【いま日本で景気が良い企業って国の税金が使われている産業だけでは?】国の税金をやりくりして実現しているビジネス以外はもう瀕死の状態な気がします。

家電メーカーは税金じゃなくて国民自身の消費産業だから死んだ。

日本人ってビジネスが下手だから、いま成功してるのは税金関連ビジネスだけ。

税金関連ビジネス産業の企業、会社って何が思い当たりますか?

麻生コンクリートとか。。

東芝やJRやJALが国から見捨てられたのは予想外でした。なぜ見捨てられたんでしょうね。

今の政治は道路族が取り仕切っているからかな?

高速道路系は国に吸収しようとまでして道路系で働く人の雇用を維持安定させようとまで画策した。高速道路無料化とか。道路族が可愛がっている道路系の人は電力会社より手厚く保護されている。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

・大学


・銀行
・ゼネコン
・農協
・人材派遣
・福祉職業訓練関係
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/06/11 17:57

マラソンの得意な人がいれば、ピンポンやら絵描き、柔剣道はたまた計算 .. 、注文通りのホームゲームなら生き、他の領域ではまったく死んでいる、それも人間と見える。


 一億総活躍社会などというプロパガンダも登場したりしていますが、夏の外気温をまともに受ける労働はその労苦もピークを迎えているのではないでしょうか。
 国の税金をやりくりしている人間、動かない職域であるのか、はたまた動きの必要無い領域であるのか、動くべき人間 & 動こうとする人間 まで オカシク する。

_
法人税は代表的な国税の一つで、平成27年度における税収は10.9兆円である。消費税17.1兆円、所得税の16.4兆円に続く貴重な国家財源である。
法人税を納税している法人は全体の3割にも満たない。 ~
中小企業の場合、利益を費用としてそのまま全額役員、つまり社長らの報酬とすることも多く、その場合は最終利益が帳簿の上でゼロになるため法人税はかからなくなる。( NICO NICO PEDIA )
 http://dic.nicovideo.jp/a/%E6%B3%95%E4%BA%BA%E7% …
_

 金だけ扱う国家体質、涼しげである。
    • good
    • 1

景気がいいニュースは、大体「大企業数社」のニュースですよ。


有名大企業も、現在の日本ではそれなりに成功を収めていますね。
よーくニュースを聞くか、ウェブサイトであれば「○○調べ」なんてデータの集計方法を確認してみてください。
それを提示していないのは論外です。

中小のニュースは控えているのではないでしょうか?
あまり政府に都合が悪い事実を報道をすると、安倍自民自画自賛政策の制裁を食らいますし・・・どこぞの社のように。
海外系のニュースサイトであれば、そういうのにお構いなしに報道している「日本人向けの日本人ジャーナリストによる日本版」なんかも扱っているところがあるので、その辺を読めば、より中立をのぞめる・・・かな?

どちらにせよ、データはちゃんと自分で精査する習慣をつけることが大事だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何で道路族は、高速道路を無理矢理作るん??

素人やからかも知れないですけど、高速を作ろうとする議員と、反対してる人がなんでこんなに意見が食い違ってるんかが全くわかりません。どっちの言い分が正しいんでしょうか??人それぞれで観点が違うから意見が皆違うと思いますが、よろしく。

Aベストアンサー

ここ10年ほと.急激に高速道路の整備が進みました。それに関連して。
不況対策時に歳入の不足が予想されるときに.国は国債を発行できます。ただし.この国債は.原則として道路建設など.特定の目的にかぎられています(不特定の目的の場合には.後に述べる理由でいろいろな問題があります)。
道路建設などに限って.国債が発行できます。

不況はなぜ発生するのかを考えてみてください。
供給が多く.需要が少ないときが不況です。対応として2種類あります。
一つは.供給を減らす(政府の経済政策のもっとも重要なことは.現在の状況を観察することであるとの報告書を公開していたと思います。アドレスは1年ぐらい前の質問に記載されていたはずです).つまり.弱小企業がつぶれるのを待つという方法(リストラにより.中小企業がつぶれました。また.春に予定されている預貯金の1000万保証は中小金融機関を潰すことを目的としていて.その結果.中小企業への資金流入が抑制され.より中小企業の破産が推進されるようにするものです)を取る場合です。しかし.小泉の骨太の政策により大手企業の供給能力が増強され.結果として全体の供給能力は増加しました。したがって.この政策は破綻しました。
減税など.企業の設備投資を推進させて景気を刺激する方法.つまり.再生産のある景気刺激政策は.供給過剰になり.不況を推進させることになります。

