例えば、携帯電話の代理店として、お客様への納品遅れとか、金銭滞納
約束無視等の理由で、本部にクレームが入ったとします。

代理店の活動に対する責任は本部にあるものなのでしょうか?

それとも、代理店契約の段階で、本部には一切責任がないという
旨の契約を交わしているのでしょうか。

そもそも代理店の代理というのは、権利だけでなく責任も代理する
意味をふくんでいるのでしょうか。

非常に抽象的な質問ですが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般に起こるトラブルやクレームの類は、代理店の管轄でお客様と対処を図ります。


しかし代理店での営業内容や顧客対応に問題が多いと、メーカーや本部から直接的に代理店営業停止のお達しも有り得る訳で、本部が一切タッチしないわけではありません。
特に商品の故障や結核品に関しても、メーカー側の責任になるわけですから代理店はその場合、単なる窓口にしかなりません。「メーカーに問い合わせてみますんで・・・」は有名な逃げ文句です。
トラブルの原因を確かめながら代理店と話し合い、状況によってはメーカーとやりとするケースもあります。
    • good
    • 0

代理店の権利と責任は時代や業界の慣習によってさまざまですが、基本的には、販売テリトリーが保証される代償として、販売目標が設定され、ブランドをメーカに代わって守る責任が課せられます。

付帯事項としてサービスや宣伝をどうするか取り決められます。サービスは効率化や高い技術力を必要とすることからメーカが地区ごとにサービスセンターを設けるのが普通です。宣伝は共同企画以外はメーカが責任を持って行いますが、海外ブランドを国内で総代理店として販売する場合は代理店が代行し経費の補填をうけるのが通例です。
納品遅れ、その他は原因を作ったところが最終責任を負うわけですが、顧客に対しては代理店が責任を負うのが筋でしょう。納品遅れの責任がメーカにある場合は、代理店は別途メーカに賠償を求めることになります。

全ては取引開始前に文書、メモ、通達、口頭、業界慣習などで決まっている筈です。代理店の責任の軽重によって代理店口銭(粗利)も決まってきます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTTフレッツ光の代理店を目指したく、資料やNTTの代理店窓口等を探しているのですが・・・

Webサイト等で調べてましたら、NTTのページ内でみつけられず・・・
そのかわり、悪質業者等の情報が多く掲載されているばかりで、なかなかみつけられません。

できれば、資料請求まで行いたいのですが・・・

ご存知の方、いらっしゃいましたら、詳細教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

一次代理店の事なら貴方ではまず無理でしょう。
個人が簡単に用意できない資金と実績と人脈が必要となります。
ここで聞いている時点で貴方には無いのは確実でしょう。

二次代理店なら各一次代理店に話しを持ちかけてみるのが手だと思います。
(光ではないけどこれは経験あり)
ただ、それならアフリィエイトやっているのとあまり報酬額変わりません。
自己申し込みOKなアフリィエイトでNTTの商品販売しているところ
選べば一番リスクもなく簡単かなと思います。

Q代理店と特約店

代理店と特約店の違いとは何なのでしょうか?
特約店は地域を限定できるだけでしょうか?

Aベストアンサー

klubさんの業界の慣習が解らないのですが。
>代理店だからこんなことしちゃいけない
これは無いです。格付けの基本は「これだけのことをしてください」です。
私たちの代理店はユーザーから技術問合せがあった場合、代理店サイドで解決できるスタッフ(実は私たちの課)をそろえメーカ無しでも解決できるようにしています。
代わりにメーカーからは技術情報をもらっています(裏情報も含む)、また技術教育に関してもメーカーに協力してもらいます。
2次代理店・特約販売店はそのようなソリューションを持っていません。
また在庫の問合せにしても、すぐに回答できるようにメーカーのホストサーバーと直結したホストを社内に持っていますが管理にかなりな金額がかかります。
同じく2次代理店には無いです。
また大量の在庫を保有しています(一部メーカーに在庫の無い物まで)

メーカーからすれば「多く売れれば良い」だけですので、メーカーの手間のかからない販売店が優位になるだけです。事実ある2次代理店の販売量が増え1次代理店に昇格したことがあります(ただしこの場合、数年に渡り安定した販売量があった場合です)。

「してはいけない」事に近いですが、特約店の中には「代理店」と名刺に明記している会社もありますが、メーカーは黙認しているようです。(それで売上が上がるなら良いのかな?)

