どうしたらよいか迷っています。
ご意見宜しくお願い致します。
4月1日に実母が急性心筋炎で亡くなりました。私は3人兄妹です。ちなみに私も弟も、結婚して子供もおります。私の実家は両親と兄夫婦達が7年前に同居して4年はなんとか、一緒に暮らしていましたが4年目にして、兄嫁が、母の預金の名義変更して1か月もしない内に離婚といい、実家に戻ってしまったことがありそのあいだ、亡くなった母はその嫁に何度も返せといっていたのですが、持ってくるはずもなく、8か月後に、嫁の実兄に叱られ、結局元におさまりました。しかし、両親と一緒は、嫌だということで、近くのアパートに引っ越ししましたが、子どもの事もあり、戸籍では、同居になってはいましたが、事実上別居しておりました。兄は実家の観光果樹園を継いでいましたが、こんな事もあり、実家ではなくパートで別のところで、働くとのことだったのですか、あまりいい条件のものがなかったので、結局実家で売店の方のみをすることになりました。
母は、嫁にお金を騙し取られた状態だつたので、返してもらいたかったかったけれど、また、嫁が離婚だと騒がれると、兄が母に辛く当たったり、仕事をストライキするので、我慢していました。
母は、生前働きもので、かなり貯金や老後の為に
迷惑かけないように、保険も沢山かけていると、一人娘の私に話していましたし、兄夫婦達のきままな生活にも、呆れていたので、あとなんか、別に継いでもらわなくてもいいしといっていたんです。そんな状態のまま3年がすぎました。そして、この前、亡くなりました。二週間ccuにはいっていましたが、兄夫婦達は、ほとんど、顔を出さす、急変しても連絡が取れなかったりで、嫁に行った私に連絡がきていました。あげくのはてに、家族会議の日には、いえの片付けをしていて、病院から母を連れて行った時には、生活費が入っているはずの鞄には2000円と小銭だけになっていました、私は、母が大好きだったので、会社に有給休暇を10日ほど、いただき、病院に待機していたのに、兄夫婦たちの行動に頭にきて文句をいってしまったのです。普通は、旦那様が一言言えばいいのにと思うぬですが、ちなみ父は、知的障害者なので、人のいうことでは、理解できないんです。だから、わたしが、かわりに感謝して、労う気持ちがあればこんなことにはならなかったかも、しれないと。それから、嫁に行った人は口出しすんなしか、言わず、遺産相続の話すらわたしにだけ連絡きません。貰う、つもりはなかったのだけれど、そういう、態度ばかりだともらって、縁をきりたいと思っているのですかが、遺産相続は、本人なしでも、勝手に処理されらものなのですか?
もし、貰うことになったら、どういう、手続きをすればいいのですか?
馬鹿だと、思われ方がいっぱいいると思いますが、兄夫婦たちの思うようには、させたくないんです。
遺産相続に詳しいかたがいらっしゃいましたらどうか教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は、司法書士事務所の職員(相続案件はあまりしません)で、かつ、祖父母の相続の際にも相続人である親の代わりに動いたり、専門家利用の際の打ち合わせなどで必要な書類の収集をした経験のある者です。



縁を切るぐらいのお気持ちがあるのであれば、きっちりと相続手続きを進めさせましょう。

家を継いだとか、長男とか、同居や身近な相続人であるほうが、遺産の把握に有利な点はあります。しかし、現在の法律では、家督相続などの考えはありませんので、お兄様とあなたでは同じ権利があるのです。

相続人の一部や一人では、手続きを進めることはできません。進められるとしたら、公正証書の遺言書が存在し、そこに書かれている自分の分だけでしょう。
相続手続きを進める場合には、相続人全員の意思と印鑑証明書付の実印の押印です。
あなた自身の実印と印鑑登録カードを盗まれてしまうと、勧められてしまうかもしれませんので、保管には注意してください。

相続人一人の権利で、当然に遺産の調査までは可能です。
①まずは、あなた自身が記載されている戸籍謄本を用意しましょう。
②次に、お母様の最後が記載されている戸籍謄本を取得し、そこからお母様が出生された際の記載がある戸籍謄本まですべて取得しましょう。

これにより、あなた個人の免許証等をあわせることで、あなたが相続人であることを証明することが可能となります。
金融機関へこれらを持っていき、
①取引の有無の調査をしてもらう。
②取り引きありとなれば口座番号などを教えてもらえますので、お母様の亡くなった日現在の残高証明を取得しましょう。
③可能な限り遡った取引履歴証明も取得しましょう。

取引履歴を見れば、お母様が入院し意思判断ができない等の期間に引き出した事実なども把握が可能でしょう。生命保険等に加入していたのであれば、保険料の引き落としなどがわかりますので、保険会社へ調査依頼することも可能です。投資信託その他の取引についても、その金融機関内であればわかりますし、口座振替などでの積み立て型などがあれば、取引先の証券会社などの把握にもつながります。

私は、祖父母の相続の際に長男である叔父が預貯金の通帳を隠すという行為があったため、取引金融機関もわかりませんでした。そこで、祖父母の生活圏内すべての記入機関へ回り、取引の有無について調査しましたね。注意が必要なのは、農協・JAバンクです。一般の銀行などであれば、一店舗で同一銀行本支店すべてを調べてもらえます。しかし、JAバンクなどは、各エリアごとに金融機関として分かれているため、隣の地区で調べても判明しないということもあります。

