最新閲覧日:

1,今日は誰も私に電話をしてこなかった。
Heute hat mich niemand angerufen.で語順はあってますか?

2,ドイツではそんなに高いワインはありません。(es gibt とkeinを使って)
In Deutschland gibt es keinen solch teueren Wein.「そんなに」はsolchでいいですか?
Solchは語尾変化してもしなくてもいいですか?
またsoを使ってもいいですか?

『しくみが身につく 中級ドイツ語作文』清野智昭著 を購入し、中途までやりました。作文は今までやったことが殆どないことから、やはり基礎からちゃんと学習すべきだと思い『ドイツ語を書いてみよう』を購入しました。ところが、解答がついていませんでした。白水社に問い合わせると「学校で先生が教えることを想定しているので解答はない」とのことでした。(´д`)

ここで教えていただくしかありません。お尋ねするのも恥ずかしいような簡単な作文ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

solcherは基本的に指示代名詞です。

soと似たような意味で、「このような」と程度の高さを表す形容詞的用法はありますが、soのように副詞ではないので、keinen so teuren Weinのsoを無変化のsolchで置き換えることはできません。形容詞として変化させて、keinen solchen teuren Weinとすることは可能ですが、その場合はteuerenの方にかかって「そんなに高い」という意味になるのではなく、Weinの方にかかって、「そのようなワイン」、言い換えれば「高価であるこのようなワイン」という意味になると思います。私はそのように認識しているのですが、今ちょっと確認しようとしたところ、その辺を明確に解説しているものが見当たりませんでした。もし私の認識が正しければ、日本語の出題文が「そんなに高いワインはありません」となっているので、keinen solchen teuren Weinはこの場合的確ではないことになります。
辞書には、形容詞的用法の例としてbei einem solchen herrlichen Wetterなどが載っており、「このような素晴らしい天気のときには」という訳が当ててありますが、これも「こういう素晴らしい天気のときには」という意味で、bei einem so herrlichen Wetter「こんなにも素晴らしい天気のときには」と同じではないと思います。実際、「程度の高さ」を示す用例は、この文例とは項目を分けて書いてあります。
程度の高さを示す用法のときは、名詞の前に直接置いて、Ich habe solchen Hunger.などと言います。

>ところで、Weinに不定冠詞がつくのはボトルを想定しているのだと思うのですが、英語ではaをつけてよかったのでしょうか?

いえ、ボトルを想定しているのではありません。不可算名詞については意外に知らない人がいるようですが、ドイツ語でも英語でも、量ではなく種類などを表す場合は加算扱いになります。ここでは、特定の高価な品種、銘柄を言っているので、ein Wein、zwei Weineという言い方が可能になります。1本、2本という意味ではありません。可算名詞としては下のように使います。

zwei Weine aus der USA und je ein Wein aus Griechenland, Spanien und Österreich

これは英語でも同じです。

This is the first time in the history of the Top 100 that a wine from Spain has been the top wine of the year. (…) Portugal sees four wines in the Top 100 this year, with two red wines and two ports.

たとえば「音楽」のような抽象名詞も不可算で、複数形はないと思っている人がいますが、音楽の種類を表すときは複数形もあるのです。独和辞典には、Musikの複数形はまれ、と書いてありますが、実際には、verschiedene Volksmusikenのように結構使います。英語でもそういう使い方はありますが、ネット上には、不可算名詞なので複数形はないという説明ばかりが目について、こういう用法についてはあまり書かれていません。しかし、いろいろな種類の音楽という意味では、various musicsなどと言えますね。
https://www.google.co.jp/?hl=ja&gws_rd=cr,ssl&ei …

>solchを前に出さないとnichtの置き場所に困りますね?この文ですと倒置しかあり得ませんね?

nichtの位置というより、「そのような~はない」という意味でsolch ein~の部分に強調があるので、そういう意味でEs gibtで文を始めるのは違和感があります。文法的に間違いではないのでしょうが、肝心のsolch einが出てくるのが後ろの方になってしまうので、実際にはまず使わないないでしょう(△Es gibt in Deutschland solch einen teuren Wein nicht.)。ただし、文がもっと短ければ別です(〇Es gibt solch einen teuren Wein nicht!)。In Deutschlandを強調したい場合は、これを前に置くことはできます。

