プロが教えるわが家の防犯対策術!

本日突然Oracleが起動しなくなってしまいました。
コマンドプロンプトから「lsnrctl start」としても、
「LSNRCTL.EXE - エントリ ポイントが見つかりません」というタイトルの
エラーで、「プロシージャ エントリ ポイント lxsCmpStrがダイナミック
リンク ライブラリoranls9.dllから見つかりませんでした。」
といわれてしまいます。

上記メッセージからどのような原因が考えられますでしょうか?

A 回答 (1件)

1.oranls9.dllが壊れた


2.Pathが変更された
3.環境変数が変更された

とりあえずはこんなところでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCloseとDisposeの違い

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、タイマーコントロールのイベントに記述していますと、それは実行され続けます。

これを防ぐために、Me.Dispose() を使います。すると、きれいにプロセスは終了し、イベントは発生しない模様です。

そこで、「フォームを閉じる」意味のMe.Close() をすべてMe.Dispose() に変えてしまいました。確実にプロセスを破棄出来ると思ったからです。Webで調べると、違いは「再利用できる、できないの違い」という答えがありましたが、それはきっと、ファイルやオブジェクトのことで、フォームの場合は、再びShowまたはShowDialogで表示させることは可能でしたので、特に問題は感じていませんでした。

ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。Me.Close() に変えるとうまくいきました。

わけわからなくなってきました。。。

ちなみに、その残ったフォームは、スタートアップフォームであり、別のフォームからShowまたはShowDialogメソッドで呼び出したものではありません。

ここで4つの仮説を立ててみました。

1. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、Showで呼び出した、あるいは、スタートアップフォームは、Me.Close() すれば破棄できる

2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

4. 併記する必要がある場合がある

Me.Close()
Me.Dispose()

または、

Me.Dispose()
Me.Close()



どれが正しいのでしょうか?どなたがご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教授いただけませんでしょうか? どうぞよろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

みなさまこんばんわです。よろしくお願い申し上げます。

VB.NET 2008でコーディングしています。
CloseとDisposeの違いについて教えていただきたいのです。

これらのメソッドは、開いたファイルを閉じるときなどにも使いますが、今回お尋ねするのは、フォームを閉じるとき、しかも、自ら呼び出すとき(Me.Close() と、Me.Dispose() )のみに限ったこととしてお話しさせていただきます。

たとえば、ShowDialog() で呼び出したフォームは、そのフォーム内でMe.Close() しても、プロセスは残り、たとえば、...続きを読む

Aベストアンサー

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリケーション設定で、「最後のフォームを閉じるとき」にアプリケーションがシャットダウンする設定になってるのに、シャットダウンしてくれないことが起こりました。調べてみると、Me.Dispose() が原因。
Me.Close() に変えるとうまくいきました。

通常はどちらでもうまくいきます。

>2. ShowDialogで呼び出したフォームは、Me.Dispose()、スタートアップフォームは、Me.Close()、Showで呼び出したフォームは、どちらでも、破棄できる

ShowDialogの場合は、メソッド内部で、ハンドルが破棄されているため、Close()メソッドの際にDispose()メソッドが呼び出されます。

>3. 呼び出し方ではなく、別の要因が存在する

そう思います。

>4. 併記する必要がある場合がある

インスタンスを明示的に破棄したほうがよい場合は多く存在します。
Disposeが使えるメンバはIDisposableをインターフェースとして持っているメンバです。
これらのメンバは、外部とのやり取りを行うものが多くあります。
たとえばSQLClientに含まれるようなメンバです。

外部とのコネクションを確実に破棄を保障してほしいなどという場合がありますよね、このようなときに使用します。

Using構文を使用するのとまったく同じ理由になります。
正確にはUsing構文を使用できるメンバには条件があります、IDisposableをインターフェースとして持っているメンバに限るというものです。

ほかにもガーベージコレクタによるファイナライズを伴うかどうかという違いがあります。
Disposeの場合はファイナライズが同時に行われるため、使用していたメモリ空間を開放することができます。

上記のような理由により、
Me.Close()
Me.Dispose()
は両方書いたほうがよいと思います。

蛇足ですが、
Me.Dispose()
Me.Close()
はエラーになります。
Me.Dispose()により、Me本体(インスタンス)は削除されてしまいます。
存在しないMeに対してCloseメソッドを要求することはできないためです。

