恥ずかしい話ですが、わが家は父が亡くなって8年、土地名義をそのままにしています。(登記を父のままにしています)お金はありませんが、土地を結構持っています。実質の相続人の決定はどのタイミングでしょうか。
1.相続税を払ったタイミング(ここで、相続人を決めて払っているのでしょうか)税は母が税理士に相談して払っているのは間違いないです。相続人を明確に決めなくても、税金は払えるのですか。

2.登記で名義変更をしたとき。我が家で言えば、名義をそのままにしている土地の名義を自分になおした時、自分が父の相続人になる。

ふと、疑問に思いました。もしかして、すべて母のものになっているのでしょうか。今、自分に名義をうつせば相続税もかからないのでしょうか。愚問ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

相続について、基本かつ重要な事項を御存知無い方の質問だなと、失礼ながら思いました。


1、相続は、被相続人が死亡した段階で発生して、相続人は確定している。
2、相続税の申告と納税は、遺産分割協議が整ってなくてもできる。

相続発生で被相続人のすべての財産は相続人に移動します。
相続人が一人しかいなければ「全部その人のもの」になりますし、相続人が複数いれば、誰がどれだけ相続するかを協議して、結論が出れば書面にしておきます。これが遺産分割協議書です。

相続税の申告書には遺産分割協議書の添付が必要です。
しかし、「相続税の申告と納税がされている事」=「遺産分割協議がされている」ではありません。
遺産分割協議は、相続人間ですることですので、税金の申告期限までに話が整わない場合だってあります。
その場合には「法定相続分で遺産を分割したとして、相続税の申告書を提出して納税する」ことになってます。
相続税の申告、納付後に、遺産分割協議が整った場合には、法定相続分どおりの遺産分割以外は「実際に相続した財産が相続人ごとに違う」ことになります。
相続税では「一つの相続に対しての相続税を、実際に財産を貰った額に応じて、個々の相続人が負担する」ことになってますので、遺産分割協議が整った際には、相続人個々が負担すべき相続税の訂正をするための修正申告書を提出します。

さて、遺産分割協議が整って、相続税申告も出して納税も済んだとします。
これとは「まったく別の手続き」として、各相続人は、相続で得た財産を「これはわたしが相続で貰ったもの」としないといけません。
動産は「これは、わたしが貰った」と手に入れてしまえばよいです。占有と言います。
不動産は「これは、私のものだ」とするには、登記の名義変更をしなくてはいけません。
遺産分割協議書を原因証書として「不動産の所有者名義の変更」を法務局に申請します。

ここが「ちょっとわかりにくい」ところですが、少しゆっくり読んでいただきたく存じます。
遺産分割協議で「土地Aは相続人Bがもらう」となっていれば、土地AはBのものです。
不動産登記で所有者がAのままでも、真実の所有者はBです。

その意味では「不動産の所有権登記変更などは、しなくても良い」話です。
しかし、その不動産を他人に対して「これって私の土地だよ」という際には、所有権移転登記がされてないと、相手に対して「本当に私の土地だからさ」と百万遍言っても、ダメです。
所有権移転登記が必要です。

ランドセルなんかには名前がついてると「あ、○○ちゃんのだ」とわかります。
しかし地べたには名札をつけておけません。立札で「どこの誰べえのもの」としておけば良いとも言えますが、立札などは、引っこ抜いて新しくしてしまえば良いのですから、どうも「誰のものだというには、不十分だ」ということになります。

そこで「自分のものだと言いたいのなら、所有権の登記をしろ」となってます。

ですので「名義をそのままにしている土地の名義を自分になおした時、自分が父の相続人になる。」のではなく、すでに父が死亡した段階であなたが父の相続人になっているのです。
そして「相続人として、父が残した土地を相続したが、これは私のものだという登記をしてない」というだけの話です。

父が残した遺産がどのように相続人間で遺産分割されたかは「相続人全員」に確認すればわかります。
ご質問者が相続人でしたら、あなたを除いたところで遺産分割協議が成立することは原則ありません。

