痔になりやすい生活習慣とは?

肩書きのための資格が欲しいだけなので、役に立たないような内容でも大丈夫です。

仕事内容はカウンセラーや心理コンサルティングです。

心理学会認定じゃない民間資格でもいいです。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今、安く取れる資格ならメンタル総合心理W資格取得講座じゃないですか。


簡単に取れるかどうかはあなたの能力次第なので分かりませんが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

難易度の低い資格を探しています。

お礼日時:2016/07/05 18:56

No.3です。


「質問をよく読んでから回答してください」
→ちゃんと読んでますよ。
ただの肩書き程度の資格はほとんど価値がないので、そんな肩書きを名刺に入れると逆に低レベルをPRするようなものとアドバイスしてあげたのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

「役に立たないような内容でも大丈夫」と書いてるのに
質問の答えになってない素人のアドバイスなんかいりませんよ。

こっちは価値が無いのをわかったうえで聞いてるんだから。

お礼日時:2016/07/07 21:58

おじさんです。


心理学に関する資格は公的、団体認定などいろいろあります。
ただし、心理学関連の資格で生計をたてることは日本では難しいです。
日本ではそのような仕事の社会的価値観が低く、お金も投資されていないからです。
趣味などでなら問題ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

質問をよく読んでから回答してください。

お礼日時:2016/07/07 13:43
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお腹にたまっているガスを出す方法を教えてください。

私はよくお腹にガスがたまってお腹が痛くなります。
なかなかガスが出口へ行ってくれません。すごく集中してガスが下に行く様子を頭の中に描いてもう少しでおならが出るぞ~という状態になったのに集中力がふっととぎれただけで、ガスがお腹に逆戻りします。しかも、ひどい時は夜中胃の辺りまで痛んで寝られない時もあります。ガスさえ出れば…。と思います。
おならを出すいい方法は無いですか?教えてください。

Aベストアンサー

ヨガのねじりのポーズが効果的です。
座って左右に捻ります、座り方により捻れる位置が少しずつ変わります。
息を吐きながらやってみてください。
おなかのマッサージはヨガや練功でやります、皆さんの意見に似たりよったりですね。
私の経験では風呂も効果があります、少しあったまった頃正座してみると
ぶくぶくと出てきます。
薬は整腸薬、他にビフィフス菌入りのヨーグルトやタブレットがいいです。

Q45才から社会福祉士、精神保健福祉士を取ることについて

はじめまして。45才の専業主婦です。
何か人の役に立つ仕事がしたかったのですが、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取ることを勧められました。
年齢を考えると体力的に現場は続かないので、こういう資格を取ればデスクワークで65才まで働けると教わりました。
短大卒業後、一般企業につとめたあとやめてからは特別仕事をしていません。福祉の仕事経験も皆無です。
2年間通信制の大学で受験資格が取れるそうですが、費用が80万くらいかかるようです。
うまく資格まで取れたととして就職があるのか心配です。これから伸びる分野だということですが…
3月から願書受付が始まりますが悩んでいます。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3の者ですが、ケアマネからスキルアップで資格(社会福祉士)を取る方居ましたが、介護現場10年のベテランの方です。
 資格を取るのと仕事をするのは全く別世界です、施設長介護担当課長など管理職も30代後半です。
 社会福祉士で仕事につく子は4年生大卒ばかりで、学生時代YMCAなど社会支援活動をしてきたなど、スタートラインが一般学生とは全く違い真剣に社会弱者と言われる方に親身な支援をしますし、対応事態がも低姿勢で優しい言葉掛けをして来ます。
 ついつい、健常者から見れば出来ない事も頭ごなしで言いますが社会福祉系に来る学生に中には、何が出来ないのか、何を求めて居るのか細かい心配りで優しい対応をする姿を見ると、弱者ではない一人の人間としての尊厳として接する原点を教わることが多々あります。
 
 福祉の原点ははっきり書けば仕事の割に実入りは少ない、サービス残業は多いし肉体労働です。
 余程の気長さが無いと障害者の方の行動はしんどいです。
 体を壊す者、精神面に相当な物を覚悟しないと持続は難しい精神疾患で倒れる人を何人か見てきています(優しい心故、全てを受け入れ潰れると思っています)目先の事考えるなら、止めた方が良い決して給与も高くないし肉体労働、定時には帰れない。

 先にも書きましたが、現場を知る、知的障害、老健施設を覗くとスタッフの動き心配りが一番分かります。
 ボランティアで経験をして見てからでも遅くないと思います。
 

#3の者ですが、ケアマネからスキルアップで資格(社会福祉士)を取る方居ましたが、介護現場10年のベテランの方です。
 資格を取るのと仕事をするのは全く別世界です、施設長介護担当課長など管理職も30代後半です。
 社会福祉士で仕事につく子は4年生大卒ばかりで、学生時代YMCAなど社会支援活動をしてきたなど、スタートラインが一般学生とは全く違い真剣に社会弱者と言われる方に親身な支援をしますし、対応事態がも低姿勢で優しい言葉掛けをして来ます。
 ついつい、健常者から見れば出来ない...続きを読む

Q大卒でなくても受けられる心理学の試験は?

