ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

長文で失礼します
半年前に15歳の息子が強制猥褻罪という事で同級生から告訴されました。
・仲の良い友人であるが恋人ではない
・事実、キスして胸を触った(その間5分くらい)
・お互い同意の下にこちらの自宅に行き、ベッドには相手から上がってきた
・当然、強引な事はしていないし、抵抗された訳でもない
・告訴されたのはその日から約3ヶ月後
・事後、告訴されるまではずっと仲良く、相手からも毎日連絡あり(今から会いたい等)
・別の事で些細な事から仲違いし、相手が同級生から仲間外れ的な立場になる
・仲違いした途端に強制猥褻されたと告訴され、twitterや学校で、強制猥褻で訴えてやったと言い回る

こちらは全面否認しました。
・警察に呼ばれ取調べだけで、逮捕はされなかった
・検察には一度呼ばれ、こちらの言い分を主張した

結果、少年事件は原則として全件家裁送致と聞いていて不安だったが、年度末(3月末)に不起訴となりました。5月に検察に連絡して経過を尋ねたところ、双方の言い分を聞いた結果、私の判断で不起訴にしましたという事でした。

こちらとしては今回の告訴について、かなり悪質な濡れ衣であり、家族身内がかなり精神的な被害を受けました。
実質、弁護士さんへの相談費用も何度もかかり、仕事も何度も休んだりと、かなり経済的な被害も被りました。
なにより、性犯罪の被害者と称する相手が自らtwitterや学校で今回のデタラメを言い回った事で、同じ学校に通う娘もかなり傷つき、名誉も傷付けられました。

アドバイス頂きたいのが、
・相手とその両親に謝罪を求めたい
・twitterに、ちゃんと相手が訴えたのは間違いだったと正してもらいたい
・経済的な負担を弁償してもらいたい

こちらが相手に民事裁判を起こした場合、いわゆる勝てる可能性というのは高くはないのでしょうか?
弁護士の先生が言われた、少年事件は原則全件家裁送致な筈が、それすらならなかったという事実は、例外的な事で珍しいケースなのでしょうか?

どなたかご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こちらが相手に民事裁判を起こした場合、


いわゆる勝てる可能性というのは
高くはないのでしょうか?
  ↑
考えられるのは、名誉毀損と虚偽告訴です。
虚偽告訴はちょっと難しいかもしれません。

名誉毀損ですが、公訴提起前の犯罪に
ついては、目的が専ら公益を図る為であり
かつ、真実であることの証明があった場合
であれば、名誉毀損にはなりません。

真実であることの証明は無いようですが、
それでも、真実だと思ったことにつき
それなりの正当な理由があれば、名誉毀損
にはならない、というのが判例になっています。

そういうことで、ポイントは、強制猥褻
されたということにつき、正当な理由が
あったか否か、ということになると思われます。

名誉毀損が成立すれば、それに伴う
損害賠償も可能になります。

この点は、相手の言い分や、詳細がわからないので
何ともです。
弁護士と相談したらいかがですか。
    • good
    • 1

「twitterや学校で今回のデタラメを言い回った事」は、刑事,民事で名誉毀損に該当する可能性があります。



流布した内容が、たとえ事実であっても、不名誉情報の流布は、名誉毀損になります。
警察へ被害の届出や、民事の損害賠償請求は可能とは思います。

あとは虚偽告訴罪も考えられますが、わいせつ行為などは、多分に相互の主観的な部分があり、相手の悪意に発端する虚偽告訴と立証するのは、ちょっと難しいかと。

何らか請求等を行うのであれば、まず、twitterに掲載された内容は、消去されぬ内に、保存して証拠化しておいた方が良いとは思います。
その後は「強制猥褻で訴えてやったと言い回る」について、学友などから証言が得られたら、より有効ではあります。

民事訴訟で勝率を高めるには、まず刑事の名誉毀損で相手を有罪化することが一番です。
刑事で有罪になれば、民事も有責であることが、ほぼ確定的なので。

ただ・・家裁で何らか処分が下っても、この程度の名誉毀損の損害賠償など、たかが知れてますし、ご子息も訴えられた事実がある以上、「10:0」みたいな司法判断は得られないでしょう。
裁判で認められる損害賠償も、せいぜい10万円前後とか、それ以下ではないか?と思われ、たとえ勝訴しても、恐らく弁護士費用などが、いわゆる費用倒れになりますよ。
私もかつて、弁護士に逆提訴を相談したことがありますが、弁護士本人が即座に、「やめときなはれ。勝てるかも知れんけど、弁護士が儲かるだけや。」と言われましたよ。

従い、名誉毀損の被害届を取り下げるなどの条件で、和解金でもが得られれば・・と言うところですが、これも余り高額は期待できません。
相手(及び親)が、「お願いだから告訴を取り下げてくれ!」とでも言ってくれば、多少は足元を見れますが。

しかし相手や、特にその親は、「自分たちが被害者」と言う意識が強いと思われるので、逆に訴えられたりすれば、怒り心頭で、徹底的な争いになる可能性はありそうです。

そもそもの事件を振り返っても、強制か合意かは別として、ご子息は、嫁入り前の他所様の若いお嬢さんを自宅に連れ込んで、わいせつな行為に及んだことは「事実」なのでしょ?

