ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

発達障害の小3の息子が授業を受けさせてもらえず悩んでいます。授業を受ける権利とかは無いのでしょうか?
息子は1年生の時に広汎性発達障害と診断され2年から特別支援学級になりました。特別支援学級では、じっと授業を受けられず他人の物を触ったりして授業を中断させてしまう事が日常です。2年生の時は介助員の先生が付いて、なんとか特別支援学級や通常学級(調子の良い時は)で授業を受けて来ました。ですが3年生になると若い新人先生になって、少し何か有ると図書室に介助員の先生と連れて行かれ頭を冷やす…落ち着いたら支援学級に帰る…を繰り返していました。
この度、特別支援学級の他の生徒が学級の子に手を出して(うちの子では無い)教育委員会が来る惨事となり、その手を出した子と何故かうちの子が図書室で過ごす処置を取られました。図書室では授業は受けさせてもらえず毎日介助員が付いて本を自分で読むだけの日々。図書室で過ごす処置は期限を決められていません。このままでは授業を受けられずどうすれば良いか悩んでいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

障害のある子が学べる専門の学校が有りますので、そちらへ


転校するのがベストではないでしょうか。
お子さんに「私の取り扱い説明書」を書きあげて貰いませんか。

質問者さまには、
『子どもの脳にいいこと』
『続・子どもの脳にいいこと』
『新・子どもの脳にいいこと』
を読んでみることをお勧めしたいです。

大学で教えている女性が、自身の発達障害の子息を
旧帝大の京都大学に入学させてから書いて出版した本がありますので
興味があればそうした本を読んでみると参考になるでしょう。

感情を環境に向けても何も進みません。
(主観的且つ短絡的な)垂直思考を止めて、やわらかアタマで、
多様な視覚・視点で考えてみてくださいませんか。
『子どもの脳にいいこと』のような本でも、お母さまの
真に賢明な対応がお子さんを救い導くことが記されています。
そういう意味では、お子さんを京都大学に入学させた女性の
スタンスには学べる面があるのではないでしょうか。

良妻賢母は、現代でも古くないような印象があります。
Good Luck!
Ciao.
    • good
    • 1

支援学校教員です。



>授業を受ける権利とかは無いのでしょうか?

いいえ。どの子にも「授業を受ける権利」はあります。もちろん、あなたの子さんにも。そして、周囲の児童にも。

>少し何か有ると図書室に介助員の先生と連れて行かれ頭を冷やす…落ち着いたら支援学級に帰る…を繰り返していました。

この表現から、お子さんは「パニック状態」になってしまうのかと思いますが、どうなのでしょう?

もしそうならば「タイムアウト」と言う「自分で自分の興奮を落ち着かせる行為」=「自分をコントロールする力を養う」為にしているので「知識学習」よりもお子さんにとっては「社会で生きていく力を養う」学習をしていると言うことになります。

子どもは6歳ぐらいから徐々に「自分がしたいこと」「自分が近い将来こうなりたいこと」が「はっきりと衝動として現れ」それがピークになるのが17歳ぐらいなのですが、「社会的にしてはいけない」「周囲の迷惑になる」などの「自己抑制が確立する」のは、9歳ぐらいから始まり25歳ぐらいがピークになります。

つまり、6歳から17歳の間は「どうしても衝動性の方が、自己抑制より勝る」時期になります。

ですので、この時期には「何らかの外的な圧力」と言う形でしか「自己抑制」を維持されないと言うことになります。例えば「親が叱る」「学校の規則」「友達の非難」などです。

ただし、上記の状態が「パニック状態」と言うことでなく「単に外的な刺激が強すぎて、動きが過剰になる」程度ならば、支援学級内に「仕切り」など簡易なパーテーションを作ってもらい、「教室内にいるが、他の子は見えない」状態にしてもらうのも手ではないでしょうか?

