個人事業主で交通費の経費の計上の仕方の質問ですが、月に一度程度にスイカの明細をつけて、現金出納帳に記載して現金を出した形にすれば、税務署への対応は大丈夫でしょうか?いままで、交通費は計上していなかったので、どうすればいいか、わからなかったので、質問です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

本来は前払金にして使用したときに交通費に振替ることになりますが実務ではチャージした段階で交通費として差し支えありません。

私用や物品購入は行わないか事業主貸や消耗品費などに振替れば問題ありません。
利用明細に用務先などを書いて置けば良いでしょう。

トータルで金額があっていれば少額の記帳についてはうるさく言われる事はないでしょう。
    • good
    • 1

>現金出納帳に記載して現金を出した形にすれば…



仕事用の財布・金庫からその日に現金が出ていったわけではないのに、現金出納帳を偽装してはいけませんよ。

スイカにチャージした日に
【前払金 1,000円/現金 1,000円】

実際に電車・バスを利用した日に
【旅費交通費 100円/前払金 100円】
    • good
    • 1

スイカのチャージ日にまとめて計上してもいいし、個別の交通費を記帳してもいいですし


どちらでもいいですよ
    • good
    • 1

出来れば別途で、日付と訪問取引先を記載しておけば万全でしょう。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立替交通費支払い時の勘定科目、源泉徴収(報酬)について質問です!

立替交通費支払い時の勘定科目、源泉徴収(報酬)について質問です!
法人経理担当をしています。個人デザイナーより海外ホテル代他立替交通費、請求書に対して支払いをします。勘定科目、源泉徴収金額について確認です。
 ・国内交通費(旅費交通費課税)¥3000
 ・国外ホテル代(旅費交通費非課税)¥10089
 ・国外交通費(旅費交通費非課税)¥3357
合計¥16446 その内、源泉徴収金額は¥1644でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの補足にもお書きのとおりですが、源泉徴収金額は¥1644が正解です。

所得税法基本通達204-4↓にあるように、源泉徴収しなくてもよいのは、「当該報酬又は料金の支払をする者から交通機関、ホテル、旅館等に直接支払われ、かつ、その金額がその費用として通常必要であると認められる範囲内のもの」に限られます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/36/01.htm

勘定科目のお尋ねは、デザインの報酬としての科目又は旅費交通費のいずれが適切かという趣旨かと思います。デザイナーさんは独立自営業者ですから、業務に必要な費用はすべて自己負担が原則であり、実費相当額と称して発注者がこれを負担するのは契約料金の上乗せにすぎないと考えられるので、デザインの報酬の方が適切だと思います。

Q事業用銀行口座と現金出納帳・預金出納帳

昨秋開業した、青色申告予定の個人事業主初心者です。実は事業用銀行口座を昨年開設はしましたが、昨年内は使うことなく、必要経費をすべて個人用銀行口座から家庭用と共に引き出してまかない、年を越してしまいました。

今更ながら、現金出納帳と預金出納帳をどう処理したものか困っています。

参考になるご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご教示願いたいと存じます。

Aベストアンサー

※例を書きますので参考にして下さい。
お父さんが定年退職金2千万円で事業を始めました。このお金は個人の自由にはなりません。会社「事業」のための運用資金として処理されますので、出納帳・仕訳帳をしっかり記帳してください。

借方資産の部の現金及び預金であり、負債の部の資本金なのです。
上記を理解した上で当てはめて仕訳経理処理して下さい。銀行口座は会社は当座預金に個人は普通預金とはっきり区別して下さい。

>会社で出納した金額の内容金額を年月日ごとに整理して仕訳記帳して下さい。「証憑書類はB5用紙に左側を綴じるように、領収書・レシ-ト等を糊付けして上に年月日透視NO右下に合計を記載する。」

Q法人 謝金と交通費の仕訳について

経理初心者です。
仕訳について教えてください。

法人で講演の謝金と交通費を受け取りました。
講演後に講演料〇〇〇〇円と交通費△△△△円を振込で受け取りました。
会場へ行く交通費は当法人立て替えております。

その場合の仕訳はどのようになるのでしょうか?

