985
16) 上田 孝,他:Neurol Med Chir 26:601-607,1986
17) 黒崎敦子,他:核医学 22:1505-1513,1985
18) 石村順治,他:映像情報 17:371-378,1985
19) 松村 要,他:RADIOISOTOPES 34:364-370,1985
20) 東壮太郎,他:CT 研究9:681-689,1987
21) 中川 翼(編):脳虚血の病態-基礎的並びに臨床的研究,にゅーろん社,東京, 1989
22) 久田欣一(編):脳と心臓の SPECT,中山書店,東京,1992
23) 小野志磨人,他:核医学 24:1641-1652,1987
24) 松田博史,他:臨床放射線 34:1327-1335,1989
25) 犬上 篤,他:医学のあゆみ 134:53-57,1985
26) 関 宏恭,他:金沢大学十全医学会雑誌 95:279-294,1986
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

とても親身に毎回コメント、ありがとうございます。

脳血流「SPECT検査」の情報を探していました。

専門的知識がないと、なかなかネットで探せない情報で、
PCも放射能も素人なので、

普通のことなら見つけますが、
薬物の放射能は何を検索に入れたらヒットするか
分かりませんでした。

専門用語がわからず心配ですが、
貴重な提供資料を読んでみます。

お礼日時:2016/06/06 20:38

あと一つ。




>私は何があっても「絶対にSPECTだけは受けない」と断言してました。

それ、本物の放射線科の医師かな。
じわじわ被曝するって、一生被曝するわけでもないし、被曝線量だけで比べるなら
CTの方が遥かに多いし、放射線科の医師が知らないはずがない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

AVENGERさんは、SPECT検査を
専門的に熟知されている研究者や医療関係でしょうか?

安全神話、検査のメリット、デメリット、インフォームド・コンセント、一般的な事は知り尽くしています。

主旨は、
・どんな物質(名称)が注入されるのか?
・その物質は何なのか?
・物質はどんな作用がするのか?
・体内にどれくらい残るのか?
・どれくらい排泄されるのか?
・副作用が起こるとしたらどんな症状か?
真剣に知りたいです。

よろしくお願いします。

お礼日時:2016/06/04 17:03

>私が知らない一般的に公表されない注入される物質



あなたが知らない物質はあるでしょうが、一般に公表されない物質はありません。
全て医薬品として認可を受けていますし、公表されています。

テクネチウム99mのほかにはヨウ素131、インジウム111、ガリウム67、タリウム201、
キセノン133とかある。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

脳血流「SPECT検査」の「放射線被曝」専門的知識をお持ちの方のみ
意見を求めてますので、
ググった程度、又はセミプロでの素人的な意見は
申し訳ないですが求めていません。

「比較対象」の話も
「検査によって得られるメリットの方がデメリットと比較にて明らかにメリットが大きいから、いいじゃないの」と言う話も、申し訳ないですが求めていません。

今回の主旨は、専門的知識の専門家による、
体内に注射される物質の作用を知りたいのです。

よろしくお願いします。

お礼日時:2016/06/06 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSPECTという検査は1年に何回くらいしていいものなんでしょうか?

核医学のSPECTという検査は1年に何回くらいしていいものなんでしょうか?(頭部)また、どれくらい、期間をあけたほうがいいのでしょうか?特に専門家の方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

被爆量をご心配ですか?
核医学検査(RI)0.3~10mSv/回(薬の種類による差)
胸部X線検査0.3mSv/回
胃X線検査4mSv/回
CT検査(頭部)50mSv/回
自然放射線(日本)平均1.1mSv/年
被曝量はおおよそですが こんなかんじです

核医学だからといっても胸部写真と
そんなに被曝量の違いはありませんので
期間も含め、特にかまえて検査を受ける
必要はないとおもいますよ。
ただし核医学は値段が高いですが・・・

ご参考までに
(違うことで、ご心配でしたら申し訳ない)

参考URL:http://www.fureaihosp.or.jp/hanyuhp/xray/exposure.html

QMRIも被ばくするって本当?

「MRIも、本当は被ばくしている」と聞きましたが、本当ですか?CTと比べて被ばく量はどのくらいですか?

