約4年前から腰痛に悩まされている女性(23)です。
実は今朝から持病の腰痛もひどくなり、左足がしびれているような感じがするんです。
今まで2.3回くらいぎっくり腰は体験していますが、腰痛がひどくなって歩くときも立つときも、足が少ししびれているのは初めてなんです。
過去でも足に痛みが響いたりしましたが、しびれたりすることはないです。

この状態って、やばいんでしょうか?

追伸・今は湿布を貼り、コルセットをしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

はじめまして。


放置するのは、よくないでしょう!
私の場合ですと、10年前位から左足の脹脛のしびれと、左のお尻の痛みを感じ初め、3年前ついに歩行不能となり、硬膜外ブロック3回+神経懇ブロック1回の静的治療で、2ヶ月の入院。
「次に、動けなくなった時は、手術ですよ。」と言われ、今年6月16日手術をしました。
9月初旬より、少しづつ仕事に復帰しています。
入院中に先生や看護婦さんから、受けたアドバイスは、「痛いことはしない。」
「痛みは、がまんしない。」でした。
MRIで、検査をして然るべき処置を取るのが最善だと思います。
 PS レントゲンよりMRIの方がより鮮明で素人にも、わかるほど、はっきり写ります。
    • good
    • 12

心配ですネ。


私も20才の頃、腰痛で苦しみました。整形外科で牽引というのをやりましたが、やっている最中は楽でした。
一番効いたのは、と思うのは、医師の指導の下に、痛みに耐えながら筋肉を鍛えた(ゆったりしたもので、決して激しい運動ではない)ことですが、
ん十年後、筋力が低下したのかまた痛くなり、知人の紹介で、気功の先生に看て頂いた結果、二度で痛みが取れました。一度で直すと、発熱する場合があるとして二度にしてくれたのですが、以来、十年近く再発しておりません。
だから、気功が良いとは無責任にお勧めできませんが、絶対直すという信念は捨てないで下さい。
重要なのはレントゲンの結果は、どうなっているかです。どのような説明を受けたのでしょうか?コルセットも身体に合っていなければ危険です。
普通は片側が痺れ、私も片側でしたが、両足に痺れがあるというのは複雑な椎間板ヘルニアなのでしょうね。
整形外科の病院を別の所に変えてみるという方法もありますが……
首都圏にお住まいなら……ということもありますが、ネットで特定の病院やドクターをお勧めする訳にも参りません。
お大事にして下さい。
回答にならず、ごめんなさい!
    • good
    • 7

心配ですね。



私は、腰が重い状態から痺れが出た時点で病院に行ったのですが、
レントゲンを取った結果「腰椎椎間板ヘルニア」でした。

痺れの原因は飛び出た椎間板が近くの神経に触ると、その神経の先の足などがしびれるそうです。

専門的なことはやはり病院での診断を待ったほうがいいと思いますが、今日は安静にして(絶対いたい時は腰痛体操とかしてはいけません)早く整形外科に行くことをお勧めします。
その際、出来ればCTやMRIのある病院がいいと思います。

また、私が色々おせわになった「腰痛の広場」を紹介します。
覗いてみてください。
お大事になさってくださいね

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/yotu/hiroba/
    • good
    • 3

腰椎剥離(ようついはくり)/椎間板ヘルニア(ついかんばん~)かも。

私はギックリも体験済み。
体重落とせと言われている。なかなか体重が落ちないので思いっきり腹筋と背筋を鍛えました。今は体重が減らないけど全くなんともありません。

椎間板ヘルニアは脊椎の間にある軟骨が圧迫されてはみ出ます。すると、軟骨が神経に触って腰の痛みと腰から下のどこかが痛んだりしびれたりします。

電機をかけてもらうと楽になりますが、やはり腰椎周囲の筋肉を増強したほうが良いですね。
ちなみに痩せててもなる人はなります。

体のパーツには月という文字が入りますよね。誰かが言っておりました。腰は体の要です。(月+要=腰)

という事で、「やばい」です。
    • good
    • 2

お医者さんに行かれているのですか?コルセットをされているということですから、行かれていると思いますが、多分腰椎の椎間板ヘルニアでしょうね?


