輸入関係の青色個人事業主です。
海外からの仕入と国内の販売でドル決済で行っている取引があります。
売掛金入金は入金時においては円換算もしないので、仕入代の支払い時のレートで処理するものと考えてよろしいでしょうか?
仕入代をドルで支払う場合に円⇒ドルと通常はしていますが、ドルでの売掛金入金が多い場合には、他の仕入代とあわせてそのドルを使用してドル建てのまま仕入代を支払うこともあります。その場合、ドルで受け取った売掛金をすべて仕入代に充てた場合には、為替差益損が出ないように思えるのですが、どのように仕訳をしてよいのか分からず困っています。どうぞお知恵をいただけますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。



ご存じの通り、会計では、外貨建て債権(預金を含む)、債務の計上は、その日の円換算額(その日の為替レート(=交換レート)で時価評価した円貨)で行います。ただ、この際の「その日の為替レート」は、取引銀行が建てている売買レートの仲値でなくてはなりません。つまり、TTBとTTSの中間値を「その日の為替レート」とするのが原則です。
 

>①6/3

ですから6/3は、TTBレート $1=100円ではなく、TTBレートとTTSレートの仲値を適用して前受金を計上します。


>②6/13に仕入代金$1000のうち前払金$500を支払い・・・

手持ちの円で銀行からドルを買って、それを支払いました。ということは銀行は、その日のTTSレートを適用してドルをあなたに売ったはずですから、「※\105 6/13 TTBレート」は誤りです。「※\xxx 6/13 TTSレート」でなくてはなりません。


>③6/20に仕入れのうち、納期確約の為残額を支払い・・・

この日の支払いも、「TTSレート」が適用されます。


④6/25に商品を納入したので、売上計上
(借方)前受金 $2,000(\180,000) /(貸方)外貨普通 $2,000(\180,000)
(借方)為替差損 \20,000      
※\90 6/20付TTBレート

1000ドルで仕入れた商品を6/25に2000ドルで売ったのだから、売上高は6/25の為替レート(TTBとTTSの仲値)で換算した円貨を計上することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.1さま
この度も細かくご回答いただきましてありがとうございました。
TTBとTTSをすっかり勘違いし間違っていたことに気が付きました。
まだまだ会計は未熟ながら、次回の確定申告に向けてもっと勉強したいと思います。
迅速なご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/06/22 11:18

自分の商売として外貨による取引をしたことはありませんが、外貨


取引を行っている会社さんの自動仕訳システムを作ったことがある
ので、その経験に基づく補足をします。

考え方としては、No.1の方の回答と同じでした。

要約すると、為替差損益は、
[入金⇔支払]の間で発生するのではなく、
[買掛⇔支払]、[売掛⇔入金]の間で発生する、
ということです。


そのお客さんは旅行業者さんなので、質問者さんの参考になるかど
うかは分かりませんが、換算レートは、月次で決めていました。

前月の末日の取引先の銀行のT.T.S.とT.T.Bの中値、みたいな感じで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。
為替差損益については、本当に悩みの種でした。
まだまだ不慣れですが、みなさまのご回答をもとに頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2016/06/22 11:22

会計上はすべて取引時点で日本円に換算します。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきましてありがとうございます。
外貨であっても、円建てのように考えるべきでしたのに、外貨というだけど、混乱してしまいまして。今後は切り替えて頑張っていきたいと思います。

お礼日時:2016/06/21 15:46

ドルで受け取った売掛金をすべて仕入代に充てるのは、資金繰りとしては一向に構いませんが、会計処理は、売掛金と買掛金とを完全に切り離して考えなくてはなりません。




6月10日、商品1万ドルを輸入。本日の為替レート:$1=110円
〔借方〕仕入高 1,100,000/〔貸方〕買掛金 1,100,000

6月13日、この商品全部を2万ドルで販売した。本日の為替レート:$1=108円
〔借方〕売掛金 2,160,000/〔貸方〕売上高 2,160,000

6月17日、この売掛金2万ドルを受け取った。本日の為替レート:$1=111円
〔借方〕外貨預金 2,220,000/〔貸方〕売掛金 2,160,000
〔借方〕………{空欄}………/〔貸方〕為替差益 60,000