遺産分割協議の際に、主治医からいよいよだと言われた日に高額な預金引き出し・定期預金解約などをみつけ、問いただしましたね。すべてそれを戻させた計算で法定相続分での協議にしたため、先取りした長男である叔父は少なかったですね。

最終的に遺産分割の調停や審判となります。私の祖父母の際には調停まで発展しましたが、弁護士までは不要だろうという判断で、知人の司法書士にアドバイスを受け、申立書類の作成をしての話し合いとなりましたね。筋を通したほうが強いのが法律です。感情的にならず淡々と進めるのが重要でしょう。調停や審判で確定した事実は、裁判所が証明書を出しますので、それぞれの実印などは不要となります。

面倒であれば、それなりの遺産がありそうであれば、そこから弁護士報酬を支払う前提で、すべて弁護士に依頼してしまうのも方法でしょう。住まいや生活収入の基礎となる実家や家業の財産を分けられれば、長男夫婦は、最悪破たんすることでしょう。
長男夫婦は、あなた方が強く出ることはないとか、馬鹿にしているのかもしれません。自分の矢の財産を守れない長男、使い込んだり、義理親との同居を拒否したり、見舞いなどをしないような輩には自業自得として、徹底的に戦ってやればよいのです。

長文となりましたが、司法書士は、基本的に相続分野での代理権はありませんが、相続のプロ・法律のプロとして、アドバイスや書類作成などを行えます。弁護士は何でもできる反面、相手に強く当たることとなりますし、報酬も高いことでしょう。
ご自身で頑張っても、近いことはできるかもしれません。
大変でしょうが、頑張ってください。
    • good
    • 1

お母さんが、どこの保険会社に契約していたかわかっていますか?受取人をどのように指定していたか聞いていますか?



死亡保険金が指定されている場合、その保険金は指定された人のものです。

お母さんの遺産はどのようなものがあるか知っていますか?
不動産もあるのですか?

預金と保険だけですか?

お父さんには後見人がついていますか?
    • good
    • 0

専門家紹介

北海道、旭川市の行政書士です。

離婚協議書作成、内容証明作成、
示談書・誓約書作成、公正証書作成サポート
相続人調査、相続関係図作成、預貯金等の相続手続きサポート、
遺産分割協議書作成、遺言書作成サポート、
研修やセミナーの講師などに携わっています。

書面の作成・相談はプロにお任せ下さい。

初回相談、電話・面談・メールいずれも無料対応中。
お問い合わせ歓迎します。

http://profile.ne.jp/pf/kobayashi-gyouseisyoshi/

mail: cbx99670@pop01.odn.ne.jp

詳しくはこちら

お問い合わせ先

0166-59-5106

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

まずはお母様のこと,ご愁傷様です。


またそのような事情があったのであれば,これまでも大変だったことと思います。ご心中,お察しします。

さて,遺産相続についてです。

相続財産の調査ですが,不動産ならその不動産の所在地の役所にお母様名義の名寄せ帳を請求すると,その一覧がわかったりします(非課税の不動産は載ってこないことがあるので,絶対ではありません)。預貯金については,預金をしていそうな金融機関に,相続人であることを示した上で預金等の有無の照会をして調べることになるでしょう。そうやって洗い出していくことになるので,お兄様が協力してくれるのであればいいのですが,そうでない場合には,自分で調べるしかありません。

そして遺産の分配についてです。

お母様が遺言を残していらっしゃると,そこに書かれた範囲についてはその遺言のとおり相続することになります。ですのでまずは遺言の有無を調べたほうが良いのですが,自筆証書遺言の存在は調べようがない(見つけるしかない)ので,できることといえば公証役場で公正証書遺言の有無を調べてもらい,もしもあったらその謄本の交付を求めて内容を確認しておくべきでしょう。情報は,あるに越したことはありません。

遺言がない場合には,相続人全員で遺産分割協議を行い,誰が何を相続するかを決めることになるでしょう。不動産や預貯金については,実印を押した書類と印鑑証明書が必要ですので,一部の相続人が知らないうちに遺産分割に基づく相続の手続きが終わるということはないはずです。法定相続による相続であればそういったこともありえますが,でもその場合には法定相続割合に応じた共有になりますので,権利がなくなるということにはなりません。ただお父様が知的障害者であるということが,遺産分割についてちょっとネックになるかもしれません。障害の状況によっては,成年後見制度を利用しなければならないかもしれないのです。

遺産分割協議に際し,他の相続人がそれに応じない等の理由により遺産分割協議が調わない場合には,家庭裁判所に遺産分割調停の申し立てをする方法が考えられます。ただこれについても,お父様の意思表示の問題があります。お父様については弁護士が代理人となって調停をすることも考えられますが,そこでお兄様に,その委任に関するお父様の意思能力(その委任がはたして有効なのかという点)を問題にされると面倒なことになってしまいます。

以上のとおり,難しい問題を含んでいたりもしますので,できれば弁護士に相談されることをお勧めしたいです。
    • good
    • 1

4月1日に実母が急性心筋炎で亡くなりました。


私は3人兄妹です。ちなみに私も弟も、結婚して子供もおります。
父は、知的障害者なので、人のいうことでは、理解できないんです。
遺産相続は、本人なしでも、勝手に処理されらものなのですか?
もし、貰うことになったら、どういう、手続きをすればいいのですか?