>図書室では授業は受けさせてもらえず毎日介助員が付いて本を自分で読むだけの日々。

「パニック状態の回避」としても、それは「変」ですね。授業内容を簡単に表示したプリント学習などを取り組ませるが、本来だと思いますが。

支援学校は「地域の支援センター」としての「役割」を備える都道府県も増えています。『巡回指導』と言うものを「学校が申し込む」のであれば、支援学校の専門的な教員が「その若い先生」にアドバイスをすることもできます。

また、「どうしてもここではダメ」ならば「学年が変わる節目」で「支援学校に転校」と言うこともできます。(ただし、申し込みは6か月ぐらい前からされる方がスムーズです)

ご参考までに。
    • good
    • 0

親御さんとしては我が子に学校できちんと授業を受けさせたいと考えるのは当然です。


しかし学校という所は、決められた時間座って授業を受けられる子を前提として存在しています。
特別支援学級はあくまでもそれが出来ないお子さんを、次のステップに進めるまでの
特別措置のようなものでしかないように思います。
今回は息子さんは手は出してはいませんが、今までにも何度か授業の妨げになるようなことがあり、
それも加味されてそのような処置になったのではないでしょうか。
確かに若い先生で経験と力不足な点もあるかもしれませんが、
2年の時の先生も何とかなだめすかしていただけで、指導の成果がほとんどないとも言えます。
学年が上がれば子供の体も大きくなり、力も強くなります。
精神的にも中途半端な年代で、普通学級でも中学年が一番問題を起こす年頃です。
低学年でできていた指導が出来なくなった可能性もあります。
親にとっては大事な我が子でも、学校にとっては数多くの生徒の一人でしかありません。
うちの子が小学校の時、支援学級に通う同級生のご家庭ではおじい様が仕事をやめてお孫さんに付き添いました。
卒業後は学校から乞われて、そのまま介助員兼交通指導員さんになりました。
まず学校とよく話し合い、「いつから」ではなく「どうしたら」教室で授業を受けられるか、
息子さんにとってより良い方法を模索し、親も動くべきではないかと思います。
    • good
    • 0

養護学校で学ぶ事を考えてみませんか。

お子さんがのびのびと学べるよう支援してくれます。

友人の子が発達障害で小学卒業までいじめがありました。
親は悩んだすえ養護学校を中学からいかせました。はじめは馴染めず
落ち着きがなかったそうですが先生達が見守り支援してくれたおかげ
で落ち着いて授業を受けれるようになったそうです。
二年生から寮生活にそんな彼も今は高校卒業して就職しました。

私は何もしてあげれず、「ご飯食べにおいで」自宅にて食事してました
子供は子供同士、息子に兄ちゃんってくっついていましたよ。

休みで四国に帰ってきたら「おばちゃん遊びに行くね」親子で来てくれます。
    • good
    • 2

大変ですよね。


学校や教育委員会と交渉はしていますか?
甥が自閉で同じような状況でした。
当時、甥は障害者認定はされなかったので(今は認定されました)、健常者として生きていくためにはなんとしても普通に学校を卒業し就職できる道が必要でした。
が、特別支援学級で小学校を過ごしてしまえば、中学から普通学級に行くことは不可能でしょうし、そのままでは進学の道が絶たれてしまいます。
障害認定がない以上、なんとか普通学級で学びたいという親の希望のもと、学校と話し合い、普通学級で学ぶときには親が付き添うことで決着しました。
少し落ち着いてからはボランティアにお願いすることもありましたね。
学校の了承を得るのにはそれなりに時間もかかりましたし、教育委員会とも連絡を取りました。

授業を受ける権利はありますし、主張したいのですが、授業を妨げてしまえば、他の生徒の親御さんからのクレームはとめることができないのが現実です。
お互いの立場を理解しながら、最良の道を模索してみて下さい。

ちなみに甥は、中学の途中からは1人で普通学級に通うことができるようになりました。
根は優しい子だったので周囲の生徒も受け入れてくれて、教室を移動するときなど、同級生が何かと世話をしてくれたようです。
勉強は授業だけでは当然無理なので、親が家庭教師となって面倒を見て、文字通りの二人三脚で高校も行きました。

質問者様のお子さんにとって良い答えが見つかることを祈ってます。
    • good
    • 0

#1です。



ですから、その学校の言い分にあなたが納得できればそれでいいですし、
あなたが納得できないなら、なぜ納得できないかを学校に説明して、
学校側に理解を求めたらいかがですか、ということです。

学校はいつでもあなたの思い通りに振る舞うわけではありません。
あなたが納得できない振る舞いも、ときにはあり得るでしょう。

その際にあなたはただ「納得いかないなぁ」と思っているだけで、
何も行動に移さないでいます。

もちろん、いきなり弁護士を立てて、
教育を受ける権利の侵害だと民事で訴訟してもいいと思いますが、
そこまで話を大きくする段階ではありません。

まずは学校と話し合えばいいのです。
担当教諭でもいいでしょうし、校長でもいいでしょう。
「どういう話し合いの結果、私の子供が授業を妨害しているという結果になったのですか」と。