しびれてきたということはヘルニアが感覚神経を圧迫していると思われます。つまり少なくとも進行していると考えられます。ほっといても大丈夫なこともあれば、更に進行してとんでもなくいたくなることもありますので、早めに病院に行かれて正確な状態を把握された方がいいと思います。痛みは抑えてくれるでしょう。手術の適応になるかどうかはお医者さんの判断でどちらでもあり得ると思います。

お大事に。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q足の親指付近の痛み

足の親指の痛みについて
二ヶ月程前から、足の親指に電気の走るような痛みがあります。
特に正座が痛くてできません。
また、足の親指付け根が少し黒ずんでおり①、そこをつねると痛みを感じません。麻痺しているようです。
また、足の甲にある親指に繋がる神経を触るとビリビリ痛いことが判明しました②。これはどのような病いでしょうか?

Aベストアンサー

東京と鳥取でカイロプラクティックの治療院を行っているものです。
★触診などの検査が出来ないので詳しくはわかりませんが、
 ▼腰椎(腰の骨)4番のズレによる神経異常であると思われます。
  ネットでデルマトームを探し、図と自分の異常となっている部分を比較してください。
 ▼腰から足に向けて3本の神経が出ており、腰椎4番(L4)は足の親指、
  腰椎5番(L5)は中の指3本などの運動、感覚などを担っています。
  その神経が、腰の骨のズレで圧迫され、感覚異常となっていると思われます。
★改善には、腰椎(腰の骨)の崩れを整えることで改善すると考えられます。
★改善が可能な治療院は、
   ①カイロプラクティックの治療院  ②整体 です。
 ▼骨のズレが原因の場合、整形外科、接骨・整骨院などでは改善不可能です。

Q腰痛にコルセットはよくない?私は、、腰痛で、コルセッしています。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と変形性腰

腰痛にコルセットはよくない?私は、、腰痛で、コルセッしています。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と変形性腰痛と言われた。知り合いの方からよくないと言われたのでしかし仕事柄介護なので、寝ない間はずっとしていました。あまりよくないでしょうか?

Aベストアンサー

「コルセットをした状態が当たり前の身体」になるからよくないと言われた事はあります。
24時間してるわけじゃないので、逆にしてない時に力仕事をうっかりしてしまう、もしくは力仕事のような動作をしてしまった場合に思ったより力が入らず痛めてしまう…なんて事もあるそうです。

ただし質問者様のように寝ない間ずっとというとまた状況が違いますよね。
一度整形外科や整体師の方に相談してみてはいかがでしょうか?
ネット上では身体の症状がどの程度かはわかりませんし、もっと正確な判断をしてくれるはずです。

Q足の親指の痛み

一週間ぐらい前から左足の親指の付け根が痛みます。足の親指を動かすと鈍い痛みを感じます。なのに足を曲げて同じように動かすと全く痛みがないのです。右足も痛み、違和感はありません。何かの病気の症状だったりするのでしょうか。仮にそうだとして、どういう病院に見てもらえば良いのでしょうか。教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは

念のため整形外科でレントゲン撮ってもらうのはどうですか?

Q腰痛と足のしびれ

7月に入り、腰が痛く(特に右側)、
「また生理痛かぁ」と思っていましたが、
生理が終わっても腰の痛みだけがあり、
立っていたりすると、右側の腰からおしり、太ももにかけて
しびれるようになりました。
ひどい時は右足全体がしびれます。
もともと腰痛はあったりしていたのですが、
今回は足がしびれるので、気になっています。
もし受診するなら、整形外科がよいでしょうか?
近所の整骨院とかでもいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

整形外科でMRI検査、重大な病気がないことを確認して下さい。

自宅で下記の方法をされては?痛みのない、安全な方法です。改善すると思います。方法は下記。
痛みのない施術*操体法のストレッチ+正しい睡眠姿勢での睡眠+頚椎鍛錬による頚椎の安定+正しい歩行姿勢での散歩=回復