1)預金/売上高   講演料
  預金/旅費交通費   交通費
2)預金/売上高   講演料・交通費

講演料と交通費を別々にした方が良いのか、合算にした方が良いのかどちらなのでしょうか。
それともどちらとも違いますか?

以上 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法人が建物ごと移動して、建物が講演をすることはできないので、誰か人間が講演したわけです。
その報酬として、講演先から「法人の口座に入金」がされてるのでしょう。
いくつかのケースが考えられます。
講演者への謝金支払い方法として、
1、直接、講師への支払い
2、一度、法人口座に支払ってもらって、法人が「受領代理人」として受領して、そのまま講師に現金あるいは振り込みで支払う。
3、講師が法人組織の人間であって、別途講師には法人から給与あるいは報酬を支払う。
 

2の場合には、振り込みがあった金額を、そのまま講師に支払いするだけです。支払い者からの支払い明細等が発行されてるならば、それも講師に渡します。

3(おそらく、ご質問のケース)
 全額法人の売り上げにします。
 実際の交通費と、相手方から支払いされる交通費の差額を考える必要はありません。
 交通費を「立て替えてる」と考えると、複雑化してしまいます。

 法人組織の講師の、講演会場までの交通費が実際いくらかかったかは、どうでも良いのです。
 講演費用を請求する際の「講義報酬」「交通費」を記載するさいに交通費を公共機関の実費を記載する場合もありますが、端数を切り上げて千円単位にしてしまうケースもあります。
 差額があろうとなかろうと「法人が出費する交通費」として処理します。

ここで「差額が出るんだけど、どう考える」です。
差額がプラスなら法人の益金です。儲けですね。
マイナスなら損金です。「損こいた」です。

決算で一年間の合計をして総額で判断しますので、個別に仕訳で「儲けた」「損こいた」を算出しなくても良いです。
別途台帳を作って「ここの仕事は交通費を余分にもらえる」「ここは交通費を削ってくる」という資料とするのは、自由です。

法人が建物ごと移動して、建物が講演をすることはできないので、誰か人間が講演したわけです。
その報酬として、講演先から「法人の口座に入金」がされてるのでしょう。
いくつかのケースが考えられます。
講演者への謝金支払い方法として、
1、直接、講師への支払い
2、一度、法人口座に支払ってもらって、法人が「受領代理人」として受領して、そのまま講師に現金あるいは振り込みで支払う。
3、講師が法人組織の人間であって、別途講師には法人から給与あるいは報酬を支払う。
 

2の場合には、振り込みが...続きを読む

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q交通費込みのバイト代は全額103万の壁の対象になるのか

給与明細に「交通費」の記載が無く「交通費込みで時給850円」のバイトをしている場合、交通費を自分で記録しておけばそれを引いた分が103万の壁の対象になるのでしょうか。

例えば、1年間にもらったお給料(交通費込み)が104万で、交通費が2万円かかったとしたら、給与明細に「交通費」としての記載が無くても2万円を交通費として引いて年収102万だから103万の壁に引っかからないと考えて良いのでしょうか。

もしだめだとしたら、交通費込みのバイトをするのは損ですよね…。


もしかしたら当たり前のことなのかも知れませんが、不安になったので質問させていただきました!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・給与+通勤交通費の様に支給されると、103万は給与だけで計算される(通勤交通費は入らない)
 (給与とは別に支給される、通勤交通費は税金がかからないので、103万には入らない)
・給与(通勤交通費込み)の様に支給されると、103万は給与だけで計算される(通勤交通費も入ってしまう)
 (通勤交通費も給与の中に入っているので、本来の通勤交通費は無いものとして、103万の中に入る)
>交通費込みのバイトをするのは損ですよね…
 ・かかる交通費の分、実際の時給が安くなると言うことだから・・そうなりますね

Q事業主借・事業主貸時の現金出納帳の記入の仕方教えて下さい

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出金その他
返済/事業主借返済    ○○○円    

で良かったでしょうか?