仮に「他の相続人にまったく話がなく、遺産分割協議をしないで、遺産の名義変更がすべて終了してしまった」というならば、父上が公正証書で「おれの財産は全部妻に相続させる」としてる場合があります。
公正証書遺言は99%の確率で有効遺言なので、そのままで、父の遺産の所有権移転登記の原因証書となります。

言い換えると「他の相続人にまったく相談もしないし、話もしないで、遺産の名義変更を妻が単独でできる」です。

税理士が相続税の申告書の作成提出をされてるのですね。
ご質問者が相続人として相続税の申告書にサインと押印をされてるはずです。
税理士によっては相続人全員に相続税の申告書のコピーを交付します。
手元にないというならば「申告書のコピーをくれ」と請求しましょう。
申告書を見れば「誰が何をどれだけ相続したか」がわかりますよ。

違う確認方法としては、父上が残した不動産について、法務局で登記簿謄本を発行してもらうことです。
所有権が父から母に移動していれば「お母さんが相続した」というわけです。

相続人の確定は「遺産分割協議書の作成」で確定するのではありません。
相続人の確定手続きは、被相続人が出生してから死亡するまでの連続した戸籍を収集することで行います。
相続人が集まって、遺産をどう分けようかというのが遺産分割協議です。
その結果を書面にしたのが遺産分割協議書です。
遺産分割協議がされた時に相続人が確定するのではありませんので、そのような説明が仮にあったら間違いですから。

なお「今、自分に名義をうつせば相続税もかからないのでしょうか」に。
相続を原因として母の所有物になってる不動産を、娘のものにするには、母が娘に贈与するか、母が娘に売却するかです(他にもありますが、稀有な原因ですから省略)。
贈与ですと贈与税が娘に発生します。
売却ですと、母に譲渡所得が発生して税金を新たに納税するとなる可能性があります。

母が死亡して、娘がそれを相続で得たという場合に「相続税」がかかります。

生きてる人から生きてる人に財産が移って相続税がかかるということはありえません。
相続税は「死んだ人が残した遺産を貰った人にかかる税金」だからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

頭の悪い自分でも理解ができました。このような場で丁寧に回答くださってありがとうございます。すんなり頭に入りました。それと同時に自分は本当に無知で人生を過ごしてきたのだと反省しています。ありがとうございました。また、何かあったらよろしくお願い致します。

お礼日時:2016/06/23 18:06

1.相続人は 父が亡くなったときに確定しています。

母がその時点で生存としているようですので母と子です。
2.これは誰が相続人になるかではなく 誰が(相続ににより)土地の所有者になるかの話です。
3.相続税の話はすでに済んでいます(相続開始後10か月以内に申告)。その時点では 土地は法定持ち分による共同相続として計算されたのでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

申告で済んでいるのですね。どうもこのような流れがわからず今更ながら疑問に思ってしまいました。丁寧に回答くださりありがとうございました。

お礼日時:2016/06/23 18:00

1.相続税は、相続人の誰が納めても良いのです。


相続人の中の誰か単独でも良いし、複数名でも良いし。
母は配偶者として相続人であることは明確なので母が納めたのでしょう。

2.住民票や戸籍謄本などからあなたが相続人の一人であることは分かりますが、相続人全員が確定しているとは言えません。
遺産分割協議書があれば確定です。

相続税はすでに母が納めているわけでしょ。
遺産分割協議書を作成して、その他の書類を添付して申請すれば、あなたの名義として登記されることになります。
更に相続税はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答くださってありがとうございます。遺産分割協議書を確認してみます。またなにかあったらよろしくお願い致します。

お礼日時:2016/06/23 18:07

○相続税の支払いについて


 相続税は控除の関係から「誰」が「どれだけ」を相続するかによって税額が異なります。
 つまり、税金の支払いをきちんと終えているということは、それらを決めているということです。

