説明が下手で申し訳ございません。
賃貸物件への重量物の設置について質問があります!

重さ400kgの鉄の棚の様なオブジェを賃貸の一室に設置しようと考えています。
物自体のサイズが高さ140cm横140cm奥行き110cm
脚が6本です。脚は奥行きと同じ位置に真ん中に2本とそこから横に両脇あります。合板を敷いて分散させようと考えているのですが‥
賃貸契約に重量物禁止とあります‥。
上記サイズの物で重さ400kgは契約違反でしょうか? カーペットを敷いて合板を敷いてその上に置こうと考えています。数字に弱くて荷重計算とかよく分からず‥どうにかならないでしょうか知恵をお貸しください

置こうとしてる環境は
・2階建の賃貸物件の1階の部屋(8畳)
・築年数15年くらい
・ 積水ハウス
・フローリングでわなくフローリングみたいなプリントされたシートみたいな床
・床下の補強は出来ません

へたしたらピアノより重いですよね‥持てるという幻想をいだいてしまったのでしょうか(/ _ ; )もうなんなら諦めれるような理論的な説明でもいいのでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

仮に木造として床の耐荷重は180kg/m2だっけかね?


止めておきましょう。はい。
おそらく、いきなり床が抜けることは無いと思いますが、多分間違いなく床が歪みます。
内緒でやってばれたら最悪追い出されるでしょうし、転居するときに床全面の補修費用を要求されますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。止めておきます‥。ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/06 01:06

セキスイって、柱と梁は軽量鉄骨だけど、1階床下地は木だろ。

その下は知らないんだけど、細いジャッキじゃないの?そこに1.4㎡に400kgとか、ピアノの3倍だろ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

床下の構造をネットですが調べてみました。おっしゃるとおり細いようです‥。家を買えるようになるまで我慢します‥。ありがとうございました‥。

お礼日時:2016/06/06 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q賃貸の部屋でフローリングの上にカーペットを敷きたい

今度賃貸マンションに引っ越します。

そこは床がフローリングになっているのですが、私はフローリングがあまり好きではありません。

物を置いて傷がつくのも嫌です。

そこでフローリングの上からカーペットを敷くことにしました。

出来れば部屋全面にカーペットを敷きたいのですが、下のフローリングに悪影響などはないでしょうか?

ゴミが溜まって良くないという話も聞き、一部分だけに敷いたほうが良いのかなと悩んでいます。

良ければアドバイスをいただけないでしょうか。

Aベストアンサー

賃貸でしょ?

何十年も敷きっぱなしにするわけでも無いだろうし、カーペットはフローリングの保護となるし、全面敷きなら滑る事も無いだろうし、何ら問題が無いと思いますよ。

埃に関しては、家具の置き方次第でしょう。人が生活すれば必ず埃が発生します。それが何も無ければ均一に床に積もるのですが、家具などによって吹き溜まりが出来るわけです。その吹き溜まりが掃除し易い場所であれば良いのですが、大抵は掃除機の入らないような場所。
で、フローリングならば掃除機のノズルを突っ込めば比較的簡単に吸い込むのに、カーペットやじゅうたんだと繊維質の埃と敷物の繊維が絡み合って吸い取りにくいからフローリングの方が掃除がし易いと言う感触や意見に繋がるのだと思いますよ。

また、ワンルームなどで冷蔵庫など水分が出る可能性が有るものの下にカーペットを敷いてある場合は、万が一水漏れなどの症状を起こしていても、表面状はわからぬ事が有り、気づいた時にはカーペットとフローリングの間でカビが生えているといったケースも多々有ります。

いずれにせよ、カーペットを購入されるお店で、間取りと家具の配置などをお伝えして、アドバイスをいただく事が良いでしょう。

賃貸でしょ?

何十年も敷きっぱなしにするわけでも無いだろうし、カーペットはフローリングの保護となるし、全面敷きなら滑る事も無いだろうし、何ら問題が無いと思いますよ。

埃に関しては、家具の置き方次第でしょう。人が生活すれば必ず埃が発生します。それが何も無ければ均一に床に積もるのですが、家具などによって吹き溜まりが出来るわけです。その吹き溜まりが掃除し易い場所であれば良いのですが、大抵は掃除機の入らないような場所。
で、フローリングならば掃除機のノズルを突っ込めば比較的簡単に吸...続きを読む

Q敷引なのに敷引ではない?

一般的に敷引というのは、敷金から差し引かれるある一定の金額で、
その物件に修理修繕等が必要であろうと無かろうと必ず引かれるもので
ただし、修理修繕等がその敷引の金額よりも超えても
それ以上には請求しないとこちらのサイトでしりました。

そこで質問ですが、契約書に
「退去時は、敷金から敷引分の金額、および借主の故意・過失により生じた修理修繕の費用を引く」
のように書かれていました。
でもこれでは、上に書いたとおりの敷引とは意味が異なってくると思うのですが、
やはり契約書が優先されるのでしょうか?

