掲題の件につきまして、平成28年5月13日の日付で通知書が現在在職中の会社より届きました。
下記2点ご教示ください。
*平成27年の5月末に諸般の事情により転職をしております。
 市役所に問い合わせれば解決することだとは思うのですが、
 時間外のためこちらで質問させていただいております。

1.届いた書類に記載されている給与収入欄の数字につきまして
 この書類に記載されている給与収入欄の期間をご教示ください。 
 *直近1年間(平成27年5月~平成28年5月)の実際の給与と比較すると少なく、
  平成28年(平成28年1月~5月)の給与と比較すると多いようです。

2.この書類を受け取った場合、何か手続き等が発生するものなのでしょうか。

初めて質問をさせて頂いている為、ルール等わきまえていない点があるかもしれませんが、
ご容赦ください。


以上、宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>この書類に記載されている給与収入欄の期間…



年末調整または確定申告が正しく行われている限り、平成27年1~12月に受け取ったすべての社からの給与・賞与の合計額。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2509.htm

退職金は含みません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm

>2.この書類を受け取った場合、何か手続き等が発生…

記載事項に不信があり異議申し立てをする場合を除いて、何もすることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくご返信いただき、有難うございました。

お礼日時:2016/07/03 22:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税について質問です。私は、平成27年12月15日に退職し、地元へ住所を移しました。今日、前に

住民税について質問です。

私は、平成27年12月15日に退職し、地元へ住所を移しました。今日、前に住んでた市から住民税の納付書(65000円)来ました。納付期限は平成28年3月31日まで過ぎたら滞納で、手数料かかるかもって…急!市役所に問い合わせしたら、平成27年1月〜5月分だって言われました。そして、次の住民税請求現住所のところから6月に来るらしい…
いったい税金いつまで払っていかなくちゃいけないの〜?今年から学生で所得なくなるのに〜※退職後は所得0で退職前源泉徴収書いたと思います。12月の給料明細住民税の所でお金帰って来てたので確定申告はいらないですよね?

Aベストアンサー

住民税は、1月1日時点で住民票を置いている地方自治体に、前年の年間所得に応じた税金を、6月から翌年5月まで払うものです。引っ越して住民票を移しても、翌年5月までは引っ越す前の自治体に住民税を支払います。
つまり、平成28年1月~5月まで払わなければならない税金は、平成26年1月~12月に得た所得に応じた税金の一部です。

また、平成28年6月から平成29年5月まで支払う住民税は、平成27年1月~12月に得た収入に応じた税金を、平成28年1月1日に住民票を置いている地方自治体に支払います。
あなたは平成27年12月15日まで働いておりますので、平成27年に得た収入があるということです。したがって、少なくとも平成29年5月までは住民税を支払う義務があります。

平成28年1月~12月まで所得がゼロとなるのなら、平成29年6月以降は住民税を払う必要はなくなります。

Q平成27年度市民税・県民税の納税通知書が届いたのですが・・

パート・日雇い派遣で働いている主婦です。

税金等よく分からないので教えてください。
3月に確定申告をした所、今年に限って上記の納税通知書が届きました。

平成26年分の所得明細には        所得控除
給与収入   990,552       生命保険控除   35,000
給与所得   340,552       基礎控除    330,000
配当所得   157,968   

と書かれていました。
もちろん、この4回の納期限までにはコンビニなどで支払いますが
26年分の確定申告書類には、 “株式等の譲渡所得等の計算明細書” に
所得金額  -164,513  とあります。

来年の確定申告で、今回支払う民税・県民税を取り戻せるのでしょうか?
毎年、税金を取り戻すために確定申告していたのに、
今年は支払の通知が届き、よく分からず悩んでいます。
教えてください。

Aベストアンサー

結論から言えば、配当所得(株の配当か
投資信託の分配金)を総合課税で申告した
のが原因です。

株の譲渡所得は昨年以前損失が出ていた
のですが、配当あるいは分配金は
『総合課税』を選んだことで別腹に
なってしまったんです。
申告分離課税としていれば、
譲渡所得-16.4万と配当所得15.8が
通算されてー0.6となり、税金はかから
ないと思われます。

この内容だとひょっとすると、
ご主人の配偶者控除も配偶者特別控除と
なって、少し税金が増えているかもしれません。

少し面倒臭いかもしれませんが、修正申告
をされたらよいかもしれません。

一度住民税は納付が必要かと思いますが
還付が受けられるかもしれません。

いかがでしょうか?