Me.Close()
Me.Dispose()
は根本的に違うものです。

formについて、Close()メソッドはフォームの表示を終了させるメソッドです。

ほかのクラスも同様。すべてのDispose()メソッドについて、これはインスタンスの破棄を明示的に行うものです。

>再利用できる、できないの違い

Dispose()はインスタンスが破棄されるため、再びコンストラクタを用いて、インスタンスを生成しないいけません。

一方Close()はインスタンスが残っているので、それを利用することができます。

>1. ところが、アプリ...続きを読む

Q日付型のフィールドに空白を入れる方法を教えてください

ASP(VBScript)でSQLサーバにINSET INTO文を使ってデータを格納しているのですが、日付の部分がNULLの時、「1900/1/1」が入ってしまいます。
そのまま、空白を入れる方法はどうやったらよろしいのでしょうか?

TABLE1の内容は
番号|内容|日付です。

INSERT INTO TABLE1 VALUES ( 1, 'あいう', '')

結果
1|あいう|1900/1/1

Aベストアンサー

あとは、プログラムの書き方次第ですね、、、


If hensu=Null Or hensu="" Then
dt = "NULL"
Else
dt = "'" & hensu & "'"
End IF

E_SQL = "INSERT INTO TABLE1 VALUES & _
"( 1,'あいう', " & dt& ")"
の様に書きます。

QMicrosoft ODBC Driver for Oracleというドライバーをダウンロードしたいのですが・・・・。

こんにちわ。
Microsoft ODBC Driver for Oracleというドライバーをダウンロードしたいの
ですが、どこからダウンロードしたらよいのでしょう?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

http://support.microsoft.com/support/kb/articles/Q175/0/18.ASP

での情報によると「MDAC 2.1 SP2」に含まれるようです。

参考URL:http://www.microsoft.com/data/download_21242023.htm,http://www.microsoft.com/data/download_25SP2.htm

QOracle10g・・ODBCで接続できない

Oracle10gのStandardEditionをサーバーにインストールし、データベースを作成しました。

それに対してクライアントにも10gをインストールし、ローカルメソッド名を設定して、接続テストも通りました。SQL*Plusを起動して接続することもできました。

ですが、Accessを使ってテーブルの中身を見ようと思い、ODBCを設定したのですが接続テストをすると固まってしまいます。どうすればODBCで接続できるようになるのでしょうか?

Aベストアンサー

tnspingの引数がわかりませんが、成功しているようですね。

tnspingはリスナーへの接続が成功するかどうかの確認です。

リスナーに接続した後、クライアント用に専用サーバプロセスが起動し、DBに接続します。
この部分が失敗しているようです。

要はリスナーには接続できているが、DBには接続できていない状態です。

一点気になる点がありますので、それを変更して試してもらえますか?

tnsnames.oraを変更してください。

> (CONNECT_DATA =
> (SERVICE_NAME = dev.dev_domain)
> )
> )

この部分を

(CONNECT_DATA=(SID=ORCL)

に変更してください。
SIDはサーバ側のlistener.oraかlsnrctlで調べてみてください。
(間違うとどつぼにはまりますので慎重に確認してみてください)

念のため、tnsnames.oraのサンプルをアップしておきます。

DEV =
(DESCRIPTION=
(ADDRESS_LIST=
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = DEVSV001)(PORT = 1521))
)
(CONNECT_DATA=(SID=ORCL))
)

SIDだけ違ったら変えて、既存のtnsnames.oraと入れ替えてもかまいません。

これでも不可な場合、サーバ側のlistener.oraと
> lsnrctl status
の出力結果を補足に記入してみてください。

たぶんいけると思うのですが...。

tnspingの引数がわかりませんが、成功しているようですね。

tnspingはリスナーへの接続が成功するかどうかの確認です。

リスナーに接続した後、クライアント用に専用サーバプロセスが起動し、DBに接続します。
この部分が失敗しているようです。

要はリスナーには接続できているが、DBには接続できていない状態です。

一点気になる点がありますので、それを変更して試してもらえますか?

tnsnames.oraを変更してください。

> (CONNECT_DATA =
> (SERVICE_NAME = dev.dev_domain)
> )
> )