将来臨床心理士を目指して通信大学に社会人大学生として在籍中です。

といっても臨床心理士の資格試験を受けるまでにはハードルが高く、大学院を卒業しなければなりません。
他の資格を…と思っても、受験資格が臨床心理士のように、大卒が前提や、またその資格者が入会している協会認定などあり、やはり大卒を待つべきなのか。と思いますが、やはり時間がもったいなく、大卒ではなくても取れる試験を考えてます。

産業カウンセラーなどは講義を受ければ受験資格を得られるそうですが、他にどのような資格があるでしょうか?

Aベストアンサー

#3です。

>そういうご回答者様が産業カウンセラーの資格をとっているのはなぜですか?

産業カウンセラーの歴史的経緯や養成講座の内容を調べれば
わかると思いますが
●今は民間資格だが、かつては労働省(厚労省)の公的資格の認定を
 受けており、もともと資格の信頼性は高い。
 協会の役職にはカウンセリング心理学の権威もいる。
 実際に産業もしくはシニア産業カウンセラー資格で活躍する者も多い。
●座学のカリキュラムはしっかり体系化されており、実践に重きも
 置いているため、実習時間も長い(座学・実習全て7ヶ月間)
 座学の講師も大学教授、弁護士、精神科医といった
 専門家がそろっている。
●産業領域に特化しているため、心理学のみならず精神保健福祉、
 人事労務管理、労働法といった産業組織社会とメンタルヘルス対策
 とのかかわりを、臨床以外の側面から考えられる機会が豊富である
●臨床心理士の臨床的な深いかかわりを、企業社会は必ずしも
 必要としていないケースが多い。あくまで労働者と組織双方に
 とっての“メリット(または利害)の調整”を必要としている。
 よって、産業領域での働きを希望している者にとっては
 産業組織から見たメンタルヘルス対策のニーズや考え方も
 学ぶことができるのはメリットになる。

といったことがあります。よって、臨床心理士の方も
産業カウンセラー資格を(講座を受けずに院卒資格で直接)受験する
ケースも多いですし、そもそも上記の通り、産業領域で組織と個人の
調整を考えられる学びをしてきた産業カウンセラーと、どうしても
個人の“病理”への深いかかわりを中心とする臨床心理士だと、
持てる知識や領域、問題の視点もかかわり方も、少々違うところが
あるように考えています。

そのへんの専門学校だと、実習にあまり重きを置かないところが
多いんですよね。それと、私はあくまで通信制大学在学中に
取得したのではなく、資格取得後に再入学をしたわけで、
その目的も養成講座で身に付けた理論をさらに体系化したり、
文献を読んで極めることですから、通信制大学だと実習の時間が
少ないことは承知の上で再入学しています。カウンセリング実習に
ついては大学のスクーリングに全く期待しておりません
(“実験”はやりますが)。臨床の実習は別にお金を払い、
先輩カウンセラーに個人レッスンをお願いしている次第ですが、
それも臨床心理士をめざすのではなく、感覚を鈍らせないためと、
スーパービジョンを受けているつもりでやり続けています。

私が逆に疑問なのは、通信制大学だとこのように理論は頭の中で
深められても、実習の機会がなかなかもてないのをカウンセラー
(臨床心理士)志望者はどう考えているんだろう?という点ですね。
心理臨床は理論も大事だが実習も大事だ、ということが入学時点で
わからなかったのは仕方ないとしても、です。申し訳ないのですが、
私だったら実習をやりたければ、通信制ではなく夜間制もしくは
夜間講義も行う大学に再入学するか、大学が公開講座としてやっている
ものを見聞きしたり、心理臨床に関するサークル所属の人間から
情報収集する、といった活動を自主的にやりながら、院入試の
研究計画書と卒論テーマのシミュレートをしてます。
(臨床心理士志望ではありませんが)。通信制でも卒論が必修なら、
指導教員と直接話す機会はいくらでもあるはずですし、
スクーリングのときに教員をつかまえて、何か良い機会がもてないか
相談する、というやり方もあるでしょうし、仕事の時間を何とか
やりくりして、学習相談の窓口に教員と話をして機会やアドバイスを
いただきに行くことだって、可能なはずです。
おわかりだと思いますが、やはり学部卒の知識と経験だけでは、
心理臨床は非常に難しいです。4年間では身に付けられるものが
少ないから、大学院での研究・実習が必要なんだな、というのを
肌で感じています。

ということで、大学の勉強との併用になりますが、とりあえず
産業カウンセラーの通学のほうの講座はいかがですか?
今年度はもう締め切ったので、来年度の春から受講できるはずです。
協会はバリバリの「ロジャリアン」で、「傾聴」の基本姿勢を
ひたすら繰り返すという点では、専門的な個別の心理療法の習得を
求めてしまうとがっかりするかもしれませんが、心理療法の
全ての基本は「傾聴」ですから、それを体感するだけでも
本だけの勉強といかに違うか、というのが嫌でもよくわかるはずです。
通学制の心理学部卒の人が、実習で講師に指摘されて
四苦八苦していたくらいですから。

#3です。

>そういうご回答者様が産業カウンセラーの資格をとっているのはなぜですか?

産業カウンセラーの歴史的経緯や養成講座の内容を調べれば
わかると思いますが
●今は民間資格だが、かつては労働省(厚労省)の公的資格の認定を
 受けており、もともと資格の信頼性は高い。
 協会の役職にはカウンセリング心理学の権威もいる。
 実際に産業もしくはシニア産業カウンセラー資格で活躍する者も多い。
●座学のカリキュラムはしっかり体系化されており、実践に重きも
 置いているため、実習時...続きを読む


人気Q&Aランキング