Aベストアンサー

MRI検査で、放射線被曝はありません。

ただし、日常生活でも放射線被曝しています。たとえば宇宙からの放射線や地球からの放射線などです。
人間の体の中にも食物や水として放射能を持つものが含まれています。汚染されているのではなくて、自然界に普通にあるものです。考古学で年代推定によく使われる14C(放射能を持つ炭素)は自然界にあるものです。こういったものはごろごろしています。中にはラドン温泉といって、放射性同位体のラドンを微量に含む温泉もあります。
こういった自然界の被曝はMRIのなかでもありうるわけなので、被曝がどうかと問われると、日常生活被曝以上の被曝はないというのが他らしいのかもしれません。

ちなみに被「爆」は爆弾を受けることです。蛇足です。

Q脳血流 検査について

70歳の母が 脳血流シンチ検査をする事になりました。ヨード系造影剤を使用とあります。どんな検査なんでしょうか?また 造影剤は危険はないのでしょうか?後遺症とか。私は以前胃のレントゲンで造影剤で湿疹が出たので心配しています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「造影剤の副作用」

ご参考まで。

参考URL:http://www.tch.pref.toyama.jp/service/service33/zoueizai.htm

QPET検査後の被曝について

気になる事があり質問しました。

PET検査後に患者さんを検査する事になりました。
かなり密着して検査を行います。
その時には、お腹に被曝を少しでも防ぐ防護服?みたいなものをつけます。
患者さんにはある程度の安静時間を作って、半減期を設けます。

ただ気になるのは、今後妊娠を望む時に、妊娠しにくくなる可能性ってあるのか?なんです。
被曝を続けて何年か経ち、妊娠したいときには影響はないのか?と不安に思うのです。
関係ないかもしれませんが・・・
よくわかりません。

どなたか教えてくれませんか?お願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。

PET検査後に様々な検査を行うケースは割合多いのではないかと思います。
問題は、PETの薬剤(多分18F-FDGだと思いますので、これを想定してお話します)を、いつ、どの位の量注射をしたか、そこからどの位の時間が経過しているかです。
注射後約1時間で検査をし、さらに1時間後(合計2時間後)まで安静時間を設けていれば、放射線の量は1/2(物理学的半減期)になりますし、飲水や排尿を促していれば生物学的半減期によりさらに少なくなっているはずです(個人差があります)。

PET検査では、放射線のエネルギーが高い(511keV)ため、プロテクターはほとんど意味がないと思います。
申し訳程度の被ばく線量低下には寄与すると思いますが、それよりも、フリーにして操作性を良くし、短時間で検査(エコーでしょうか?)を行う方が有効だと思います。
防護の3原則「時間、距離、遮へい」と言いますが、PET検査においては順位と効果に差があります。
私の経験上、時間短縮が1番被ばく低減に効果があります。
もうひとつ、FDGを使用したPET検査では、受診者の脳と膀胱に薬剤が多く集積します。
肝臓は中程度です。
検査時にこれらの部位を密着させないような体位を工夫されることも、被ばく低減につながると思います。

妊娠については、0.5~1.5Gy(グレイ)というかなり多い線量で一時的な不妊になるとされています。
PET検査で受ける被ばくが1~3mSv(シーベルト)ですから(アイソトープ協会のパンフレットでは2.2mSvとされています)、人体では1Gy≒1Svが適用できると考えると500~1000倍程度の差があります。
PET受診者から受ける被ばくは、さらに低いはずですので、不妊を心配されることはないと思われます。

参考URL:http://www.jrias.or.jp/index.cfm/8,2644,117,html

おはようございます。

PET検査後に様々な検査を行うケースは割合多いのではないかと思います。
問題は、PETの薬剤(多分18F-FDGだと思いますので、これを想定してお話します)を、いつ、どの位の量注射をしたか、そこからどの位の時間が経過しているかです。
注射後約1時間で検査をし、さらに1時間後(合計2時間後)まで安静時間を設けていれば、放射線の量は1/2(物理学的半減期)になりますし、飲水や排尿を促していれば生物学的半減期によりさらに少なくなっているはずです(個人差があります)。

PET...続きを読む

Q同じ診療かを2つの病院で通院するのは?

例えば、内科で午前Aクリニックに行き、午後違うクリニックに行く事。(AクリニックはAの病気専門、BはBの病気専門で使い分けする事)
保険診療のきく所でマッサージのリハビリを受け、違う整形外科で診察、投薬のみもらって来る事。(整形外科は人が多いのでリハビリを受ける時間が無いので)
保険診療のきく所でカウンセラーのカウンセリングを受け、クリニックで医師に薬を処方してもらう事(クリニックにはカウンセラーが常勤していないので)
 
上記の様に通院している方より聞きましたが、1つの病名で、同時に2つの診療かを受診するのは良いのでしょうか?2つかかっていると言う話を主治医には伝えてあるのか?わかりませんが。
又、問題があると言うのだったら、何が問題になるのでしょうか?
私個人としては、忙しい会社員には効率の良い受診法もあるものだとある種、感心、なるほどと思いましたが・・・(会社の保険適応が出来るとの話なので)
教えてください。