1. 操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日朝晩することで、カラダの多くの部位がリニューアルできます。
操体法のストレッチは、足もとから首まで痛い部位まで、左右の動作に痛さが無いかチェック、途中痛い部位があったら、保留にして、ほかの周辺の部位を解し・鍛錬・チェックしていき、ほかが終わってから問題の部位に戻り、解し・鍛錬します。このようにカラダの全体を解し・鍛錬する方法です。無理せず、痛いところは痛くなくなってから解す。これによりいろいろな症状が改善します。下記はこれらの簡易版で、カラダ全体を網羅、日々することでカラダの症状改善には有効です。
⇒ 講談社の”朝3分の寝たまま操体法”の109-125ページで 6つのストレッチを紹介、これらの運動で椎間板ヘルニアが手術なしで回復したとの報告もあります。本の中の絵を見て、日頃動かしていない部位を万遍なく解し、鍛錬して下さい。但しユックリ、優しく、各部位を労わるが如く、行ってください。無理はしないで。骨盤・腰椎を中心としたストレッチで、首、肩、腰にも連動、これらの歪み・痛みにも効果があります。カラダの歪み、痛みを緩和し、頚椎用枕で頚椎を安定させて眠ると、緩和した症状の改善を促しますので併用により効果が期待できます。
1.かかと伸ばし 2.膝倒し 3.膝抱え 4.つま先上げ 5.腕ひねり 6.足首まわし(本は図書館に)
 #下記の動作で操体法を実感して下さい。カラダに優しい、安全な治療施術です。
例えば、膝倒し-仰向けになり、両膝60°に立て、両膝合わせ、足の踝を合わせて、その上で
両膝を右へユックリ倒します。戻してから左へユックリ倒します。右が痛い、不快を感じたら、カラダに歪みがあります。そしたら痛くない左に(片方は痛くない一般に)3-5回ユックリ倒すと右へ倒す時の痛い、不快感が軽減します。このようにカラダの痛みを軽減するので操体法は痛まない治療法で、カラダに優しいですし、発案者の個人操体を推進していますので、安全です。頚椎用枕は使用者の安全、健康と症状改善を目的に操体法とのコラボ(合作)を決めました。
2. 頚椎用枕を使用する頚椎鍛錬を、回復効果が最も期待できる睡眠中に安全に、スムーズに行うことが出来ます。これは頚椎をシッカリと保持することで、頚椎を鍛錬・安定させます。しかも睡眠中ですので、頚椎の筋肉の緊張が弛む状態のなかで、呼吸、寝返り等で自然に、安全に行われますので、頚椎にも優しいです。頚椎を保持すると自然と正しい睡眠姿勢へ導きます。操体法のストレッチで症状が軽減、正しい睡眠姿勢での眠り改善を助けます。頚椎が安定しますと肩コリ、手、指等のシビレも改善に寄与します。鞭打ち症のリハビリにも役立ちます。 頚椎と頚椎用枕を検索、頚椎の重要性を理解、どうして頚椎用枕が必要なのか理解できます。頚椎を安定させることは、腰痛にも大いにプラスです。
3. より健康を定着させる為に正しい歩行姿勢での散歩をお薦めします。(頭の上にリンゴを載せ、落とさない姿勢をキープして歩く) 正しい姿勢で歩くことは筋肉を動かすこと、筋肉が動くことは血管やリンパ管を動かし、血液、体液の流れを潤滑にします。内臓をも動かし、健康に一役かっています。正しい歩行姿勢での散歩はあなたの肩、腰、腹にいい影響を及ぼします、試して下さい、実感できます。

整形外科でMRI検査、重大な病気がないことを確認して下さい。

自宅で下記の方法をされては?痛みのない、安全な方法です。改善すると思います。方法は下記。
痛みのない施術*操体法のストレッチ+正しい睡眠姿勢での睡眠+頚椎鍛錬による頚椎の安定+正しい歩行姿勢での散歩=回復

1. 操体法の簡易版ストレッチで、就寝前にベッドで5分間、これでカラダの部位の歪み、痛みを軽減、正しい睡眠姿勢での眠りにより改善します。又朝目覚め後にベッドで5分間、朝のカラダ全身の部位をリフレッシュ。これを毎日...続きを読む

Q足の親指が曲げたり、背伸びをしたりすると突き指をした時のような痛みがあります。今日起きた時、少し

足の親指が曲げたり、背伸びをしたりすると
突き指をした時のような痛みがあります。
今日起きた時、少しチクっとした感覚があって曲げてみるとこのような痛みがありました。
見るところ腫れてる感じはありませんが
時間が重なるにつれ、痛みが悪化してきました。
寝ている時にひねってしまったんでしょうか?

