期末に、売掛金を「前受金」として計上しました。

 売上 ・・・・ 前受金

これは、間違った処理ですか?

教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます。

    クレジットカードでのお買上げも予約注文でのお買上げも売掛金として記帳していました。
    期末に売掛金で計上し、期をまたいで、売掛金を回収したらそれを記帳する。
    これまでも会計事務所に依頼していましたが、指摘もされませんでした。

    今期、新しい税理士さんにみてもらっていますが、売掛金で記帳している予約注文を「売上・・・・前受金」に修正してください。と指摘されました。

    期末までに、お客様に渡していない商品は、「売上・・・・前受金」として下さい、とのことです。
    予約注文の代金は、まだお客様から受け取っていません。

    あたらしい税理士さんに、何度聞いても 理解できなかったので、ここで質問させて頂いております。

    予約注文は、予約を受けた時点で売れたものとして扱っています。それでも売掛金にはならないのですか? 代金をまだ受け取っていないのに、何故、前受金になるのか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/06/12 08:37

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「予約注文は、予約を受けた時点で売れたものとして扱って」いて、「入金がまだない」のですね。


売掛金  / 売上
を立てなくてもよいでしょう。

立てなくても良い仕訳がされてるので、逆仕訳をします。

売上  / 売掛金

です。

税理士は「入金がされている」と勘違いして前受金を貸し方にしたと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。

もう一度、税理士さんに説明してみます。

お礼日時:2016/06/12 10:43

一つの仕訳は、元となる取引があって起こされるものです。



売上  999  / 前受金

が期末に起きているというだけでは、誤りなのか正なのかは判断できません。

例えば、期中に
「現金999円をお客から受け取った。」という取引があったとします。
その際に仕訳を

現金 999   / 売上  999
と起こしてあったとします。

しかし、このお客には商品は渡していますが、請求書を発行してなく、
請求書の発行は締め日の関係で「翌期」になることがはっきりしてるとします。

すると、今期の売上として計上してしまうこと自体が誤りであるとわかります。
そのために、期末に

売上 999  / 前受金  999

という仕訳を起こして「期中取引で売上が上がらないようにし、お客からいただいたお金は前受金にする」ことが必要になります。



というように「仕訳を起こした」原因となる取引がどのようなものであるか説明がないと「正しい」「間違ってる」判断はできないのです。

元々の仕訳が「これぁ、違うぜ」という場合に、すでに帳簿を締めてしまってあるので、仕訳そのものを弄ることができないケースがあります。

その際には、間違ってる仕訳の借り方と貸し方を逆にした(金額は同額)仕訳を起こします。
これを「逆仕訳を切る」といいます。
逆仕訳の場合には「その仕訳だけ見ると、わけがわからない」こともありえます。
元々が「こんな仕訳ってないぞ」という仕訳をなかったことにする仕訳なので、元の取引を想像することもできないってケースです。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期末の前受金の処理について

個人でネットショップを運営しております。
Paypalでの売上について、分からない事がございました。

12月に入金、1月発送の商品について。
1月に売上計上の為、前受け金にて処理をするつもりなのですが、

入金時の決済手数料(Paypal決済手数料)は12月に計上して良いのでしょうか?

それとも売上同様、翌期の経費扱いになるのでしょうか?
また、その際の仕訳はどうなるのでしょうか?

経理初心者の為、ご教授頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

あなたがつまりは売主が手数料を負担するってことだよな?12月計上でいいぜ。むしろ、それが正しい処理だ。


代金の決済は売買にともなって生じる取引ではあるが、簿記ではこれを売買取引とは別個の決済取引として把握する。税務でもこのとおり扱えばいい。税法にこれを修正する特段の定めがないからだ。

Paypalの決済手数料は、代金決済としての送金があった時に発生するものだよな。だから、決済取引のあった月つまりは送金のあった月に計上するもんだ。


仕訳は、手数料を差し引いて送金されるってことなら、借方に預金と支払手数料、貸方に前受金といったところだ。

Q売掛金期首は加算期末は減算、買掛金期末は加算期首は減算の意味?