6月24日、買掛金1万ドルを送金した。本日の為替レート:$1=112円
〔借方〕買掛金 1,100,000/〔貸方〕外貨預金 1,120,000
〔借方〕為替差損 20,000/


問題を単純化するため、消費税込会計としました。

以上、ご参考に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にご説明頂きまして本当にありがとうございます。
こちらを踏まえまして、下記の仕訳についてご教授頂きたく。
予約販売の為、先に前払い金として頂くこともございまして、ご説明を踏まえ考えてみたのですが、下記例の場合の仕訳は合ってますでしょうか。
ご確認頂けますと助かります。どうぞよろしくお願いいたします。


①6/3に商品代金を前受金として$2000全額受取り
(借方)外貨普通 $2,000 (\200,000) /(貸方)前受金 $2,000(\200,000)
 ※\100 6/3 TTBレート 
②6/13に仕入代金$1000のうち前払金$500を支払い
(借方)前払金 $500(\52,500)/(貸方)外貨普通 $500(\52,500)
  ※\105 6/13 TTBレート
③6/20に仕入れのうち、納期確約の為残額を支払い
(借方)仕入 $1,000(\110,000)/(貸方)前払金 $500(\52,500)
/(貸方)外貨普通 $500(\55,000)
/ (貸方)為替差益 $2,500
 ※\110 6/20 TTBレート
④6/25に商品を納入したので、売上計上
(借方)前受金 $2,000(\180,000) /(貸方)外貨普通 $2,000(\180,000)
(借方)為替差損 \20,000      
※\90 6/20付TTBレート

お礼日時:2016/06/21 15:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛金回収時、差し引かれて入金された振込手数料を入金扱いとする理由

売掛金を請求し、実際口座に入り、入金処理の仕方で、
 例: (1)請求金額  ¥100,000 に対し、
    (2)口座入金額  ¥95,500
    (3)振込手数料   ¥500
  
 経理で処理する際、(2)は実際口座に入金になっているのでわかるのですが、
(3)は手数料として引かれているのに、入金扱いとする理由が分かりません。
 教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込手数料を入金扱いとする」と考えると分かり難いでしょうが、「質問者が支払うべき振込手数料を取引先が立替えて支払い、立替金が相殺された」と考えるとどうなのでしょうか。


代金請求金額  ¥100,000 に対して、

イ)口座入金額  ¥95,500
買い方が売り方に等価の通貨を渡して決済しました。

ロ)振込手数料   ¥500
売り方の買い方に対する売掛金(債権)と、買い方の売り方に対する立替金(債権。買い方から見れば債務)を相殺して決済しました。

合計で、¥100,000を決済しました。

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込...続きを読む

Q売掛金入金不足があった場合の勘定科目

小さな会社に勤めている経理初心者です。

売掛金の回収予定日に取引先から入金された金額が、予定金額の半分以下でした。
当社の担当者が該当取引先に確認したところ担当者は有休で不在。後日改めて確認したところ、
入金された以外の書類を経理に提出し忘れていたとのことでした。

残りのお金は後日きちんと振り込まれたので売掛金の回収自体は完了したのですが、
売掛金入金不足があった日の仕訳をどのようにしたらいいのか分かりません。
借方:普通預金(回収予定日振込金額)、?(勘定科目不明) / 貸方:売掛金
の、?の勘定科目が分かりません。