長文を必要な点のみにしますとこうなりました。
相続発生前の恨みつらみは「感情論」として省いてあります(※)。

相続が発生した際にしなくてはいけないことは
1、遺産の書きだし。
 固定資産と預金など、表にします。
2、法定相続人の確定
 亡くなった方の「生まれてから死亡するまでの連続した戸籍」を揃えることで法定相続人が確定できます。
3、遺産分割協議
 遺産を誰がどのように相続するかを相続人同士で決定します。
4、遺産分割協議書の作成
 どの財産を誰がもらうのかを書面にし、それに署名押印し、印鑑登録証明書を添付して「本人が確認して、署名押印してる」ことを示します。


このように「法定相続人」の全員の承諾がないと遺産分割はできません。
「嫁に出たねぇちゃんは、何もいらないだろう」と勝手に遺産分割をすることはできません。

銀行でも法務局でも「法定相続人全員の承諾がされてる状態」であることを書面で示さないと、処理はしてくれません。

法定相続人の父が知的障害があって遺産分割協議に意思表示をする力がないというならば、成年後見人を裁判所で選任してもらう必要があります。

めんどくさそうですが、司法書士に依頼すればやってくれます。

最後に長文質問なのに短くされてしまって「カットされてるところは無視かい?」と思われてるでしょうから、述べておきます。
はっきり申し上げて「カットされてる部分」はご質問者のお宅だけでなく「どこにでもあるような話」で一言でいうと「ウダウダした揉め事があった」ということにすぎません。
遺産分割手続きは、もっとクールなものなので、「あれをされた」「これをやられた」という話は貴重な時間をつぶしてしまう愚痴大会にすぎなくなってしまうのです。
「相続で兄弟姉妹が紛糾してて、何回も話あってるが結論がでない」という実態は「事務的な話を進めたいのに、かっての話(愚痴)を延々と話す人がいて、それに対して「それは違う」という人が出て、肝心な話が全然進まない」からです。

寄与分というものがあり、相続財産のうち「特定の者がその財産形成にある程度努力してる」ケースがあります。
この寄与分をどうするかで話がウダウダになるケースもあります。

弁護士、司法書士など「法律的に話を交通整理してくれる人」に、遺産分割協議の場に同席してアドバイスをしてもらうのも一案です。
有能な司会者がいれば話は無駄なく進み、無駄な争いごとをしなくて済みます。


遺産相続の話がこじれるのは、感情論が展開されるからです。
「私が面倒をみた」「一度もお見舞いにこなかった」などです。
遺産分割協議の場において、「あなたには苦労をかけたから、少し余分にもらってくれ」という話が出て「はい」と受けるというような「分割割合の決定をする要素」と言えます。
しかし手続きは「法的手続き」ですので、感情論は無視で法定相続人の全員の同意を得てる遺産分割協議書が必要です。
感情的に「遺産分割割合が気にいらない」なら、それに署名押印をしなければよいだけです。
    • good
    • 3

あなたも法定相続人の一人ですから、相続財産のすべてを知る権利がありますし、法定割合での相続の権利もあります。



相続の話はあなた抜きでは進められません。

遺産分割協議書で、あなたの署名が偽造されている、勝手に印鑑が押してある、と言うことであれば犯罪です。

弁護士さんに相談ですね。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勝手に財産放棄された

教えてください。父が亡くなってから10年経ちます。母は11年前に亡くなっています。二人姉妹の姉の言葉を信じて、実印を渡しておりました。知らない間に財産放棄の手続きをされていましたが、もう時効でしょうか?
友人は2年経ったら時効が成立するから、諦めたほうが良いといいますが・・・・

Aベストアンサー

 実印を渡して相続放棄ができるわけがありません。前にも書きましたが,これは,「相続分なきことの証明書」という便宜的な(はっきりいって虚偽の)文書を利用して,不動産の登記だけを相続人の一人にしたというだけの話です。司法書士に相続放棄というと,しばしば(というか,たいていの場合)家庭裁判所での正規の相続放棄の手続をせず,不動産の登記ができればいいんでしょ,として,この「相続分なきことの証明書」という文書を利用して,不動産の登記をし,これで相続放棄は済みですよ,という嘘の説明をします。

 勿論,それで相続人の全員が納得しているか,その文書が事実に合致していればよいのですが,そうでない場合には,しばしば後にトラブルを発生させます。あなたの場合も,それに当たるようです。

 まず,両親の遺産について,お姉さんとはどのような話し合いをしたのですか。実印を渡したのはどのような理由によるのですか。

 もし,何の話し合いもないのに,勝手に文書を作られて相続登記をしたということであれば,その不動産には登記名義にかかわらず2分の1の持分がありますので,その持分について,登記を直すように裁判で求めることができます。

 その不動産についてはお姉さんの名義にすることを承知していたというなら,両親の遺産の残りについては,まだ遺産分割が済んでいませんので,それを分割せよと請求することができます。未分割の遺産(物)について分割の請求をすることは時効にかかりません。

 両親の遺産が不動産だけで,それを後に清算するという約束であれば,清算してお金を払えと言う請求権は10年で時効消滅しますので,これはちょっとしんどいかな,というところです。