 相続税の節税では配偶者控除を使うように相続することが大半です。
 おそらくは、配偶者であるお母様が財産の大部分を相続されたことになっているのだと思われます。

○土地名義の変更(相続登記)について
 不動産の登記内容の変更(相続登記)については、いつまでに行わなければならないという期限はありません。
 但し、第三者への対抗要件としては必要です。
 また、時間が経つことによって登記すべき内容の確認が難しくなることがあり、手続きに時間と費用が大きく掛ることに
 なりかねません。

○質問者さまへの名義変更について
 実際にはどなたが相続しているのか現状では不明ですが、仮にお母様が相続していたとすると、
 質問者様への名義変更は税務上では贈与にあたる可能性が非常に高いです。
 その場合には贈与税の申告が必要かも知れません。
 対象の不動産の評価額によっては納税の必要もあります。

「アドバイスとして」
①相続税の申告の際に、相続財産とその相続人の一覧を作成されていると思います。
 まず、それを確認してみることで相続の内容が分かります。
②相続登記は通常は急ぐものではありません。
 但し、現状のままで万が一、お母様が亡くなられた場合には
 お父様の相続登記に必要な資料(戸籍謄本など)とお母様の相続登記に必要な資料が
 相続登記に必要となる可能性が高いです。
 お父様の相続の状況も分からないままでは、準備もままならないと思います。

以上から、お母様から話を聞くことが第一だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

母に聞いたら資料があるといっていました。それが一覧の類の書類なのだと思います。母にみてもらってもチンプンカンプンだったので近いうちに自分で確認しようと思います。丁寧な回答、感謝致します。

お礼日時:2016/06/23 18:10

相続人を明確に決めなくても、税金は払えるのですか。


= 勝手に届きますので問題なし

名義をそのままにしている土地の名義を自分になおした時、自分が父の相続人になる。
= その通りです。

自分に名義をうつせば相続税もかからないのでしょうか。

=普通の家財産程度なら相続税は無い。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

迅速な回答ありがとうございます。うちのような家庭では、相続税は発生していない可能性が高いのですね。安心しました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/23 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフ会員権が倒産によって売却できなくなった場合の税金は?

Aゴルフ場のゴルフ会員権400万円を持っている人がいるのですが、後にAゴルフ場が倒産してしまい、ゴルフ会員権が売却できなくなってしまったそうです。
ゴルフ会員権は売却した場合、その売却損は還付ができますが、売却できないために損失を計上できず困っているそうです。
ゴルフ会員権を貸倒れとして処理してそれを損失として税金を還付することはできるのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

通常のゴルフ会員権としての売買による損益は譲渡所得となり、売却損は、譲渡所得の損失として他の所得から控除できます。
しかし、預託金が返還されない場合の損失についいては、残念ですが、譲渡所得の損失や、雑損控除などで、他の所得から控除は出来ないことになっています。

事前に売却されるべきでしたね。

Q亡くなった父名義の銀行口座→母名義に、これは相続?

先日父がなくなり、父名義の銀行口座などを母の名義に変更したいのですが、名義変更=相続になるのでしょうか?

相続人は母、娘2人(姉・私)ですが、
生活に必要な公共料金などの引き落としに使っている口座などを含め、貯金などはすべて書類などがそろい次第、父→母名義に変更したいと思っています。

自宅などの不動産を含め相続については、四十九日を無事に終えて落ち着いてから、改めて家族で相談しようと思っているのですが、母に付き添い妹の私が名義の変更をしてしまい後から面倒なことになるのでは??と急に不安になってしまいました。

・母も私も姉が欲しいといえば姉の分は渡す気持ちがある

・妹の私が母と名義の変更をするのは、私の嫁ぎ先が近く、専業主婦のためです。家が遠くフルタイムで働く姉が名義変更などにまったく関心がないようです。

Aベストアンサー

>「相続の割合をきっちり決める前に名義変更をして後で分けても問題がないか?」

銀行口座が凍結されていると仮定するならば、そもそも、姉の書類(印鑑証明等)抜きで名義変更は出来ません。
ですから、相続人全員で、とりあえず口座のお金を払い出す書類を作成し、後から金額を相談の上で分けるからと、承諾を得る必要があると思います。
状況からして姉を説得するしか方法がないように思います。
また、姉の協力がすばやく得られないのならば、新しい口座を作って、変更届けを出す方が早いかもしれませんね。
あと、老婆心ながら、相続財産がプラスのみならば、急ぐ必要はないですが、戸籍謄本・登記簿謄本等、結構入手に手間取る事もおおいですし、また、認識していた事と違う事(土地が祖父名義?隠し子?・・・)が分かるのも、珍しい事ではありません。
早め早めの行動をお勧めします。