Aベストアンサー

敷金・礼金・保証金・敷引はいづれも法律で定義されてることではないんです。それぞれの契約条件(今回の場合は「敷金から敷引分の金額、および借主の故意・過失により生じた修理修繕の費用を引く」という特約)でお互いが合意して、契約が成り立ってるんです。

>修理修繕等が必要であろうと無かろうと必ず引かれるもの

というのは慣習として敷引金額に大家に支払う礼金の意味を含んでいるということでしょう。

>修理修繕等がその敷引の金額よりも超えても それ以上には請求しない

故意・過失による修理修繕費が敷引金額以上になれば、それ以上に請求されることは充分あり得ると思います。

敷引の返還請求が認められた裁判もありますので、参考になさってください。
http://www.geonetwork.co.jp/2005-9.htm

Q不動産賃貸の敷金と敷引についてです。

不動産賃貸の敷金と敷引についてです。

「敷金』
・賃借人から賃貸人が預かっておくお金で、家賃滞納や退去時の修繕に充てる費用。

「敷引」
・保証金又は敷金からあらかじめ一定額を差し引くことを約束した金額
  (退去時に原状回復に充てることを前提とした金額)

と書いてありました。

よくわからないのが、
敷金は具体的に家賃1ヶ月分を賃借人が支払い、
敷引ってのは現金として支払う金額ではなく確定的に戻ってこないお金(差し引き額)を
示しているだけでしょうか?

なので、

敷金;1ヶ月(←実際払う金額)
敷引;1ヶ月 (←そのうち戻ってこない金額の示し)でいいのかな?

とあれば、払うお金は敷金のみで
敷引は、そのうち戻ってこないお金が1ヶ月分であるということを約束(示した)
したものの金額表示ということで、

上記の場合は敷金の1ヶ月分だけを支払えばいいってことですよね?

結局は敷金は退去時に修繕費に充てたうち残りを返還するとは言ってますけど、
敷引を示すことで、確定的にこれだけはもどってきませんよ。ていう
ものを示しているんですよね?

なので上記の場合は戻り0円 ですよね?

不動産賃貸の敷金と敷引についてです。

「敷金』
・賃借人から賃貸人が預かっておくお金で、家賃滞納や退去時の修繕に充てる費用。

「敷引」
・保証金又は敷金からあらかじめ一定額を差し引くことを約束した金額
  (退去時に原状回復に充てることを前提とした金額)

と書いてありました。

よくわからないのが、
敷金は具体的に家賃1ヶ月分を賃借人が支払い、
敷引ってのは現金として支払う金額ではなく確定的に戻ってこないお金(差し引き額)を
示しているだけでしょうか?

なので、

敷金;1ヶ月(←実...続きを読む

Aベストアンサー

 ご質問に沿った回答をいたします。

> 敷引ってのは現金として支払う金額ではなく確定的に戻ってこないお金(差し引き額)を
示しているだけでしょうか?

 はい。敷金から引かれるお金です。

> 敷金;1ヶ月(←実際払う金額)
  敷引;1ヶ月 (←そのうち戻ってこない金額の示し)でいいのかな?

 はい。その通りです。

> 上記の場合は敷金の1ヶ月分だけを支払えばいいってことですよね?

 はい。その通りです。

> 結局は敷金は退去時に修繕費に充てたうち残りを返還するとは言ってますけど、敷引を示すことで、確定的にこれだけはもどってきませんよ。ていうものを示しているんですよね?

 はい。その通りです。

> なので上記の場合は戻り0円 ですよね?

 はい。敷金として預けたお金は戻ってこない契約です。

 
 この内容で納得できれば契約すれば良いし、納得できなければ契約しなければ良いだけです。ごちゃごちゃ言っている回答者もいますが、要は、質問者様のご理解が全て正しいと言うことです。

 ただ、契約をされる際も、『原状回復費用の借主負担分』を別途請求されることはないのか、負担分が敷金金額を超えた場合の請求はどうなるのか、は必ず確認し、文面に残しておくと良いです。争いを好む方は別ですが、そうでないなら争いを避けることができます。

 ご質問に沿った回答をいたします。

> 敷引ってのは現金として支払う金額ではなく確定的に戻ってこないお金(差し引き額)を
示しているだけでしょうか?

 はい。敷金から引かれるお金です。

> 敷金;1ヶ月(←実際払う金額)
  敷引;1ヶ月 (←そのうち戻ってこない金額の示し)でいいのかな?

 はい。その通りです。

> 上記の場合は敷金の1ヶ月分だけを支払えばいいってことですよね?