In Deutschland gibt es solch einen teuren Wein nicht.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>solcherは基本的に指示代名詞です。soと似たような意味で、「このような」と程度の高さを表す形容詞的用法はありますが、soのように副詞ではないので、keinen so teuren Weinのsoを無変化のsolchで置き換えることはできません。形容詞として変化させて、keinen solchen teuren Weinとすることは可能ですが、その場合はteuerenの方にかかって「そんなに高い」という意味になるのではなく、Weinの方にかかって、「そのようなワイン」、言い換えれば「高価であるこのようなワイン」という意味になると思います。

辞書には書いてない、丁寧でわかりやすいご説明をありがとうございます。そういうことなのですね。納得しました。

>いえ、ボトルを想定しているのではありません。不可算名詞については意外に知らない人がいるようですが、ドイツ語でも英語でも、量ではなく種類などを表す場合は加算扱いになります。ここでは、特定の高価な品種、銘柄を言っているので、ein Wein、zwei Weineという言い方が可能になります。1本、2本という意味ではありません。

聞いたことがあるような気もしますが、忘れていました。そう言えば英語でもfishは不可算ですが、魚の種類を言うときは複数形を使いますね!
informationは英語とドイツ語で扱いが異なるところですね。

>nichtの位置というより、「そのような~はない」という意味でsolch ein~の部分に強調があるので、そういう意味でEs gibtで文を始めるのは違和感があります。文法的に間違いではないのでしょうが、肝心のsolch einが出てくるのが後ろの方になってしまうので、実際にはまず使わないないでしょう。

「文頭にはその文のテーマになるものが来る」の原則ですね。よくわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2016/06/14 16:28

2の補足です。

「es gibt とkeinを使って」という指定がなければ、solchを使う方法はあります。その場合は前に出します。

Solch einen teuren Wein gibt es in Deutschland nicht.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

solchは英語ですとsuchですので、such a expensive wineと、同じように言いますね?
ところで、Weinに不定冠詞がつくのはボトルを想定しているのでだと思うのですが、英語ではaをつけてよかったのでしょうか?

英語とドイツ語では可算、不可算の区別がちょっと違っていたりしますね。
直接関係ありませんが、ふと思ったものですから。

solchを前に出さないとnichtの置き場所に困りますね?この文ですと倒置しかあり得ませんね?

お礼日時:2016/06/14 00:32

1はそれで結構です。



2ですが、solchはおかしいのでsoですね。あと、teuerenではなくてteurenです。
ただ、「ドイツでは」というのがちょっとおかしい気がします。「ドイツには」なら分かるのですが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。

solchとsoの使い分けが今ひとつわかりません。辞書の例文を見ても何となくわかったような、わからないような。

>ただ、「ドイツでは」というのがちょっとおかしい気がします。「ドイツには」なら分かるのですが・・・

原文のままです。「ドイツでは」をくだくと「ドイツじゃ」、「ドイツには」の方が正統派だと思いますが、自分は気にせずに「ドイツでは」「ドイツじゃ」を使ったりするような気もします。(;゜ロ゜)厳密には「ドイツには」でしょうね。

お礼日時:2016/06/14 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語について質問 es gibt

Es gibt.....、Gibt es.....
などよく使われるのを聞くのですが、それがどのようにして、どのような場面で、どういう意味で使われているのか分かりません。
使う場面によって違うのでしょうが、どなたか例文をもっておしえてくださいませんか。

Aベストアンサー

Es gibt...は「~がある」という意味で広く使われます。esは文法的には形式主語とよばれ、その後におかれる、4格目的語が意味上の主語になります。

Es gibt noch viel zu tun.
まだやることがたくさんある。

In diesem Fluss gibt es viele Fische.
この川にはたくさん魚がいる。

Gibt es einen Gott?
神はいるか?

Was bibt es heute zu Mittag?
今日の昼食には何が出るか?

{~ある」だけでなく「起こる」の意味にもなります。

Es gibt bald Regen.
もうすぐ雨になる。

などです。
御参考になれば幸いです。

Qドイツ語で、Deutschlandのtは発音しませんが、なぜtが含まれているのですか?