Aベストアンサー

寝ているいる間に親指をひねって痛むとは思いません。もしそうなら時間が経つと治まります。
この症状だけだと返答が難しいのですが・・・続く様なら整形外科で診察されることをお勧めします。

 暴飲暴食、不規則な生活はされていませんか?
痛風も考えられますが、膵臓・肝臓が弱ると足の親指が痛むとされています(痛風は内科 血液検査などで分かります)
暴飲暴食・アルコールが多めでしたら、先ず規則正しい食生活にされて見て下さい。

Q産前の腰痛から?足のしびれで悩んでおります

こんにちは。
妊娠8ヶ月頃から寝返りもうつのが辛い腰痛になやまされておりました。
産後はまだ腰の痛みはありましたが、子供を産んで体重が減った分、
腰への負担も軽減され少し楽にはなっていました。

ところが子供が4ヶ月になり体重が8kg近くなり、ねんねばかりでは
退屈しるようになってきて抱っこする回数もグッと
増えてきてここ1週間で急に腰痛が悪化、足がしびれるように
なってきました。
この足のしびれがなんとも不快で夜もあまり眠れません。
夜は3時間おきの授乳もあり、早くこの足のしびれと腰痛を
なんとかしたいのです。
今後、子供の体重もどんどん増えていくことは明らかなので、
いっぱい抱っこしてあげたいです。なにより母親が元気でなければ
と・・・・

そこで病院に行ってみてもらおうと思っています。
現在の対策としてトコちゃんベルト&温シップはすでに実践中です。
みなさまにアドバイス頂きたいのは、病院へ行く際に、
どの科を選べば良いのか??です。
整形外科、カイロプラティック、整骨院、等々色々あるので
何処へ行けば良いのか迷っております。

症状は。。。。
(1)産前後期からおしりの真中あたりが痛く、寝返りも打てない状態になった。
(2)産後いったん状態は良く?なったが、まっすぐ仰向けになって寝た場合には起き上がる際に腰に痛みがはしり、起き上がってもすぐにスタスタとは歩けない。
(3)子供の体重の増加とともに私の腰(おしりの真中あたり)もますます辛くなり
1週間前から足のふくらはぎあたりにシビレが出始めた。
(4)トコちゃんぺルビーベルトIIと温湿布を使用しているが足のシビレは治らない

以上です。みなさまの経験談、病院等選びのアドバイスをお願い致します。産前産後という事もあって出産育児の方にも質問させて頂いております。両方をご覧頂きました回答者様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。

こんにちは。
妊娠8ヶ月頃から寝返りもうつのが辛い腰痛になやまされておりました。
産後はまだ腰の痛みはありましたが、子供を産んで体重が減った分、
腰への負担も軽減され少し楽にはなっていました。

ところが子供が4ヶ月になり体重が8kg近くなり、ねんねばかりでは
退屈しるようになってきて抱っこする回数もグッと
増えてきてここ1週間で急に腰痛が悪化、足がしびれるように
なってきました。
この足のしびれがなんとも不快で夜もあまり眠れません。
夜は3時間おきの授乳もあり、早くこの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私もあなたと全く同じ症状です。
産後の腰痛→足のしびれ。
産後5年たちますが、右足がいつもうずいています。
整形外科にいってレントゲンをとったら、
椎間板が減っていて、ときどき神経を圧迫する状態で、
足の痺れは「坐骨神経痛」といわれました。
処方は痛み止めとシップ。
マッサージしたあとに「牽引(腰をおさえて機械で引っ張る」もしましたが、イマイチ。。。
根本的には治りません。