 その他,現実にはいろいろの場合が考えられると思います。ともあれ,民法でいう本来の「相続放棄」はしていませんので,相続権が全くなくなったわけではありません。

 まず,10年前のことを十分に思い出して,何が事実だったかを確認することが重要です。

 実印を渡して相続放棄ができるわけがありません。前にも書きましたが,これは,「相続分なきことの証明書」という便宜的な(はっきりいって虚偽の)文書を利用して,不動産の登記だけを相続人の一人にしたというだけの話です。司法書士に相続放棄というと,しばしば(というか,たいていの場合)家庭裁判所での正規の相続放棄の手続をせず,不動産の登記ができればいいんでしょ,として,この「相続分なきことの証明書」という文書を利用して,不動産の登記をし,これで相続放棄は済みですよ,という嘘の説明を...続きを読む

Q遺産分割で揉めています

先月父が亡くなり(母は3年前に死亡) 遺産分割をする事になりました。
相続人は 私(男)と妹です。
しかし 両親を引き取って介護をし 財産管理もしていた妹の提示した預金残高が想像以上に少なく 私は跡取りという事で実家の土地と家(2千万相当)生命保険金(300万)は相続する事になりましたが 預金は妹が3分の2を請求しているので300万ほどしか相続出来ないようです。
10年間空き家だった実家に 定年後は戻るつもりなので家のリフォーム等でも多額のお金がかかると思われます。
妹は 10年分の通帳 家計簿 介護記録等は提示していますが
巧妙な手口で親のお金を流用しているのではと思います。
その事を追求した所 妹の夫が「親の面倒をみてこその跡取りじゃないのか。家屋敷と生命保険金を相続出来るだけでも 感謝したらどうだ」と言い始め しまいには 「この分割で不満があるなら こちらは弁護士を立てる。銀行でも郵便局でも全部調べてもらって こちらに何の非も無い事を証明してもらう」とかなり怒りまくり 捺印前とは言え 分割協議書を破ってしまいました。
もし銀行や郵便局で調べて お金を流用した事実が出て来ず 妹が弁護士に分割を一任した場合 全遺産の半分を相続する・・・という事になってしまうのでしょうか。
この場合 跡取りである事や墓や仏壇を守って行く などと言う事は考慮してもらえないのでしょうか。

先月父が亡くなり(母は3年前に死亡) 遺産分割をする事になりました。
相続人は 私(男)と妹です。
しかし 両親を引き取って介護をし 財産管理もしていた妹の提示した預金残高が想像以上に少なく 私は跡取りという事で実家の土地と家(2千万相当)生命保険金(300万)は相続する事になりましたが 預金は妹が3分の2を請求しているので300万ほどしか相続出来ないようです。
10年間空き家だった実家に 定年後は戻るつもりなので家のリフォーム等でも多額のお金がかかると思われます。
妹は 10年...続きを読む

Aベストアンサー

No.6です。

まだ、どろどろの争いにはなっていなと思いまして、アドバイスをさせていただきました。
ただ、言葉が足りなかったので補足します。
弁護士が登場する前に、妹さんと二人だけで、話をしたほうが良いかと思います。
私個人の考えでは、将来のリフォーム費用の分まで要求すのはどうかと思います。
しかし、リフォーム後、質問者さん一家が住むだけでなく、妹さん一家がいつ遊びに来れるようにとの配慮も含まれているとしたら、そこは、話合いでしょう。
いくら、設備の良い病院だったとしても介護の負担はそれなりにあろうかと思います。
ですから、その点は素直に妹さんに感謝し、実家の建物のこと、祭祀の継承のことを冷静に話しあえばいいかと思います。
以上、アドバイスとして。

Q違法であるかどうかを判定してください

自分は3人兄弟の末っ子です。長兄の行動についての質問です。
話は数年前のことです。
自分の母が死亡した2年後に、父が入院していた時のことです。父も半年後に死亡することになるのですがその時は身の回りの世話を兄夫婦がやっていました。
入院している父の状態が悪化していくある日、なぜか長兄が「ちょっと付き合え。」と言いついて行くとそこは銀行でした。長兄は父のキャッシュカードで父の口座から現金を引き出すと自分名義の貸し金庫に押し込みました。貸し金庫にはかなりの現金がためられているようでした。このとき長兄がなにか言っていたような記憶はあるのですが数年前のことなのでよく覚えていません。
死亡した父が実家に帰ってくるときも「死亡届を出すと銀行がクローズするから」と言って銀行に行ってました。おそらく同じようなことを何度もやっていたと思います。
どれくらいの額のお金が長兄の貸し金庫に移動しのかは不明です。

遺産の分与は済んでいますが当然この分は何もないことになっています。この行為は横領にあたるのでしょうか?また、それを見ていて警察に通報しなかった私も共犯になりますか?
私自身はその時も、その後も現金を貰ったことはありません。当時も現在も一緒に住んでいません。
長兄が父のキャッシュカードを持っていた経緯も不明です。
自分がとるべき行動を教えてください。

よろしくお願いします。

自分は3人兄弟の末っ子です。長兄の行動についての質問です。
話は数年前のことです。
自分の母が死亡した2年後に、父が入院していた時のことです。父も半年後に死亡することになるのですがその時は身の回りの世話を兄夫婦がやっていました。
入院している父の状態が悪化していくある日、なぜか長兄が「ちょっと付き合え。」と言いついて行くとそこは銀行でした。長兄は父のキャッシュカードで父の口座から現金を引き出すと自分名義の貸し金庫に押し込みました。貸し金庫にはかなりの現金がためられているようで...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。司法試験受験生です。

条文はまとめて最後に掲げます。

まず、父が生存中の時期について検討します。
長兄の罪責
<父の財産を奪った行為>
長兄の行為が、もし父の財産を自分のものにしてしまおうという意思(すなわち父の財産を管理しようとするのではない意思)があるのであれば、刑法235条にいう窃盗行為もしくは、252条にいう横領行為に該当する可能性があります。
区別基準は、父が財産の管理を長兄にゆだねていたか否かです。ゆだねていない場合には窃盗、ゆだねている場合には横領になります。
しかし、親族間での窃盗・横領行為自体は成立し有罪となりますが、裁判では罪が免除されます(刑法244・255条)。従って普通逮捕起訴されることはありません。
(なお、長兄が父の成年後見人等に就任していた場合には業務上横領が成立し、免除されません。最高裁平成20年2月18日)
<銀行からキャッシュカードを用いて預金を引き出した行為>
銀行から正当な権限無くキャッシュカードを用いて財産を抜き取る行為は、銀行を被害者とした窃盗罪が成立します。
この罪は免除されません。なお、時効は7年です(刑事訴訟法250条2項4号)

質問者の罪責
まず、長兄が犯罪行為をしているのを、止める義務があったにもかかわらず止めなかったとすれば、共犯として幇助犯(刑法62条)が成立する可能性があります。もっとも、質問者に止める法的義務はおそらくなかったことから、共犯は成立しない公算が高いです。なお、事後的に犯罪を知った場合に警察に通報する義務はないので、この点での犯罪成立はありません。
なお、幇助犯が成立する場合、父との関係では、刑法244・255条の適用があるので、やはり免除されますが、銀行との関係では免除されません。

続いて、父が死亡後の行為について検討します
長兄の罪責
父の死亡と同時に、相続が発生します(民法882条)。
従って、父の財産は相続人の共有となります(民法896条、897条)。
だから、長兄が父の預金を勝手に引き出すとしたら、それは質問者その他相続人に対する窃盗罪ないし横領罪を構成します。もっとも、親族間では窃盗・横領は免除されるのでこの罪は成立しませんが、銀行に対する窃盗罪が成立することは同様です。
また、遺産分割の対象には、生前引き出した父の預金も当然含まれます。
従って、父の預金はあったこととして遺産分割をせねばならず、そのことを黙って遺産分割をした場合には、詐欺行為に当たり、詐欺罪(246条1項)が成立する可能性があります。しかし、これもまた親族間での詐欺罪は成立しても免除される(251条)ので、やはりあまり検討の余地がありません。

長兄の行為は、銀行に対する2つ(場合によっては連続犯として1つとして処理されるかもしれません)の窃盗罪が成立するので、最長で懲役15年(刑法45条前段)となる可能性があります。

質問者の取るべき対応
・長兄を刑事告訴することが考えられます。
・長兄が父の遺産をことさらに隠していたとすれば、その預金も分割するように請求できます。証拠類は銀行に照会してください。

事案は複雑です。弁護士への相談が最も望まれるところです。

第235条  他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第244条  配偶者、直系血族又は同居の親族との間で第235条の罪、第235条の2の罪又はこれらの罪の未遂罪を犯した者は、その刑を免除する。

第252条第1項  自己の占有する他人の物を横領した者は、五年以下の懲役に処する。

第255条  第244条の規定は、この章の罪(252条含む)について準用する。

こんにちは。司法試験受験生です。

条文はまとめて最後に掲げます。

まず、父が生存中の時期について検討します。
長兄の罪責
<父の財産を奪った行為>
長兄の行為が、もし父の財産を自分のものにしてしまおうという意思(すなわち父の財産を管理しようとするのではない意思)があるのであれば、刑法235条にいう窃盗行為もしくは、252条にいう横領行為に該当する可能性があります。
区別基準は、父が財産の管理を長兄にゆだねていたか否かです。ゆだねていない場合には窃盗、ゆだねている場合には横領になりま...続きを読む

Q親の財産を独り占めした姉

親の死後に判明。(父は10年前、独身の妹は3年前、そして母は2ヶ月前に死亡)家にあった預貯金のほぼ全てを、嫁いだ姉が長年にわたり自分の口座に振込ませていたことがわかりました。母と妹名義の預貯金を少なく見積もっても28,500,000円取り込んでいた様子(物的証拠は隠蔽し、シラをきっています)。やっと探し当てた、母名義の通帳からH.13.8~H.18.7にかけて約625万円ものお金が姉の口座に振込まれていたことが記帳されていました。妹の通帳からはH.14.10~H.15.11にかけて約475万円。こちらは引出人、振込先ともに不明ですがそれらの行為が実行出来るのは状況的に姉しかいません。消えた通帳については、銀行に問い合わせ中です。なんとしても、姉から全額取り戻したいのです。どのような手段が取れますか?

