極地に住むシロクマやペンギンは夏毛冬毛に生え変わったりするのでしょうか?

A 回答 (1件)

生え替わったりするようですよ。


シロクマは毛の色からシロクマと呼ばれますが、季節によっては多少黄色みがかったり、灰色になった
りするそうです。毛は15cmほどのつやつやした上毛と5cmの密生した毛の2層にわかれて
いるため、温度の低い水中においても体温が保たれます。
また、冬の方が保温に適した長い毛になります。

参考にどうぞ。

参考URL:http://www.polarbearc.com/kouza/kouza_6.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2004/08/15 04:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q毛が生えるのはどんなところ?なぜ生えるの?

よろしくお願いします。

人によって個人差があると思うのですが
毛が生える部分、生えない部分あると思うのですが
何故でしょうか?

例えば男女ともに思春期になれば陰毛は生えると思うのですが
なぜヒゲは男性にしか生えないのでしょうか?
(もしかしたら女性は処理しているのでしょうか?)


男女ともに毛が生える部分、性によって生える部分との違いは
何でしょうか?

大人になると毛は生えるところが多いと思うのですが
細胞の影響などによるのですか?

教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%9B_(%E5%8B%95%E7%89%A9)
第二次性徴
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC%A1%E6%80%A7%E5%BE%B4

これでわかるかな

Qシロクマは冬眠するのですか?

北極圏や、極北の海岸地域に生息する白熊は冬眠するのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.jtb.ca/gallery/banff/churchill/main-j.html

この「くまくま白熊ちゃん」に面白い事が書いてあります・・・?

しかし私の記憶では冬眠をしないのは、白熊のオスだけの筈ですが?、、、その事を書いたURLが見当たりません!!

確かメスは妊娠していて半分冬眠状態? ~で、体力を使わなかった筈です。

参考URL:http://www.jtb.ca/gallery/banff/churchill/main-j.html

Q「毛」 が生えてないんですか?

人間には何故、体毛が生えてないのですか?トラとか、いのししとか、ジャングルの間を行き来するので剛毛が役立つのはわかります。北極狐も寒いのでふさふさの体毛が役に立つのはわかります。哺乳類で体毛がないのは結構珍しいのでは?大型のサイや象はけがないですよね、水生のカバにもありませんが、ビーバーやカモノハシにはあります。
素人なんですが、宜しくお願いします。
僕的には、毛がないほうが、「肌触りがいいから」なんですが、だめですか?

Aベストアンサー

 
  これは、過去にも色々な考えがあって、しかし、どれも妥当性が疑わしい仮説しかなかったと思います。水中生活をしていたので、体毛が薄くなったという説は、水中生活というのは、イルカや鯨のように文字通り、水のなかで生活するのではなく、大昔の巨大恐竜が、体重の重みを支えることのできるように、半身を水中に沈めて生活していたというのと似て、水のなかに入ると、食料が得やすいので、海辺などに住み、水に身体を入れて、色々活動していたという説です。この説の根拠は、体毛には、毛の生える方向(一種の傾き)があるのですが、全身で見てみると、水中で活動するのに抵抗がないようなパターンになっているということが根拠だったと思います。
 
  人類または人類を含む化石広義人類生物には、体毛が比較的薄かったということがあるのですが、この理由は、私見ですが、体毛がなかった人類祖先生物が、人類方向へと存続して行った結果だと思います。
 
  人類を含む、亜人類の霊長動物の祖先は、大体、数百万年前に、アフリカ東部において、森林生活をしていたのが、おそらき気候変動で、樹から降り、地上生活を始めたのが、その二足歩行の起源だとされています。樹上生活をしていた場合は、濃い体毛があった方が、生存に適しているので、体毛がある方が、残りやすいということが言えますが、地上生活だと、樹上生活の意味での体毛は不要です。
 
  またアフリカは、当時から高温で、氷河期の場合でも、温帯程度になったぐらいで、寒さを防ぐための体毛の必要はなかったのです。しかし、それなら、ライオンなどは、体毛が豊かではないかという話になりますが、象などは、寒冷地に適応したマンモスの体毛は深かったことが知られていますが、普通の象は、そんなに濃い体毛はありません。馬やキリンも、体毛なしではありませんが、比較的薄いです。馬は、たてがみが長いですが、体毛は人間よりはずっと濃いとは云え、たてがみほどは延びません。
 
  体毛の薄い人類の祖先が現れ、また体毛の濃い人類の祖先または祖先の枝生物が存在して、共存または競合していたのだと思います。ここで人類の祖先の進化と存続で、体毛のない方の生物、つまり、より生物的に「不利な生物」が、人類の直接の祖先生物として残ったのだと考えられます。「生物的により不利」であるので、大脳化という進化と会わせて、「技術」の開発が人類祖先に起こって、それが、現在の人類へと繋がって行くからです。
 