また検察で聴取を受けたと言う点からは、少なくとも警察から送検された書類には、「嫌疑なし」とは書かれていなかったと思われます。
一方で検察は、家裁送致しなかった点からは、「嫌疑なし」と判断したとは思われますが。(「嫌疑不十分」の場合、家裁送致が原則です。)

たとえば私が相手の親で、娘の言い分を信じる立場であれば、ご子息の不起訴処分に関し不服を申立て、検察審査会にでも、家裁送致を再検討してもらうなど、対抗措置を講じるかも知れませんし。
こちらも被害者を自認している立場だから、民事の慰謝料請求も逆提訴するかも?と言うところで。
ついでに学校にも、不純異性交遊で、相討ち覚悟で、何らかご子息の処分を求めるなどもやるかと。

ドロ沼の長期戦に陥る可能性も考えられるので、ご子息のメンタルなども考えて、慎重に対処すべきかと思います。
少なくとも私なら、まあ賠償までは求めず、上述の「嫁入り前の他所様の若いお嬢さん」と言う部分も考慮して、「愚息が申し訳なことをした」と言う立場の謝罪した上で、「しかし・・」と言う持って行き方で、相手方の謝罪も要求し、そこで手打ちしますが・・。
    • good
    • 1

単なる、「猥褻」問題のむしかえし、になるだけでは?


キスして胸を触った、のだから。
    • good
    • 1

大変な冤罪に巻き込まれたようですが、今から相手と争っても、日本の法律では今回のように不起訴になって、また、弁護士費用がかかるだけでしょう。

残念ながら日本は犯罪者が勝つところです。相手と争っても、証拠を集めるのは被害者側です。集められなければ無罪です。それに、訴えられた場合は、賠償保険が使えますが、訴えた側はそれ専用の保険に入っていなければ自費になります。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q強制わいせつ罪を容疑者が否認しています。

私は被害者です。容疑者が強制わいせつ罪で逮捕されましたが「身に覚えがありません」と容疑を否認しています。2回ほど警察を通して「謝罪したい」申し出があり私は応じませんでした。わいせつな行為をしたことを認めたメールなどの証拠はあります。今後、どんなふうに進むのか不安です。相手が無罪になることもありえるのでしょうか。現在、容疑者は警察署に勾留中です。

Aベストアンサー

容疑者が罪を認めない限りは拘留されたままでしょう。罪を認めてしまえば釈放です。
検察が容疑者を訴えれば裁判になるでしょう。そのときはあなたは被害者として証言しなければなりません。

Q強制わいせつで逮捕された息子(17歳)

一度、質問した者です。
弁護士会で相談したら「逮捕されるまで弁護士は何もできません」と言われそのままにしていました。
が、残念ながら逮捕され少年鑑別所に送られました。
確かに少年法ではいくらこちらに不利な証言しかなくても反論する機会がないと知りショックを受けています。
相手方の供述と息子の供述は大きく違いますが、警察は「反省が無い。親も子供の言葉を鵜呑みしてる」と評価しているそうです。
息子は相手とはよくメールしていて(残念ながら携帯を解約して証拠が残っていない)、夜にも二人で会ったと言ってますが、相手は中学時代から避けていたといます。(今の弁護士さんの話)

はっきり言って、疲れています。
正直な話、強制わいせつ罪では一般的にどんな処罰になるんでしょうか?
(息子は初犯です。今まではごく普通の生活で、非行少年ではありません)

Aベストアンサー

いろんな回答があってちょっと迷うかもしれないので…
誤解しそうなところだけ書いておきます。

強制わいせつ罪は親告罪なのはそのとおりですが、
少年保護事件の場合は告訴がなくても調査審判、処分をすることができます。
(昭和29年6月30日東京高裁判決)

なにしろ、少年保護事件の処分ってのは少年法1条にある
「健全育成、性格矯正、環境調整」を目的としたもので、
つまり犯罪の処罰が目的じゃないので、
「犯罪を犯したかどうか」はそれほど重要じゃなく、
極端に言えば「更生させるべき人かどうか」を重視するって性格なんで…。

で、審判が始まれば、#7さんの書かれているとおり、
調査官の保護者との面談もありますので、
(特に少年院送致になり得る重大な犯罪なら必ずあります)
そこで言いたいことをきちんと言うのは大切だと思います。

余談ながら、告訴は起訴される前ならいつでも取り下げられます。
これは親告罪であっても変わりません。(刑事訴訟法237条)

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む


人気Q&Aランキング