只今、行政法を勉強している者ですが、さっそく疑問点が生じてきました。
争点訴訟と当事者訴訟についてです。手元の参考書には「行政処分の効力の有無を前提問題とする私法上の法律関係に関する訴訟のことを争点訴訟。公法上の法律関係に関する訴訟のことを当事者訴訟。」と記載されています。ここでの私法上、公法上についてですが、行政処分に関することで、「私法上」というのはどういったことでしょうか?私の考えとしては、行政庁の行う処分であるならば当然須く「公法上」なのでは?と思うのですが、具体的にはどういったケースが考えられるのでしょうか。どなたかご存知の方、ご教授ください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

争点訴訟の典型例は,原告の私法上の請求が他者に対する行政庁の処分行為が無効であることを前提としている場合です。



例えば,農地が二重に譲渡され,一方が農業委員会の許可を得て所有権移転登記を得ている場合に,他方が,その許可が無効であることを理由として,自分への登記手続きを請求するというようなケースです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

wakkyさんご回答ありがとうございます。争点訴訟について具体的な事例をあげて下さったおかげで、ずいぶん参考書の説明も理解できるようになりました。具体例が無いままだといまいち分かりづらかったもので・・・。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/21 23:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q留学国(オーストラリア、ニュージー)の英語について

オーストラリア、ニュージーランド、カナダの英語の発音や訛りってどうなんでしょう?
都市にもよると思いますが、オーストラリアはパース、ゴールドコースト、ケアンズ、シドニー。
オージー訛りが強いですか?
ニュージーランドならオークランド、クライストチャーチ。
キゥイイングリッシュはイギリス寄りで綺麗だと聞いたことがありますが隣国オーストラリアのオージー訛りも影響ありますか?
カナダならバンクーバー。
東部はフランス語圏なので西部ですが、アメリカに近いのでアメリカ英語ですか?

物価や治安などは今回は考えず、発音に焦点をあてて、短期語学留学によいところはどこでしょうか??

Aベストアンサー

私は高校3年間オーストラリアのメルボルンで学校に行っていました。オーストラリアは訛りがきついかもしれません。しかし、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンなど南東に位置する都市、その近郊ではそこまで訛りは目立ちません。かつてイギリスの植民地だったこともあり、イギリス英語に近い英語を喋ります。しかし、パース、アデレードまた、各都市田舎の方は原住民も多いため、オーストラリア独特の訛りが強いと思います。
ニュージーの方は発音はオーストラリアとさほど変わらないと思いますが、さらにのんびり話す方が多いそうです。
またカナダの方はアメリカに似てやや早口です。発音はヨーロッパ英語とアメリカ英語の中間?思いっきり舌を巻きます。
あなたがどの方言を話したいかで行き先は変わると思いますが、短期ならオーストラリアかカナダをお勧めします。訛りを気にするなら都市中心が良いと思います。ただ、訛り、方言は個性なのであまり気にすることもないと思います。英語でちゃんと会話ができるようになりたいと思うなら、訛りがきつくても田舎をお勧めします。都市部は日本人が多いので何かと日本語を喋ってしまうことがあるので…

すごく個人的な意見で申し訳ないです。頑張ってください。

私は高校3年間オーストラリアのメルボルンで学校に行っていました。オーストラリアは訛りがきついかもしれません。しかし、シドニー、ゴールドコースト、メルボルンなど南東に位置する都市、その近郊ではそこまで訛りは目立ちません。かつてイギリスの植民地だったこともあり、イギリス英語に近い英語を喋ります。しかし、パース、アデレードまた、各都市田舎の方は原住民も多いため、オーストラリア独特の訛りが強いと思います。
ニュージーの方は発音はオーストラリアとさほど変わらないと思いますが、さらにの...続きを読む

Q行政事件訴訟法の当事者訴訟(法律初学者です。)

行政事件訴訟法の当事者訴訟についてです(法律初学者です。)。
行政事件訴訟法の当事者訴訟とは、どのようなものでしょうか。
書籍などを読んでも、さっぱりわかりません。
「形式的当事者訴訟」と「実質的当事者訴訟」があるようですが…。