Aベストアンサー

お母様分の遺産相続
他の相続財産と625万円を足した額の半分があなたの相続分になります。
“個人の意志による物である”と姉側が主張すれば、生前分与を受けていたことを認めることになり、少なくとも625万円の半額はあなたの相続が認められると思います。
お姉さんは、「家に用立てていた金員の返済であり生前分与ではない。」と主張するかもしれませんが証拠が必要です。
裁判所は、推定ではなく証拠で判断します。
通帳、振込み先がはっきりしているので証明は容易でしょう。
他の銀行、郵便局に対し、相続発生通知、口座の有無確認依頼、口座があれば(解約されていても)入出金記録の交付をしてもらえます。
お姉さんの嫁入したくや大学費用も一人だけ親がかりになっていれば、特別受益として相続財産に参入されます。
遺産相続は家庭裁判所の調停からはじまりますが申し立て前に、調停相談を受ければ手続きを教えてくれます。
無料法律相談や弁護士会の有料相談がお決まりの回答になりますが、時間制限があったり相談者に質問力がないとよく通じない事があります。
法学院大学の無料法律相談をうけるのがよいと思います。
妹さんの遺産相続
相続発生時の相続権者は、生前のお母様になります。
お姉さんが受け取った事を証明できれば、代襲相続人(妹さんの債権債務を相続したお母さんの相続人)としてのあなたが、お姉さんに対して債務履行を求めることができるかもしれません。
ただし通帳に振込み先が記入されていなければ、お姉さんに請求するのは無理と思います。
窓口での出金だと払い戻し請求書の筆跡が見られますが、ATMでは引き出し人がわかりません。
又、妹さんの口座からお姉さんが引き出したとなると銀行の責任問題になりますので責任不問を良く説明する事が重要です。

お母様分の遺産相続
他の相続財産と625万円を足した額の半分があなたの相続分になります。
“個人の意志による物である”と姉側が主張すれば、生前分与を受けていたことを認めることになり、少なくとも625万円の半額はあなたの相続が認められると思います。
お姉さんは、「家に用立てていた金員の返済であり生前分与ではない。」と主張するかもしれませんが証拠が必要です。
裁判所は、推定ではなく証拠で判断します。
通帳、振込み先がはっきりしているので証明は容易でしょう。
他の銀行、郵便局に対し、相...続きを読む

Q騙されて相続放棄させられた場合の取り消し方法

昨年、父が他界しました。
話し合いが一度もないまま、司法書士から『相続放棄』などの書類が届きました。

法定相続人は、母・子・子・私の4人で、非課税内の財産しかないように私には感じられますが、預貯金・証券などの父の財産の詳細は、「ナイ」の一点張りで教えてはもらえません。
総額がいくらなのかは不明です。

込み入った子の事情により早急に現金が欲しいと言われ、一つの土地にだけ『協議書』に署名・押印しました。

今現在、当時の『込み入った事情』に偽りがあったことが判明しました。
3月末に私が提出した『協議書』の書類を無効にする法的手段はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

追加質問にたいし
売却することは止められません。

貸付金は、返還義務があります。 贈与は返還義務がありません
ただし、現金になった後は調査することが非常に大変、預金でもしてあれば調査は可能ですが

お兄さんが自分の物にするつもりなら、お母さん名義にはしないと思います。
普通は、兄、母どちらにしても相続税は変わらない。配偶者控除受ける場合は別
まず、全体の財産額の推定額、登記完了した財産額の金額を把握することが先です。
財産がないのに弁護士を雇ってしまえば、費用倒れになる。また時間と手間がかかる。兄弟の仲が悪くなる。
くれぐれも、警察には行かないように、むだです。
裁判も調停も費用と時間がかかる。費用を掛ける価値があるか確認します
書面に署名したのは自己責任があります。

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q遺産を受け取るまでにかかる日数

初めて質問させていただきます。今年、父が突然他界し銀行預金の遺産を相続することになりました。
初めてのことばかりで大変でしたが11月上旬に税務署に相続申告書を提出しました。そして数日後には相続に対する納税も終えました。相続の書類作成の際は税理士さんはもちろん、銀行の方もいらしていろいろな書類に捺印やサインなどを行い、振込先を聞かれたので私のメインバンクの情報を記載しました。税理士さんからは相続に対するすべての手続きは終了した旨を知らされました。今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。よろしくお願いいたします。年の半分日本にいないため今後日本を離れる時期を検討したいため(父が他界した後は書類などの手続きのため4回ほど帰国し大変だったので)。

Aベストアンサー

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行った。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、指定された遺族の口座に振込を実行した。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、税理士に相続財産振込一覧表(振込証明書原本)を提出。
11月28日(金曜日)。税理士は、遺族全員に相続業務が終わった事を連絡。
※通常は、郵送で振込証明書等明細が個々の相続人に送られます。
※通常、銀行の営業時間・郵便配送日数が別途必要です。
※私の場合、税理士の対応が早かったので(書類完成から)7営業日で振込がありました。
結局は、業務を依頼した税理士が「動くか動かないか次第」です。
「いつ動くの? 税理士の都合でしょ!」(笑)

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行っ...続きを読む

Q相続発生していても、相続人(私)に連絡なし

以前に亡くなった父方祖父母の相続権について質問した者です。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8358934.html

現在、戸籍を遡って遠方の市町村役場から戸籍を取寄せ、
まだ不十分ですがおおよその様子がわかってきたところです。

そこで、風の噂ですが、父方祖母がくなっているらしいという情報を得ました。
(戸籍はまだ祖母の現住所までたどれていなく、亡くなっているか確認がとれません)

普通であれば、他の遺族が戸籍を調べて私あて連絡してくるハズなのでしょうが、
特にそのような連絡は受けていません。

もし本当に死んでいるのであれば、相続はどうなってしまったのでしょうか。
無効として何か動かなければならないでしょうか?