*健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが、現金出納帳に、事業主借/健康保険・出金その他に金額記帳→その後事業主借返済/社会保険料・その他入金に金額記帳としなければなりませんか?

*事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金に金額  と記帳して良かったですか?

*青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計が合いません。
資産の部が少なく、負債・資本の部が多くなります。(事業主借が24万あります)
なので元入金での調整も出来ません。
赤字経営だからでしょうか?
赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の部の合計は同じになるのでしょうか?

分かりにくい説明になったかもですが、分からない部分は補足しますので宜しくお願いします。

今年の9月から夫が自営業を始めました。私が経理をしてます。(経理経験なし)

事業主借・事業主貸の債権債務帳と現金出納帳の記入に不安があります。教えて下さい。

*事業主借が沢山あり年度末に残った現金(余分に借りていた分)の中から事業主(家庭へ)へ返したいのですが、現金出納帳の適用はどの様に書いたらいいですか?
現金出納帳に・・・。
※使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入/その他)に分かれてます

現金出納帳
  適用         出...続きを読む

Aベストアンサー

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう場面ですか。
・現金を事業会計に回したのなら、
【現金/事業主借】
・家事用預金で事業経費を振り込み支払いしたなら、
【水道光熱費 (例)/事業主借】・・・現金出納帳には載らない

>青色申告の書類を記入していたら、貸借対照表の資産の部の合計と…

お書きの情報だけでは、その原因まではわかりません。
ただ、

>使っているソフトは貸方・借方で無く、入金(現金売上/その他)出金(現金仕入…

お小遣い帳か家計簿用の単式簿記しかできないソフトではありませんか。
それでは 65万円の青色申告控除を取るための帳簿を作ることは無理です。
複式簿記ができるソフトに買い直しましょう。
「個人事業者専用」と銘打ってあるものがよいです。

>赤字経営の場合でも貸借対照表の資産の部の合計と負債・資本の…

それは同じです。
資産、負債ともに同じ数字ですが、期首より期末のほうが少なくなることが「赤字経営」です。

>返済/事業主借返済    ○○○円…

「返済」などと言う科目はありませんし、「事業主借」を家庭に返済するなどの考え方もありません。
家庭に現金を回したときは、「事業主貸」です。

>健康保険・市民税は事業主貸で記帳。と書いていたのですが、実際利益が無いので家庭の貯蓄から払ってますが…

家事費から家事費を払っているだけなので、事業用として記帳する意味ありません。

>事業主借をした時は現金出納帳に、事業主借/事業資金 その他入金…

「事業主借をした時」とは、具体的にどういう...続きを読む

Q交通費は支給してもしなくても良いのですか?

今までの会社は交通費全額支給だったのですが、今度勤める会社は交通費も込みでの給料になっています。
この場合、交通費分は確定申告で取り戻せるのでしょうか?
また、交通費の支給・不支給は会社の自由なのでしょうか?

Aベストアンサー

交通費が給料込みですと、いわゆる生活給的な考えになりますね。交通費分だけ給料が多いと考え、課税対象になります。交通費として給料とは別に一定限度までなら、非課税の対象です。
確定申告で給料込み交通費の還付される制度はなく、還付は医療費と災害的損失などを受けた場合の雑損控除と指定団体への寄付金控除ぐらいでしょう。

Q現金出納帳で、ポイントを使って値引かれた経費の計上

よろしくお願いします。

タイトルのとおり、現金出納帳をつける際に
本屋さんでたまったポイントを使い、
値引されて購入したものを計上する場合、
その計上額は、値引前か値引後、どちらの金額でしょうか。

現金出納帳とは、あくまで「現金の出入りを管理するもの」と
考えれば、値引後の実際支払った金額を計上するのが正しいかと思いますが。。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