Q美少女ゲームグッズ、売却方法

美少女ゲーム原画家、山本和枝さんのグッズ(主にテレカ)を売却したいのです。

ただ、かなりの数があるためテレカ(300~400枚?)、グッズ(版画、POP、ポスター等)どう捌けばいいか頭を悩ませてます。

少し古いですが2003,4年までに発売された分は、ほぼ全部揃ってるかと思います。

せっかくなんで出来るだけ高く売りたいので、関西方面でおすすめの店などがあれば教えていただきたいです。
ネット販売もできるなら、それもお願いします。

Aベストアンサー

直接業者さんに売ると業者さんは再販の手数料や儲けを考え値段を抑えて買い取ります。
直接欲しい人に売るのがおすすめで、その方法の1つでネットオークションという方法もあります。
いろいろなオークションがあるので、どんな出品品が多いのか調べて信用のおけるところに出品されるといいと思います。
ただ、取引は自己責任で行うのが原則なので、オークションのルール等をよく理解してください。
たとえばビッダーズやYAHOOオークションは参加者が多く結構こだわりを持った人も多く参加しているので、思わぬ高値が期待できます。

参考URL:http://www.hidarikiki.com/auction/

Q亡くなった家族名義の土地の名義変更と相続税について

閲覧ありがとうございます。
数年前、父が亡くなり私の兄が家とその周り周辺の土地の名義変更をしました(父の子供は私と兄だけです)
ですが、ある事情から他にも父名義の休耕田や畑などの名義も兄に変更する事になりました。
正直、生活が苦しいので相続税がドカンと来たらどうしようかと今から不安です。
お聞きしたいのは、相続税が免除、または分割での支払いが許可される事があるのか。
名義変更をするのにどれくらいかかるのか。
自分でやるのと司法書士さんに依頼するのではどちらの方が安く済むのか、です。
お金の関係ばかりですが、1つでも分かる方はお答え頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これは、父が亡くなり、兄が不動産を相続したことをhalvemaanさんが承諾したのでしよう。
それならばhalvemaanさんが相続して所有したわけではないので相続税はゼロ円です。
所有権移転登記手続きも、halvemaanには、その義務はないので、する必要はないです。
兄のすることですから。
なお、一旦、父から相続を原因としてhalvemaanさんに名義変更しているが、今回、事情により兄に名義変更するにしても、その理由が「真正な登記名義の回復登記」ならば贈与税はかかりません。

Q倒産したゴルフ会員権の譲渡について

 倒産したゴルフ会員権を知り合いに売却しようと思うのでが、倒産したゴルフ会員権は売却禁止という話を聞きました。しかし、このゴルフ場は倒産したと入っても、次の経営陣によって存続しており、プレイ権も存在しています。このような場合でも売却は不可能なのでしょうか?
法律違反になると困るので、何か良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

二つの観点から説明します
ゴルフ会員権はメンバーの質の確保の点から会員権の譲渡は会則で理事会の承認を得ることが必要とされるケースが殆どであり、事業破綻しても契約の特約は有効となります
ですから今回のケースでは元来の契約(会員規則)は有効ですので譲渡禁止もしくは譲渡制限は有効となります
会員権は民法上の債権的な性格をもつケース(預託金を供している会員)では債権の譲渡は特約により制限されない限り債務者の承諾、もしくは通知により譲渡は可能ですしそれは債務者の倒産により制限は受けません
ですから会員規則の制限如何により譲渡の可否が決まりますので確認されるとよいと考えられます