また、仮に相続といっても、現金等の形が残りにくいものしかないとしたら、
再配分を求めても難しいのでしょうか。

情報不足で申し訳ありませんが、現状で取りうる対策や対応方法があれば
教えてください。

Aベストアンサー

前回の質問にいくつかの回答のうち、ご自身に都合の良い部分だけに着目しているように思えます。

正鵠を射ているのは、No7toratanuki氏の回答、
>こういう、現実の質問にたいして、建前を言っても何も解決しません。
>遺留分をどうやって証明するのですか。
>会ったこともないのに。
です。


お父様が実子なのでlion-fiatさんが法定相続人であることは間違いありませんし、必要があれば先方から戸籍をたどってlion-fiatさんに連絡が来ることもあるでしょう。
大事なのは「必要あれば」の部分です。


・おばあ様名義の「土地」「建物」「自動車」「株式等有価証券」があればそれは名義が登録(登記)されているので名義変更(遺産分割)に際してかならずlion-fiatさんに連絡が来ますが、名義を変更せずそのまま放置している可能性もゼロではありません。名義を変更しなくてもそれまでどおり使い続けることができるからです。
(自動車は廃車手続きの際に名義変更が必要ですけどね)
ただ、一般に、高齢の女性がこれらの資産を持っていることは少ない(夫の名義であることが多い)と考えられます。
また、仮にこれらの資産を持っていたとしても、余命いくばくもなくとなった時点で同居(近在)の配偶者や子供たちに名義変更していることも考えられます。
こういった贈与は、20年以上つれそった配偶者に対しては大きな控除があるのでほぼ無税で贈与できます。
子に対しても贈与税を軽減する方法がいくつかあるので、合法的に資産を譲渡してしまうことが可能なのです。

・おばあ様名義の「預金」「貯金」については、金融機関が死亡を知ったら凍結されますが、その前にキャッシュカード等で全額引き出してしまえば、lion-fiatさんに連絡することなく分割が終了してしまいます。

・おばあ様のタンスにしまってあった現金や金塊や和服、宝飾品も、近親のもので分割してしまえばlion-fiatさんに連絡する必要はありません。


と、現実を考えれば、実際にはlion-fiatさんに連絡しなくてもすむことが多いのです。
さらにいえば、「久しく連絡を取っていない法定相続人(lion-fiatさんや弟さん)」がいることは皆が知っているので、相続発生の際、面倒(lion-fiatさんへの連絡)が生じないような準備をしておくことは、先方にとって当然の防御として考えられます。


で、冒頭のメッセージに戻りますが、
>遺留分をどうやって証明するのですか。
仮に、lion-fiatさんの知らないところで実際の遺産分割が行われていたとしても、
「おばあ様にはどのような遺産があったか」
「その結果、lion-fiatさんの法定相続分はどれほどになり」
「それが侵害されている」
という主張をしなければなりませんが、
その第一歩「どんな財産を持っていたか、知っていますか?」が絶望的だということを指摘しています。
取引金融機関・支店が分かれば、法定相続人として預金出入り明細の開示を請求することができますし、住んでいる土地の地番が分かればその土地を所有者を調べることもできますが、なにか、そういった手がかりをお持ちですか?

よく知らない人は「弁護士に頼めば・・・」といいますが、先方遺族の立場でいえば、仮に弁護士経由で問い合わせをしても回答する義務もなにもありません。弁護士経由で問い合わせたら先方も弁護士に相談し「ほっておきなさい、知らないといった返事をする必要すらありません」という回答を得るでしょう。

前回の質問にいくつかの回答のうち、ご自身に都合の良い部分だけに着目しているように思えます。

正鵠を射ているのは、No7toratanuki氏の回答、
>こういう、現実の質問にたいして、建前を言っても何も解決しません。
>遺留分をどうやって証明するのですか。
>会ったこともないのに。
です。


お父様が実子なのでlion-fiatさんが法定相続人であることは間違いありませんし、必要があれば先方から戸籍をたどってlion-fiatさんに連絡が来ることもあるでしょう。
大事なのは「必要あれば」の部分です。


・おばあ様...続きを読む

Q遺産分割協議書は何通必要なのでしょうか?