そこで、最近は近所の整骨院に行っています。
腰の痛みが軽減されると足のしびれも引いてくるので、
マッサージやお灸で一時的に開放されますが、
子育て&仕事をしながらではなかなか定期的には通えません。「痛みや痺れがあるうちはきちんと通えば全快するよ」と先生は言ってくれるのですが、そうもいかず、
結局5年間腰痛&しびれと付き合いながら生活しています。

まずは整形外科で、ヘルニアなどのほかの疾患でないことを確認してから、マッサージに通われては?
授乳中では鎮痛剤も飲めないでしょうからおつらいですね。
私はきちんと治していないのでえらそうな事は言えませんが、まずは整形外科で相談してから、対処療法(マッサージ・針・お灸)で少しでも痛みを減らし、お子さんをいっぱい抱っこして上げられるようにしてあげてください。

そうそう、 私は整骨院で、腰に痛みがあるときは「冷やすように」と言われましたよ。
トコちゃんベルトってなんですか?
今から検索に行ってまいります~ ^0^

こんにちは。
私もあなたと全く同じ症状です。
産後の腰痛→足のしびれ。
産後5年たちますが、右足がいつもうずいています。
整形外科にいってレントゲンをとったら、
椎間板が減っていて、ときどき神経を圧迫する状態で、
足の痺れは「坐骨神経痛」といわれました。
処方は痛み止めとシップ。
マッサージしたあとに「牽引(腰をおさえて機械で引っ張る」もしましたが、イマイチ。。。
根本的には治りません。

そこで、最近は近所の整骨院に行っています。
腰の痛みが軽減されると足のしびれも引いて...続きを読む

Q足親指つけ根下あたり(足裏)のイボ。皮膚科で先端は取り除く。その後も腫れたまま。痛みはないが、さわる

足親指つけ根下あたり(足裏)のイボ。皮膚科で先端は取り除く。その後も腫れたまま。痛みはないが、さわると痺れてる感覚。自然なは治るの?!

Aベストアンサー

バンドエイドの「タコ、ウオノメ保護パッド 足の裏用」(400円前後)。

痛みや違和感の低減、キズの治療用の特殊な絆創膏です。

粘着力も良く、2~3日貼っていたら自然とイボ、タコ、ウオノメが取れます。

ドラックストアーで購入出来ます。

Q足のしびれと腰痛を整形外科で診てもらいましたが…

29歳女性です。
2週間前に左足の親指にしびれがあり、その2日後に腰痛がはじまりました。
心配だったので、整形外科で診察してもらったのですが、「腰の椎間板がすり減っている」さらに「腰の骨が一つ少ないので負担がかかっているのだろう(移行椎)」と言われ、一週間に2回の低周波治療と牽引を勧められました。
それから腰痛に対する、痛み止め(飲み薬)を処方されました。

今、通院して3週目なのですが、一向に良くなる気配がありません。
もともとひどい腰痛&しびれではないので、すぐ治ると思っていたのですが、どちらかと言うと、進行しているような感じです。
お医者さんにそのことを報告すると、「腰痛は今後も付き合っていく病気」「あなたは腰の骨が少ないから、仕方がない」と治療に前向きとは言えない事を言われました。

お医者さんの言うとおり、腰痛は一生のもの…として付き合っていくしかないのでしょうか?
このまま、この病院で通うのは不安です。
病院よりも整体やカイロに通ってみた方がいいかなとも思っています。
詳しい方、アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

セカンドオピニオンをお勧めします。あなたが「信頼できるの?」と思ったなら、たとえその医師がどんなに優秀な人でも、病院を変えた方が良いでしょう。インフォームドコンセントを重視しましょう。

確かに『腰痛』とは一生のお付き合いには違いありません。というのも、重力のアル地球上で生活する限り逃れられないのです。今痛くない人でも明日から痛くなるかもしれないのです。特に、腰椎に奇形があるなら尚更でしょう。