Q亡くなった父名義の土地の売買

現在、父と義母は健在で、父に2人の子があります。父が先に亡くなった場合、義母名義にせず、父名義のままの土地を義母が亡くなってから、子が相続、売買はできるのでしょうか?
以前、義母とは養子縁組か、遺言書に書いてもらわない限り、義母の財産は相続できないとこちらで回答は頂いています。それができるなら、義母承認に上、土地問題はそうして、預貯金はたいしてないので、黙っておろすという方法がいいのではと、父から聞かれていますので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、追記しておきます。

父死亡後、相続財産が未分割状態で残っている状態で義母が死亡した場合には、「子」及び「義母の相続人全員」で「父」の未分割の財産の分割協議を行わなくてはならなくなります。

はっきり言いましてこの協議はもつれます。
義母の相続人にとっては棚ぼたであり、協議がすぐに整わなくても全く困りません。
これに対して「子」の側は、協議が整わないと困りますので、結果として非常に感情的な対立が生じてしまうと言うことがよくあります。

そうならないようにするためには、父が生存中に「遺言書」を可能な限り公正証書で作成しておくことです。
遺留分を侵害しない範囲での遺言であるならば、完全に有効となり、父の死亡後誰が文句を言っても遺言書どおりに相続することが可能となります。

Q保有するゴルフ場が倒産しそうです。

保有しているゴルフ場が倒産しそうです。
「倒産する前に売却して売却損を通算した方が良い」というアドバイスを知人からもらいました。

しかし、会員権相場がないので、妻か息子に売却しようと思います。

税理士に「実質譲渡と見なされて課税されないか?」と問いただしたところ
「契約書類を作成し、本当に金の授受が銀行口座感で確認されるようにしておけば問題ない」といわれました。

本~当に「大丈夫」なんでしょうか?後で超過税払わされないか心配です。

このあたりの税務&法務処理に詳しい方がおられましたらよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

会員権相場が無いゴルフ場の会員権の購入経験が無いですが、

私は、4,600万円で購入、3,880万円で売却で、
きちっと購入時、売却時が判る状態を作りました。

同等ランクの会員権価格を参考に、不当に安い価格で売却
していない証拠は持っていた方が良いです。
むしろ倒産してから、会社更生法申請日以降なら、紙屑扱いで
売却可能です。

Q亡くなった父名義の土地の売買手続き

25年前に他界した父名義の田を売ることになりましたが、その土地は相続手続を未だしていません(つまりまだ父名義のままなのです)。この場合、法定相続人(母、長男、次男、三男)が協議し合意したした上で、そのうち三男一人だけが土地の売却所得を得ることはできるでしょうか?またそのためにはどういった手続きをすればよいのでしょうか。何もわからないので、どなたかどうか教えてください。

Aベストアンサー

相続財産は相続税がかからない範囲だったから相続税の申告はしていないということでよいでしょうか?
それが重要ですから。

であれば、遺産分割協議書にて3男のみが相続するとの合意を相続人全員で行い、実印捺印印鑑証明添付にて3男への相続登記をして下さい。

その後は3男の不動産ですから売却代金を受け取るのも三男ですし、譲渡所得も三男のみ発生します。

Q会社の倒産・破産

会社が倒産しました。倒産整理のため、全員解雇となりました。社長からの説明もまったくなし。役員は自己破産するそうです。倒産・自己破産するにも関わらず、商品の仕入れ、既存の商品を隠し、再度同じ場所で商売を始めようとしています。固定資産も勝手に名義変更や売却、持ち出ししているようです。法人カードもいまだに使っている様子。税金滞納・給与預かり分も滞納、銀行などにもまったく返済せずに、こんなことしても法律に触れないのでしょうか?仕入先の方々が共倒れになりそうです。

Aベストアンサー

>倒産・自己破産するにも関わらず、商品の仕入れ、既存の商品を隠し、再度同じ場所で商売を始めようとしています。固定資産も勝手に名義変更や売却、持ち出ししているようです。