極めて簡単に、また、できれば、同様(極めて簡単)な具体例もあげてご教示ただければありがたいです。
法律初学者で、その基本的な知識もありません。
これを前提に、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的な当事者訴訟の定義は教科書にあるとおりであるから、ここで述べるまでもあるまい。
要は、抗告訴訟の場合「処分性」が要件となるところ、その処分性が認められず、かつ、民事訴訟に吸収されない訴訟を、当事者訴訟として扱えばよい。

実質的当事者訴訟とは、公法上の法律関係や法律上の地位の確認訴訟のことをいう。
例えば、公務員と国との関係で公務員としての地位があることの確認を求める訴えや、日本国籍を有することの確認訴訟や、選挙権があることについての確認訴訟、本件行政指導に従う義務がないことの確認を求める訴えである。いずれも、公法上の法律関係が問題となってね処分性がないものである。
形式的当事者訴訟とは、形式当事者訴訟の具体例は、土地収用に関する収用委員会の裁決について,損失補償額に争いがある場合,土地収用者と起業者との間で当事者訴訟を提起させる場合があげられる(土地収用法133条2項)。本来であれば,行政主体を被告として裁決を争う抗告訴訟によるべきである。しかし、補償金額については,補償金の支払いに関係する当事者間で直接争わせたほうが適切であるため,立法政策により当事者訴訟が用いられている。

一般的な当事者訴訟の定義は教科書にあるとおりであるから、ここで述べるまでもあるまい。
要は、抗告訴訟の場合「処分性」が要件となるところ、その処分性が認められず、かつ、民事訴訟に吸収されない訴訟を、当事者訴訟として扱えばよい。

実質的当事者訴訟とは、公法上の法律関係や法律上の地位の確認訴訟のことをいう。
例えば、公務員と国との関係で公務員としての地位があることの確認を求める訴えや、日本国籍を有することの確認訴訟や、選挙権があることについての確認訴訟、本件行政指導に従う義務がな...続きを読む

Q英語で「オカマさん」は何といいますか?

くだらない質問ですみません。
元男性で、手術を施して女性になった方を英語で何といいますか?
見た目は、(美醜の差はあれ)女性で、男性をお好きな方々です。
おそらく、ニューハーフは和製英語でしょうし、ゲイというのは見た目に焦点を当ててない言い方のような気がします。
オカマショーなどでダンスを披露する方々を何と言うのでしょうか。
教えて下さい。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「派手な女装の男性あるいは元男性」という意味でしたら、
ドラァグ・クイーンという呼び名もあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A1%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3

そういえばアメリカでいわゆるニューハーフショーってあるのかな?
(ドラァグ・クイーンはナイトクラビングみたいなイメージがあるので)
と検索してみたらHISでサンフランシスコ(さすがです)のサンデーブランチwithニューハーフショー
日曜日の昼間ですか。
http://tour.his-usa.com/city/sfo/detail.php?tid=144

この会場となるお店を検索しますと、
イベント名:Sunday's A Drag!
...performances, showcasing the talents of a variety of San Francisco Drag Queens.
だそうです。
http://www.harrydenton.com/index.php?page=events&event=drag

ちなみにワタクシ、ナイトクラブとは残念ながら縁がありません。

「派手な女装の男性あるいは元男性」という意味でしたら、
ドラァグ・クイーンという呼び名もあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A1%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3

そういえばアメリカでいわゆるニューハーフショーってあるのかな?
(ドラァグ・クイーンはナイトクラビングみたいなイメージがあるので)
と検索してみたらHISでサンフランシスコ(さすがです)のサンデーブランチwithニューハーフショー
日曜日の昼間ですか。
http://tour.his-...続きを読む

Q行政事件訴訟法の抗告訴訟のうち当事者訴訟について1

行政事件訴訟法第四条は、
この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの(中略)をいう。
ですが、
法文上、ふたつの「又は」のうちどちらか一方は「若しくは」でなければならないと思われます。法制執務などを読み込まれて、条文の書き方について詳しい方など、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

括弧をつけて考えてみるとわかりやすいですよ。ご質問の条文に()をつけると、

「当事者間の法律関係を(確認し又は形成する)(処分又は裁決)」

となります。

分解すると「確認する処分」「確認する裁決」「形成する処分」「形成する裁決」の4つですね。

一方を「若しくは」に、例えば「当事者間の法律関係を確認し若しくは形成する処分又は裁決」と書いてしまうとどうなるでしょう。

「又は」と「若しくは」が両方使われた場合は、「若しくは」で結ばれた部分が括弧が内側の括弧となり、「又は」で結ばれた部分が外側の括弧となります。

つまり、

「((当事者間の法律関係を確認し若しくは形成する処分)又は裁決)」

という入れ子構造になります。分解すると「当事者間の法律関係を確認する処分」「当事者間の法律関係を形成する処分」「(全ての)裁決」の3つになって意味が変わってしまいます。

条文の内容から言って、前者の解釈であることに疑いはありません。

Q10歳で帰国した場合の英語力キープ

こんにちは

1歳から海外に住みインターへ通い英語ネイティブです。
10歳前(厳密には9歳9ヶ月)で帰国予定ですがこの年齢ならキープは望めますでしょうか。

日本では今度は日本語のキャッチアップに追われるとは思いますが、予定としては一日20分のリーディング、英語のみのテレビ、私とは英語で会話、保持教室に週2程度を考えています。

また、長期の休み(夏と冬)は現在の在住国へ2-3週間ほどステイすることをずっと続けようと重いっています。

言語の境界線を越えるので維持はある程度できると思いますがいかがでしょうか。

もしかすると5年後くらいにまた同じ国へ戻る可能性もあり同じインター(ESLなどはなく英語が学年相応にできることが必要)に入学したいと思います。ただ、日本語もキャッチアップしてほしいので日本ではこちらに焦点を置く予定です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

内の息子(今37歳)もメキシコ7年、アメリカほぼ10年(ハイスクールはアメリカ、大学は帰国子女で早稲田)でしたが、私から見れば、英語も、日本語も中途半端。でも、日本人から見れば、英語はかなりのレベルです。バイリンガルをキープすることが目的なら、今の環境かる見ると、日本語の方に力を入れられた方が良いと思います。

Q質問:行政事件訴訟法の抗告訴訟のうち当事者訴訟について2

 質問:行政事件訴訟法の抗告訴訟のうち当事者訴訟について1
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2408424
で質問させていただいた者です。

 行政事件訴訟法第四条に、
『この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの及び公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟をいう。 』とございます。

「当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの」は、「形式的当事者訴訟」と、
「公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟」は、「実質的当事者訴訟」と呼ばれていて、「当事者訴訟」のほとんどが「実質的当事者訴訟」とのことです。

 「形式的当事者訴訟」と「実質的当事者訴訟」、というよりもそのそも「当事者訴訟」の意味するところが理解できないところです。ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご教示をよろしくお願いします。

 質問:行政事件訴訟法の抗告訴訟のうち当事者訴訟について1
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2408424
で質問させていただいた者です。

 行政事件訴訟法第四条に、
『この法律において「当事者訴訟」とは、当事者間の法律関係を確認し又は形成する処分又は裁決に関する訴訟で法令の規定によりその法律関係の当事者の一方を被告とするもの及び公法上の法律関係に関する確認の訴えその他の公法上の法律関係に関する訴訟をいう。 』とございます。

「当事者間の法律関係を確認し又は形成する処...続きを読む

Aベストアンサー

続きます。

抗告訴訟・形式的当事者訴訟が、どちらも、行政処分を対象とした訴訟であることに対し、行政処分を対象とした訴訟ではないというのが、実質的当事者訴訟の特徴です。

例えば、地方公務員が、懲戒免職の処分を受けたとき、懲戒処分の取消しや無効を訴えるのは行政処分に対する抗告訴訟です。

しかし、条例の規定により定年に達した公務員が、定年の規定が違法であり、自分はまだ公務員であると主張する場合は、個別の行政処分がされているわけではないので、処分取消しの抗告訴訟はできません。(定年退職の辞令を行政処分と考えると、抗告訴訟でも争えるかもしれませんのであまり厳密な事例ではないです)

そこで、考えられるのは、訴訟の形態としては、公務員としての地位を確認する確認訴訟や、給与の支払いを求める給付訴訟を提起することです。もちろん、これは、行政処分を訴訟の対象にしているわけではないので、抗告訴訟ではありません。