個人事業主の場合、売掛金は期首は加算、期末は減算、の意味
         買掛金は期末は減算、期首は加算、の意味?
決算書を作成しております。いそいで・・青色申告の説明会で聞いたのですが
期首は1月1日とわかります。そして期末は12月31日とわかりますが。
決算書を作成する場合、恥ずかしい話ですが、税務署員の説明では
素人の私たちには理解できない部分があります。専門用語は辞書を調べれば
わかりますが、理論的に簡単に素人にもわかりやすく説明していただきたい。
なるべく具体的にこのような質問をしておかしいでしょうか?
誰か、わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

う~む、青色申告のどの部分の説明でこの話をお聞きになったのでしょうね。それすらもお分かりにならないのでしょうか?
簿記の基礎知識はありますか?
現在の記帳方法は複式簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記のどれでしょう?
質問文にある計算式をお聞きになったということは、おそらく簡易簿記か現金式簡易簿記ではないかと思います。

『期首残高 + 期中発生高 - 期末残高』
おそらく売掛金勘定、買掛金勘定の計算のことだ思うのですが、この計算によって求められる金額は、それぞれ、(1)期中に決済された(支払いを受けた)売掛金の額、(2)期中に決済した(支払った)買掛金の額です。

<売掛金の場合>
元々期首からあった売掛+期中に掛売した額-期末に残った売掛=期中に無くなった売掛
(↑説明会でお聞きになった計算です。よーく考えてみてください)

では、売掛金が減る場合とは?
貸し倒れや掛売りした商品が返品された場合など例外がありますが、基本的に売掛金が減るのは支払いを受けた場合です。

<買掛金の場合>
元々期首からあったツケ+期中にツケで仕入れた額-期末に残ったツケ=期中に無くなったツケ
(↑説明会でお聞きになった計算です。よーく考えてみてください)

では、ツケが減る場合とは?
ツケで買った商品を返品した場合など例外がありますが、基本的に買掛金が減るのはツケを払った場合です。

<補足>
これらの数字は直接的には今述べた額を示しますが、仕入帳や売上帳を使わない簡易簿記や現金式簡易簿記の場合、期末の決算書作成に必要な仕入、売上の額を算定する材料となります。

*現金売上高+決済された売掛金=売上高

*現金仕入高+決済した買掛金=期中仕入高
期首在庫+期中仕入高-期末在庫=売上原価

ちょっと分かりづらいかなぁ・・・。
*細かい部分は無視しました。特に<補足>の計算は、必ずしもこうなるとは限りません。

う~む、青色申告のどの部分の説明でこの話をお聞きになったのでしょうね。それすらもお分かりにならないのでしょうか?
簿記の基礎知識はありますか?
現在の記帳方法は複式簿記、簡易簿記、現金式簡易簿記のどれでしょう?
質問文にある計算式をお聞きになったということは、おそらく簡易簿記か現金式簡易簿記ではないかと思います。

『期首残高 + 期中発生高 - 期末残高』
おそらく売掛金勘定、買掛金勘定の計算のことだ思うのですが、この計算によって求められる金額は、それぞれ、(1)期中に決...続きを読む

Q前受金、支払手数料と売上値引絡みの仕訳処理について

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確実に説明・合意している。
・通常は\10,000を頂くのですが、無料お試し期間にサービスを利用して頂き、その間の効果を考慮して、現実的にいくらなら払えるかを顧客にヒアリングしている段階。
・会計年度の期末は12月31日とする。

【質問事項】
■以下の仕訳処理は正しいでしょうか?
(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475
(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)
(3)会計年度の期末(12/31)の処理。
 →<期末に纏めて処理する場合>
   売上値引 7,050 / 売掛金 7,050 (振込手数料\525+値引\3,000の合計 × 2か月分)
 →<月末に都度処理する場合>
   売上値引 3.525 / 売掛金 3,525 (1ヶ月分)
■売上値引と支払手数料について
・振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。?
・また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

ご教示、よろしくお願いいたします。

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はやはり「前受金」として、月末に「売上」に振り替えます。
 ただ、11月分の入金が10月中にあった場合は、月次損益の観点から、入金時は「前受金」、翌月になってから「売上」への振替をすべきです。


>(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)

上でもいいですが、1の方の回答にもあるように、値引きの3,000円分を売掛金で残さなくても問題ありせん。ただ、「通常は10,000円なのだが、特別に3,000円値引きした」という事実を重視したい場合はやはり「売上値引」で処理したほうがいいでしょう。損益計算書または収支内訳書に記録として残るメリットがあります。
 (どちらでも、所得(利益)金額は同じ、所得税も変わりません)