事の事情が良く飲み込めないのですが、これから倒産するのでしょうか?或いは既に倒産してしまった後の事でしょうか。
と言うのも一般には倒産すれば債権者が駆け付け、直ちに債権保全の処置が取られます、よって上記の様な行為は殆ど出来なくなりますし、直前に隠匿したものは追徴され債権回収されてしまいます。調査が始まれば容易に判明します。
なお仮にこの様な行為を行ったことが明らかになれば自己破産の認定にも影響を与え不利となります。
当然罪にも問われます。

補足ですが倒産ともなれば法人カードは直ちに無効となりますので使えない筈です。(倒産情報は公開されますから)

なお、他の回答に触れられていますが、労働債権は必ずしも優先されるものではありません。

下記URL参照下さい。http://www2.mhlw.go.jp/kisya/kijun/20001213_01_k/20001213_01_k_zu3.html

ご参考まで

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/kisya/kijun/20001213_01_k/20001213_01_k_zu3.html

>倒産・自己破産するにも関わらず、商品の仕入れ、既存の商品を隠し、再度同じ場所で商売を始めようとしています。固定資産も勝手に名義変更や売却、持ち出ししているようです。

事の事情が良く飲み込めないのですが、これから倒産するのでしょうか?或いは既に倒産してしまった後の事でしょうか。
と言うのも一般には倒産すれば債権者が駆け付け、直ちに債権保全の処置が取られます、よって上記の様な行為は殆ど出来なくなりますし、直前に隠匿したものは追徴され債権回収されてしまいます。調査が始まれば...続きを読む

Q亡くなった父名義の土地等について

8年前に亡くなった父名義の農地と土地+住居があります。
田舎の為、それほど資産価値はないと思います。
昨年まで母がひとりで住んでいましたが、認知症の症状が出てきた為
他府県ですが一人息子である私が住む近くの老人施設に入居させました。
そこで教えて頂きたいのですが、
(1)父名義の農地と土地+住居を母名義に変えることなく、直接私の名義の変えることは可能でしょうか?
(2)その場合は相続の対象になり、いくらかの相続税を支払う必要があるのでしょうか?
(3)母の本籍や住民票を移すとその後名義変更の手続き等が複雑になるでしょうか?
詳しい方、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)父名義の農地と土地+住居を母名義に変えることなく、直接私の名義の変えることは可能でしょうか?

 お父様の法定相続人間で合意すれば、法的に可能です。
 ただし、お母様が認知症ですと、成年後見人を付け、その方の合意も なければなりません。

(2)その場合は相続の対象になり、いくらかの相続税を支払う必要があるのでしょうか?

 相続税は、たとえ未分割でも相続開始から10か月以内に申告しなければなりません。ただし相続税が係るのは一部の資産家のみ。100人に4.2人です。もともと税金を払うほどの財産には該当しなかったのではないかと思います。また、税務の時効は7年です。かかったとしても時効です。

(3)母の本籍や住民票を移すとその後名義変更の手続き等が複雑になるでしょうか?

 手続きが煩雑という程ではありません。
 相続の名義変更(土地や預貯金)は、なくなった方の生まれた時からの戸籍謄本が必要です。本籍が1箇所なら1箇所の役所で住みますが、移転するとその数だけ余計に謄本を取らなければならず、手間がかかります。
 住民票は、現住所でしか取れません。
 戸籍の付表という物を本籍地で取れば、住所移動は全部わかります。


 

1)父名義の農地と土地+住居を母名義に変えることなく、直接私の名義の変えることは可能でしょうか?

 お父様の法定相続人間で合意すれば、法的に可能です。
 ただし、お母様が認知症ですと、成年後見人を付け、その方の合意も なければなりません。

(2)その場合は相続の対象になり、いくらかの相続税を支払う必要があるのでしょうか?

 相続税は、たとえ未分割でも相続開始から10か月以内に申告しなければなりません。ただし相続税が係るのは一部の資産家のみ。100人に4.2人です。もともと税金を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報