納得できないことがあった際、
「どうやって、労せずにかつ私好みに現実をねじ曲げられるか」と考えるのではなくて、
まずは「話し合ってみる」ということから考えてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

あなたのお子さんが今回のトラブルと関係がないにもかかわらず、


図書室で過ごすことになってしまったのであれば、
まずはなぜそうなってしまったのかについて学校側に理由の説明を求めてはいかがでしょうか。

そこであなたがその理由について納得すればそれでいいですし、
納得ができないのであれば、なぜ納得できないかを学校側に説明して、
理解を求めたらいかがかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂いてありがとうございます。
昨日、校長や特別支援学級の先生方、特別支援学級の保護者を集めて学校から話が有り、その中では「他の子が授業受けられないから…話し合いの結果そう決定されました」が学校の言い分でした。

お礼日時:2016/06/10 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q息子の授業態度が悪いようです(長文です)

特に学校の先生にお聞きしたく思います。

数日前,担任の先生から,小学1年生の息子が授業を聞かない,授業に参加しないとの報告がありました。
入学してから1学期の間は何事も問題なく学校生活を送れていたのですが,夏休みが明けてからはまったく授業に身が入らず,授業中の先生の話は聞かず,音楽や工作などの何かに取り組む時間は何もしようとしないらしいのです。

以前から著しく注意力が散漫で,人の話に耳を傾けたり目の前のことに気をつけたりするのが苦手なところがあり,また,自分の好きなことにだけは夢中になれる反面,注意力の欠如と相まって,興味の沸かないことに関しては全く集中できず,我慢して頑張るということができない子でした。
そのせいか,食事中のマナー,姿勢の悪さ,鉛筆や箸の持ち方など,何一つ正しく覚え,矯正することができないのです。
そんな調子なので小学校でもちゃんと授業を受けていられるか心配でしたし,AD/HDなどの病的な要因も疑ってはいましたが,入学してからは,細かい決まりごとなどに関して多少問題はあったものの,思いの外うまく集団生活に馴染めているようだったので,そのまま様子を見ていたところでした。

先生がわざわざ電話をかけて報告してきたくらいなので,よっぽどのことなんだろうと思い,その日のうちに帰ってきた息子に妻と二人でしっかりと言い聞かせました。
しかし,昨日外出先で息子の同級生と偶然であった際に,その同級生の子が私に告げ口してきて,息子の授業態度が改善されていないことが判りました。

困ったことに,先生からの報告では具体的な様子が分からなかったのですが,同級生の子の話によると,授業に身が入っていない程度の話ではなく,授業中でも話の合う子と前後で向き合って私語をしており,他の児童からたしなめられるほど騒がしくしているようなのです。
(息子も反論できず,言いつけられて憮然としているだけだったので,どうやら本当のようです。)


原因として思い当たることがあります。
夏休み中,どこにも連れて行けず,手持ち無沙汰にしている息子をかわいそうに思ったのか,妻がニンテンドーDSとそのソフトのポケットモンスターを買い与えてしまいました。
そして,夏休みの期間中にゲームセンターやおもちゃ売り場においてあるポケモンのゲームも覚えさせてしまったのです。

以前から息子は少しだけポケモンに興味を持っていて,友達の影響でテレビゲーム等にも関心が出てきたようで,デパートなどで欲しがる素振りを見せるようになってはいました。
しかし,前述の通り,息子は好きなことには夢中になってのめりこみ,残念ながらそれ以外のことは頑張れない子なので,ある程度親がコントロールしてやらなければなりません。

ゲームの類にのめりこみがちなことは既に判っており,他のことが疎かになることは容易に想定できましたので,ねだられて迷っている妻をその都度たしなめ,買うのを諦めさせていました。
ですが,妻は息子を溺愛するあまりいつも甘やかしすぎており,今回もとうとう出かけたついでに買ってきてしまったのです。

いつものことなので,しょうがないなと私もつい看過していましたが,案の定それ以来頭の中はポケモンのことで一杯になり,寝ても覚めてもその話ばかりするようになりました。
ですが,学校に行くのが大好きで,1学期はちゃんとできていただけに,授業に支障が出ているとは思いませんでした。