もう一つは.需要を増やす方法です。行われたことは.地域振興券や村おこしで市町村に1億円をばらまく.年金の減額を抑制.児童手当などの減税です。
ただし.財政再建をするとした小泉の政策により.児童手当・年金などの減額.年金・保険等社会保障費の増額.官公庁窓口の手数料の増額など.積極的に課税の方針をたて.その結果.下層階級の消費は減少し.価格が下がるというデフレが発生しました。医療費負担(介護保険を含む)が増加していますので.その分下層階級の消費は減少しています。より.下層階級への課税(社会保障費負担増を含む)は.より消費を低下させ.デフレを推進するものです。
つまり.小泉はみずから.消費を減少させて.景気を悪化させて.中小零細企業を潰すという方針を立てました。その結果.下層階級の消費は落ち込み.大手企業へも影響が出る自体になりました。

残る方法.それは「消費が少ない」から「消費をふやす」という考えにたちます。ただし.先に延べたように拡大再生産が発生するような方法の場合に.拡大再生産によって.供給がより増えて.不況を悪化させる(石油ショック直後のスタビレーションが最たるものでしょう)のです。これを避ける為には.再生産がされない分野に対して公共投資を行うことです。ここで.利用されることのない地方の高速道路が意味をもちます。再生産がおこなわれません。

一方.高速道路建設に反対する人々は.その相当額を自分達の企業の売り上げになるように考えている人々です。この考え方にたち.再生産のある分野に公共投資を行うと.不況が回復するどころか.より悪化することが目に見えています。ただし.該当企業の利益は十分確保されます。

経済の原則から言えば.高速道路の建設を推進し.再生産されない分野への積極的公共投資が必要でしょう。しかし.権力を持つ人々にとっては.みずからの再生産が起こりうる分野への公共投資を希望するでしょう(これを行ったのが米国IBMで.不況の時に軍需品としてコンピューターの生産を行い急激に生長した)。日本は.憲法9条の関係で.軍需に関係した公共投資(再生産が行われないことは農村部の公共事業と同じ)ができません。この規定に反して.軍需産業に準じた生長を希望する企業が.農村部の公共投資に反対しているに過ぎません。
私は.日本国憲法9条の規定により.農村部等今後使われない部分での土木系公共事業を除くと.違憲と考えています。

ここ10年ほと.急激に高速道路の整備が進みました。それに関連して。
不況対策時に歳入の不足が予想されるときに.国は国債を発行できます。ただし.この国債は.原則として道路建設など.特定の目的にかぎられています(不特定の目的の場合には.後に述べる理由でいろいろな問題があります)。
道路建設などに限って.国債が発行できます。

不況はなぜ発生するのかを考えてみてください。
供給が多く.需要が少ないときが不況です。対応として2種類あります。
一つは.供給を減らす(政府の経済政策の...続きを読む

Q族議員、大蔵族、文教族って何者?

族議員という言葉がありますが、ドカタ工事を持っている農林、国土、外務、防衛あたりは利益構造がわかりやすそうです。また郵政族は、参加に国営銀行を持っていたのだから、色々できそうです。逆に法務、環境あたりは族議員という言葉を聴いたことがありません。では、大蔵族と文教族はどういう構造があるのでしょうか?あと厚生労働省も巨大な事業官庁であることはわかるのですが、利益構造は良くわかりません。どうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

■大蔵族
確かに財務省といえば予算をやりくりする官庁であり、むしろ族議員の敵役です。
ですが、省庁再編以前は金融業界の許認可も旧大蔵省が所管していました。なので、特に「金融族」と言う場合、金融政策に対して力を発揮します(代表例としては小泉元首相)。
あとは「税制族」。財界や特定業界の意向を受けて、自民党税制調査会で活躍します。

■文教族
文教族には2通りのパターンがあると聞いたことがあります。1つは道徳教育などを推進したい人たちで、森善朗元首相が代表例。もう1つは学力低下に対して強い問題意識を持っている人たちだそうです。
日経の記事http://www.nikkei.co.jp/sp1/nt33/20001216EIMI082616033001.htmlによると、質問者の疑問のとおり「文教族は選挙に弱い」ようです。ですが、「業界からの支援」というのは族議員の一側面であり、もう一方で、「議員個人の政策アイデアの推進」「党内や政府内でのキャリアパスを通じた政策知識の蓄積」という側面も重要だと思います。

■厚労族(昔は社労族と言いました)
#1で許認可のことが挙げられていましたが、やはり一番大きいのは診療報酬の改定です。なんと言ってもお医者さんのフトコロに直結しますから。
なお、『「族議員」の研究』http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E6%97%8F%E8%AD%B0%E5%93%A1%E3%80%8D%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E2%80%95%E8%87%AA%E6%B0%91%E5%85%9A%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%82%92%E7%89%9B%E8%80%B3%E3%82%8B%E4%B8%BB%E5%BD%B9%E3%81%9F%E3%81%A1-%E7%8C%AA%E5%8F%A3-%E5%AD%9D/dp/4532094402では、「社労族こそ最強の族議員」と評されているそうです(1987年の本ですが)。主務官庁と対立関係にあるという点で医師会は利益集団の中でも特異な存在であり、その医師会と厚労省の調整役である社労族は確かに「最強」の名に値すると思います。