ドイツ語で、Deutschlandのtは発音しませんが、なぜsがついているのでしょうか?

Deu「t」schland
ドイッチュランド

Aベストアンサー

Deutschland の t は発音しています。t のない sch だと,schön や schwarz の「シュ」のような音になります。

一般的なつづりと子音の関係は,
ch -- [ç] または [x],ich や doch など
sch -- [ʃ], schön など
tsch -- [tʃ],deutsch など

Qドイツ語の語順が分かりません…

ドイツ語の語順がよく分かりません。

定型第2位は理解しているのですが、
前置詞を使った文の構造がサッパリ分かりません。

問題集を解いていたのですが、

1.彼は本棚から一冊の本を取る。
Er nimmt ein Buch vom Regel.

2.その母親はわが子のため火の中に入っていく。
Die Mutter geht für ihr Kind durch Feuer.

3.彼らは食事ときたくさんおしゃべりをする。
Sie plaudern beim Essen viel.

が答えとなっています。

なぜ、1は、 vom Regal ein Buchではないんでしょうか。日本語として並べて見た時にこちらのほうが自然な気がします。
並べ順は、「日本語通りに並べて、動詞を2番目に持ってくる」と聞いたので…
それに反して2、3のほうは、日本語の並びに似ているので、もうゴチャゴチャです。

あと、動詞と結びつきが強い目的語を文章の後置に置くらしいのですが、どれが目的語なのかよく分かりません。

詳しい方、是非教えてください。

ドイツ語の語順がよく分かりません。

定型第2位は理解しているのですが、
前置詞を使った文の構造がサッパリ分かりません。

問題集を解いていたのですが、

1.彼は本棚から一冊の本を取る。
Er nimmt ein Buch vom Regel.

2.その母親はわが子のため火の中に入っていく。
Die Mutter geht für ihr Kind durch Feuer.

3.彼らは食事ときたくさんおしゃべりをする。
Sie plaudern beim Essen viel.

が答えとなっています。

なぜ、1は、 vom Regal ein Buchではないんでしょうか。日本語として...続きを読む

Aベストアンサー

語順の話を詳しくしようと思ったらきりがありません。
ドイツ語を続けるのであれば、この先も語順の問題はずっとついてまわります。
文法説明でも、「ドイツ語は語順にうるさい」と書いてあるかと思えば、
「ドイツ語は、語順は比較的自由」などと正反対のことが書いてあります。

実際には、「守らなければいけない語順」、「特定の理由(強調など)で変えられる語順」、
「間違いではないが、こうした方がより自然という語順」、「自由に変えてかまわない語順」、
などいろいろあって、それらすべてのケースを網羅している文法書というのはまずないでしょう。

質問の文面から考えて、まだ初級の段階だと思うので、
あまり細かいことを言うとかえって混乱すると思います。
これらの文の語順がなぜこうなるのか、大体のことは書きますが、
感覚的に慣れていくというのも大事なので、
あまり理屈でばかり考えないようにしてください。

まず最初に、「日本語通りに並べる」という考え方はやめた方がよいでしょう。
確かに、日本語と似た語順になるケースはあるので、
便宜的に「日本語と同じように」という説明がわかりやすい場合もあるかもしれませんが、
もともと全く文法構造の違う言語なので、いつも「同じように」というわけにはいきません。
「日本語として並べてみる」という考え方は、とりあえずやめてください。
ドイツ語固有の語順を直接感じ取るようにすることです。

最初の文ですが、語順の前に一つ気になるのが「vom Regal」という表現です。
まちがいではありませんし、問題集の解答がそうなっているのでとりあえずそのままにしておきますが、
「本棚から取る」という場合は、「vom Regal」よりも「aus dem Regal」と言う方が多いと思います。

語順ですが、ここで問題となっているのは、
あくまでも主語Erが文頭に置かれた形において、
「ein Buch vom Regal」か「vom Regal ein Buch」か、ということなので、
Ein Buch nimmt er vom Regal.やVom Regal nimmt er ein Buch.のような「倒置」とは別の問題です。

問題集の出題文が「彼は本棚から一冊の本を取る」となっているので、
その語順のままでよいと考えたのだと思いますが、
先述のように、日本語とドイツ語では語順の規則は違います。
もし出題文が「彼は本を一冊本棚から取る」となっていたら、
最初から解答通りにEr nimmt ein Buch vom Regal.と書いていたということでしょうか。
日本語の場合、「本を一冊本棚から取る」、「本棚から本を一冊取る」、どちらも言え、
意味も同じですが、ドイツ語は少し違うのです。
出題文は単独のひとつの文なので、「本を棚から取る」という「行為」を客観的に述べているだけです。
そういう場合は、他動詞nehmenのあとに直接目的語のein Buchを置き、
「どこから」という付加的な情報はその後というのが基本的な語順です。
Er nimmt vom (aus dem) Regal ein Buch.という語順もあり得ますが、
ドイツ語文では、文末の語が意味的に重要になるので、
「本を棚から取る」という「行為」よりも、「取る本」そのものの方に焦点が合います。
(具体例については、今はまだ混乱のもとになる恐れがあるので控えます。)
問題集の出題文は単独の一文で、そういう意味にとることはできないので、
単純に行為だけを表す文が解答として正しいということです。

日本語の語順から考えることは出来ないということの説明のために、もう一つ例を出しておきます。
もしこの文のein Buchが代名詞esで置き換えられたらどうなるかということです。
日本語なら、「本棚からそれを取る」「それを本棚から取る」、どちらも可能ですが、
ドイツ語の場合はEr nimmt es vom Regal.で、Er nimmt vom Regal es.とは言えないのです。

2番目、3番目の文の語順については、それぞれ理由が違います。
ここでもやはり、「日本語の語順に即して考える」というのは適切ではありません。

2番目の文では、gehenは自動詞なので目的語はありません。単に「行く」という意味です。
そのあとに続く語は、2つの副詞句です。
このように複数の副詞句が続く場合、自然とされる語順がドイツ語にはあります。
この問題の場合は、偶然日本語の語順と一致していますが、
副詞句の数が増えてくると、日本語の原文をそのまま置き換えるわけにはいきません。
目安とされる語順は、「時間(いつ)」―「理由(なぜ)」―「様態(どのように)」―「場所(どこで)」。
2の文は、「理由」(für ihr Kind)と「場所」(durchs Feuer)だけですが、
もしこれに「時間」(jetzt)と「様態」(mit großem Mut)の副詞句を付け加えると、次のような語順になります。
Die Mutter geht ①jetzt ②für ihr Kind ③mit großem Mut ④durchs Feuer.
もちろん、この副詞句のどれか一つを文頭に出すことは可能ですが、
Die Mutterが文頭にある限りは上のようになります。
日本語の語順で考えるのではなく、ドイツ語で自然とされる語順で考えなければなりません。

それから、「動詞と結びつきが強い目的語を後置」とありますが、
これは「目的語」に限るものではなく、結びつきが強い「語」が後置されるということです。
よく出される例は、Deutsch lernenとかTennis spielenなどで、
動詞lernenやspielenは、その対象となるものを示す目的語と結びつきが強いので、
目的語が後置され、Ich lerne Deutsch heute.ではなくIch lerne heute Deutsch.となります。

3の文にも目的語はなく、beim Essenもvielもともに副詞(句)です。
ここでは、「viel plaudern(たくさんおしゃべりをする)」という表現が主体で、
beim Essenよりもvielの方が動詞との結びつきが強いということでしょう。
ただこの語順も、状況によっては入れ替わることがあります。
たとえば、長い語句ほど後置される、という傾向もドイツ語にはあるので、
もしbeimのあとにEssen以外の語が並んで長くなった場合は、
Sie plaudern viel beim Arbeiten, Essen, Spazieren…
のようになることもあります。

長くなってしまいましたが、まずは短い文で基本的な語順をそのまま覚えて、
感覚的に慣れてしまうのが一番です。
まだまだいろいろなケースがあり、どんな語順でも構わないという文もありますし、
書き言葉と生の会話の文でも違いがあります。

語順の話を詳しくしようと思ったらきりがありません。
ドイツ語を続けるのであれば、この先も語順の問題はずっとついてまわります。
文法説明でも、「ドイツ語は語順にうるさい」と書いてあるかと思えば、
「ドイツ語は、語順は比較的自由」などと正反対のことが書いてあります。

実際には、「守らなければいけない語順」、「特定の理由(強調など)で変えられる語順」、
「間違いではないが、こうした方がより自然という語順」、「自由に変えてかまわない語順」、
などいろいろあって、それらすべてのケースを網...続きを読む

Qドイツ語の問題ですが、解答が知りたいです。

問題 次の文を指示に従って書き換えなさい。

Franz ist groß.