 はい。その通りです。

> 結局は敷金は退去時に修繕費に充てたうち残りを返還するとは言ってますけど、...続きを読む

Q1 敷引について 2契約更新時の敷金・敷引

失礼します。

質問1 敷引と契約書との関係についてお教え頂ければと思います。

兵庫県に引越す予定の者ですが、不動産業者からは敷金20万円、敷引20万円のご説明を受けていました。

一方、契約書には、(保証金)1.・・保証金として20万円を甲に支払う。 2省略 3保証金は、乙が明け渡して確認後1ヶ月以内に50%を差し引いて返還するが、未払金や損害金がある場合は、その返還金をもって処理する(返還金  円) 4省略 とあります。

これは矛盾していないでしょうか。ちなみに、同一物件につき他の不動産業者のホームページには、敷金35万円敷引20万円とあります。


質問2 敷金は、契約更新時には再度支払う必要があるのでしょうか。また、敷引特約はどうなるのでしょうか。私の場合は、契約書には、契約期間2年間、期間満了時は甲乙協議の上更新できる、という旨が記されてあります。


恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 おっしゃるとおり、業者の説明と契約書の内容は異なりますね。敷金の金額等は賃貸主と賃借人の間で決める事柄ですので、契約書の内容が正しいのではないでしょうか。
 契約内容も契約書に記載されている内容の方が賃借人にとっては有利ですね。

 後日のトラブルを避けるため、仲介業者に契約書記載の内容で間違いがないことを確認されることをお勧めします。

 敷金は最初の契約締結時に支払うのみです。契約更新時は敷金等はそのまま持ち越されますが、新たに`更新料`という費用を請求されることが多いと思います。この金額は契約書に記載されているでしょう。
 最終的にこの契約を解除したとき(退去時)に敷金等が清算されます。

 契約更新時は、多くは前回の契約内容そのままで更新されますが、このときに契約内容の変更(例えば家賃の値上げ/値下げなど)を要求することは賃貸人/賃借人 双方とも可能です。この要求に対して双方が合意すれば新しい内容で契約が締結されます。

Q大阪の賃貸―礼金20万敷金式敷引き0の物件

 関西へ引越すので、賃貸事情の違いを調べている者です。
 まだうまく関西の「礼金」「敷引き」などの保証金システムを理解できていないのですが、ひとつ疑問が湧いてきました。

 「敷金・敷引き0で原状回復費は実費」という物件がありますが、「実費」はぼったくられそうで怖いので、逆に敷引きの価格が決められているほうが良いのではないかと判断しました。

 そして、「礼金●万、敷金・敷引き0」という形式の物件が私の疑問の対象です。礼金となると絶対に返って来ないお金だと思います。いわゆる、「住まわせてくれてありがとうプレゼント金」ですよね(関西では違うのでしょうか?)。
 「礼金●万、敷金・敷引きが0」という物件は『礼は払っているけれど住まいにかんする保障は支払ってない』、と解釈できるのですがどうでしょうか? つまり、退去時に実費での修繕費等を請求されるのではないかということ・・・。

 契約時にわざわざ「礼金をいただいているので修繕費等の費用は請求いたしません」という項目を設ける大家は少ないと思います。払ってください項目は設けても、払わなくてもいいです項目はなかなかつくらないものです。

「礼金もらってるから修繕費はいらないよ」と言われても口約束は信用できません。

 どなたか経験者の方のお話をうかがいたいです。
 よろしくお願いいたします。
(賃貸契約を迷っている故の質問ではなく、大阪の賃貸契約システムを把握しておくための質問です)

 関西へ引越すので、賃貸事情の違いを調べている者です。
 まだうまく関西の「礼金」「敷引き」などの保証金システムを理解できていないのですが、ひとつ疑問が湧いてきました。

 「敷金・敷引き0で原状回復費は実費」という物件がありますが、「実費」はぼったくられそうで怖いので、逆に敷引きの価格が決められているほうが良いのではないかと判断しました。

 そして、「礼金●万、敷金・敷引き0」という形式の物件が私の疑問の対象です。礼金となると絶対に返って来ないお金だと思います。いわゆる、...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんは、法的なことや損得は置いといて
経験談が知りたいんですよね?

私、質問者さんが知りたがってるような物件に
住んだことがあります。
礼金18万で敷金も敷引きもなし。
「最近は敷引きって名目では取れないから、
礼金として支払ってもらう。だから当然、後で
清掃費を払ってもらうことはない」
って言ってました。
口約束を信じた私が馬鹿なんですけど、
やっぱり退去する時に実費で清掃費を迫られました。
しかも、「原状回復費の請求は認められない」って
言い返したら、入った時から汚れていた箇所を

「これは破損だ」

と怒鳴られました。
実費で20万近く請求されました。
これは高い、と思いましたが、本当に質問者さんが
書いてる通り、法外な値段を第三者に認めてもらうって
難しいんですよ。
それからはかなり争いました。
結局、見積もりの内訳を見せてもらって、
値段を下げてもらうしかありませんでした。
「法外な値段だ」ってことが
半分しか認められなかったってことです。

結論として、
「礼金あり・敷引きなし」は関西では危ないです。
礼金なんて、昔はなかったそうです。

質問者さんは、法的なことや損得は置いといて
経験談が知りたいんですよね?

私、質問者さんが知りたがってるような物件に
住んだことがあります。
礼金18万で敷金も敷引きもなし。
「最近は敷引きって名目では取れないから、
礼金として支払ってもらう。だから当然、後で
清掃費を払ってもらうことはない」
って言ってました。
口約束を信じた私が馬鹿なんですけど、
やっぱり退去する時に実費で清掃費を迫られました。
しかも、「原状回復費の請求は認められない」って
言い返したら、入った時か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報