従業員数が企業全体で3人でうちパートが2人の企業があるのですが、これは同業他社と一緒に仕事したりすることが多かったりするのでしょうか? 職種は測量および測量助手です。
また、こういう企業に入るにあたってデメリットは何かありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

従業員数が3名の測量会社ということでしょうか。

測量会社は建設業(建設コンサル・設計会社など)と関係が深く、多くはゼネコン(あるいは建設コンサル・設計会社)などの下請け会社・孫請け会社から測量の仕事を請け負っており、規模の小さいところも珍しくありません。測量で同業他社と一緒に仕事をすることは、まずないでしょうね。あるとすれば広範囲に測量をする必要がある場合は地区分けされて、A地区はa測量会社、B地区はb測量会社という具合に、仕事を分配されることでしょう。

建設業は一部の大手・準大手を除けば規模の小さい処が多く、仕事がきつい割には給料は多くありません。なので、採用できてもすぐに辞めていく人が多くて、安定しないんですよ。だから慢性で人手不足です。仕事は天気にも左右されますしね。雨が降れば測量なんてできませんから、梅雨時はどうしているのか、です。北海道では冬は雪で埋もれていますから、測量なんてできず、冬は内地に出稼ぎに行く、ってな人も多いんですよ。逆に真夏のカンカン照りのときは、仕事があります(もちろん屋外ですので、汗だくで、熱中症が心配です)。

常に募集をかけている会社(建設業など)は、実態は3Kのような仕事で、雇ってもすぐに辞めていく人が多い、ってことです。
    • good
    • 0

私は税理士事務所で働いたことのある者です。



特殊な例かもしれませんが、会社の人間がほとんど役員で、それ以外はパート社員というところもありました。

求人票などの従業員数というのは、一般的に役員を含めません。法的に役員は労働者・雇用されているわけではないのですからね。

測量業界は詳しくはありませんが、役員従業員、さらには社内有資格者の数に応じた十分な仕事量があれば、同業他社と共同受注などをする必要はないのです。

また営業力が強い経営者などの場合に一部ありますが、社内の人員以上に仕事を取るだけ取りまくり、下請業者を数多く使うということもあります。下請け業者の数や底の従業員数は、その会社の従業員数ではありませんので、見た目小さくても大きな仕事をしている場合もあることでしょう。

デメリットはわかりません。
その会社の方針と経営状況はいろいろですし、あなたがそこで働く場合に不満を感じるであろう部分は想像できませんからね。
ただ、小さい会社はアットホームであることもあり。私的な事情なども対応してくれる場合もあるかもしれません。大企業などではできないことも小さい会社でできることもありますからね。逆に小さい会社であれば、社長の独断で物事を進めるという点もあいます。社長の性格によっては、従業員の意見などを聞かず、社長の判断についてこれない人はいらないという判断をするかもしれません。大企業であれば部門長など組織化されていますので、あまり大きな問題もないのかもしれません。
しかし、大きい会社ですと、大きな仕事の一つの歯車になり、全体的な仕事内容も分からずに仕事をすることも多いことでしょう。しかし、小さい会社は、色々な立場を兼務したり、全体を見ながら進める立場にもなりやすいでしょう。小さい仕事であればなおさら少人数でこなすために全体像を見ることができるでしょう。
人それぞれ性格や考えにもよりますが、私は小さい会社の役員として、応募される方には大手会社での組織が嫌になったり、歯車の一つであることが嫌になり、自分の能力はもっと大きいと考えて応募されることもあります。

あなただけでなく、その会社や社長さんとの相性も重要です。
尊敬できる社長の下で、責任ある仕事と経験が詰めることにやりがいを感じ、そこそこの給料でもその方がよいと考える人もいるのです。ただ、後継ぎがいないというだけで会社が閉鎖されることもあり、安定や給与の額を中心に考えれば、少しでも大きな会社がよいという判断もあると思いますね。
    • good
    • 0

金だよね 


長く勤めなくても初めから給料が高いと思うけど
しかし不況になれば。明日から来なくて良い!潰れるから!終わりも有り得る
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従業員300人以上の会社(法的に大企業) 従業員100人程度の会社(法的に大企業ではない) 上記二

従業員300人以上の会社(法的に大企業)
従業員100人程度の会社(法的に大企業ではない)

上記二つを比べてみて、
会社員として就業する場合
生活面等々範囲問わず生きていく上で
何か違いはあるのでしょうか?

