戦国時代の、細川藤孝配下で、早道の達人であったといわれる、この人は、
いったいなんと読むのでしょう?(道鬼斎というのは「どうきさい」と読むそうなのですが・・・)

「そうだ・どうきさい」でしょうか?
「はやた・どうきさい」でしょうか?
それともまったく違う読み方なのでしょうか?

ご存知の方、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

「はやた・どうきさい」で合っていたと思います。

    • good
    • 0

昔の文書に読み方がついていなかったら、


分からないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学生に楽しく読んでもらえる、戦国武将や戦国時代の本を教えて下さい♪

戦国好きな小学生のために、面白い歴史読み物本を買いたいと思っています。(推測するに戦国ゲームから興味をもったようです)
自分も小中学生の時、新撰組の本を読みあさった記憶があるのですが、戦国武将についてはあまり知識はありません。
これをきっかけに、本好きになってもらえたらな~と思っています。
もしご存じな方がいらっしゃったら教えて下さい、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

そんな小学生に私は
司馬遼太郎さんの『尻啖え孫市』を貸したら、面白かったと言っていました。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4062758148.html

あとは、隆慶一郎さんの『一夢庵風流記』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4101174148.html

風野真知雄『われ、謙信なりせば』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4396334451.html

小学生だって、興味があれば読むことが出来ると思います。
そして、児童書なら、こんな本がオススメです。
斉藤洋『戦国の雲』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/403744240X.html

Q百済は、ひゃくさい、と読まず、くだら、と読むのです

古代朝鮮の高句麗、新羅、伽耶諸国を、各々、こうくり、しらぎ、かやしょこく、と読むことは納得できます。
しかし、百済を、くだら、と読むのは、(私にとってのみでしょうか)難しいです。
なぜ、百済は、ひゃくさい、と読まず、くだら、と読むのですか? 謂れを教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。 

これはとても意味のある質問です。 何故なら『百済』は日本と深い関係があるからです。

『くだら』は『くんなら』の訛ったものです。 

『ナラ』は朝鮮語で『国』という意味を持っています。 『クンナラ』は偉大な国家。 『クンナラ』と『ナラ』は深い関係にあります。 企業で言えば本社と工場の関係です。 

それを裏付ける歴史的な事実があります。 遣唐使が中国に派遣される。 その航路は難波の港を出て、瀬戸内海から朝鮮半島へ。 そこで百済の船と一緒になる。 百済船に先導され、半島沿いに中国山東半島へ。 大陸の旅も百済使節の先導です。 長安の都に着く。 そこでの皇帝との面会、通訳も百済の使節がやってくれる。要するに『おんぶにだっこ』だったのです。

ところが西暦662年に百済は唐と新羅の連合軍に白村江(しらすきのえ)というところで戦いに敗れ、滅びます。 『百済滅亡』です。 これ以降、日本の遣唐使派遣は大幅に縮小され、頻度も激変します。 朝鮮半島沿いの安全な航路は使えなくなったからです。 東シナ海を横切って福州の寧波へ行く。 これは当時の日本の航海術では困難だったのです。 

百済滅亡を機に日本は大陸から離され、独自の道を歩むことになるのです。 

こんにちは。 

これはとても意味のある質問です。 何故なら『百済』は日本と深い関係があるからです。

『くだら』は『くんなら』の訛ったものです。 

『ナラ』は朝鮮語で『国』という意味を持っています。 『クンナラ』は偉大な国家。 『クンナラ』と『ナラ』は深い関係にあります。 企業で言えば本社と工場の関係です。 

それを裏付ける歴史的な事実があります。 遣唐使が中国に派遣される。 その航路は難波の港を出て、瀬戸内海から朝鮮半島へ。 そこで百済の船と一緒になる。 百済船に先導され...続きを読む

Q「鬼室福信」「鬼室集斯」を先祖とするのか?

朝日新聞をメインにカメラマンとして活躍されている様子の「鬼室黎」さん(男性か女性か不明なり)は「鬼室福信」「鬼室集斯」を先祖とされる方なのでしょうか? もしご存じであれば教えて下さい。 何れにしろ、「鬼室」(きしつ)とは極めて珍しい姓かと。質問としては渡来系の名前としてどのような姓が千五百から二千年近くの時を経て現在の日本に残っているのでしょうか?

備考:「朝日新聞」にも問い合わせましたが、「判りません」と木で鼻を括った様な返事、サイトにも「鬼室」「姓」ではごく僅かな情報しか無かった。

Aベストアンサー

「あとは、「渡来人」に特有の「姓」、、、「秦」さん、なんかは有名ですが、他にありませんでしょうか?」

飛鳥時代から大化の改新の頃の日本(倭)は、高句麗および百済と同盟関係にありました。両国が唐と新羅の挟撃によって滅亡した後、両国から逃れてきた人たちがいました。(高句麗滅亡は668年、百済滅亡は660年)

そのうち、高句麗(日本での通称はコマ 高麗)の王族の高麗(コマ)若光を中心とする一団が、武蔵国に集団入植して高麗郡が設置されました(716年 武蔵国高麗郡設置)。現在の埼玉県日高市の辺りです。
高麗神社
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E9%BA%97%E7%A5%9E%E7%A4%BE
からリンクを辿ってください。

高麗神社の社家(高麗若光の直系子孫)は1000年以上経った今も「高麗家」として続いているそうです。また、「コマ」と読む苗字(駒、狛など)はこの系統に属すると見てよいみたいです。

東京都に狛江(コマエ)市がありますが、これも、高麗郡からさらに移住した高句麗出身者に由来する地名と聞いています。日高市から狛江市はあまり遠くなく、戦国時代まで関東の主要道だった上野から鎌倉までの「鎌倉街道」に概ね沿っています。

なお、百済の王族には亡命後に日本の貴族と同等に扱われた者もおり、

百済王敬福
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E6%B8%88%E7%8E%8B%E6%95%AC%E7%A6%8F

は、「日本で最初に砂金が発見された時の陸奥国司」として歴史に名を残しており、従三位刑部卿という高位に上っています。この人の子孫は何らかの形で残っているでしょうが、詳細は存じません。

百済や高句麗からの亡命者を全て貴族扱いするわけにも行かないので、近江や武蔵に、それぞれの王族をリーダーとして集団入植させ、自活の道を与えたわけですね。

「あとは、「渡来人」に特有の「姓」、、、「秦」さん、なんかは有名ですが、他にありませんでしょうか?」

飛鳥時代から大化の改新の頃の日本(倭)は、高句麗および百済と同盟関係にありました。両国が唐と新羅の挟撃によって滅亡した後、両国から逃れてきた人たちがいました。(高句麗滅亡は668年、百済滅亡は660年)

そのうち、高句麗(日本での通称はコマ 高麗)の王族の高麗(コマ)若光を中心とする一団が、武蔵国に集団入植して高麗郡が設置されました(716年 武蔵国高麗郡設置)。現在の埼玉県日高市の辺りで...続きを読む

Q星の名前を表す漢字には「鬼」の部首を持つものが多いそうですが。

星の名前を表す漢字には「鬼」の部首を持つものが多いと
きいたことがあるのですが
具体的にどんな漢字があるのか知りたいです。

検索してもなかなか見つからないので力を貸してください~

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 中国伝来の二十八宿(星と言うよりも星座ですが)には、鬼宿(星官「鬼」)と室宿(星官「八魁」)が有った位だと思いますが…。
 ぱっと見た限り「角」が付いた漢字が多い気がします。(まあ鬼の角を連想しますが…。)

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AC%BC%E5%AE%BF
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%A4%E5%AE%BF

Q戦国時代には瀬戸内海に海賊がいたそうですが

戦国時代には瀬戸内海に海賊がいたそうですが、その当時の朝鮮軍とその海賊を同人数で対馬で戦わせたらどちらが勝ちますか?

Aベストアンサー

戦場設定に無理がありすぎる。まともな戦局予想を望むならば、前提条件を
まともなものにしましょう。昨今から旧日本軍は素晴らしいと連呼している
愚か者と同類に見えます。judas96の別アカウントじゃないですよね?w


人気Q&Aランキング

おすすめ情報