  つまり、生物としては、強い条件がない、例えば、牙がない、強力な筋肉や、鋭い爪や、少々噛まれても、貫通できない強靱な厚い皮膚もない、驚く速さで走る脚もない、文字通り、野生の生物界では、その身体の大きさから云うと、自分を守ったり、捕食生物と闘う生物的器官を備えていなかったのが人類の祖先で、だから、大脳化と共に、その使用法で、技術や策謀を考え出し、これを、生存の武器としたのです。
 
  こういうことから云えば、体毛があった方が生物としては、都合がよいが、象のように、厚い皮膚があって体毛がいらないとか、馬やキリンのように、高速で走れて、これも厚い体毛がいらない場合に、ほとんどないか、薄いか、短い体毛になっているのと同じように、人類祖先は、知能が武器だったので、体毛の必要がなく、また、生物として見ると、古い、それも、人類の祖先とは別系統の化石、亜人類祖先の方が、まだ、生物として色々強力だったのが、純粋な人類に近づくにつれ、「幼若化」とも云われているように、ますます、生物としての強さがなくなり、幼児的な姿になって来ているというのは、そういう弱い生物は、必然的に「知能」で補い対抗する必要があったので、結果として、体毛のない、無防備な祖先生物から、人類が子孫として生まれたので、人類には薄い体毛しかない、というのが答えになるのではないでしょうか。
 
  体毛が濃くあった人類祖先は、人類へと繋がる前に、滅びたのだということです。なお、これは、私見で、体毛については、合理的定説がないので、自分で色々な説を元に考えるしかないのです。一応「自信なし」にしますが、自信あると言える人はいないはずだと思います。「分かっていません」という回答なら、「自信あり」かも知れませんが。
 
  注)体毛がないので、アウト・オヴ・アフリカで、アフリカを出ると、寒いことや、住む場所が見つからないなどで、衣類や住居などを発明せざるを得なくなったので、これも、技術開発への導因で、ますます、知能を武器とする人類祖先が有利になって行ったということです。少々の体毛では、暑さ寒さの気候変化に対応は難しいが、体毛なし+衣類/住居技術だと、もっと適応が高いからです。なお、頭の髪とか、胸・陰部の毛などは、前者は社会集団的認知に意味があり、後者は、性的配偶者選択での有利条件で残っている、あるいは進化したのだという説明が合理的でしょう。(体毛が退化したのではなく、体毛のない生物こそが、人類へと進化する条件を持っていたのです)。
 

 
  これは、過去にも色々な考えがあって、しかし、どれも妥当性が疑わしい仮説しかなかったと思います。水中生活をしていたので、体毛が薄くなったという説は、水中生活というのは、イルカや鯨のように文字通り、水のなかで生活するのではなく、大昔の巨大恐竜が、体重の重みを支えることのできるように、半身を水中に沈めて生活していたというのと似て、水のなかに入ると、食料が得やすいので、海辺などに住み、水に身体を入れて、色々活動していたという説です。この説の根拠は、体毛には、毛の生える方向...続きを読む

Q白い毛の生えた黒い毛虫

今日、道を横切って歩いていた毛虫です。左側が頭です。
これは何の毛虫なのでしょうか?
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

モンクロシャチホコの幼虫
http://www.ffpri-kys.affrc.go.jp/kysmr/data/mr0048s1.htm
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/ga2_1.html

Q朽ち木に生えている黒い毛のようなもの

昨晩、ミヤマクワガタが死んでしまい、それと関連あるのか、一緒に入れていた朽ち木に直径2センチ位の茶色い毛のようなものが生えていました。これいったい何者?? カビ?キノコ?卵?

Aベストアンサー

一昔前まで、ムラサキホコリカビと呼ばれていたもので、今ではムラサキホコリという、粘菌の仲間(正確には変形菌類)です。

このままもっと水分を多く、乾燥しないようにすると、面白いものが見られます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%93&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj1h6jqvp3OAhVHQo8KHX_GDZwQ_AUIBigB

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%80%E3%82%AF%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%BF&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjGnfWLwJ3OAhXFMY8KHT5WC5QQ_AUIBigB#tbm=isch&q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%80

一昔前まで、ムラサキホコリカビと呼ばれていたもので、今ではムラサキホコリという、粘菌の仲間(正確には変形菌類)です。

このままもっと水分を多く、乾燥しないようにすると、面白いものが見られます。

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%9B%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%93&client=firefox-b&biw=1280&bih=874&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj1h6jqvp3OAhVHQo8KHX_GDZwQ_AUIBigB

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%B2%98%E8%8F%8C%E3%80%8...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報