梅毒の感染後には、抗カルジオライピン抗体と、抗トレポネーマ抗体ができると聞いていますが、この抗トレポネーマ抗体というのは感染防御抗体ではないのでしょうか? 梅毒の治療が済んだヒトは、二度と梅毒にかからないのでしょうか? あるいは、抗トレポネーマ抗体があっても、なんどでも感染するのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

大学病院で皮膚科の講師をしております。


単刀直入に申し上げますと、何回でも感染します。
ウイルス感染症の場合は終生免疫ができるものもありますが、細菌やリケッチア、スペロヘータ感染症で終生免疫が獲得できる病気は稀です。もちろん二度目の感染の時には早い段階から免疫がフル回転しますから、罹っても早く治る傾向はあるようですが。
梅毒ならば、早期にペニシリンを内服すれば完治しますが(もちろん梅毒血清反応はずーっと残りますが)、何回も梅毒に罹患するような危ない事を繰り返せば、当然、他の性感染症のリスクが高くなります。
私の大学の患者さんの中でも、何度も梅毒に罹った「懲りない人」のうち数名がHIVに感染してしまいました。アメーバ赤痢やウイルス性肝炎に罹った人もいます。
お心当たりがあるのでしたら十分にご注意下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。私自信の身に覚えがあるのではなく、学問的な疑問から質問しました。 

お礼日時:2001/06/25 16:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本女性に梅毒感染者激増中 中国では紙幣から梅毒感染 梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。 どう

日本女性に梅毒感染者激増中
中国では紙幣から梅毒感染
梅毒は強力な感染力で猛威を振るっている。
どう予防すべきですか?怖くて町も歩けません❗

Aベストアンサー

町なんか歩いても梅毒に感染しません。紙幣からも感染しないです。質問者様の免疫力がよっぽど低下していない限り大丈夫です。

Q抗精子抗体が陽性で抗対価が高いのですが、自然妊娠できる確率はどれくらい

抗精子抗体が陽性で抗対価が高いのですが、自然妊娠できる確率はどれくらいなのでしょうか?

私は、男なのですが、検査で抗精子抗体をもっているとわかりました。

妻を妊娠させることができるのか心配です。

誰か教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

>自然妊娠できる確率はどれくらいなのでしょうか?

うーん、、具体的な数字で表すことは難しいのですが、抗体価が高いのでしたらかなり困難かと思います。
体外受精か顕微授精の適応ですけれど、心理的に負担があるようなら、奥様の年齢や不妊歴等と相談の上で、一定期間だけタイミング指導や人工授精を試されて、結果がでないようであれば早めに体外受精・顕微授精を受けられるのがいいのではないかと思います。

Q梅毒の感染

1週間程前から腕に発疹が出来ており、痛みも痒みもなく
また心当たりもあるため梅毒の検査を受けました。(採血)
結果は陰性だったんですが、感染した可能性があると思われる日から1ヶ月程度しか経っておらず、
感染していても陰性になる可能性があるとのことで、2,3週間してから再度検査を受けてみようと思っています。
(1ヶ月程度経過していればほぼ分かるとのことですが)

ここで気になるのが、それまでの間に人に移してしまう可能性です。
性行為を行えば当然移してしまう可能性があるんでしょうが、
調べてみたところキスでも移る可能性があるとのことなので
・風呂(自分が入った後に入った人)
・食器、コップ(簡単な水洗いだけ)
・その他、日常生活
でも移してしまう可能性があるのではないかと不安に思っています。
特にコップなんかは回し飲みをしたりすると危険なんでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>風呂(自分が入った後に入った人)・食器、コップ(簡単な水洗いだ け)・その他、日常生活でも移してしまう可能性があるのではないか と不安に思っています。
 特にコップなんかは回し飲みをしたりすると危険なんでしょうか?

☆心配ご無用。
上記の行為では絶対に感染しません(もちろHIVも同様)。 
ただし、SEXは再検査して陰性を確認してからすることです。

Q抗ピロリ菌IgG抗体について教えて下さい。

血液検査でピロリ菌の有る無しを調べる際には抗ピロリ菌IgG抗体を調べるようですが仮に陰性だった場合はクラミジアのIgG抗体のように一度もピロリ菌に感染したことが無いと考えて良いのでしょうか?

