【iOS版アプリ】不具合のお知らせ

今日腹痛で会社に遅刻しました。

検索サイトなどで『腹痛 遅刻』と調べると、 信用を失う行為、給料泥棒の犯罪者、甘え、ゆとり などワードが大量に出てきます。

体調管理できていない奴は社会人として終わっているというのはよく言われる話なのですが、 一体どうすればよいのでしょう。

突然の腹痛は回避できず、薬を飲んでも効くまでに時間がかかるなど…。 普段から1時間前行動を心がければある程度のリスクヘッジはできると思うのですが…

どんどん考え込んで暗くなっていくので、皆さんの回避策を教えて欲しいです。

乱文失礼しました。

A 回答 (7件)

「回避策」とは、腹痛を回避するということですか、それともさぼりに見られることを回避するということですか?



前者については、これまでにしばしば腹痛があったのなら、早いうちに一度精密検査することを勧めます。思わぬ病気が原因になっている可能性もあります。

後者については、日頃からの信用を得ることにつきます。いつも誠実に一生懸命働いていることが周囲に伝わっていれば、たまの病欠は温かく見てくれます。
「給料泥棒」と言われるのは、日頃から給料泥棒のような態度を取っているからです。
    • good
    • 6

検索サイトでネガティブな思いをするのは止めましょう。

自分が辛くなるだけですよ。それよりも医者に行きましょう。状況説明して、薬をもらって、今の仕事を楽しむことを考えましょう。むしろ検索サイトで仕事の改善方法、楽しみ方を調べてみてはいかがでしょうか。
    • good
    • 1

専門家紹介

中島靖友

職業:転職アドバイザー

初めまして中島靖友と申します。
私は現在、リクルーティング業界において前々職から13年目になります。外資日系企業問わず、20代から50代の幅広い方々を200名以上、入社まで転職支援してきました。まだまだ発展途上ですが、一人ひとり丁寧なコンサルティングを心掛け、企業のニーズもしっかり把握して“良縁”を提供できればと思っております。
また、2級キャリアコンサル技能士(国家資格)、GCDF-Japanキャリアカウンセラー(米国CCE, Inc.認定)などの資格を保有し、キャリアカウンセリング業界でも「職業紹介を超えたキャリアとは」を理解するため、幅広い活動をしております。

詳しくはこちら

専門家

体調や体の痛みの感じやすさは、人それぞれです。

どうしても辛いときは、遅刻するのは仕方ありません。給料泥棒と思われるかどうかは、普段の働きが職場の人にどの様に伝わっているかで、決まります。遅刻してしまったことは、仕方ないので、その後、挽回するために気持ちを切り替えて、しっかり仕事をしましょう。
    • good
    • 1

専門家紹介

白根敦子

職業:転職アドバイザー

NPO 日本プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー協会 理事
大学卒業後、外資系下着メーカーで5年勤務後、プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®として独立。
協会としての監修本として「30代40代の転職 採用される履歴書・職務経歴書」「30代40代の転職採用される面接テクニック」「再就職で自衛官のキャリアを生かすには」があります。 自分らしく働きたい人、仕事を通じて自分の夢を叶えたい人に具体的な行動をアドバイスしています。独自のステップで、キャリアを分解、再構築していくステップは、高評価をいただいています。 こんなご相談にお応えします。「職場環境はいいけれど、お給料が不満。もっと上げてほしい」「スキルアップできる仕事に転職したい」 「小さい頃から憧れていた職業にチャレンジしたい」「結婚を機に正社員になりたい」「主人の転勤に伴い、転職しなければならなくなった」 ご自分でもっと、在りたい姿に近づくために、作業していただくツールをご用意しています。 職務遂行能力について顕在化するテスト、キャリア棚卸シート、天職探索シートなどがあります。お気軽にご相談ください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

03-3413-1974

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

仕事の責任範囲にもよるけど、


週に一回だったら、相当まずいでしょう。
一年に一回くらいだったら、許されるんじゃない?
    • good
    • 2

1時間前行動は良いね。


印象的にも損がないし 準備も出来て姿勢もバッチリだ。

まあ人間誰にも弱みはある。
風邪を引いたり 親の介護をしたり 子供の世話や 通院治療や。
だから 多少あっても「できる限り周りに迷惑をかけないよう」で良い。
誠実が第一だ。
    • good
    • 1

日頃の仕事ぶりなどで判断されることは多々あります。



年代などに関係はないですが、「かなり体調も悪そうだし我慢しているのがわかるような状態でもいつもどおり出勤してくる従業員」もいれば「体調不良を理由に遅刻してきているのに見るからに元気そうな従業員」もいるわけです。
もちろん医者でもないですし本当に体調不良だったのが時間の経過や薬の効き目で治ったのかもしれません。
それでどちらの従業員が好ましく思えるかということです。

余談ですが、大雨や台風のときに「遅延証明を持って遅れてくる従業員」もいれば、「電車が遅れると思って早めに家を出て時間通りに出勤する従業員」もいるわけです。

このような細かいことの積み重ねで信用って築かれていきます。
普段から信用を築いていれば一回やそこらの急な体調不良での遅刻程度では信用は失いません。
逆に普段から信用が危うければちょっとしたことで信用は完全に失墜します。
    • good
    • 2

本当なら気にすることはないでしょう。


健康管理をしていても突然の痛みなどは回避できません。
ネットで批難されているとすれば、それが単なる言い訳だからでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング