濃度の違うスクロースとグルコースについて、ろ紙に含ませたものを舌尖にのせて、そのときの味の強さを、ある濃度の味の強さを基準として線の長さで表すという実験をしたのですが、
log(R/Rm-R)=n×logC + logK
R:Ratio Rm:最大応答値  C:濃度
という式でHill plotした時に、nの値が受容器1に対する分子数の比になるといわれ、本来ならスクロースのとき2、グルコースの時1に近い値になるといわれたのですが、実験ではどちらの場合もnが1に近いあたい(1.2と1.6)になってしまいました。本当にnの値が受容器1に対する分子数の比というのは正しいのでしょうか?また、そうだとしたら、実験で得られた値が本来得られるべき値と違うことから、実験は失敗だったのでしょうか?それともなにか理由があるのでしょうか?
教えてください

A 回答 (1件)

私,お書きの実験も式も知りませんので,動物実験としての一般論になりますが。



この式は理論的に得られた式でしょうか。それとも,経験上得られた式でしょうか。

1)理論的に得られた式の場合:
 実験でデ-タを出しているのはヒト(動物)ですね。動物には,それぞれに好みがあったり感受性の差があったりします。そのため,同じ実験を行なっても全てが同じ結果を出すわけではなく,かなりのバラツキが生じます。そのため,理論通りの結果は必ずしも出ません。常に理論との差(誤差)が伴います。

2)経験式の場合:
 その式を出した時に測定した個体は何例でしょうか。そしてあなたの実験では何例。おそらく前者は多数の個体を使っているはずです。この個体数の差が大きいと,必ずしも実験値が式通りになるとは限りません。これは上記の様に動物(今の場合ヒト)に個体差(個人差)が存在するからです。

上記の様に,どちらの場合も個人差のためきちんと式に合う結果は出ないと思います。

では,あなたの得た結果が無意味な結果かどうかですが。これは,この式がどれだけの精度を持っているかによります。つまり,小数点1以下に意味があるかないか,得られた数値をどこまで信用すれば良いかの問題です。

あなたの例で言うと。1.2 と 1.6 を1に近い値とおっしゃっていますが,四捨五入するとそれぞれ1と2になります。これであれば式に合っていることになります。上の精度というのは,こういう解釈をしても良いかどうかと言う事です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q論文を読んでいて、細胞を用いる実験で、グルコースの濃度をふって実験をい

論文を読んでいて、細胞を用いる実験で、グルコースの濃度をふって実験をいているデータが載っているのですが、何の目的なのでしょうか。
ごく一般的な手法なのか、理由は書かれていなかったので、どなたかご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

グルコースの濃度を振るのは一般的ではないので、その理由は論文中に(直接的ではなくとも)記述してあるでしょう。

Q「新生化学実験講座 分子進化実験法」という本

 東京化学同人の表題の本を以前読みまして、大変興味深い内容に惹かれました。ただ、この本は確か1993年出版の比較的古い本です。この本の新版のようなものが存在するのかご存知の方おられましたら教えて下さい。また、この本でなくても、関連する内容の書籍で新しいものをご存知のかたの情報もお待ちしております。

 キーワードとしましては、今は「バイオインフォマティクス」というものかもしれません。方法のみではなく、実際の研究成果なども日本語で書かれたものが良いのですが‥。お待ちしております。

Aベストアンサー

東京化学同人〒112-0011 東京都文京区千石3-36-7 地図 Tel 03-3946-5311 / Fax 03-3946-5316 へお問い合わせされると良いと思います。

また同社のHPで出版中の書籍が検索出来ます。

Q全血中 vs 血漿中のグルコース濃度

今日学校で
全血液と血漿中のグルコース濃度を調べて、
そこから赤血球のグルコース濃度を計算する、
という実験をしたのですが、
全血液より血漿中のグルコース濃度が高いという実験結果が出ました。

最初はそんなはずないと思ったのですが、
どうやらあってるみたいですね。
でも理由を調べてみてもどうもはっきり分かりません。
赤血球中のヘモグロビンが関係しているようなのですが…。
どなたかご存知の方がいましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

赤血球自体に酸素を運ぶ役目があるため、酸素を消費してしまうミトコンドリアの呼吸鎖がありません。そのため解糖系でエネルギー産生をまかなっているわけですが、それでグルコース濃度が低いのでしょう。血漿と分離した時点からどんどん減っていくでしょうし。

Q甘さとグルコース濃度が必ずしも一致しないのは?

先日、食物中に含まれるグルコースの定量を行いました。すると、甘さとグルコース濃度が必ずしも一致しないことが分かりました。しかし、その理由がどうしても分かりません。お分かりの方がいらっしゃいましたら、どんなことでも結構ですので教えて頂けないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ちょっと調べてみました。
リンク先が参考になると思います。

グルコースの環状構造はα,β体の2通りありますが、β体のほうが1割強甘みが強いようですね。フルクトースの場合はα,β体で甘みに3倍の差があり、官能試験でも分かりやすいと思いますが、グルコースはそれほどの差がないので今回の結果には、先に挙げた原因に比べるとあまり大きな影響は無いように思います。

参考URL:http://www.kanto-sugar.co.jp/budoutou.html

Qアルコール発酵 グルコース濃度

高校でグルコースに酵母菌を混ぜてアルコール発酵をさせる実験をしました。

そのとき、グルコースの濃度を変えて発生した二酸化炭素の量を一分ごとにはかっていきました。

そこで質問なんですが、グルコース濃度は発生した気体量とどんな関係があるんしょうか?

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 >グルコース濃度は発生した気体量とどんな関係があるんしょうか?

 グラフを作成して並べてみれば、どんな関係か分かるよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報