...続きを読む

Q日付型カラムへのデータINSERT

お世話になります。ひとつご教授ください。

オラクル10g, ojdbc14でjdk1.4.2から接続です。

INSERT命令を使ってテーブルにレコードを追加する際に、DATE型のカラムに対して

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27 12:00:00', ...);

を実行するとエラーORA-01861が出ます。そこで

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES ('2006-4-27', ...);

このように記述して再度実行すると通ります。

このようなとき、時間の部分まで設定した値をカラムに格納したいときはどうしたらよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ごめんなさい。
説明と文例が違ってしまいました。
正しくはこちらです。

INSERT TABLE_A (DATE1, ...) VALUES (to_date('2006-4-27 12:00:00','yyyy/mm/dd hh24:mi:ss'), ...);
というように、to_date関数を使うのが一般的かと思います。

Q異なる文字コードの環境にインポートするには

下記のようにサーバがあります。
・Aサーバ(Solaris)
・Bサーバ(Windows)

下記のように文字コードが異なります。
・Aサーバ(JA16EUCTILDE)
・Bサーバ(JA16SJIS)
※Oracleのバージョンは同じです。

AサーバでエクスポートしたdmpファイルをBサーバにインポートしたいと考えています。
文字コードが異なるdmpファイルをインポートするにはどのようにしたらいいのでしょうか。また注意点などあるのでしょうか。

テストする環境が今ないため、試す事ができません。
些細な事でも何でも構いませんのでアドバイスいただけませんでしょうか。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ゴールとなるBサーバが、JA16SJISであるなら、何をしようが、
JA16SJISで表現できる文字コード以外文字化けする。

NLS_LANGをJA16SJISに設定したクライアントで、
(1)Aサーバからエクスポート
(2)Bサーバへインポート
するのと一緒。

今回の場合、それで問題が出るなら、DB作成時のキャラクタセットの選択ミスであり
エクスポート/インポートで何とかできる問題ではない。

最初にも書いていますが、必ず文字化けが起こるわけではないので、注意してください。
クライアントPCのOSやミドルウエアに何を使うかで、JA16SJISでも問題なく使えますので。

QSIDとSERVICE_NAMEの違いとは?

tnsnames.oraの中の(CONNECT_DATA=に SIDだったりSERVICE_NAMEだったりしますが、どのような違いがあるのでしょうか?
どちらでもつながるのでいいかとは思いますが、何かメリット・デメリットでもあるのでしょうか?
それとも過去の遺物が未だ共存しているだけでしょうか?
SIDはインスタンスにつけられた名前だと知っていますが、SERVICE_NAMEってなんですか?

Aベストアンサー

SIDはインスタンスの識別子、service_nameはサービス名。
インスタンスとサービスの違いはRAC を勉強されるとよくわかると思います。

サービス名は初期化パラメータのservice_namesで設定します。
設定されていない場合は先述のとおりdb_unuque_name.db_domainになります。
(これが同義と誤解されやすい原因となっているわけですが)

ところで、service_namesパラメータですが、複数形になっていることからもわかるように、複数のサービス名をコンマ区切りで指定できるようになっています。

これをこのように使います。

2ノードRAC環境で、インスタンス1(SID=hoge1)、インスタンス2(SID=hoge2)があったとします。
ノードを意識することなく接続できるようにするためにクライアント側のtnsnames.oraにはこんな設定を追加します。

HOGE.EXAMPLE.COM
(DESCRIPTION =
(LOAD_BALANCE = ON)
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host1)(PORT = 1521))
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host2)(PORT = 1521))
(CONNECT_DATA = (SERVER = DECIDATED)(SERVICE_NAME = hoge.example.com))
)

インスタンス1とインスタンス2のservice_namesパラメータにhoge.example.comを追加します。すると、インスタンス1とインスタンス2にラウンドロビンで接続できるようになります。

ここで、もしtnsnames.oraのservice_name=...がSID=hoge1だったらどうなるでしょう?
インスタンス2のSIDはhoge2ですから一致せず、インスタンス2には接続できず、いつもインスタンス1に繋がってしまいます。

次に、一時的にメンテナンスのためにインスタンス2にアクセスしてほしくないケースを考えます。service_nameであれば、インスタンス2のservice_namesパラメータからhoge.example.comを削除することで(動的に変更できます)直ちにインスタンス1にのみ接続されるようにできます。

ここで、もしORACLE_SIDだったら・・・変更のためにインスタンスの再起動が必要になってしまいますね?