Aベストアンサー

同じ病気で複数の医療機関にかかると、「重複診療」に該当すると思います。

重複診療に関しては、こちらが参考になると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2838911.html

同じ症状で複数の医療機関に罹り、同様の検査を受け、同様の投薬をされる。
自己負担も増えますが、当然国の医療支出も増えます。

医療・福祉費削減に躍起になっている政府(厚労省)の方針により、
必要とされる医療すら受けられないという問題が続出する中、
いまだに「言われなきゃ良いんじゃないの?」的な回答には、少々驚きます。

自らの首を絞めている結果に結びつくことを、自覚していただきたいです。
今の医療制度は、「誰かが払ってくれる」のではなく「皆で負担している」のです。

一つの疾病では一つの医療機関にかかるのが原則ですし、
治療に疑問があれば、他の医療機関を紹介してもらうなり、セカンド・オピニオンを受けるべきです。

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Q子宮全摘出のメリットとデメリットについて

子宮の持病で長年苦しんでいます。
色々な治療をし、副作用でも苦しんできました。

もう限界です。

子供は産むつもりがないので、子宮全摘出手術をしようと思います。
それにはその後、どのようなメリットとデメリットがありますでしょうか。
因みに過去に海外で二度の開腹手術をしております。

また、都内の病院でお勧めがあれば、是非とも教えて頂けますでしょうか。

心身ともに苦しいです。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは!私は2年前に子宮筋腫で子宮ごと摘出しました。40代主婦で2人の子どもがいるのでこの先妊娠は望まないこともあり子宮全摘出しました。子宮をとると更年期になるとか聞きますが実際女性ホルモンに関係するのは卵巣で子宮は妊娠した時に胎児を育てるためのもの、妊娠を望まないなら必要ない(摘出しても影響ない)ようです。摘出して2年以上経ちますが更年期の症状はなく先日の術後検診でも卵巣がしっかり機能しているので子宮があれば普通に生理がきている状態、更年期はまだまだ先ですねと言われました。腹腔鏡手術でしたので4泊5日の入院で退院後も数日で日常生活(専業主婦の生活)に戻れました。術後3ヶ月からはジョギングも始めハーフマラソン大会などに参加し完走するほど体力がつき毎日健康に快適に過ごしています。手術前よりはるかに元気で生理がなくなり生理を気にして予定をたてることもなく手術して本当に良かったと思っています。ただ、気持ちのもちかたで本当は子宮を残したかったのにやむを得ず摘出してしまったなどの割り切れない思いが残った場合、更年期障害など体調不良を引き起こすこともあるのかな?と個人的には感じます。
私は腹腔鏡手術を希望したので症例数の多い順天堂病院を紹介していただきました。通常1年待ちみたいです。私も待ちました。ただ、開腹手術を経験されていると腹腔鏡はできないかもしれないらしく、私は盲腸の手術後がありこの程度(4センチ)なら大丈夫ですが手術中に癒着がひどかった場合は開腹に切り替えることもあると言われました。結局腹腔鏡でできましたが。なので開腹手術なら都内のあらゆる病院であまり待つこともなく手術してくれるかと思います。腹腔鏡手術なら大学病院はどこもかなり待たされると思います。友人が開腹手術をして子宮摘出しましたが10日位の入院でした。術後の回復は一ヶ月弱(個人差があります)くらいでしょうがやはり元気ですよ。
子宮を摘出するかどうかはお医者様にも相談しながらじっくりお考えになってご自身が納得した上で悔いの無い決断をしてくださいね。お大事に!

こんにちは!私は2年前に子宮筋腫で子宮ごと摘出しました。40代主婦で2人の子どもがいるのでこの先妊娠は望まないこともあり子宮全摘出しました。子宮をとると更年期になるとか聞きますが実際女性ホルモンに関係するのは卵巣で子宮は妊娠した時に胎児を育てるためのもの、妊娠を望まないなら必要ない(摘出しても影響ない)ようです。摘出して2年以上経ちますが更年期の症状はなく先日の術後検診でも卵巣がしっかり機能しているので子宮があれば普通に生理がきている状態、更年期はまだまだ先ですねと言われまし...続きを読む

Q病院の検査画像をCDでもらう料金とは?

病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
X線、CT、MRIなどの画像をCD-Rで下さいと言うと、対応がさまざまです。
・無料でくれるところもあります
・手数料として1000~3000円といわれるところもあります
・「買い取ってくれ」という医院もありました・・・?