このような訴訟が、実質的当事者訴訟といわれます。給与を払えなんていうのは、通常の民事訴訟じゃないかと思えるのですが、地方公務員法という公法上の法律関係に関する訴訟であることから、行政訴訟になります。

もっとも、民事訴訟なのか、実質的当事者訴訟なのかの区別は難しくて良くわからないのです。国家賠償法に基づく国家賠償は民事訴訟であるが、憲法29条3項に基づいて国家補償を求める訴訟は実質的当事者訴訟といわれていますが、両者に本質的な違いがあるとは思えません。

実務上は、民事訴訟でも実質的当事者訴訟でも、審理の方法が大きく変わるわけではなく、また、結論に影響を及ぼすことがないため、区別があいまいなまま裁判していることも多いようです。

個人的な意見ですが、形式的当事者訴訟と、実質的当事者訴訟は、どちらも「当事者訴訟」という同じ名前がついているのですが、「当事者訴訟」という一つに分類するのは、両者の性質がかなり異なるため、妥当ではないと思います。

むしろ、行政処分に関する訴訟として「抗告訴訟+形式的当事者訴訟」をセットにして、行政処分に関しない訴訟として、「実質的当事者訴訟」があると分類したほうがイメージしやすいのではないかと思います。

続きます。

抗告訴訟・形式的当事者訴訟が、どちらも、行政処分を対象とした訴訟であることに対し、行政処分を対象とした訴訟ではないというのが、実質的当事者訴訟の特徴です。

例えば、地方公務員が、懲戒免職の処分を受けたとき、懲戒処分の取消しや無効を訴えるのは行政処分に対する抗告訴訟です。

しかし、条例の規定により定年に達した公務員が、定年の規定が違法であり、自分はまだ公務員であると主張する場合は、個別の行政処分がされているわけではないので、処分取消しの抗告訴訟はできません...続きを読む

Q長焦点鏡筒と短焦点鏡筒の違い

よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。大口径だと集光力が増して、淡い星雲・星団を見るのに最適なのは理解できるんですが、なぜ短焦点だと適するんですか?なんか長焦点の鏡筒でもそれなりに口径が大きければ、集光力は増して短焦点と同じくらいだと思えて仕方ないんです。

例えば、長焦点の鏡筒と短焦点の鏡筒と較べた場合、仮に同じ口径で、同じ焦点距離の接眼レンズを使用した場合、長焦点のが高倍率になる・・・これは計算上わかるんですが、接眼レンズを変えることにより、長焦点鏡筒と短焦点鏡筒を同じ倍率にした場合、高倍率ではどちらが適しているとか、低倍率ではどちらが適しているとかあるんですか?

(例)
長焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離900mm+接眼レンズ6mm使用
短焦点鏡筒(口径100mm)・・・焦点距離500mm+接眼レンズ3.5mm使用

例の様に接眼レンズを使用すると共に倍率は140倍~150倍となると思うんですが、この様に共に高倍率にした場合、鏡筒の焦点距離及びF値の違いによる見え方の特性の違いを教えて頂きたく思います。
また、対照的に接眼レンズの焦点距離を長くして、低倍率で見ようとした時に異なる接眼レンズの焦点距離を使用して同じ倍率にした場合の見え方の特性も教えて頂きたいです。

世の中には大口径(140mmや150mmの口径)の屈折式鏡筒が売られていますが、いずれも焦点距離は短く、F値は6以下です。この様な鏡筒は低倍率での星雲・星団に適しているとありますが、高倍率での惑星観察は不向きなのでしょうか?例えば、口径100mm程度でも長焦点の鏡筒の方が高倍率での月面,惑星観察は適しているのでしょうか?
そこの辺りがよくわかりません>-<

F値9,F値7.7,F値5とか、いろいろな値がありますが、高倍率での月面,惑星観察も低倍率での銀河系観察でも、OKなんていう、調子のいい鏡筒なんてないものなのでしょうか?

