従業員数が企業全体で3人でうちパートが2人の企業があるのですが、これは同業他社と一緒に仕事したりすることが多かったりするのでしょうか? 職種は測量および測量助手です。
また、こういう企業に入るにあたってデメリットは何かありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

従業員数が3名の測量会社ということでしょうか。

測量会社は建設業(建設コンサル・設計会社など)と関係が深く、多くはゼネコン(あるいは建設コンサル・設計会社)などの下請け会社・孫請け会社から測量の仕事を請け負っており、規模の小さいところも珍しくありません。測量で同業他社と一緒に仕事をすることは、まずないでしょうね。あるとすれば広範囲に測量をする必要がある場合は地区分けされて、A地区はa測量会社、B地区はb測量会社という具合に、仕事を分配されることでしょう。

建設業は一部の大手・準大手を除けば規模の小さい処が多く、仕事がきつい割には給料は多くありません。なので、採用できてもすぐに辞めていく人が多くて、安定しないんですよ。だから慢性で人手不足です。仕事は天気にも左右されますしね。雨が降れば測量なんてできませんから、梅雨時はどうしているのか、です。北海道では冬は雪で埋もれていますから、測量なんてできず、冬は内地に出稼ぎに行く、ってな人も多いんですよ。逆に真夏のカンカン照りのときは、仕事があります(もちろん屋外ですので、汗だくで、熱中症が心配です)。

常に募集をかけている会社(建設業など)は、実態は3Kのような仕事で、雇ってもすぐに辞めていく人が多い、ってことです。
    • good
    • 0

私は税理士事務所で働いたことのある者です。



特殊な例かもしれませんが、会社の人間がほとんど役員で、それ以外はパート社員というところもありました。

求人票などの従業員数というのは、一般的に役員を含めません。法的に役員は労働者・雇用されているわけではないのですからね。

測量業界は詳しくはありませんが、役員従業員、さらには社内有資格者の数に応じた十分な仕事量があれば、同業他社と共同受注などをする必要はないのです。

また営業力が強い経営者などの場合に一部ありますが、社内の人員以上に仕事を取るだけ取りまくり、下請業者を数多く使うということもあります。下請け業者の数や底の従業員数は、その会社の従業員数ではありませんので、見た目小さくても大きな仕事をしている場合もあることでしょう。

デメリットはわかりません。
その会社の方針と経営状況はいろいろですし、あなたがそこで働く場合に不満を感じるであろう部分は想像できませんからね。
ただ、小さい会社はアットホームであることもあり。私的な事情なども対応してくれる場合もあるかもしれません。大企業などではできないことも小さい会社でできることもありますからね。逆に小さい会社であれば、社長の独断で物事を進めるという点もあいます。社長の性格によっては、従業員の意見などを聞かず、社長の判断についてこれない人はいらないという判断をするかもしれません。大企業であれば部門長など組織化されていますので、あまり大きな問題もないのかもしれません。
しかし、大きい会社ですと、大きな仕事の一つの歯車になり、全体的な仕事内容も分からずに仕事をすることも多いことでしょう。しかし、小さい会社は、色々な立場を兼務したり、全体を見ながら進める立場にもなりやすいでしょう。小さい仕事であればなおさら少人数でこなすために全体像を見ることができるでしょう。
人それぞれ性格や考えにもよりますが、私は小さい会社の役員として、応募される方には大手会社での組織が嫌になったり、歯車の一つであることが嫌になり、自分の能力はもっと大きいと考えて応募されることもあります。

あなただけでなく、その会社や社長さんとの相性も重要です。
尊敬できる社長の下で、責任ある仕事と経験が詰めることにやりがいを感じ、そこそこの給料でもその方がよいと考える人もいるのです。ただ、後継ぎがいないというだけで会社が閉鎖されることもあり、安定や給与の額を中心に考えれば、少しでも大きな会社がよいという判断もあると思いますね。
    • good
    • 0

金だよね 


長く勤めなくても初めから給料が高いと思うけど
しかし不況になれば。明日から来なくて良い!潰れるから!終わりも有り得る
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報