■大蔵族
確かに財務省といえば予算をやりくりする官庁であり、むしろ族議員の敵役です。
ですが、省庁再編以前は金融業界の許認可も旧大蔵省が所管していました。なので、特に「金融族」と言う場合、金融政策に対して力を発揮します(代表例としては小泉元首相)。
あとは「税制族」。財界や特定業界の意向を受けて、自民党税制調査会で活躍します。

■文教族
文教族には2通りのパターンがあると聞いたことがあります。1つは道徳教育などを推進したい人たちで、森善朗元首相が代表例。もう1つは学力低下...続きを読む

Q国の税収が減ったのは、金持ちの税金を下げたので税金が入らなくなった、と

国の税収が減ったのは、金持ちの税金を下げたので税金が入らなくなった、と思ってますが間違ってますか。

所得税ーーー 最高の税率 70%→40%
     庶民は70%払う所得がもともと無い。
相続税ーーー 最高の税率 60%⇒37%
     相続税も庶民にはかからない。

物品税ーーー 23%⇒5% <3ナンバーの高級車や宝石>
(消費税)
      軽に乗っているわしらに関係ない。

チョット調べたらこんなの見つけた。

自民党が “減税ですよ” と言っても、実は自分たちだけにかかる税金の減税だったと思っているんですが・・・間違ってますか。

Aベストアンサー

>国の税収が減ったのは、金持ちの税金を下げたので税金が入らなくなった、と思ってますが間違ってますか。

間違っていません全くその通りです。
今までの経緯を見れば明らかですが、消費税増税は福祉の為などでなく金持ち減税の穴埋めに使われました。本当に財源がないとか言うなら減税などしないですよ。

税率だけは欧州の真似して贅沢税は真似せずに弱い者イジメをするのが目的ですね。
国を本当に良くするという考えはカケラもないんですよ。

Q自民党道路族のほかに(明日の入試で使うかもしれないのでお願いします)

明日大学入試の後期で科目は小論文なのですが、過去の傾向を見ると政治のことだけが出るようです。今過去問に目をとおしたところ、政党についての問題がありました。そこで筆者の主張に反対したかったので聞いておきたいのですが(あしたの本番にも必ず役に立つと思うのですが)、自民党には道路族という人々がいますよね?彼らは僕の知識によると、高速道路などの建設を求めているグループのことですよね?ということは道路のことについて専門に活動している議員であると僕は推測していますが(違いますか・・・?)他に道路族のようにひとつの問題を専門とした議員が集まっているグループは自民党内にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.1の者です
大学人となる身としては日常的に新聞を読むことが肝要だと思います
おせっかいながら以下のサイトに族議員についていろいろのべられています
ではがんばってください

参考URL:http://allabout.co.jp/career/politicsabc/closeup/CU20011218/index2.htm

Q道路族について

最近ニュースで俗に言う道路族の方々に注目が集まっています。猪瀬氏を小泉氏が選んだために、道路族の人々が、なにやら憤慨しているようですね。

ところがニュースを見ていても、なぜ、そこまで野中氏や、古賀氏らが猪瀬氏を毛嫌いするのか、イマイチつかめません。あの偉そうな人たちは、本当に自分達の主張が正しいとでも思っているのでしょうか?正当化している意見はテレビでいやというほど聞いていますが。

ニュースでは、政界の裏事情をつっこんだ報道が少ないような気がします。
要するに、道路族が猪瀬氏の参加を嫌うのは、
猪瀬氏が、無駄な工事費(おそらく道路族の人間も金をかけすぎだと気付いている)を削減してしまうと、
自分たちに入ってくるゼネコンとの癒着している金が入ってこない、もしくは、ゼネコンの社長たちとの親交にひびが入る(人間関係に重きを置いている→軽視すると次回選挙に影響が出かねない?)から、猪瀬氏の経費削減案には否定的ではないのかと。

ズバリ、政界の裏事情をリアルに知っておられる方の、
ご意見、情報を教えてください。

ちなみに私は猪瀬氏の起用は大賛成です。
また、関係ないですが、長野県の田中知事の脱ダム宣言も大賛成でした。

最近ニュースで俗に言う道路族の方々に注目が集まっています。猪瀬氏を小泉氏が選んだために、道路族の人々が、なにやら憤慨しているようですね。

ところがニュースを見ていても、なぜ、そこまで野中氏や、古賀氏らが猪瀬氏を毛嫌いするのか、イマイチつかめません。あの偉そうな人たちは、本当に自分達の主張が正しいとでも思っているのでしょうか?正当化している意見はテレビでいやというほど聞いていますが。

ニュースでは、政界の裏事情をつっこんだ報道が少ないような気がします。
要するに、道路族...続きを読む

Aベストアンサー

まさにその通りです。自分たちが議員でいられるのは、業界に利益誘導しているからなのです。高度成長期には、がんがん作っても、文句が出なかったのですが、「最近は金の使い道をもっと有効に」という意見が噴出していますからね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報