素人なもので、文面に意味不明、大きな勘違いがあったら申し訳ありません。
誰かご回答よろしくお願いします。

よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。大口径だと集光力が増して、淡い星雲・星団を見るのに最適なのは理解できるんですが、なぜ短焦点だと適するんですか?なんか長焦点の鏡筒でもそれなりに口径が大きければ、集光力は増して短焦点と同じくらいだと思えて仕方ないんです。

例えば、長焦点の鏡筒と短焦点の鏡筒と較べた場合、仮に同じ口径で、同じ焦点距離の接眼レンズを...続きを読む

Aベストアンサー

>よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。

 大口径の利点はおっしゃるとおりなのですが、
低倍率広視野が淡い星雲・星団を見るのに最適である理由をお話します。
 星雲・星団や惑星など倍率を上げると大きく見えるようになる天体の明るさは、対物レンズの口径だけでなく倍率も関係し、倍率を上げると暗くなります(恒星は倍率を上げても大きく見えてきません)。
 なぜなら、対物レンズで集めた限られた量の光を使うので、倍率を上げて像を大きくすると像の単位面積あたりの光量が減るので暗くなります。
 ですから星雲のような淡い天体を見るには低倍率のほうがよいのです。
 それと、低倍率ですと実視野も広くなるので、もともと見かけの大きさが大きい星雲星団向きなのです。
 その低倍率を得るには短焦点の対物レンズのほうが有利なのです。
 長焦点で低倍率を得るには接眼レンズも長焦点にすればいいのですが、長焦点の接眼レンズは作りにくく大きくて高価なものになりやすいのです。
 余談ですが、一般には高い倍率が出せる望遠鏡のほうが高性能だと思われがちですが実際には逆で、より低い倍率が出せるもののほうが高級品でしょう。
 もうすこし細かい話をしますと、天体望遠鏡や双眼鏡で最も明るく見たければ、その望遠鏡の射出瞳の直径が7ミリになるような倍率にします(7ミリというのは暗闇で人の瞳が最も開いたときの大きさで、そのときの倍率がその望遠鏡の最低倍率です)。
 一方、望遠鏡の倍率は対物レンズの口径を射出瞳の直径で割っても求められます。
 質問者さんが例に挙げている口径100ミリですと、最も明るく見るための倍率は100/7で約14倍です。
 この倍率を出すには、短焦点の500ミリですと約36ミリ、長焦点の900ミリですと約64ミリの接眼レンズが必要になります。 
 36ミリでもかなりの長焦点接眼レンズですが、64ミリともなると作られているかどうかわからないくらいの長さです。
 
 なお、月や惑星のような明るい天体の場合は、倍率を上げても暗くなって見にくいということはほとんど無いので、細部観察のための高倍率を得やすい長焦点の対物レンズのほうが有利でしょう。

 射出瞳についての説明はサイトの検索で調べてみてください。
 望遠鏡を明るいほうへ向け、接眼レンズからずっと目を離してレンズの真ん中を見たときに見える丸く光ったものが射出瞳です。


 
  
  
 
 
 
 
 

>よく望遠鏡のカタログを見ると、大口径の短焦点屈折式鏡筒(F値が小さいもの)は淡い星雲・星団を見るのに最適と書かれています。また低倍率広視野角で最適とも書かれています。

 大口径の利点はおっしゃるとおりなのですが、
低倍率広視野が淡い星雲・星団を見るのに最適である理由をお話します。
 星雲・星団や惑星など倍率を上げると大きく見えるようになる天体の明るさは、対物レンズの口径だけでなく倍率も関係し、倍率を上げると暗くなります(恒星は倍率を上げても大きく見えてきません)。
 な...続きを読む

Q日本の法律は、必ず公法と私法の2つに分けられるの?

日本の法律は、必ず公法と私法の2つに分けられるの?