貴社がこれから代理店制度を取り入れられ、販売が多くなって来ると代理店間に格差をつけなければならなくなったとき2次代理店・特約店が必要となるわけです。


法律に関しては解りません。

klubさんの業界の慣習が解らないのですが。
>代理店だからこんなことしちゃいけない
これは無いです。格付けの基本は「これだけのことをしてください」です。
私たちの代理店はユーザーから技術問合せがあった場合、代理店サイドで解決できるスタッフ(実は私たちの課)をそろえメーカ無しでも解決できるようにしています。
代わりにメーカーからは技術情報をもらっています(裏情報も含む)、また技術教育に関してもメーカーに協力してもらいます。
2次代理店・特約販売店はそのようなソリューションを持...続きを読む

Q代理店と特約店

代理店と特約店の違いがよく分かりません

教えてください。

Aベストアンサー

代理店と特約店は、法律上はあまり違いがないようです。

代理店契約では、A社からの商品(製品)供給は、売買契約の場合がほとんどのようです。つまり、Legaさんの会社はA社から商品を購入して、それを○○社に販売する。が、一概には言えません。

お尋ねのパターンでも、結局、呼び方ではなく、契約内容が重要になってくると思います。供給元のA社の方で代理店と特約店の使い分けはされていないのですか?

Q代理店と特約店の違い

代理店と特約店の違いはなんでしょうか。

自分なりに調べてみましたがわかりやすく解説していただける方

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 企業によって解釈はマチマチです。
代理店と特約店の違いに厳密な区別は無いというのが正しいのでは?

 gooの国語辞書によれば、

  代理店
  → (1)代理商の営業所。
    (2)特定の会社の代理として商品の販売などの業務を行う店や会社。

  特約店
  → 製造業者または卸売業者と販売方法など、商品の取り扱いについて
    特別の契約をして、その商品を扱う販売店。

となっていますが、商法などの法律でも特に定められていないはずです。

 例えば自動車でいうと、ディーラーは「特約店」で、中小の自動車販売・
修理店が「代理店」というのが、私のイメージです。
 ディーラーはトヨタならトヨタしか扱わないので「特約店」、中小の自動
車販売・修理店なら複数の看板がかかっておりメーカーに拘束されない「代
理店」かなという感じです。私の知っているところは国産車なら全て扱える
と豪語しておりました。後で詳しく調べると、メーカーやディーラーの場合、
エンドユーザー向けの販売と法人向け販売の2ルートあるからです。

 しかし、この例が全ての業界や会社に通用するかは保証の限りではあり
ませんし、99.9% 私の妄想だと考えて下さい。

 一度、「代理店 特約店 違い」でググってみてください。
私の話がもっと具体的にイメージできると思います。

 企業によって解釈はマチマチです。
代理店と特約店の違いに厳密な区別は無いというのが正しいのでは?

 gooの国語辞書によれば、

  代理店
  → (1)代理商の営業所。
    (2)特定の会社の代理として商品の販売などの業務を行う店や会社。

  特約店
  → 製造業者または卸売業者と販売方法など、商品の取り扱いについて
    特別の契約をして、その商品を扱う販売店。

となっていますが、商法などの法律でも特に定められていないはずです。

 例えば自動車でいうと、デ...続きを読む

QFCの本部・加盟店の関係

FCでは、
本部と加盟店は業務委託での独立という形ではありますが、
あくまで普通のサラリーマンと同じで雇ってる会社と雇われてる労働者の関係ですか?
ということは解雇処分もありうるということですか?

Aベストアンサー

 解雇=契約解除ですが、それも本部の定めた契約としての事ですので、一概には言えません。

 ただし、明らかにブランドイメージを崩すような事を続けており、本部から派遣されているマネージャーのアドバイスを無視するような、オーナーは何らかの本部より制裁はあるでしょう。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報