しかしながら、
・正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。
・検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。
・本人が個人情報を求めているのに、それを拒否(別途費用を求める)のは不法行為ではないのか。
という、釈然としないところもあります。

ある大病院で、押し問答をしたところ、最初3000円と言っていたのが無料になった場合もありました。
(笑)
任意扱いの診断書と同じように、病院の胸算用で決めているようです。


法的にはどうなのでしょうか?
検査画像の所有権(副本でもいい)は患者にあるのでしょうか?
CD-Rへのコピーはワンクリックで出来ますので、対価としてもせいぜい数百円が妥当ではないかと?

保険診療(検査)を受けた結果について、このような不服がある場合は、どこか第三者機関に申し立てする窓口とかはありますか?

病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
X線、CT、MRIなどの画像をCD-Rで下さいと言うと、対応がさまざまです。
・無料でくれるところもあります
・手数料として1000~3000円といわれるところもあります
・「買い取ってくれ」という医院もありました・・・?

しかしながら、
・正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。
・検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。
・本人が個人情報を求めているのに、それを拒...続きを読む

Aベストアンサー

保険診療においての法律上は,依然として父権的な要素が残っています。時代錯誤に感じられるかもしれません。法的にということで,可能な限り根拠法令を出しましたが,その分長くなりました。すみません。

>正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。

法律上は逆で,診療報酬を支払っているのは健康保険組合です。健康保険組合へは被保険者(患者)が保険料を支払い,診療報酬の一部負担金を保険組合に代わって保険医療機関に支払っている構図になります。健康保険法第76条です。
また,健康保険法第52条でも「被保険者に係るこの法律による保険給付は、次のとおりとする。 一  療養の給付並びに入院時食事療養費、入院時生活療養費、保険外併用療養費、療養費、訪問看護療養費及び移送費の支給」とあるように,保険組合は保険医療機関を通じて被保険者(患者)に「療養」を給付している形をとります。患者本人が支払う自由診療を無視すると,保険料を払っているので診療費を払っているように思えますが,法的には異なる扱いになります。


>検査画像は、患者本人の個人情報=肖像権? ではないのか。

検査画像に関しては肖像権よりも著作権の方がしっくりくるかもしれません。人物画像をとった写真と考えると,うつっている人には肖像権があり,撮影した人に著作権があります。
検査画像はプライバシー情報なので撮影した病院には保護する義務があります。医療法施行規則20条です。権利を争うことを想定していないので,著作権を認めたものではなく,管理義務を規定したものになっています。仮に,患者が肖像権を主張すると医療機関は著作権を主張することになるでしょう。肖像権に相当するものも想定されていない制度なので,誰かが裁判を起こして判例を得ない限り,どういう権利が設定されるか,分かりません。


>本人が個人情報を求めているのに、それを拒否(別途費用を求める)のは不法行為ではないのか。

検査画像も診療情報と同様とみなされますので,各医療機関が持つカルテ開示の内規に則って請求した場合,それを拒否することはできず,厚労省の規定のガイドラインの違反となります(不法行為まではいえません)。費用負担については,そのガイドラインでも徴収可能とかいてありますので,不法行為とは言えません。
対価に関しても「実費を勘案して合理的であると認められる範囲内の額」として医療機関にゆだねられています。CD-Rの費用プラス機器の減価償却,人件費程度でしょうか。(診療情報の提供等に関する指針)


>保険診療(検査)を受けた結果について、このような不服がある場合は、どこか第三者機関に申し立てする窓口とかはありますか?
医療安全支援センターですね。(医療法第6条の11)各都道府県、保健所設置地区、二次医療圏ごとに設置することになっています。


蛇足
>病院で血液検査をすると検査結果の控えをくれるのは普通(当然)ですが、
これも実は明文化されたルールはごく限定的です。検査結果の説明を受ける権利はあるのですが,検査結果を文書で説明を受けるのは「外来迅速検体検査加算」を算定される場合のみ,医療機関に義務が課されます。すなわち「(前略)当日当該保険医療機関で行われた検体検査について、当日中に結果を説明した上で文書により情報を提供し、結果に基づく診療が行われた場合に(後略)」と規定されますので,文書で説明が必要になりますが,それ以外では検査結果を渡す法令の根拠のある義務はありません。あくまで法的にですが。

保険診療においての法律上は,依然として父権的な要素が残っています。時代錯誤に感じられるかもしれません。法的にということで,可能な限り根拠法令を出しましたが,その分長くなりました。すみません。