色々と勉強したところ萎縮性胃炎が進むと胃が腸上皮化生になり腸上皮化生が進行するとピロリ菌が自然消滅することがあると下記のサイトに書いてありますが、この状態になってピロリ菌が消滅したら抗ピロリ菌IgG抗体は陰性になりますか?
それとも抗体は一度感染すると菌が消失しても(クラミジアがそうですよね?)抗体は残ると聞いてます。
なのでピロリ菌を除菌し消失しても血液検査での抗体検査をした場合は陽性になると考えた方が良いのでしょうか?
モチロン、ピロリ菌を除菌した場合の検査は血液検査での抗体検査ではなく尿素呼気試験で検査をすることは知ってます。
http://naisikyou.com/iii/why2.htm

Aベストアンサー

仰るとおりです。ほとんどの場合は、陰性ならば、感染したことがないといえます。
盲点は、つい最近感染して、検査時にはIgG抗体が産生されていないということが挙げられます。

IgG抗体は一度作られるとある程度の年月は残ります。ピロリ菌を除菌してもゆっくりと減りますが、残ります。検査は陽性になるでしょう。

抗ピロリ菌IgG抗体陽性が示すことは「ピロリ菌に感染した事がある(既感染である)」ということです。

QHBs抗体とHBe抗体の関係

 私はB型肝炎の検査で
HBs抗原マイナス
HBs抗体2048(倍?)の数値が出ています。

HBe抗原やHBe抗体についての数値は分かりません。
私の場合、母子感染においてセロコンバージョンしたのでしょうか?
それともセロコンバージョンではない?
自分なりに分かる範囲で調べてみたところ、
セロコンバージョンだと HBe抗原がマイナス、HBe抗体がプラスの状態を言いこの場合は、感染しているがウィルス量は少なく感染力が弱い状態だということまでは分かりました。

だとすると、HBs抗体が陽性であるということは既に「現在は感染していない」状態であり、
今現在セロコンバージョンの状態であるということはあり得ないのでしょうか?(HBe抗体がプラス=感染している。 のならば)

または、セロコンバージョンしたのち、今の私のような状態の数値になるということはありますか?

分かりにくい聞き方ですみません。
ちょっと聞き方を簡潔に変えてみます。


「HBs抗体がプラスなので、HBe抗原も抗体もマイナスでありセロコンバージョンの状態とは言えない」のでしょうか?

 私はB型肝炎の検査で
HBs抗原マイナス
HBs抗体2048(倍?)の数値が出ています。

HBe抗原やHBe抗体についての数値は分かりません。
私の場合、母子感染においてセロコンバージョンしたのでしょうか?
それともセロコンバージョンではない?
自分なりに分かる範囲で調べてみたところ、
セロコンバージョンだと HBe抗原がマイナス、HBe抗体がプラスの状態を言いこの場合は、感染しているがウィルス量は少なく感染力が弱い状態だということまでは分かりました。

だとすると、HBs抗体が陽性であるというこ...続きを読む

Aベストアンサー

セロコンバージョンしたと言えます。

HBe抗原陽性、HBe抗体陰性→HBe抗原陰性、HBe抗体陽性も確かにセロコンバージョンといいますが、
その後に、HBs抗原陽性、HBs抗体陰性→HBs抗原陰性、HBs抗体陽性という状態がきます。
ただ、これは、人によってかなり時期によって違いがあり、若くしてそうなる人もあれば、高齢になってそうなる人もいます。

このs抗原・抗体のセロコンバージョンは、e抗原・抗体のセロコンバージョンの後にきます。

なお、HBs抗原 陰性、HBs抗体 陽性とは血中における状態を示しており、血中にはウイルスはいませんが、肝臓内にはウイルスがいる可能性はあります。血中にウイルスはいないので他人に感染性はありませんが、例えば、協力な免疫抑制剤や抗がん剤と投与すると、血中にでてきて肝炎をおこすことがあります(de novo肝炎)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報