おそらく,それまでは興味の対象になり得ていた「学校のお勉強」が,他に強力な最優先事項が増えたせいで興味の対象から外れてしまったのではないかと思っています。
小学1年生で,しかも自己抑制力のまったく発達していないうちの息子には刺激が強すぎたのではないかと。

さすがに妻も反省したようで,厳しく叱りつけてゲームを取り上げてしまいました。
(本人にしっかり言い聞かせて納得はさせています。)

幸い学習能力には問題がないので,できれば特殊教育クラスには入らずに,皆と同じクラスで勉強させてやりたいのです。

しかし,いったん興味の薄れてしまった学校の勉強に,今からもう一度取り組ませることができるのでしょうか?
できるとしたら,この子には今後どういう指導をしていったら良いのでしょうか?

特に学校の先生にお聞きしたく思います。

数日前,担任の先生から,小学1年生の息子が授業を聞かない,授業に参加しないとの報告がありました。
入学してから1学期の間は何事も問題なく学校生活を送れていたのですが,夏休みが明けてからはまったく授業に身が入らず,授業中の先生の話は聞かず,音楽や工作などの何かに取り組む時間は何もしようとしないらしいのです。

以前から著しく注意力が散漫で,人の話に耳を傾けたり目の前のことに気をつけたりするのが苦手なところがあり,また,自分の好きなこ...続きを読む

Aベストアンサー

「特に学校の先生に」とのことですので,回答いたしますが,率直なところ,これだけの情報で
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
について「○○したら」と回答できる(する)先生はいません。

可能なアドバイスは「担任と率直な話ができる関係を作ってください」ということです。それは一度や二度の面談でできるものではありません。

担任の心象風景を申しますと,
・正直,とても困ったお子さんだと思っています
・ADHD,PDDを含めて,何らかの障害を疑っているはずです
ただ,これらのことを親御さんに,言うのはとても難しいのです。

どの保護者でも,我が子が学校生活になじんでいない,と言われて面白かろう筈はありません。まして,その原因として「軽度発達障害の疑いも・・・」などといわれようものなら,冷静でいられるとは限りません。障害の問題については教員は素人です。場合によっては,自分(担任)の指導力の問題として指弾されかねません。

ですから,面談(特に男親との)ではオブラートに包むような言い方しかしないのが普通です。推測ですが,「1学期の間は何事も問題なく」というのは,担任が何とか制御して,ご家庭に問題を伝えなかった(伝わらなかった)というだけの話だと思います。

そして,「現状」については,担任が柔らかく言っている以上のことがあると思った方が正しいでしょう。友達から聞いた話,の方がリアルな事実だということです。質問文の端々に「やっぱり・・・」というニュアンスが感じられるのは,失礼ですがお父様もそのようにお感じになる部分があるということではないですか?

そこを率直に担任が言える・話し合える関係作りがどうしても必要です。教員も人間ですから,「逆ギレ」するような保護者にわざわざ嫌われるようなことを言いたくはないのです。それはもちろん保身という意味も含めて。だから,その方がどのような人なのかが分かるまでは慎重な言い方をします。

けれども,「あぁ,この人は我が子の実情をよく分かり,何を言ってもきちんと受け止めてくれる人だな」と分かれば,違います。
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
リアルな実態も話しますし,学校でする・しようとしている指導,家庭にお願いしたいこと,今後の見通しも含めて(そこはプロですから)話をしてくれるでしょう。

また,そういう関係ができれば,その子に対する指導が変わります。「悪いこと」を抑えようとする指導から,「良い点」を延ばそうとする指導に変わるのです。「あんたの指導力の問題だ」と指弾されれば,どうしても「守り」に入りますから,悪いことを抑えようとする指導に傾きがちになるのです。それがまた悪循環を生むことも多いのですが・・・。

ですから,まずは担任から率直な話が聞ける,一緒に我が子のことを考えてもらえる関係作りをすることが,今,保護者としてできる一番大切な対策だと思いますよ。ゲーム機を捨てる捨てない,などは個別の問題です。学校・家庭生活全体を考えた上で,どうお子さんを育てるか,という大きな流れの中で考えた方が良い話だと思います。