最後にservice_namesは複数登録できます。3ノードRAC環境において、オンライン処理(service_name=ONLINE)、バッチ処理(service_name=BATCH)があったとします。
バッチ処理は1つのノード(インスタンス1)でのみ処理したいとします。オンライン処理は3つのノードでしたいとします。

そんなとき、service_nameであれば、

<<サーバ側の初期化パラメータ>>
1:service_names = online, batch
2:service_names = online
3.service_names = online

<<クライアント側のtnsnames.ora>>

オンライン処理
ONLINE.EXAMPLE.COM
(DESCRIPTION =
(LOAD_BALANCE = ON)
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host1)(PORT = 1521))
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host2)(PORT = 1521))
(CONNECT_DATA = (SERVER = DECIDATED)(SERVICE_NAME = online.example.com))
)

BATCH.EXAMPLE.COM
(DESCRIPTION =
(LOAD_BALANCE = ON)
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host1)(PORT = 1521))
(ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = host2)(PORT = 1521))
(CONNECT_DATA = (SERVER = DECIDATED)(SERVICE_NAME = batch.example.com))
)

と、クライアント側では接続先サーバを気にすることなく構成できますね?
BATCHのノードを1から2にしたい場合の変更はサーバ側のみでできますよね?
serivce_namesの"batch"設定をノード2に移すだけです。

SIDはインスタンスの識別子、service_nameはサービス名。
インスタンスとサービスの違いはRAC を勉強されるとよくわかると思います。

サービス名は初期化パラメータのservice_namesで設定します。
設定されていない場合は先述のとおりdb_unuque_name.db_domainになります。
(これが同義と誤解されやすい原因となっているわけですが)

ところで、service_namesパラメータですが、複数形になっていることからもわかるように、複数のサービス名をコンマ区切りで指定できるようになっています。

これをこのように...続きを読む

QOracle12cでユーザのSQLPLUSログイン

基本的な質問ですみません。Oracle 12cを初めて使うのですが、すごく単純に、ユーザを作成し、そのユーザでデータベースオブジェクト(テーブルなど)を作成する拡張子が.sqlのスクリプトを流したいです。

11gまでの場合、システムユーザでCREATE USERしたのちに、コマンドプロンプトを立ち上げて
C:\Scripts> SQLPLUS <USER>/<PASSWORD> @createtables.sql
とするだけで良かったと思います。

今回、12cではユーザの考え方が変わっており、CDBとPDBを作成しました。
> SQLPLUS /NOLOG
SQL> CONN SYS AS SYSDBA
(上記のようにローカル接続するとCDBに接続される)

SQL> ALTER SESSION SET CONTAINER=PDB1; // PDBへ移動
SQL> SHOW CON_NAME // 念のため現在接続中のPDBの名前確認
SQL> STARTUP;
(これでマウント状態だったPDB1がOPENしてREAD WRITEになる)

この状態でCREATE USER文を実行してPDB1上でユーザを作成。

ここからなんですが、PDBやCDBへのログイン方法はわかたのですが、PDB上で作成したユーザにはどのようにしてログインするのでしょうか? ログインしてテーブル作成をしたいです。また、テーブル作成のスクリプト文(.sql)があるのでそれを流したい場合は、コマンドプロンプトからどのように実行すればよいでしょうか?

基本的な質問で恐縮ですが、宜しくお願いします。

基本的な質問ですみません。Oracle 12cを初めて使うのですが、すごく単純に、ユーザを作成し、そのユーザでデータベースオブジェクト(テーブルなど)を作成する拡張子が.sqlのスクリプトを流したいです。

11gまでの場合、システムユーザでCREATE USERしたのちに、コマンドプロンプトを立ち上げて
C:\Scripts> SQLPLUS <USER>/<PASSWORD> @createtables.sql
とするだけで良かったと思います。

今回、12cではユーザの考え方が変わっており、CDBとPDBを作成しました。
> SQLPLUS /NOLOG
SQL> CONN SYS AS SYSDBA
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。

> ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。
上のtnsnames.ora の設定は、CDB に接続するためのものです。
新しい接続文字列で、SERVICE_NAME にPDB名を指定したものを作成して
試してみて下さい。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


人気Q&Aランキング