>考えれば、値引後の実際支払った金額を計上するのが正しいかと…

それで間違いありません。

------------------------------

杓子定規な解釈をするなら、事業用の買い物で貯まったポイントは雑収入に計上し、支払は値引き前の金額を経費とすることになります。

家事用の買い物で貯まったポイントなら、ポイント収入の記帳は不用で、支払も値引き前で計上し、ポイント使用分は「事業主借」とします。

いずれであっても、個人事業レベルならそんな面倒なことをせず、値引き後の金額のみを記帳しておいてかまいません。

Q交通費の仕訳と勘定科目

株式会社A の業務代行をしており、その業務にかかる交通費はいったん弊社株式会社B で立て替え、1ヵ月分をまとめて、代行料金+交通費実費として請求しております。

この場合、交通費は弊社ですべて旅費交通費として計上し、実費交通費を含む代行料金を売上として計上するという処理で問題ないでしょうか。

例)

5月1日交通費1000円かけて業務を代行

旅費交通費   現金
1000円  / 1000円

5月31日代行料金50000円と交通費1000円を請求

売掛金      売上高
51000円 / 51000円

6月30日に株式会社A より51000円入金

普通預金    売掛金
51000円 / 51000円

Aベストアンサー

どちらにしても所得は同じですから問題ではありません。

消費税も、交通費も売上でも課税取引ですから合算でしても別にしても端数処理の誤差しかないですね。

従って実務上の影響はどちらでも同じということです。お好きな方法でどうぞということですね。

Q経費と現金出納帳、仕入れ帳

商売して半年ほど現金出納帳や元帳、仕入れ帳、経費帳などをつけてました。その後引越しをして店名も変えて、1ヶ月、開業をするためにいろいろと、消耗品など、かなり経費を使ってきました。もちろん、その間売り上げがなく、自分のお金を立て替えて支払ってきたのですが、帳面の付け方が分らないのです、経費をそのまま現金出納帳につけるとマイナスの掲示になり、開業した後も出来た売り上げは、元帳の銀行へ入金しますので、現金出納帳はマイナスのままになります。その場合ひょっとして現金出納帳を無視して、事業主借で経費帳に乗せるだけでいいのでしょうか。仕入れた先への支払いも自分のお金を立て替えて支払ってきたのですがこの場合も、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、事業の現金と、事業主個人の現金を別に考える必要が有ります。
事業の出納帳に関係するのは、事業の現金だけで、生活費として事業から事業主に渡した現金は、事業主個人のもので事業とは関係なくなります。

事業から事業主に生活費などを渡した場合は、次のような処理になります。
事業主貸し **** /現金

反対に、事業の式が足りなくなった場合は、事業主個人から現金を借りた場合は、次のような処理になります。
現金 **** /事業主借

そこで、ご質問の件ですが、売上代金は店の現金出納帳を通して、銀行に預ければマイナスにはなりません。

現金 ***** /売上 *****
預金 ***** /現金 *****

開業のために準備したものの購入した現金を、事業以外の生活費から立替えて支払った場合は、次のようないずれかの処理をします。

1.立て替えた分を、店が事業主個人から借りたことにします。
出納帳を通さないので、現金はマイナスになりません
消耗品費 ***** / 事業主借 *****

2.現金を事業主個人から借りたことにして、その枯れた現金から費用を払ったことにします。
現金が入金と出金に記帳されますから、現金はマイナスになりません。

現金 **** / 事業主借 ****
消耗品費 ***** / 現金 *****

上記の2以外の方法は別として、現金が動いた場合は、必ず出納帳と経費帳・出納帳と売上帳・出納帳と預金帳というように、2つの帳簿に記帳します。

まず、事業の現金と、事業主個人の現金を別に考える必要が有ります。
事業の出納帳に関係するのは、事業の現金だけで、生活費として事業から事業主に渡した現金は、事業主個人のもので事業とは関係なくなります。

事業から事業主に生活費などを渡した場合は、次のような処理になります。
事業主貸し **** /現金

反対に、事業の式が足りなくなった場合は、事業主個人から現金を借りた場合は、次のような処理になります。
現金 **** /事業主借

そこで、ご質問の件ですが、売上代金は店の現金出納...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報