亡父の49日を目途に土地、建物、預貯金、有価証券などの僅かですが遺産を母と妹と弟で相続の話を決めたいと思っています。遺言書はありません。
預貯金は地元の金融機関2行にあるようです。解約(名義変更?)には遺産分割協議書が必要らしいのですが、土地、建物の相続登記にもこの遺産分割協議書が必要と言われました。
○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますが。(銀行用、法務局用etc)
○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
 また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。
 同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
いろいろお聞きしてすみません。

Aベストアンサー

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。
なお、ご家族のようなので戸籍謄本は1通あれば全員が記載されていると思います。

○また、遺産分割協議書が提出先別に必要であれば戸籍や住民票もその枚数が必要でしょうか。同様に相続人の印鑑証明書も複数必要でしょうか。
金融機関に必要なのは、遺産分割協議書と協議者全員の印鑑証明です。戸籍などは必要ありません。
 
○相続関係図も必要らしいのですが、これも提出先別に作る必要があるのでしょうか。
相続関係図は作成しても作成しなくても結構ですが、これはお互いの関係を示すものなので、作成した方が法務局への説明がしやすいと思います。
なお関係図を作成した場合は、戸籍、住民票などの書類は返却されます。
もし提出するならば、法務局のみで結構です。

○1つの相続関係図と遺産分割協議書で提出先に対応させることは出来ないのでしょうか。
重要なのは、被相続人と相続人の実印のある遺産分割協議書です。
相続関係図を作成しても必要なのは法務局のみです。
金融機関などには先ほどの言いました通り、遺産分割協議書と印鑑証明となります。

なおこれ以外に必要な書類として「不動産評価証明書」があります。
市役所で申請します。
これは、相続不動産の平米数、構造などが記されていて、これを元にして法務局に支払う手数料が算定されます。
書類一式法務局に出す場合は手数料がかかりますが、手数料は相続不動産の平米数などで決まります。法務局窓口で該当金額分の収入印紙を購入して、これを書類に貼って納めます。

○遺産分割協議書は提出先別に複数枚作る必要がありますか?
○相続財産項目別に遺産分割協議書を分けて作る必要がありますか?
土地と建物だったら法務局用に1通、預貯金と有価証券は各金融機関用に1通です。
あとそれ以外に、遺産分割協議者それぞれでも1通ずつ保管する必要があります。
この場合は、質問者さま、母親、妹、弟の計4通です。

○被相続人と相続人は上記の通りですが、集める戸籍や住民票はどのようなものでしょうか。
必要な書類は次の通りです。
遺産分割協議者全員の戸籍謄本、住民票、印鑑証明。...続きを読む

Q故人の遺産を調べる方法

親戚が急死しました。まだ若く独身だったため、どこの銀行(複数の銀行にだと思うのですが)に、定期預金、普通預金等を預けているのかが分かりません。通帳はどこに置いてあるのか分かりません。四十九日が過ぎたら、遺産相続も具体的に進めていこうと思っているのですが、故人がどこの銀行に貯金をしてあったか(故人の全財産)を調べる方法はありませんでしょうか。

Aベストアンサー

司法書士事務所の職員です。
非常勤の職員として入ったばかりですので、業務上でのあなたのような対応をしたことがありません。しかし、祖父母が亡くなった際に、祖父母の子である私の親からの委任で調査経験がある者です。

専門家という意見がありますが、全金融機関をまとめて調査する方法は、専門家でもないはずです。

まずは、亡くなられた方の私物を調査することです。キャッシュカード・ATM利用明細・通帳を探すことですね。家探しにより、カレンダー・ティッシュ(箱やポケット型)・その他郵便物・ネットバンキングの可能性から携帯電話やスマホさらにはパソコンなどを調べていくことで、利用していた金融機関をある程度絞り込むことが可能なはずです。他の回答にもあるように、すでに届いているもののほか、これから届く郵便物などにも注意が必要でしょう。

私の時には、遺族の一人が先走って家探しをし、都合の悪いものを処分したり、不要と判断した者は焼却処分されてしまったため、上記のような調べはほとんどできませんでした。さらに、通帳等を隠されてしまったということで、絞り込むこともできませんでしたね。

私が行った方法は、亡くなった祖父母の生活圏内の金融機関のすべてを廻るということです。金融機関では、どの店舗であっても、他の店舗を含めたその金融機関内での取引の有無の調査などをすることが可能です。郵貯は貯金事務センターに調査依頼しなければなりませんので特殊です。また、JAバンクも地域ごとに金融機関扱いとされるようですので、注意が必要なようです。

亡くなられた方の戸籍謄本を生まれまでさかのぼって用意し、それにより相続人がだれなのかを証明します。そして、その相続人であることの証明およびその人からの委任状での代理人としての本人確認などを行うことで、相続人一人の権限で預貯金の取引有無の調査、取り引きアリの場合の残高証明や取引履歴などを入手できるようになるのです。取引履歴をみることで、生命保険その他の状況を相続することが可能となり、同様に生命保険会社などへの取引の有無の調査や取引内容の確認が可能となり、生命保険等の請求漏れを減らすということもできるのです。

最近は、若い人でも投資等による資産があったりします。投資には金融機関や証券会社などで行うもののほか、不動産投資を行っている人もいます。遺産の把握もれがありますと、遺産分割協議自体が再度行わなければならず、争いに発展してしまう恐れもありますので、注意が必要なことでしょう。借入金などがあるようですと、相続放棄の検討も必要でしょうから、早急に調査のうえで、必要な検討をされるようにしてください。

司法書士事務所の職員です。
非常勤の職員として入ったばかりですので、業務上でのあなたのような対応をしたことがありません。しかし、祖父母が亡くなった際に、祖父母の子である私の親からの委任で調査経験がある者です。

専門家という意見がありますが、全金融機関をまとめて調査する方法は、専門家でもないはずです。

まずは、亡くなられた方の私物を調査することです。キャッシュカード・ATM利用明細・通帳を探すことですね。家探しにより、カレンダー・ティッシュ(箱やポケット型)・その他郵便物・ネ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報