例えばクレジットカード限度額
お金の借りやすさ もあったりすると思いますが、
どうでしょうか?

Aベストアンサー

大企業は資本金1億円以上という定義もあります。クレジットカードは個人の信用度なので医者ではない限り優遇される事はないと思います。大企業のカンパニーカードを取り上げられた社員もいるので基本的に個人の信用度だと。

Qもうすぐ実務経験3年です。同業他社へ就職活動するか今の場所に留まるか悩んでいます

私は約3年前にある研究プロジェクト(3年計画)のサポートスタッフとして今の職場に雇われました。待遇はほぼバイト扱いで、基本給・残業代・交通費は出ますがボーナスや社会保険はありません。

今の仕事には大変やりがいを感じ、人間関係も良好なのですが、待遇が悪くまたどれだけ続けても正規雇用される見込みはありません。そこでもうすぐこの仕事に携わって3年になるのを機に「実務経験3年」を武器に同業他社へ正社員での就職を試みようと思っていたのですが、3年計画だったはずのプロジェクトが更にあと3年続くことになり、身の振り方を悩んでいます。

プロジェクトメンバーとしては私に残ってほしいということで意見が一致しているそうで、その場合あと3年の待遇は派遣社員並みにはしてくれるとのことです。(=上記基本給・残業代・交通費に加え、社会保険を付けてもらえる。)

そうやって続けた場合、3年後には「実務経験6年+一つのプロジェクトを完遂した」という実績ができるので今中途半端に辞めるよりも後3年残ったほうがいいかなとは思うのですが、今と大して変わらない給与水準があと3年続くのと、その頃には30代になるので就職活動をする際に大丈夫なのだろうか?と心配です。

繰り返しになりますが、今の職場にあと3年、今度は派遣程度の待遇で残ったとしても、その後正規雇用してもらえる見込みはなさそうだという状況で、実務経験3年・20代の今、同業他社へ「就職」を試みるか、3年後に実務経験6年+一つのプロジェクトを完遂したという実績をもって30代で動くか、どちらが良いのでしょうか?(※今の職場のもう一つの良い点は、ほとんど定時に帰れるので身体的にも楽だということです。「就職」となると連日の残業は当たり前だというイメージがあり、体力的にやっていけるのかという不安があります。)

私は約3年前にある研究プロジェクト(3年計画)のサポートスタッフとして今の職場に雇われました。待遇はほぼバイト扱いで、基本給・残業代・交通費は出ますがボーナスや社会保険はありません。

今の仕事には大変やりがいを感じ、人間関係も良好なのですが、待遇が悪くまたどれだけ続けても正規雇用される見込みはありません。そこでもうすぐこの仕事に携わって3年になるのを機に「実務経験3年」を武器に同業他社へ正社員での就職を試みようと思っていたのですが、3年計画だったはずのプロジェクトが更にあと3...続きを読む

Aベストアンサー

採用する側の者です。
同一プロジェクトを3年携わり、一応区切りがついたということであれば、早い転職を勧めます。
サポートスタッフということなので、さらに3年続けても大きな飛躍は望めないと思います。転職する場合に、ほとんど同じような仕事をするところであれば、さらに3年続けることも悪くは無いですが、同様な業種でもやることややり方は異なります。
転職先において、今のあなたが就職した後の3年後と3年後に転職したあなたを比較した場合、どちらが役に立つかを考えた時通常は前者ですよね。
 今の仕事を続けながら、気長に希望の仕事を見つけ転職することを勧めます。

Q前の会社から、契約違反警告書がきました。 退職して1年以内に同業他社に勤務してはならない、同業種の事

前の会社から、契約違反警告書がきました。
退職して1年以内に同業他社に勤務してはならない、同業種の事業を立ち上げてはならないというものへの違反です。
文書の中には、前会社の顧客への勧誘行為があったのも踏まえ、営業差止め?賠償請求とありました。
退職後1年以内に私は個人事業を立ち上げましたが、前会社にも恩があったので、顧客勧誘行為どころか、顧客に私が個人事業をしている事も言っていません。
今更、個人事業をたたむ訳にはいきません。
賠償請求等に応じなくてはならないのでしょうか?
1.入社時に契約書にサイン捺印しました。
2.前会社には、8年弱勤めました。
3.退職金はありません。