さて,別件ですが特別支援学級についてです。もちろん現状で,この話は必要かどうかは分かりませんが,先の方の回答などでも出ておりますので制度の話だけ。

特別支援学級には通級制度というものもあります。これは,在籍は元のクラスのままで,必要に応じて通級する制度で,軽度発達障害の場合,年間10回(月に一回程度)からの通級が認められています。そこでの指導内容は様々で,例えば教科について個別指導を受ける場合もあるでしょうし,適応指導(集団生活への適応を目的とした指導)の場合もあります。

どのような内容が適切かは,お子さんの様子や学力などを見た上で判断します。まだ,1年生ということですし,実際に専門家の診断を受けたわけではありませんから,具体的な話はいささか先走りの感があります。
ただ,専門家の診断を受ける事は視野に入れておいた方が良いかもしれません。

「特に学校の先生に」とのことですので,回答いたしますが,率直なところ,これだけの情報で
>学校の勉強に,今からもう一度取り組ませる
>この子には今後どういう指導をしていったら
について「○○したら」と回答できる(する)先生はいません。

可能なアドバイスは「担任と率直な話ができる関係を作ってください」ということです。それは一度や二度の面談でできるものではありません。

担任の心象風景を申しますと,
・正直,とても困ったお子さんだと思っています
・ADHD,PDDを含めて,何らかの障害...続きを読む

Q反抗期の障害児とのつきあい方が解りません

中学校の特別支援学級で、介助員(支援スタッフの様な役割です)をしています。
はじめて3ヶ月程の新米です。

ある中学2年の男子生徒(高機能自閉症かADHDだと思います)から「おばさん」と言われるのですが、どの様に対応したら良いのか解らず困っています。
私は28歳で、中学生からみたら確かにおばさんです。
「なんだと~!笑」とか言って開き直って絡んだり出来れば良いですが、そこまでの力はまだありません。
その男子生徒との信頼関係も築けていません。
いちいち傷ついている自分がいます。
そんなことを言われる恥ずかしさもあります。

担任教員にはアドバイス等を求めたり出来る雰囲気ではありません。
初めておばさんと言われた時は、「ええっ?おばさんに見える!?」と明るく返したのですが、
「見える~バリバリ見える、じゃあねおばさん!!」と言われ、完全に心がしおれてしまいました。
家に帰って泣きました。

自分で言うのはおかしいですが、実際私はそんなにおばさんに見えないと思います。
「おばさん」と言えば、女性が嫌な思いをすること、相手を遠ざけられることを解って言っていると思います。
または、好きな子をいじめたい心理のようなものなのでしょうか。

私は担任ではないので、無理に関わることも無いだろうと距離を置いていましたが、目が合うだけでおばさんと言ってきたり、遠くで「おばさん、おばさん」と叫んだりすることもあります。
最近では恐怖を感じ、彼を避けてしまっています。
生徒に恐怖心を抱くなんて、教職に不向きなのでしょうか。
上手な対応法、彼のような生徒とのつきあい方を知りたいです。

中学校の特別支援学級で、介助員(支援スタッフの様な役割です)をしています。
はじめて3ヶ月程の新米です。

ある中学2年の男子生徒(高機能自閉症かADHDだと思います)から「おばさん」と言われるのですが、どの様に対応したら良いのか解らず困っています。
私は28歳で、中学生からみたら確かにおばさんです。
「なんだと~!笑」とか言って開き直って絡んだり出来れば良いですが、そこまでの力はまだありません。
その男子生徒との信頼関係も築けていません。
いちいち傷ついている自分がいます。
そんなことを...続きを読む

Aベストアンサー

元校長です。
こんなところで相談するより、担任や学年の教師としっかりと情報交換をしなければなりません。
普通ケース会議をしてさまざまな情報交換をするのが普通ですよ。
まずしっかりと情報交換をしてください。あなたにはそういう義務があるとさえ言えます。


文を読むと、相手の男子はあなたに興味があるのだと思います。生徒のいうことなんか、飲んでかからなきゃ教師は務まりませんよ。

恐怖感を本当に抱いているとしたら教師には向いていないと思います。
つきあい方のノウハウなんてありません。人間関係はノウハウだけではやっていけませんから。

教師には、仲間と情報交換をしながらうまくやっていく能力と、臨機応変に人間関係を組み立てていく能力が必要です。


人気Q&Aランキング