Q4月と5月の給与で住民税額に倍以上の開きがあるのはどうしてか?

みなさん、いつもご回答ありがとうございます。

 4月勤務分(5月末支給)と、5月勤務分(6月末支給)の住民税額に、倍以上の開きがありました。

 4月分が約3000円。5月分が約6900円です。給与額は変わっていません。

 これはどのような算定の根拠があるのでしょうか。間違いではないと思いますが、疑問です。

 教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

6月から新しい住民税の額になります。
ってことは、7月以降も6千円前後毎月控除されるのではないでしょうか?
特別徴収税額の紙を貰ってませんか?

算定は役所がやっていて、会社はそれにもとづいて引いているだけです。
去年はお給料が増えたとか、扶養家族がいなくなったとか、何かありませんか?

Q転職時の書類 (給与所得者異動届出書または住民税普通徴収関係書類)

タイトルに書きました「給与所得者異動届出書または住民税普通徴収関係書類」という書類について教えてください。

現在勤めている会社を4月末で退職し、5月1日から別の会社へ転職します。住所も、別の市町村へ移ります。

次の会社から転職時の提出書類として
「給与所得者異動届出書または住民税普通徴収関係書類」
を持ってくるように言われました。
世間知らずなもので、何のため書類であり、どうやって取得できるのかは見当もつきませんでした。
過去の質問を調べてみて、給与所得者異動届出書を退職する会社から貰ったという人がいるということは知りました。
今回、自分の場合も退職する会社から黙っていても貰えると思っていてよいのでしょうか?それとも自分から要求しないといけいものなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

返事が遅くなりました。手続きの手順ですが、(1)及び(2)は実際のところ必要ありませんよ。

給与所得者異動届出書は各市区町村から事業所へ送ってるはずですし、記載もすべて事業所で行うことになっています。

carotさんの場合は、現在の会社にお話して、給与所得者異動届出書を書いてもらって、新しい会社に持っていけばよいだけです。ただし、給与所得者異動届出書を現在の会社に書いてもらうにあたり、17年度用と18年度用の2枚を書いてもらうと良いと思います。課税する市区町村が違うとそれぞれの市区町村に届出書を出さないと両年度の転職の処理がされませんので・・・

簡単ですが、お役に立てば幸いです。

Q平成19年6月分以降の住民税について

こんにちは。
住民税の仕組みについて勉強しております。

平成19年6月分以降の住民税特別徴について、
各月の徴収税額が異なる可能性があるように法改正された、
と聞いたのですが、具体的にはどのような事例が
考えられるのでしょうか?

これまでは端数分を6月に乗せていたと思うのですが、
各月で異なる可能性があるパターンがわかりません。
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

配当割控除額や株式譲渡割控除額がH18年度までは所得割で控除したのち控除し切れなかった額は還付でしたが、税制改正により、H19年度からは均等割りにも含めて到来する納付額への充当を行い、充当し切れなかった場合に還付とするよう変更となりました。これが影響する可能性があると思われます。

ほとんどは均等割りのみの6月分の等割額が減額となるだけだと思われますが、控除額や少額所得割のレアケースで当初の数ヶ月の納税額がこれまでとは異なるパターンで決定されることがあるのかもしれません。

※詳しくはないので、どこかの市区町村に確認してみてください。

参考URL:http://www.city.kariya.lg.jp/hp/page000002200/hpg000002145.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報