概ね原因がわかっているのですから、あとはどうやって痛みを抑えるかでしょう。
ブロック注射や鍼も効果的です。

腹筋や腰背筋の強化は急務です。「腰痛体操」で検索し、あなたにとって続けやすい方法を選び、継続してください。

整体やカイロはお勧めできません。資格も何も持たない人に治療を任せられますか?
早く良い先生にめぐり合って、良くなるといいですね。
お大事に。

Q足の甲、親指の下あたりの痛み

足の甲、親指の下あたりの痛み
マラソンを練習していて、少し長い距離(10kmくらい)
を走るようになると足の甲が痛み出しました。

足の甲の親指から足首に走る骨のあたり。

短い距離では出ませんでした。

走り終わった後は少し水ぶくれみたいなのができていて、
最初は靴づれみたいなのかな、と思っていましたが、
押さえたり、シューズをはいて靴ひもを締めたりすると痛みます。
歩けないような痛みではなく、少し違和感がある感じです。

シューズのはき方とか、走り方などが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

ギシギシと腱が動くような感覚があるなら、ただの腱鞘炎です。
ビタミンCとコラーゲンをとりながら、消炎剤を塗っていたら春には良くなると思います(暖かくならないと治りにくいです)。

Q腰痛でコルセットをしてお酒を飲んだら酔いやすい?

1週間くらい前から腰が痛かったので、骨盤を引き締めるようなパンツを履いて飲み会に行ったら、1杯で気持ち悪くなり、寒気がして、手足が痺れたので帰ってきました。
腰痛のときは酔いやすいですか?
締め付ける下着を着てるときは酔いやすいですか?
今後の注意のために教えてください。
飲んでしまった後の対処法も知ってら教えてください

Aベストアンサー

酔いやすいこともある。といっておきましょうか。
腰痛の痛みを和らげるためにコルセットをするのは腹圧を高めて、腰の負担を胴体全体を固めて負荷を分散するためなのですが、
腹圧を高めると、内臓を圧迫するので、一時的に内臓の動きが悪くなったり、血行が悪くなります。

内臓の動きが悪くなると、消化が遅くなり、体内にアルコールが残留する時間が長くなります。
血行が悪くなると、心臓が同じ量の血液を送り込むため血圧があがります。すると時間あたりに全身にまわる血中アルコール量が増えることになります。
アルコールを飲むと、神経と筋肉が弛緩するので、血圧が一時的に低下し、その後、低下した分を補うために上昇します。
アルコールを肝臓が分解するのに、燃料として水と糖質が必要。飲み過ぎると低血糖と脱水症状が起きます。これが二日酔い。これが続くと体が糖を貯めるようになって、糖尿病になります。

このいろいろなものが、上がったり下がったりのが発生すると、同時に下がる時間があったり、同時に上がる時間があったり、相殺したりが、時間によって刻々と変化します。
普段の体の許容範囲の変動には、自律神経で制御していて、無意識に体が慣れていますが、
コルセットという負荷をかけている上に、アルコールを摂取すると、自律神経の圧力の操作許容範囲を超えてしまうことがあるのです。
そうなると、心臓も脳も血流も尿意も体温もめちゃくちゃになるので、気分が悪くなり、体にいろいろな障害がでることになります。
コルセットに慣れちゃえば、あまり出なくなりますし、普段しているのにたまにとっても具合の悪くなることもある。

なにより、腰痛が発生しているときは、自律神経が痛みをあまり伝えないように体を麻痺させます。だから体が動かなくなったり熱が出たりする。
そこにアルコールを摂取すると、痛覚のコントロールが狂い始めるので、すごい痛み出したり、ダブルで麻痺しすぎちゃってベロベロになったりするのです。
痛みのあるときには酒は禁忌です。

酔いやすいこともある。といっておきましょうか。
腰痛の痛みを和らげるためにコルセットをするのは腹圧を高めて、腰の負担を胴体全体を固めて負荷を分散するためなのですが、
腹圧を高めると、内臓を圧迫するので、一時的に内臓の動きが悪くなったり、血行が悪くなります。

内臓の動きが悪くなると、消化が遅くなり、体内にアルコールが残留する時間が長くなります。
血行が悪くなると、心臓が同じ量の血液を送り込むため血圧があがります。すると時間あたりに全身にまわる血中アルコール量が増えることになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報