Aベストアンサー

概念上、公法と私法とに二分化しようと思えばできないこともないですが、
現在は公法と私法とのカテゴライズにこだわる考え方は少数と考えて良いように思います。

公法私法二元論が今さら復活することもないでしょうから。

Q白内障 片眼のみ多焦点レンズ

昨年11月に右眼の白内障手術を受け単焦点レンズが入っています。
左眼の視力も急におちて来たので手術を考えています。
現在の単焦点レンズだと老眼鏡を使用しないと新聞、PC等
手元は見えません。それで左眼のみ多焦点レンズにしようかと思い、
眼科医に聞いたところ、多焦点レンズは単焦点ほど視界が
クリアにならないと言われました。
両眼とも単焦点レンズだと化粧する際に困ります。現在は化粧の際は
左眼のみでしている状態です。
片方に単焦点レンズ、もう一方に多焦点レンズを入れておられる方、
ご意見をお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。
基本的には担当医の意見を良く聞くことだと思います。
左眼の眼内レンズですが、多焦点は?、と思います。左眼のピントを近くに合わせて、モノビジョンにする事など担当医に相談されては。

Q行政事件訴訟法の当事者訴訟について

行政事件訴訟法の当事者訴訟とは、どのようなものでしょうか。
書籍などを読んでも、さっぱりわかりません。
例えば、どうして、「当事者」という語がついているのでしょうか。
また、「形式的当事者訴訟」と「実質的当事者訴訟」があり、具体例として、「形式的当事者訴訟」は土地収用における補償金の増額請求、「実質的当事者訴訟」は公務員の違法な懲戒免職処分の確認訴訟挙げられているようですが、何をもって「形式的」「実質的」となっているのか等もよく理解できません。
わかりやすくかみ砕いて教えて頂けたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 行政事件訴訟法では、行政事件訴訟として「抗告訴訟」「当事者訴訟」「民衆訴訟」「機関訴訟」を定めています。

 このうち、主観訴訟(私人の権利保護を目的とするもの)が「抗告訴訟」「当事者訴訟」です。

 「抗告訴訟」は、おおまかに言って「行政処分」の違法性を訴訟物として争うものです。

  典型例は、法律に基づく申請に対する「不許可処分」が違法であるとして、「不許可処分」の取消を求める取消訴訟があります。

  ここでは、原告の最終目的は「申請に対して許可処分を受けうる地位」の保護です。しかし、訴訟としてはあくまで「不許可処分」の違法性を争う形すなわち「不許可処分」の取消を求める形になります。

 取消訴訟の訴訟物は「行政処分」の違法性です。

 これに対し、当事者訴訟では、行政処分(の違法性)を訴訟物として争うのではなく、原告の権利そのものを訴訟物として争います。いってみれば、行政処分そのものを裁判の目的としない訴訟類型です。

 当事者訴訟の原則は、「実質的当事者訴訟」です。考え方としては、当事者訴訟=実質的当事者訴訟です。例外的に本来は抗告訴訟とされるべきものが、法律の個別的規定により当事者訴訟とされているものが形式的当事者訴訟です。

>「実質的当事者訴訟」は公務員の違法な懲戒免職処分の確認訴訟

 この質問文は、間違いがあります。勉強している書籍を良く確認して下さい。多分、「(無効な懲戒免職処分がなされた場合の)公務員の地位にあることの確認訴訟」となっているはずです。

 「懲戒免職処分の確認訴訟」ではありません。

 ここでは、原告の「公務員の地位」が訴訟物になっています。

  懲戒処分は行政処分ですから、懲戒処分の取消をもとめる訴訟は、「抗告訴訟」における「取消訴訟」になります。

  懲戒免職処分に無効事由がある場合には、「抗告訴訟」における「無効確認訴訟」になります。

 ただし、行政処分に無効事由がある場合、「抗告訴訟」における「無効確認訴訟」を提起しなくとも、行政処分の無効を主張できるため、、「(懲戒免職処分の無効を前提とした)公務員の地位にあることの確認訴訟」を提起できます。
 

 行政事件訴訟法では、行政事件訴訟として「抗告訴訟」「当事者訴訟」「民衆訴訟」「機関訴訟」を定めています。

 このうち、主観訴訟(私人の権利保護を目的とするもの)が「抗告訴訟」「当事者訴訟」です。

 「抗告訴訟」は、おおまかに言って「行政処分」の違法性を訴訟物として争うものです。

  典型例は、法律に基づく申請に対する「不許可処分」が違法であるとして、「不許可処分」の取消を求める取消訴訟があります。

  ここでは、原告の最終目的は「申請に対して許可処分を受けうる地位」の保...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング