これからの季節に親子でハイキング! >>

母がら急死しました。
私には、私を含め3人の兄弟がいます。
母は、株、投資信託を、保有していますが、それらを、名義変更して相続しようと思っています。
現在は、3000万×法定相続人×600万の、基礎控除がありますが、これは、株、投資信託を代表で、例えば、長男が名義変更して全てを相続してもいいのですか?
3人で、4800万の控除枠に、おさまればいいのですか?
それとも、1人1600万ずつにしないと、控除枠は、摘要されないのですか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

多分 相続人☓600万円は保険だとおもう。

ご質問の証券は3000万円の枠内が基礎控除。合意が出来ていれば一人で全部もらっても問題無い。
ただし、証券会社に提出する書類には、相続人全員の署名と実印が必要になる。書類は証券会社に連絡すれば送ってくれますが、提出に必要な書類がいろいろありますよ。
    • good
    • 0

>3000万×法定相続人×600万の、基礎控除がありますが、これは、株、投資信託を代表で、例えば、長男が名義変更して全てを相続してもいいのですか?


もちろんです。

>3人で、4800万の控除枠に、おさまればいいのですか?
課税対象の遺産総額が4800万円の控除額内なら、相続税かかりません。

>それとも、1人1600万ずつにしないと、控除枠は、摘要されないのですか?
いいえ。
前に書いたとおりです。
どのように相続しても適用されます。
なお、相続税額の計算は、法定相続分どおりに相続したものとして計算します。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 0

ご愁傷さまです。



株、投資信託だけをみても始まりません。
全ての相続財産がいくらあるかで、
相続税は決まります。

その全ての相続財産から
3000万+600万×法定相続人3人
=4800万の基礎控除が控除できます。

例えば、株、投信、不動産等全てが
4000万なら、
4000万-4800万≦0なので非課税です。

例えば、株、投信、不動産等全てが
6000万なら、
6000万-4800万=1200万
1200万÷法定相続人3等分
=400万が1人あたりの課税所得となり、
400万×10%=40万がひとりあたりの
相続税となり、3人分合計120万
となります。

この120万を相続配分で按分し
納めることになります。
つまり、法定相続どおりで求めた
相続税を実際の相続のとおりに
分けて払うということです。

実際の相続財産の分け方は、
①相続人全員で話し合い、
②遺産分割協議書を作成し、
③全員の署名、捺印し、印鑑証明
 を用意し、
④被相続人の生まれから死ぬまでの
 戸籍謄本を全て揃え、
 相続人との関係性を証明し、
⑤各金融機関の書類に家系図など、
 分割協議書の具体的な内容を記入し、
提出することになります。

そのうえで、質問に答えると。
>長男が名義変更して全てを相続しても
>いいのですか?
全ての法定相続人の了承を得て、
遺産分割協議書に記載し、
同意が得られれば、かまいません。

もし株や投信の分割が難しいので、
まず長男が受け取って、現金を分ける
とお考えであれば、それは代償分割
という方法になります。
それも分割協議書に記載することに
なります。
しかし、株や投信それ自体を分割する
ことは難しいことではありません。

>3人で、4800万の控除枠に、
>おさまればいいのですか?
>1人1600万ずつにしないと、
>控除枠は、摘要されないのですか?
全ての相続財産からの基礎控除であり、
3人に分割してから、各々から基礎控除
が引かれるわけではありません。
ここは誤解ですので、ご注意ください。

まずは不動産なども含め、全ての相続財産
を洗い出すことから始めてください。

相続財産6000万を80%:10%:10%
で分けた時の明細を添付します。

うまくいくことをお祈りしております。
「親の株、投資信託の名義変更について」の回答画像3
    • good
    • 0

>長男が名義変更して全てを相続しても…



相続人全員が同意しているならどうぞ。

ただし、いったん長男名義にしたのち他の者に再度変更すると、贈与となりますのでご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402.htm

>1人1600万ずつにしないと、控除枠は…

そんなルールはありません。

>3000万×法定相続人×600万の、基礎控除がありますが…

すでに調べられたかとは思いますが、老婆心ながら念のため株の表方法は、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4632.htm
投信は
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4644.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投資信託の相続と贈与

先月父が他界しました。遺産に6000万円の投資信託があります。
父が買った時の値よりだいぶ下がっているので、
ある程度値が上がるまで長男名義で管理し、
後で売却し兄弟4人で均等に分けたいと思うのですが
この方法だと贈与税がかかってしまいますか?