>振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。

 値引きは「売上値引」、振込み手数料は「支払手数料」として区別したほうが記録としては適切です。
 
〔1回ごとの仕訳例(売掛金で残したりしないで、年末にまとめずその都度処理)〕  
普通預金 6,475 売上 10,000 
売上値引 3,000
支払手数料 525


>また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

消費税の免税事業者とお見受けしますが、消費税の課税業者であったとしても消費税の納税額は同じ、また「所得金額」も同じ、したがって所得税も同じです。

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はや...続きを読む

Q売掛金と前受金

いつもお世話になっております。
売掛金が残っている相手先より注文がありました。
前回分が残っているので、今回分は先に払うと言われました。また前回分もあるので余計に入金してくれるそうです。
この場合今回の売上分の入金は前受になるのでしょうか?それで残りが売掛金の相殺になるのでしょうか?
それとも前回の売掛金がこれで消え、新たな売掛金として伝票をあげるのでしょうか?
ある人に聞いたところどちらでもいいと言われたのですが、金額が多いため一年以上このような状態が続くと予想されます。
どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
また気をつけることなどありますか?

Aベストアンサー

>どのような仕分けが一番煩雑にならないでしょうか?
帳簿上、煩雑さを考えれば全て売掛金勘定で仕訳することではないでしょうか。
前受金と売掛金を両建てすると、ミスを起こしやすくなります。
「売掛金の残高がマイナス=前受金」と考えるということです。
もちろん決算書にはマイナスではいけないので、決算仕訳で前受金に振替える必要がありますが。

Q売掛金をたてるのと同時に前受金をたてられる?

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金   <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を単純に行えば良いと考えていました。

しかしながら、前受金の仕訳は入金がなければできないと、経理担当から指摘され非常に困っています。というのは、サービス契約者が非常に多く、個々のお客の入金を確認しながらその都度前受金の仕訳を行うことが困難だからです。料金システム的にも入金時に前受金を計上する機能はなく、また、料金担当に手作業でこれを確認してもらうことはほぼ不可能な状況になっています。

見切り発射で請求書払いに対応してしまいましたが、経理処理をどうするかが大変問題になっています。

何とか売掛金を立てる段階で前受金の仕訳もできる方法はないでしょうか?また、現状2年契約のレンタルサービスの2年目分を前受金として処理するのではなく、違う勘定科目で計上できるのであれば、その科目と仕訳方法を教えていただければと思います。

助けてください。よろしくお願いいたします。

現在2年契約のレンタルサービスをクレジットカード払いのみで提供しており、クレジットカード会社からの入金時に、

<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)

と仕訳を行い、期首には前受金分を逆仕訳する処理を行う、というスキームで提供していました。

最近、これに加えて、請求書払いを開始したのですが、請求書を発行する際の仕訳は上記と同様の形で、

<借方>売掛金   <貸方>売上
<借方>前受金  ...続きを読む

Aベストアンサー

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する場合は貸方になります。
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料     前受金(契約2年目分)
ではありませんか?
この前受金分の売上計上が翌期ですから、翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上
の仕訳をするのではないかと思います。

この点を経理のご担当の方にご確認ください。



また、入金の時点で前受金を計上するなら

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
                 前受金(契約2年目分)
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

です。
そしてご希望のように請求書発行時点で前受金を計上するなら、

請求書発行時
<借方>売掛金      <貸方>売上
                 前受金(契約2年目分)
その後請求金額が入金されたら
<借方>現金       <貸方>売掛金
翌期首に
<借方>前受金      <貸方>売上

となるでしょう。
この場合、請求書発行から入金されるまでの間、売掛金(債権)と前受金(債務)が両建てになってしまいます。売掛金の過大計上ということにもなるでしょう。その可否は貴社でご判断ください。

私なら事務処理上の利便性が高いほうにしますけど…

前受金を計上しているのは、2年間の契約であっても、本来、1年毎もしくは毎月一定の料金をお客様にいただくところを、2年契約分をまとめて一括料金として契約時にいただいてしまうからです。

というのはおっしゃる通りですが、

クレジットカード会社からの入金時に、
<借方>現金       <貸方>売上
    クレジット手数料
<借方>前受金      <貸方>売上(契約2年目分)
と仕訳を行い、

というのは違っているのではないでしょうか?


前受金は負債勘定ですから計上する...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報