>正規の検査報酬(保険点数)を支払っているのは患者本人【健保組合を含めて】である。

法律上は逆で,診療報酬を支払っているのは健康保険組合です。健康保険組合へは被保険者(患者)が保険料を支払い,診療報酬の一部負担金を保険組合に代わって保険医療機関に支払っている構図になります。健康保険法第...続きを読む

Q片側のみの手足のしびれ、だるさがあります

男です。ここ数ヶ月間たびたび左片側のみの手足指のしびれ、だるさ、また左半分の頭部全体に頭痛もあります。右側肩のこりもあります。 総合病院に行きCTで頭の検査しましたが異状なし、血圧は30歳台で、上130下90前後で高めです。(すでに降圧剤飲んでます・コニール)
お医者さんは特に問題といいますが、この状態がたびたびにありますと心配でなりません。考えられることはどんな病気がありますか。また対処法は?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も時々、左側の手足のしびれ・頭痛があります。

おそらく理由は、「ヘルニア」ではないでしょうか?
手のしびれは「頸椎ヘルニア」、足のしびれは「腰椎ヘルニア」。骨がずれて、或いは椎間板の変形によって神経根が圧迫されることによるものです。主に肩こりや腰痛の原因になるものですが、重度のものであれば手術が必要になってきます。軽度のものであれば、あなたのような症状の場合もあります。ちなみに、私もそうです。肩こりがひどいと頭痛を併発することもあります。
左側の肩こり、つまり筋肉が硬直しているため、身体がバランスをとろうとするため、右側にも影響を及ぼすことがあります。右肩がこるのはそのためだと思います。

対処方法としては、まずは総合病院の整形外科にいってみることをおすすめします。診察の過程で、首・腰のCT・MRI検査をするかもしれません。
平日に病院に行く時間がない方であれば、土日や平日の夜に、整体院やカイロプラクティックに行って、全身のマッサージをしてもらうのはいかがでしょうか。私は2週間に1度、2時間くらい全身をもみほぐしてもらっています。だいぶ楽になりますよ。個人医院でやっている牽引(首や腰を引っ張る処置)は効果がありませんので、おすすめ出来ません。

日常で出来ることとしては「ストレッチ」ですね。つらい方だけでなく、逆側もやっていくとバランスがとれてきます。あとは、温めの風呂にゆっくりとつかること。血行が良くなりますよ。

お互いに気をつけましょうね。

こんにちは。
私も時々、左側の手足のしびれ・頭痛があります。

おそらく理由は、「ヘルニア」ではないでしょうか?
手のしびれは「頸椎ヘルニア」、足のしびれは「腰椎ヘルニア」。骨がずれて、或いは椎間板の変形によって神経根が圧迫されることによるものです。主に肩こりや腰痛の原因になるものですが、重度のものであれば手術が必要になってきます。軽度のものであれば、あなたのような症状の場合もあります。ちなみに、私もそうです。肩こりがひどいと頭痛を併発することもあります。
左側の肩こり、...続きを読む

Q初めての手術で、全身麻酔みたいですが、不安でいっぱいです

私は26歳の男です・・
来月、大腸の手術で、初めて全身麻酔を経験します。
病院は普通の市のそんなに大きくない総合病院なんですが、
全身麻酔の方が心配で不安です・・・
手術前に詳しく説明があるかとは思いますが、
その前に少しでも知っておきたいなと思って、
質問してみます。
まず、全身麻酔って、どのようにかけられるのでしょうか?
手術室に行ってから、意識がなくなるまで、どのくらいかかるんでしょうか?
後、これは知り合いから聞いたのですが、麻酔をかけるときのマスクってゴム臭いと聞いたのですが、
私はゴムの匂いが苦手なんですが、ゴムの匂いが苦手でも耐えられますか?
また、ガス麻酔薬の匂いってどんな匂い??
普通に吸っていて不快なにおいでしょうか?
(まあ眠ってしまえば勝ちですが・・・)
変な事聞いてすいませんが、私の不安に答えてください・・・

Aベストアンサー

お若いのにお気の毒です…
自分は不運にも2度交通事故で骨を折り4度全身麻酔を経験しています。結論から言いますと麻酔は楽勝です。マスクをあてて1.2の3で寝ちゃいます。起こされて「ああ、手術だったっけ」と目覚めます。
そんなことより麻酔が切れた後が大変でした。痛くて… 全身の場合たぶん性器にパイプを入れられます。事前に極力細いのにしてくれるよう交渉しましょう。太いと抜くとき痛いです。麻酔もしませんし。
幸運を祈ります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報