どなたか教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

入金した金額だけ仕訳すればいいんですよ。

【例】

(1) 3/25  売掛金  100,000円 / 売上 100,000円

(2) 4/10  普通預金 40,000円 / 売掛金 40,000円

(3) 4/20  普通預金 60,000円 / 売掛金 60,000円


会計ソフトで入力しているでしょうから、「得意先元帳(売掛帳)」を確認してください。

(1)で、売掛金の残高が 10万円です。
(2)で、売掛金の残高は  6万円になります。
(3)で、売掛金の残高が  0円になり、集金完了ですね。

あと、念のために。
振込手数料分を「差し引いて」入金されることも多いと思います。
この場合、
  雑費 / 売掛金 ***円 (振込手数料相殺)
の仕訳を入力しないと、売掛金の残高が相殺された手数料の分だけ「未回収」になってしまいますので、ご注意くださいね。

経理の事務は、大部分が繰り返し発生する事例です。
馴れて来れば、なんてことはありません。
がんばってください。

Qお客様の過払いによる、売掛金の入金時処理

今般売掛金を回収したのですが、仕訳について躓いています。
疑問は、回収した売掛金のうち、お客様の検収や単価の誤りで多く入金した時の処理です。
単価誤りやお客様の検収数が多い場合で過入金、売掛金を回収したとして処理してよいのでしょうか。それとも、誤り分を前受金として処理しておいて、次月以降において売掛金回収として処理するのですか。
前受金の認識としては、役務の提供前(未発送の品代等)にお金を受取ると前受金で処理すると思っているのですが、このあたりで躓いております。
恐れ入りますが、認識のご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

そのまま売掛がマイナスのままです。
翌月の仕訳の摘要に過入金分相殺などと、簡単に記載しておきます。
仮受金に計上するのは決算月だけです。

Q売掛金が入金されたとき、どう仕分けたらいいのでしょか?

連日質問すいません。現在弥生会計08を使用し、自分なりに決算をして本日税務署に持っていったのですが、数字が合わずやり直しになってしまいましたのでまた質問させてください。


(1)昨年度の売掛金が、預金口座(普通預金)に入金されました。
→預金出納帳に「相手勘定科目:売掛金」「摘要:掛代金回収」の入力でいいのでしょうか?

(2)昨年度の売掛金(¥10,000)が、預金口座(普通預金)に入金されました。
しかし振込手数料(¥500)が引かれ、¥9,500の入金でした。
→預金出納帳に¥9,500は入力したのですが、振込手数料はどこに入力したらいいのでしょうか?
現金出納帳にでしょうか??
それとも、「複数の仕分けは振替伝票で」と聞くのですが、振替伝票に入力するのでしょうか?
振替伝票の場合、貸方・借方それぞれどんな勘定科目で入力したらいいのかも教えていただけると大変助かります。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

預金出納帳に9,500円が入力済ですから、残りの振込手数料500円については振替伝票で入力してください。
借方 支払手数料(又は雑費) 500/貸方 売掛金 500

これで、売掛金の貸方が10,000円となり万事OKです。

なお、ご質問の内容では、現金出納帳は関係ありません。

<仕分け→簿記では「仕訳」です。(仕分は事業仕分の場合)>

Q送付遅れでカード会社からの入金もなく、カード売掛金が未回収となってしまいました。

こんにちは、個人自営業をしております。
銀行系クレジットカードでの売上があったのですが、
売上票を紛失してしまい、6ヵ月後に出てきました。その後カード会社に提出したのですが、カード会社から本人に確認してからでないと精算出来ないと言われ、カード会社から本人に電話しても留守で郵送で書面を送ったが本人からの連絡は無く売上票を精算出来ないとの事でした。カード会社からの入金もなく、カード売掛金が未回収となってしまいました。
この場合は回収するのにどうしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

お客様に連絡ができるのであれば、直接連絡して経緯を説明し、前回の決済を無効にして再度カード処理をさせていただくか、現金でお支払いいただくことになるでしょう。

お客様の連絡先が不明なのであれば、カード会社に再度調査を頼むしかありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報