Aベストアンサー

>父が買った時の値よりだいぶ下がっているので…

相続した時点で、仮に売却したらいくらなるかを見ておく必要があります。
その価格が相続税もしくは贈与税の算定基礎になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4644.htm

>ある程度値が上がるまで…

値が上がれば上がった分は「所得税」の対象になります。
父が買った値段との比較でなく、相続したときの値段との比較です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1472.htm

>後で売却し兄弟4人で均等に分けたいと…

所得税がかかった上、今度はもらった者に「贈与税」がかかることになるでしょう。
もちろん、もらった者 1人あたり贈与税の基礎控除 110万円以下なら課税はありませんけど。

どのみち、父が買ったときの値段は関係ないのですから、今の時点で売却して分配するのが、税負担を最も少なくする方法かと思います。
その投信が売却せずに小分けできるようなら、証書のまま小分けして持ち続ける手もあります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>父が買った時の値よりだいぶ下がっているので…

相続した時点で、仮に売却したらいくらなるかを見ておく必要があります。
その価格が相続税もしくは贈与税の算定基礎になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4644.htm

>ある程度値が上がるまで…

値が上がれば上がった分は「所得税」の対象になります。
父が買った値段との比較でなく、相続したときの値段との比較です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1472.htm

>後で売却し兄弟4人で均等に分けたいと…

所得税がかかっ...続きを読む

Q株の名義変更及び移管について

父がバブル時に購入した6社ほどの株があります。
すべて、50%以上の損失で塩漬け状態になっています。
このまま放置していても、いつ利益がでるか解らないので私が運用してみたいと思っています。
父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが、証券会社に聞いたら、名義変更はできないという事でした。
できるとしても贈与税などの手続きとかでいろいろ手間がかかるとの事でした。
一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし、売却するなら、手数料の安い父名義のネット証券に移管してから売却なり運用した方が良いかと思っています。
(大手証券会社もネット証券会社も特定口座です)

株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります。
もしそうだと、移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが・・・?

詳しい事はよく解らないので何かアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。

>株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります
↑一度株券を出庫して入庫をすればその通りですが、取得価格を引き継ぎたいのであれば、「証券会社間移管」という書面での手続を行えば、現在置いてある大手証券会社での特定口座での取得価格が引き継がれます。

>移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが
↑取得価格が証明できるのであれば問題ありません。またその証明が無い場合でも、最悪、一般口座で平22年末までの売却であれば「みなし価格」は使えます。バブル期の高値よりは多分大きく不利ではありますが。

>一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし
↑であれば、運用も何もないですよね。値が戻るのをひたすら待つというのは運用でも何でもありません。損切りができない人は株式投資をすべきではありません。

いずれにしても、贈与の件と、運用方針についてお父上との相談、合意が不可欠でしょう。
そして贈与手続云々が面倒なら、証券会社間移管でお父上のネット証券口座に移管し、ネット取引であなたが運用してみてはいかがでしょうか。

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。
...続きを読む

Q株式の名義変更について

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりません。
証券会社は○興コー○○○○だったと思います。

私はネット証券(ka○.com,イー○レード)と証券会社(SMBC○○○○証券)に計3つの特定口座を所有しております。

対象の株価は1株約350円で、4000株だと約140万円になってしまい、110万円を超える為、贈与税がかかるとの認識です。
贈与税がかかるのは嫌なので、2000株ずつを2年にわけて名義変更が一番良い方法でしょうか。
なお、当面、というか今のところ現金化するつもりはありません。

ka○.comは贈与により取得した株式の取得費を特定口座へ入庫するのは法的には可能だが取り扱いをしていない旨が記載されておりました。(意味がよくわからない)

父と私がそれぞれどのような手続きをすればよいのかをご教授いただけますでしょうか?
わたしの3つのうち、どこに入庫するのが一番良いでしょうか?
また、他に最良の方法があればご教示願います。
よろしくお願いいたします。

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりま...続きを読む

Aベストアンサー

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その際もちろん贈与に関する手続が必要です。

3.あなたへの名義書換を終え、証券会社の特定口座に入れます。その際の取得価格は1で述べた「精算書」を使います。一般的にはその時に贈与に関する書類も必要となります。カ○ドットのように取扱いをしていないケースもあるようですが私の勤務する証券会社では可能です。

4.精算書にある平均取得価格がみなし取得価格よりも低い場合は無理に特定口座に入れると不利になる恐れがあります。ちなみにご質問の銘柄のみなし価格は238円です。

5.特定口座に入れずに一般口座に置く場合でも、平成22年末までの売却であれば、みなし価格を取得価格として採用できます。(逆に言えばみなしを使いたいなら一般口座。特定でのみなし採用は昨年末で締切となってます。)

5.贈与税に関しては、仰るとおり4千株ですと110万を超えそうですので2年に分けてやってもいいでしょう。本日6/14現在では339円ですが、やるタイミングによってはより安い値段を採用できる可能性もありますので、考慮してください。贈与した日以外に、当月・前月・前々月の平均値などの最安値を使えます。
http://www.smbc-friend.co.jp/info/tax/jojokabusikizoyo.html

6.「2千株づつ2年に分けてやるのが一番良いか」はわかりません。一括でやっちゃった方が良いかもしれませんが事後的にしかわかりません。株価が今後上昇する可能性もありますので。ちなみに本日終値で計算した贈与税は、2万5千円くらいですね。
(339*4,000-1,100,000)*0.1=25,600
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

※まずお父様の会社の持株会にそのような精算書が発行できるかを確認し、また預入れ予定の証券会社の特定口座の取扱い(贈与時などの取扱い)を尋ねてください。
以上で対処出来ない場合は他の方法もなくもないですが、その折にはまた質問立ててください。私の出来る範囲でお力になります。

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その...続きを読む


人気Q&Aランキング