→ Peter と比較し、so+原型+wie を使って同等比較の文に
→ Peter と比較し、比較級を使った文に
→ in der Klasse と最上級を使った文に

Aベストアンサー

入会したばかりのようですが、こういう質問は、このサイトではいつも問題になります。「~しなさい」という命令口調の問題文をそのままコピーしないように。それから、自分である程度解いて添削を頼むのなら問題ありませんが、宿題丸投げのような質問は無視されることがあります。今回は大目に見ますが、今後は注意してください。

Franz ist so groß wie Peter.
Franz ist größer als Peter.
Franz ist am größten in der Klasse.

Q【日本のドイツ祭りは本物?偽物?】ドイツ人から見た日本のドイツ祭りの日本版オクトーバーフェストは本国

【日本のドイツ祭りは本物?偽物?】ドイツ人から見た日本のドイツ祭りの日本版オクトーバーフェストは本国の人にどう映っているのか教えてください。

ドイツメーカーのビールがボッタクリ価格で提供され、本場ドイツのフランクフルトなのかどうか分からない謎に太いだけの自称本場ドイツのフランクフルト。

本場!本場!

と連発している割になぜかフランクフルトは売っているのに、肝心のフランクフルト名物のアプフェルヴァインは扱っていない。

意味が分からない。本場からフランクフルトを空輸してきたのならついでにアプフェルヴァインも一緒に空輸してくるでしょう。

かなり主催側が胡散臭い。

東日本大地震のときに福島県復興フェスを主催し、福島県B級グルメを全国を回っていた組織と手口が似ている。

百貨店、デパートの北海道物産展。その主催者は北海道に店舗がない。

北海道産ホタテ!とは書いてあるがイクラはどこのを使っているのか分からない。

北海道産イクラ!と書いていたらホタテは北海道産じゃない。

嘘は付いていない。

日本のドイツ祭を主催している組織が信用ならん。

Aベストアンサー

フランクフルト在住です。

アップルワインは単に日本人にあまり受けないからだと思います。地酒というか、クセがあって甘みもなく香りも日本人には馴染みがないうえに、なんだか地味です。
さすがにフランクフルト人は地酒が大好きなので私も飲む機会は多く前よりは好きになりましたけど。

ドイツ人の友人や夫と日本のオクトーバーフェストに行ったこともありますが、雰囲気はオクトーバーフェストそのものだねって行っていました。本場はもちろん規模が大きいですけど、内容は悪くないと思います。ただ全体的に販売価格が高すぎるのにはかなり驚いていました。
ドイツのビール(0.3リットル)4ユーロ
ドイツのオクトーバーフェストで飲むビール(1リットル)9ユーロ
日本のオクトーバーフェストで飲むビール(1リットル)2000円

ドイツのオクトーバーフェストも販売価格は高いですし、日本のオクトーバーフェストが一概に偽物でおかしいという印象はありませんでした。

よっぽどドイツで行われてる日本祭りのほうがありえない味付けだったり偽物感が漂っているように感じます。日本食を料理するにも食材集めやら調理法やら色々と大変なのは身をもって知っているので、まあこんなものかーと思いながらごちそうになっています。
土地のものを異国で再現するって難しいです。

フランクフルト在住です。

アップルワインは単に日本人にあまり受けないからだと思います。地酒というか、クセがあって甘みもなく香りも日本人には馴染みがないうえに、なんだか地味です。
さすがにフランクフルト人は地酒が大好きなので私も飲む機会は多く前よりは好きになりましたけど。

ドイツ人の友人や夫と日本のオクトーバーフェストに行ったこともありますが、雰囲気はオクトーバーフェストそのものだねって行っていました。本場はもちろん規模が大きいですけど、内容は悪くないと思います。ただ全...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報