Aベストアンサー

「契約違反」については認めつつ、「前会社にも恩があったので、顧客勧誘行為どころか、
顧客に私が個人事業をしている事も言ってい」なければ、前の会社の営業・業務に直接的な
支障・影響・妨害を与えておらず、営業差止めは勿論、賠償請求さえ拒否可能でしょう・・。

先方が「追及」して来た場合は、開業後の事実を伝え、相手の出かたによっては、裁判も
視野に・・・では?
『前会社の顧客への勧誘行為』が事実か、否かに係って来る問題でしょうネ。

Q測量士補という職種について

測量士補の仕事とはどういったことをやるのでしょうか。
(経験・知識・適性・年齢制限・需要などは…)
働きながら、通信教育などで勉強することも可能でしょうか。
(通信教育でおすすめのところとかはあるでしょうか。)
また、初心者ではかなり難しいのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは 私は工業高校出身(土木科)の大学生です。私は高校3年生のときに測量士補の試験を受けて、合格しました。(2回目のチャレンジでなんとか合格しました)
 その中の経験から言わせてもらうと独学はちょっと厳しいと思います。特に文章問題などは専門的な言葉がたくさん出てきますので、しっかりと勉強しておかないとちんぷんかんぷんだと思います。計算問題のほうはある程度の知識があれがイケます。(練習問題を何度もこなして慣れておく必要はありますが)
 

Q測量士及び測量士補について

こんにちは。建築学科に通う女子です。このたび資格を取得しようと思いましていろいろ調べたりご意見を伺ってるうちに「測量」が候補に挙がりました。
ちなみに、以前質問させていただいたのは↓です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=368174

そこでお尋ねしたい事があります!!

1)測量士と測量士補とありますが、まずは測量士補でしょうか?

2)独学で取得しようと思うのですが難関でしょうか??(高校数学までは出来ますが…取得までにどれくらい時間がかかるのか見当もつきません。)

3)先述したように女子なのですが測量の仕事って出来るのでしょうか?本当の目的は建築士ですので測量を本職にするわけではないのですが…。

4)こうした方が集う掲示板やサイトってありますか?

なんだか質問攻めになってしまいましたが、1つでもご回答いただければ幸いです。よろしくお願い致します!!!

Aベストアンサー

 今晩は。徳川家の霊廟に関するレポートは無事完了したようですね。
 え~、私は文学部でしたが、必要科目を修得すると自動的に士補の免許を取得できるというありがたい制度のおかげで、何故か持っています (^^;。週に2時限の実習がありましたが、いやはや、正視に反視はまだいいとしても、補角となんだらがかんだらで、計算結果はどうやるの?? やはりそれなりには大変だと思います。
 もっとも、遥か後になってたまたま遺跡発掘現場でトランシットを使う作業に関わることになった時、実は基本の心出しの方が実地に経験を積まないとずっと手間取ることが判りました(心出しは測量の基準点に測量器具の中心を鉛直に合わせる作業)。こればかりは本当にやらないと全くお手上げです。

 これを書く前に少し調べたところ、確か以前は「測量士は測量士補免許取得後、実務2年以上で受験資格が得られる」という規定が有った筈なのが、現在では変更されたのですね。知りませんでした。
 既に受験に関するページはご覧になっていると思いますが、下に大方のことが出ていますし、質問に有る掲示板にもここから行けます。私はそちらは未確認ですがご容赦。捜すと過去の問題も例題として出ているようなページも有るかもしれません。

 ついでですが、遺跡では作図に合わせて水準測量をやっている女性は多くいたものの(レヴェルをセットしたらあとは数字を読むだけで、要するに簡単なので)、さすがに測量の基準杭を設置するためのトランシットやトータルステーションの作業は誰もやろうとはしませんでした。
 覚えてしまえば、実は掘っている作業などよりずっと楽な仕事の筈なのですが。要は単純にやる気の問題ということですね。

参考URL:http://www.netbeet.ne.jp/~iwai/0008-4.htm

 今晩は。徳川家の霊廟に関するレポートは無事完了したようですね。
 え~、私は文学部でしたが、必要科目を修得すると自動的に士補の免許を取得できるというありがたい制度のおかげで、何故か持っています (^^;。週に2時限の実習がありましたが、いやはや、正視に反視はまだいいとしても、補角となんだらがかんだらで、計算結果はどうやるの?? やはりそれなりには大変だと思います。
 もっとも、遥か後になってたまたま遺跡発掘現場でトランシットを使う作業に関わることになった時、実は基本の心出し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報